>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

スイスアーミーからの「退役」車両をレストアがてらカスタム メルセデス・ベンツのカスタムで知られるロリンザーですが、「ロリンザー・クラシック」なる部門にてメルセデス・ベンツのレストアを行っており、今回はレストア+モディファイ=レストモッドによって生まれ変わった1993年製メルセデス・ベンツGクラスを公開。なお、同じくメルセデス・ベンツのチューナでもあるブラバスもレストア事業を開始していて、今後チューナーにとってもレストア、ひいてはレストモッドはひとつの大きなビジネスチャンスになるのかも。 え?あのブラバスが ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

ボクの知ってるハイエースじゃない!トヨタが巨大化した新型「ハイエース」を発表。ロングボディはなんと5.9メートル、まさかの「17人乗り」も

そのサイズはメルセデス・マイバッハなみ(かそれ以上) トヨタがハイエースをモデルチェンジし、その世代はついに「6代目」へ。そして6代目ハイエースはそのサイズが飛躍的に大きくなり、ショートボディ/標準ルーフだと全長が570ミリ伸びて5,265ミリ、全幅は255ミリ大きくなって1,950ミリ、高さは10ミリ増えて1,990ミリへと成長しています。そしてロングボディ/ハイルーフだと全長は+535ミリの5,915ミリ、全幅は+70ミリの1,950ミリ、全高は-5ミリの2,280ミリへ。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産車関連のニュース、ネタです。GT-RやフェアレディZ、ほか新型車やコンセプトカー、チューン/カスタム情報など。

>日産/インフィニティ(Infinity) >ダイハツ(DAIHATSU) ■近況について ■ニュース

【動画】リバティーウォーク製オーバーフェンダーキット装着のGT-R、そしてコペンが並ぶ!思ったよりも「GT-R再現度」は高かった

キッズ向け乗用カートを並べると3台が同じ仕様に 大阪オートメッセにて展示されていた、リバティーウォークのエアロパーツを装着した日産R35GT-R、そしてGT-R風にカスタムされたダイハツ・コペン「GT ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■近況について ■ニュース

【動画】「大坂なおみGT-R」大人気!大阪オートメッセの日産ブース、会場での日産車はこんな感じ

日産ジューク Personalization Adventure Conceptの人気はイマイチだった 大阪オートメッセに展示される日産車をここで紹介。まずは日産ブースからですが、すでに東京オートサロ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity)

【大阪オートメッセ】出展されているレーシングカーや走り系チューニングカー/カスタムカーを見てみよう!

メルセデスAMG、ホンダNSX、そして定番のトヨタ86やホンダS2000など さて、大阪オートメッセに展示されているレーシングカーやカスタムカー、チューニングカーをここでざっと紹介。まずオートメッセの ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■近況について ■ニュース

【動画】オートメッセでは最多勢力!過去から現在に至るまで、KPGCからR35までの日産GT-R全世代カスタムを見てみよう

日産GT-Rはぼくらにとってもチューニングショップにとってもヒーローだ さて、大阪オートメッセ「日産GT-R」編。GT-Rはやはり大変な人気で、初代スカイラインGT-RからR35 GT-Rまで多数が登 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がジュネーブにて「新型コンセプトカー」を初公開する、と発表。新型ジュークのプレビューモデル?

トヨタC-HRのシェアを奪うべく高いコストパフォーマンスを備える? 日産がジュネーブ・モーターショーで新しいコンセプトカーを発表する、とアナウンス(画像はGripzコンセプト)。現在はそれ以上の情報は ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >ダイハツ(DAIHATSU)

2019年1月の国産車登録。なんと日産は1-2フィニッシュ、トヨタの支配力が徐々に弱まる。一方レクサスは過去最多の3モデルがランクイン

日産、レクサスが過去最多レベルでランクイン。全体的に高価格帯のクルマが売れている? 2019年1月の国産車登録状況。輸入車と大きく変わるのは「昨年12月と、今年1月との差があまりない」といううこと。一 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】日産GT-R50 by イタルデザインの試乗イベントがドバイにて開催。ユーチューバー、Shmee150氏がさっそくレビュー

走りだけではなく内外装の詳細も動画にて公開 イタルデザインとのコラボレーションによって誕生した「日産GT-R 50 by イタルデザイン」。これは日産GT-Rとイタルデザイン双方が50周年を迎えたこと ...

