ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ランチア

これが未来のランチア・ストラトス?ランチアが発表した次世代デザイン言語「PU+RA」を全身で表現するレンダリングが登場

これが未来のランチア・ストラトス?ランチアが発表した次世代デザイン言語「PU+RA」を全身で表現するレンダリングが登場

| ランチアは新型イプシロン、オーレリア、デルタの投入までは明言しているが | やっぱりランチアといえばストラトス さて、ステランティスはランチアやダッジなど、傘下にある10あまりのブランドについて「 ...

ダッジ

ステランティス(旧プジョー・シトロエン+FCA)が好調らしい。たしかにアルファロメオ、ダッジ、マセラティ、ランチア、プジョーあたりは元気がいい

| ステランティスは共通化と効率性を重視し、各ブランド間にて多くのコンポーネントを共有することになるものと思われる | それによってアルファロメオからはスーパーカー、ランチアからはデルタも登場 さて、 ...

これはまるでアリタリア!ランボルギーニがドーハにてイタリアントリコローレを身にまとう「ランチア・ストラトスっぽい」カラーのウラカン・ステラートを公開

これはまるでアリタリア!ランボルギーニがドーハにてイタリアントリコローレを身にまとう「ランチア・ストラトスっぽい」カラーのウラカン・ステラートを公開

| おそらくはこのイベントのためのスペシャルカラー、しかしラッピングによって再現できそうだ | やっぱりウラカン・ステラートは格好良く、「注文しとけばよかったな」とちょっと後悔 ランボルギーニがドーハ ...

ランチアが「これからの100年」を示唆する新エンブレムとデザイン言語を発表!ストラトスっぽいデザインも公開され、これは期待するしかない

ランチアが「これからの100年」を示唆する新エンブレムとデザイン言語を発表!ストラトスっぽいデザインも公開され、これは期待するしかない

| ランチア新エンブレムのデザインは時代に逆行した「立体的で高級感のある3D」 | これからのランチアは美しく、彫刻的、そして立体的なデザインへと移行するようだ さて、ランチアが新しい時代に向け、刷新 ...

あのランチア・デルタのレストモッド「フューチャリスタ」限定20台の「最後の一台」が公開!この後はさらにハードな「サファリスタ」の生産へと移行

あのランチア・デルタのレストモッド「フューチャリスタ」限定20台の「最後の一台」が公開!この後はさらにハードな「サファリスタ」の生産へと移行

| 最後の一台は、まさかの「マルティニ」カラー | ホワイトのボディそしてホイールがなんともレーシー さて、先日珍しく売り物が出てきたランチア・デルタHFインテグラーレのレストモッド「フューチャリスタ ...

超希少!おそらくは世界で20台のみ、ランチア・デルタ・インテグラーレのレストモッド「フューチャリスティカ」が9400万円にて販売中

超希少!おそらくは世界で20台のみ、ランチア・デルタ・インテグラーレのレストモッド「フューチャリスティカ」が9400万円にて販売中

| 現時点ではこのクルマの判断が難しく、高い評価とそうでない評価とに分かれるようだ | それでも長期的に見て価値を上げてゆくのは間違いないだろう さて、2018年5月にアウトモビリ・アモス(Autom ...

「自動車史上、はじめてWRC参戦用に設計されたクルマ」ランチア・ストラトスが競売に登場!ベルトーネデザインにフェラーリエンジン、革新的なエンジニアリングを持つスポーツカーの金字塔

「自動車史上、はじめてWRC参戦用に設計されたクルマ」ランチア・ストラトスが競売に登場!ベルトーネデザインにフェラーリエンジン、革新的なエンジニアリングを持つスポーツカーの金字塔

| ここまで割り切ったクルマはもう二度と登場することはないだろう | 総生産台数はわずか492台、工場が火事で焼けてしまったとも言われるが さて、世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために設計された最 ...

KTM X-Bowベースにてランチア・ストラトスのオマージュモデルが製作中!製造するのは「キスカ」、とんでもなくハードコアなクルマとなりそうだ

| キスカのデザイナーはこれまでにも様々なコーチビルド / レストモッドに携わっている | 現時点ではその情報は限られており、しかし限定台数にて実際に発売されそうだ (バイクが絶好調な)KTMは4輪オ ...

