ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

日産

三菱エクリプスが賦活したらこうなる?フェアレディZをベースにした「三菱版スポーツカー」のCGが登場。エクリプスは4代続いた人気スポーツクーペだったが

三菱エクリプスが賦活したらこうなる?フェアレディZをベースにした「三菱版スポーツカー」のCGが登場。エクリプスは4代続いた人気スポーツクーペだったが

| ダイナミックシールドが反映されてないのはちょっと違和感があるが、これはこれで未来っぽくてカッコいい | 現在の三菱は日産と市場・顧客が競合するクルマを作ることができない さて、三菱はかつて「エクリ ...

映画「グランツーリスモ」が日産R35 GT-Rとともに撮影開始!GTアカデミーへの参戦と勝利、そしてレーシングドライバーとしての成長が描かれることに

映画「グランツーリスモ」が日産R35 GT-Rとともに撮影開始!GTアカデミーへの参戦と勝利、そしてレーシングドライバーとしての成長が描かれることに

| グランツーリスモだけに派手なスタントやカーチェイスはおそらく描かれず、ヒューマンドラマが中心になるものと思われる | そしてもちろん、日産以外にも多くの自動車メーカーがスポンサーとして名を連ねるこ ...

トヨタ・クラウン

2022年10月の国内メーカー登録台数が公開。クラウンは先代比2倍で好スタート、好調だったアウトランダーがランキング外へ。メーカー別だとホンダ以外すべて前年比プラス

| ホンダの急激な失速、そしてトヨタの回復、三菱アウトランダーの突如の圏外など、今月のランキングには謎が多い | ダイハツ、そしてマツダが大きく伸びる。まだまだSUVの販売は強い さて、2022年10 ...

日産R35 GT-Rが「シートベルト」問題にてリコール!ポルシェはマカン、カイエン他に2.4万台、ルノー、アウディ、ボルボ、フォルクスワーゲンもリコール届け出

日産R35 GT-Rが「シートベルト」問題にてリコール!ポルシェはマカン、カイエン他に2.4万台、ルノー、アウディ、ボルボ、フォルクスワーゲンもリコール届け出

| 最近はどのメーカーも品質管理体制がしっかりしてきたようで、リコールそのものが減ってきたように思う | そして電動化時代になれば、また別種のリコールが急増するのかも さて、日産がGT-Rに対してリコ ...

日産フェアレディZ

米正規ディーラーにて、新型日産フェアレディにオプションを強制装着し「倍以上」の価格で販売する例が多発。「このままではZがダメになる」という声も

| これまでにも多数の同様の例が報じられているが、フェアレディZに関してはとくにこういった報告が多いようだ | 今のところ日産はなんら手を打っていない状態 さて、ここ最近は新車を購入することが非常に難 ...

なぜ?ポルシェが公開した公式アプリ「Design Car」内で新型フェアレディZやR32 スカイラインGT-Rのカスタムが可能に

なぜ?ポルシェが公開した公式アプリ「Design Car」内で新型フェアレディZやR32 スカイラインGT-Rのカスタムが可能に

| ポルシェはこのアプリ内で様々なクルマのカスタムができるようにし、企業から広告収入を得たいようだ | 現在ポルシェは様々な方面からの収入を得るべく活動領域を広げている さて、ポルシェは子会社として「 ...

トヨタ

2022年9月の国産自動車メーカーの登録台数が公開。全体だと前年比124%へと販売が増加、ただし明暗が分かれホンダ・フィットはもう「不人気車」となりつつあるもよう

| さらにトヨタRAV4やハリアーは大きく販売が減り、トヨタ車の賞味期限は短いもよう | そして三菱アウトランダーの異例の快進撃がまだまだ続く さて、2022年9月の(日本の自動車メーカーにおける)国 ...

発売間もないマツダCX-60にリコール、新型フェアレディZに改善対策!マツダは「納車開始後まもなく問題が発覚」する例が多いように思う

発売間もないマツダCX-60にリコール、新型フェアレディZに改善対策!マツダは「納車開始後まもなく問題が発覚」する例が多いように思う

| 日産の「トランスミッション問題」は北米では深刻な状況となっており、同じユニットを搭載するクルマが20万台リコールに | やはり新しく取り入れたユニットや機能、新型車には問題はつきもの さて、納車間 ...

Nissan Z GT4発表!「素性の良さを生かした高バランス」が自慢、スープラGT4とのバトルを見てみたい

Nissan Z GT4発表!「素性の良さを生かした高バランス」が自慢、スープラGT4とのバトルを見てみたい

| 新型フェアレディZは公道上だけではなくサーキットでもGRスープラと競うことに | スペック詳細は11月のSEMAショーにて発表の予定 さて、日産が予告通り新型フェアレディZをベースとした「Niss ...