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU)

2018年の乗用車/軽自動車/輸入車の人気モデルがひと目でわかる!グラフにすると意外な事実が見えてくる

メルセデス・ベンツはCクラスとEクラス以外は売れていなかった ソニー損保が毎年公開している、「登録台数ランキング」。これは輸入車(2003年から)、軽自動車(2006年から)、普通乗用車(1989年か ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >日産/インフィニティ(Infinity) >その他イタリア車 ■ニュース

【動画】アメリカの朽ち果てたビュイックディーラー内にて、40年以上眠っていたランボルギーニ、ジャガー他レアカーが発見される

まさかこんなところに希少なクルマが眠っていたとは さて、アメリカでは大人気の「納屋で見つかったレアな車たち」シリーズ。今回はアイオワ州で大量のレアカーが眠っているという報告を受け、おなじみハガーティの ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >その他アメリカ車 ■ニュース

「ワイルド・スピード」ライブショーは不発。その利益欠損をカバーするために映画やショーに使われた車両が競売に。GT-R、スープラはもちろん、戦車までが出品

どの車両も外装やエンジン、トランスミッション、足回りがカスタム済み 昨年「ワイルド・スピード」をテーマにしたショーが企画され、欧州各地で実演される運びとなりましたが、どうやらそのショーは「失敗」に終わ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

日産が悲願の年間販売首位を「ノート」にて獲得!C-HRは前年比35%マイナスなど波乱の国内登録ランキング50位はこうなっている

2019/1/10  

日本自動車販売連合協会による、「2018年通年での自動車登録ランキング」が公開。これによると日産が「ノート」にて悲願のランキング一位を獲得しており、トヨタの努力虚しく首位を奪われることとなっています。 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

2018年12月の国産車登録ランキング。レクサスUXがランクインするもSUV人気に陰りが見え、一方ルーミーなど「トールワゴン」が急成長

2019/1/10  

ミニバン・コンパクト勢強し。CX-5、CR-Vは先月比で半分に減少 日本自動車販売連合協会による、2018年12月の乗用車登録台数(車種別)が公開に。トヨタは日産ノートの独走を阻止すべくアクアの販売を ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI)

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

インフィニティが新型コンセプトカー「QXインスピレーション」公開。インフィニティは現行モデルとコンセプトカーとの乖離が大き過ぎ

コンセプトカーは格好良くてもインフィニティはなかなか現実に発売しない インフィニティがデトロイト・モーターショー(ノースアメリカン・インターナショナル・オートショー=NAIAS)で発表する新型コンセプ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

技術の日産が「見えない情報を視覚化してドライバーに伝えるAI」開発。AIをアバターとして車内に登場させることも可能

2019/1/6    , , , ,

その技術の名は Invisible-to-Visible (I2V) 日産がラスベガスにて開催される家電見本市「CES2019」にて、ドライバーに見えない状況を視覚化してドライバーに伝える技術、 In ...

>フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

東京オートサロンで開催される競売にはレア物GT-R多数登場!初代GT-Rは軽く2000万円超え、R34GT-Rでも2500万円の予想落札価格

最近のGT-R人気はちょっと異常 さて、昨年は「世界最高速度違反記録」を持つトップシークレットのV12スープラが出品されて話題となったBHオークション。今回もまた東京オートサロン開催にわせて競売が開か ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) ■映画や音楽、本について ■ニュース

アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R、スープラ、S2000の相場は1000万円オーバーが常識になりつつある状況について考えてみる

1年前は900万円、最近では1350万円。この先は? アメリカの中古車販売サイト、「Bring A Trailer」にて、80スープラが約1350万円で売買されるという事案が発生。今回の個体はレッド、 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】まさに狂気!ボディパネルをすべてカーボンファイバーに置き換えたGT-Rが登場。かかった費用は850万円、軽くなったのは140キロ

スーパーカーメーカーの「カーボンボディ」よりも安く、費用対効果(軽量化)は悪くない 驚くべきことにボディのパーツすべてをカーボンに置き換えた日産R35 GT-Rが登場。バンパー、フェンダー、ボンネット ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.