>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore



>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について

今日のランボルギーニ・ウラカン。台風を察知して大量のアリがウラカンのガレージに避難してきた

投稿日:2017/11/13 更新日:

★まさに自然界の脅威。生物の驚くべき本能、中国産食品の危険さを思い知る★

Lamborghini Huracan ランボルギーニ ウラカン

自然界の生き物の性質について、ちょっと驚く事件が。
先日、台風が大阪に近づき、強風と暴雨がぼくの住む地域を襲うことに(避難勧告も出た)。
そしてその前日、まだ雨や風の兆候がなかったときのことですが、自宅ガレージに「アリ」が大量発生したのですね。
アリが列をなし、ガレージの一点に向かって果てしない行進を行っているのですが、とくにそこに食べ物があるとか、アリの巣があるというわけではなく、ただ一点に向かってアリが大集合。
ぼくはこれまでに、それほど多くのアリを見たことがなかったので非常に薄気味悪く感じることに。








ガレージ内に発生したアリをなんとかせなばならない

ちなみにそのガレージにはランボルギーニ・ウラカンを駐車していて、ウラカンの室内にアリが侵入したりすると大変になりますし、アリがウラカンを覆い尽くしても困るので(それくらいたくさんのアリがいた)、殺虫剤の使用も考えたのですが、それだけの数のアリを殺してしまうのは後ろめたくもあり(ご存じの通り、ぼくは無益な殺生を好まない)、殺処分したとしても事後処理に困るほどの量(コップ一杯以上はある)ですので、なんとかならないかと思案したのですね。

そこで閃いたのが、「ペットボトルの中に食べ物を入れ、その中にアリを誘致して、アリが全部ペットボトルに入ってしまった後に、ペットボトルごと近くの公園に持って行き、アリをそこで放つ」という案。

IMG_8613

以前に住んでいた家のガレージにはシャッターが無く、他の家の猫がいつも勝手に入ってきてバイクのシートの上で寝たり、当時乗っていたポルシェ・ボクスターの屋根(布製の幌なので微妙にたわんで気持ちいのだと思われる)の上で寝てしまったりして非常に困っていたことがあるのですが、その時ぼくが思いついたのが、「バイクのシートやボクスターの幌よりも居心地の良い場所を作って、そこに猫を誘致する」というものでした。

ぼくの考え方として、「やってくるものを排除するのは非常に労力がかかるし、お互い気分も良くない。そして排除してもまた次がやってくる。それならば共存できる道を探そう」というものがあるのですが、そのようにして、車の上で猫さんが寝るのであれば、車の脇に(車よりも)寝心地の良いところを用意して、そちらに移動してもらおうと思ったのですね(実際に猫は新しく作った寝床で過ごすようになり、ボクスターの上に乗らなくなった)。

DSC01712

ペットボトルにアリを封じ込めよう

今回のアリも同じことで、排除しても無限にいるかもしれないアリがさらにやってくるかもしれませんし、アリからの仕返しにあう可能性も。
そんなわけで、ぼくもアリも納得できるかも知れない妥協案が「ペットボトルを使用したノアの方舟」なのですね。

さて、そんな「方舟」ですが、1.5LのペプシNEXペットボトルの中に、サツマイモの乾燥したものを挿入。
それをさりげなくガレージの中に置いて、アリがウラカンの方へ行かないように「誘致」するわけです。
ちなみにこのボトルを用意している間にもアリが続々と結集。とんでもない数にまで膨れあがっており、黒山のようにアリが盛り上がることに。

そんな様子を見ているうちに台風の影響にて豪雨となり、風も強さを増してきたわけですが、そのときぼくは、「ああ、このアリたちは雨宿りをしているんだ」とようやく気づきます。
豪雨によって巣が流されることを察知して我が家のガレージに避難してきたと考えられるのですが(真偽は不明)、そうだとするとその災害予知能力の高さと自然界に生きるものの能力には驚かざるを得ないわけで、そう考えると一層アリには畏怖の念を禁じ得ず、なおさら殺虫剤の使用がためらわれることに。

とりあえずサツマイモ入りのペットボトルをガレージに置いたわけですが、その直後くらいからなぜかアリの姿が減少に転じており、ペットボトルの中にはアリっ子ひとり入らない状態。
中には甘いものを入れてあるのになぜ入らないのだろうと疑問に感じるものの、そうこうするうちに(数時間経過して)天気が回復に向かっており、天候の回復をこれまた察知したアリがあたらしい巣を作るためにどこかへ行ったのかも知れない、とやはりアリの生存能力には驚嘆するばかり。