日産のキー

実はEVのバッテリーは車体よりも長持ち?予想されていたよりも劣化せず、日産リーフだと「今まで製造した個体のほとんどにはオリジナルのバッテリーが収まり、走っている」

| 当初、EVのバッテリーは数年もすると性能が劣化し「使い物にならなくなる」とされていたが | 一方、十数年後には寿命を迎えたEV用バッテリーがどっと出てくる可能性も さて、EVはまだまだ販売がはじま ...

日産フェアレディZ

納車前からリコール?新型フェアレディZのAT車が「Pに入れてもクルマが動く可能性」があるため北米にて販売が全面停止、調査が開始されることに

| やはり新型ユニットは何が起きるかわからない | おそらくリコール対応には相当な手間がかかりそう さて、北米にて「オートマチックトランスミッションを搭載したフェアレディZにつき、日産が各ディーラーへ ...

トヨタ

グリーンピースが「トヨタは自動車メーカー中、もっとも環境保護に真剣ではない」と結論づける。なおワースト2 / 3にはホンダ / 日産が入り、日本勢にとって悪夢のような結果に

| やはり日本は様々な意味でガラパゴス化しており、国際化とは程遠いのかもしれない | 日本企業の価値も下がり、ここまでの円安になったことも頷ける さて、グリーンピースが「自動車環境ガイド2022」を発 ...

75歳の老人がGT-Rを駆って時速351km/hを記録!「歳を取ったら、もうちょっとゆっくり走らないといけないだろうね。ただ、それはいつになるかわからない」

75歳の老人がGT-Rを駆って時速351km/hを記録!「歳を取ったら、もうちょっとゆっくり走らないといけないだろうね。ただ、それはいつになるかわからないけど」

| 歳を取ったからスピードが落ちるのではなく、スピードを緩めた瞬間、ボクらは歳を取る | この老人はひとつ「死ぬまでにやりたいこと」を達成した さて、ぼくが大好きな「子供の頃から一切変わらぬ情熱を持ち ...

新型フェアレディZのECUチューン早くも登場!米チューナーがシャシダイ上で452HPを達成、エンジン単体では500〜520馬力ほど出ている計算【動画】

新型フェアレディZのECUチューン早くも登場!米チューナーがシャシダイ上で452HPを達成、エンジン単体では500〜520馬力ほど出ている計算【動画】

| 新型フェアレディZのチューニングシーンがどこまで盛り上がるかには期待 | 新型フェアレディZは形式が変わらなかっただけに多くのノウハウを流用できそう さて、全世界において新型フェアレディZの受給が ...

トヨタ・ミライ

2022年8月の国内販売ランキング公開!トヨタはTOP10にわずか5台しか送り込めず、日産リーフは1位のヤリスを狙う。なおアウトランダーは前年比25倍の破竹の進撃

| トヨタはサプライチェーン不足によって想定外の苦戦を強いられているようだ | トヨタ、レクサス、ダイハツ以外は揃って前年比の販売をクリア さて、2022年8月の国内自動車販売台数が公開。全メーカーの ...

日産GT-R

日産「次期GT-R、フェアレディZの動力源は未定。ただ、純電動化しつつクルマ好きを唸らせるようなスポーツカーを作るのは、控えめに言っても困難だ」

| ピュアエレクトリック化の前にハイブリッドを挟む可能性もあるが、日産としてはそんな「ムダ」を許さないだろう | よって「最小限のコストにてガソリンエンジンを維持しつつ、機会を見つつピュアエレクトリッ ...

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

| 現実的に「レストモッド」としてどこかのショップが作ってくれそうだ | デザイナーの考えるR36 GT-Rのルックスは未来的でシャープ、なかなかにカッコいい さて、日産R35 GT-Rは黄昏の刻を迎 ...

日産がル・マン用レーシングカー「R390」を開発するために使用していたジャガーXJR 15が競売に登場!その名も「ジャパン・スタディ・カー」

日産がル・マン用レーシングカー「R390」を開発するために使用していたジャガーXJR 15が競売に登場!その名も「ジャパン・スタディ・カー」

| ジャガーXJR 15はもともとのベースがレーシングカーでもある | その希少性、歴史的背景から今後も高い価値を維持し続けるだろう さて、今年の夏はかつてないほど様々なオークション主催会社から様々な ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5