これからの時代はレストモッド!ジャガー、ポルシェなど欧州車をメインにしたレストモッドブランド「ヨーロピアン」の立ち上げが発表

これからの時代はレストモッド!ジャガー、ポルシェなど欧州車をメインにしたレストモッドブランド「ヨーロピアン」の立ち上げが発表

| 今後、レストモッドは大きく花を開かせるビジネスに? | 欧州車はレストモッドの素材としては事欠くことがない さて、主にクラシックカーのレストアを手掛けるショップ、ソーンリー・ケルハムが新しくレスト ...

ランチア037ラリーの現代版、キメラEVO37の第一号がスイスにて納車される!グリーンにブロンズのアクセントを持ち、愛称は「エスメラルダ」

ランチア037ラリーの現代版、キメラEVO37の第一号がスイスにて納車される!グリーンにブロンズのアクセントを持ち、愛称は「エスメラルダ」

| ランチアは名車が多く、サードパーティがデルタ、ストラトスなどのオマージュモデルを発売している | ただし当のランチアは未だ名車の復刻を実現させていない さて、ランチア037ラリーの「現代版」として ...

ランチア・ストラトス・ゼロのデジタルレストモッド!「ランチア・ストラトス・レストモッド・パープル・パッション」がカッコいい

ランチア・ストラトス・ゼロのデジタルレストモッド!「ランチア・ストラトス・レストモッド・パープル・パッション」がカッコいい

| ランチア・ストラトス・ゼロが現代にいたるまでこれほど強い影響を残すとは当時誰も考えなかっただろう | さらに、そのディティールは様々なクルマに受け継がれてる さて、自動車デザイナー、マッテオ・ジェ ...

ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ

ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ

| 伝説のラリーカー復刻ブームはまだまだ続きそうだ | 同時に「本家」ランチアから復活するデルタにも期待が持たれる さて、2017年にランチア・デルタのレストモッド「フューチャリスタ」を発表したアウト ...

まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ

まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ

| ランチアの「ワークス」ではないが、ランチアの名を名乗るという意味は大きい | 2022年のラリークロスは面白いことになりそうだ さて、ランチアより公式に復活が明言された「デルタ」ですが、なんと(か ...

ランチア・ベータ・モンテカルロが現代に復活するとこうなる?ピニンファリーナデザインのミドシップスポーツがSUVへと変身

ランチア・ベータ・モンテカルロが現代に復活するとこうなる?ピニンファリーナデザインのミドシップスポーツがSUVへと変身

| モンテカルロらしさをしっかり残し、SUVへと大胆に変身 | マスタング・マッハEなどクロスオーバー化で成功したスポーツカーの例も さて、先日「デルタの復活」を明言したランチアですが、今後はステラン ...

【動画】コレ絶対に通報されるレベル。公道にてランチアのレーシングカー、「LC2」に乗ってみた

【動画】コレ絶対に通報されるレベル。公道にてランチアのレーシングカー、「LC2」に乗ってみた

| 普通の人だったらそもそも走らせることすらできないクルマ | このレーシングカーをよくもこれだけ普通に走らせることができるものだ さて、ポルシェはじめヒストリックレーシングカーのスペシャリストとして ...

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング

ランチアがついに「デルタ」の復活を115周年の折に明言!「誰もが待ち望むデルタの復活を行わないわけにはゆかない。エキサイティングなクルマで、EVとして蘇る」

2021/10/16    , ,

| もちろん、誰もが望むのは初代デルタであって、2代目や3代目ではないはずだ | 問題は「新型デルタは、いつ、どんなスペックで登場するか」 さて、かねてより復活のウワサが絶えなかったランチア・デルタで ...

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

CGアーティスト、Paweł Breshke Czyżewskiによる「ランチア・スタイル」と題されたレンダリングが公開に。これは「ストラトス」と名がつくものの、実際には(市販モデルのストラトスではな ...

ストラトス・ゼロ

あの「ストラトス・ゼロ」が現代に蘇ったら!新進気鋭のデザイナーによる「ストラトス・ゼロ・レストモッド」がカッコいい

| 今なおストラトス・ゼロは多くのデザイナーにインスピレーションを与え続ける | 現代のストラトス・ゼロは初代とは異なり、「ドア」があるようだ CGデザイナーによる「ランチア・ストラトス・ゼロ・レスト ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5