IMG_2543

そしてもうひとつぼくが思ったのは、中に入れたサツマイモがあまり良くなかったのではないか、ということ。
それは中国産のサツマイモだったのですが、もしかすると残留農薬など、アリのいやがる成分がサツマイモに含まれていたのでは、ということです。
ペットボトルを設置したときとアリの減少時期が一致していたので、ペットボトルもしくはその中のサツマイモにも何らかの(アリが避ける)原因があるのでは、と考えたのですね。
そして仮に中国産サツマイモに原因があるとすると、アリがいやがって退散してしまうようなものをぼくらは食べているわけで、これはこれで恐ろしいことであります。

結局アリの捕獲作戦は失敗に終わった

脈略の無い内容となってしまいましたが、ぼくが思ったのは、つまるところ下記の2つ。

1.天候など自然現象に対するアリの危機回避能力は想像を超えている
2.中国産の食品はマジでヤバイかもしれない

1”天候など自然現象に対するアリの危機回避能力は想像を超えている”については、これは生存本能とでもいうか、種族全体でその一族がなんとか生き残るための行動を取っていることが感動レベルですらあります。
また、危機を事前に察知できる能力がある、ということですね。

DSC02404

これを裏返すと、アリを観察しているとあるていどの天変地異が予測できる可能性も。
今回で言えば、大雨によってアリの巣が水没してしまうことや、それによって地表に出たところで強風によって飛ばされてしまう可能性を事前に察知して、雨と風の影響を受けない、ぼくのガレージまで「避難」してきたことになります。

ちなみに「避難」の課程も見ていましたが、きちんと隊列を組んで、一直線にガレージの一地点を目指していたのが印象的。
となるとアリは普段からぼくのガレージのその一部分が「安全」であることを知っていたということになり、であればアリは常日頃から「安全な場所」についての偵察を行っているということになります。

DSC03561

イザ避難、ということになってから避難場所を探すのではなく、あらかじめ避難場所を決めておき、災害が訪れる前には一族まとめて避難を行い、災害が去ると巣に戻るか、もしくは放棄した巣を見切って新しい巣を作るかするのかもしれません。

アリの社会の中には「クイーン」と「労働階級」がいることが知られていますが、あの統制された動きを見ていると、さらに労働階級も分化されていることが考えられ、たとえば「食料調達部隊」「巣の保安・保守係」「避難場所偵察・確保係」「誘導係」「危機察知係」など。
同じように戦闘部隊についても、ディフェンスとオフェンス、そしてそれらに指示を出すコマンダーがいると推測されます。
そして、それらが生まれつきなのか、もしくは状況に応じて性質が変化して「決定」されるのかについても不明。昆虫には環境に対応して雌雄が変化するものもあると聞くので、環境対応型なのかもしれませんね。

DSC03059

2”中国産の食品はマジでヤバイかもしれない”については、まさに文字通りですが、他の見方もできます。
おそらくあの状態のアリは「危機回避モード」に(集団として)入っていたと思われ、「食料調達」よりも「目前の危機回避」のプライオリティが高く、食料には興味を示さないようにDNAが指示していた可能性も。
同じ理由で、事前に計画しておいた「安全な避難場所」つまりぼくのガレージの一角以外(ここではペットボトル内)に移動することについて「危険」と判断したのかもしれません。

とにかく「集団の生存」こそが第一義であり、そのためには予定外の行動を取ることはすべてシャットダウン、という本能があったのかも。
ちなみにどのアリもペットボトル内の偵察にすら入ろうとしなかった、ペットボトルという選択肢はあの時点でアリには存在しなかった、ということになります。

人間の行動はいつも「読めない」

最後に思うのは、あれだけ敏感に自然の変化を察知するアリも、「ぼくの行動までは読めない」ということ。
今回、ぼくはアリの群れに殺虫剤を噴射することはしませんでしたが、仮にぼくがそのような行動を取っていたら、アリの一族は「全滅」していたわけですね。
自然の脅威を察知し、回避するための行動を取ったとしても、人間の行動によってそれが無に帰す(もしくは最悪の結果になる)ことだってあるわけです。

DSC02410

しかしぼくは、ここでハタと思うわけで、これは人間界においても同じなんですよね。
たとえ人間が自然災害に対して万全の準備を行っていたとして、それを防げたとしても、予想外の人間自身の行動でそれが無意味になってしまうことだってあるのです(AIの天敵は人間という説もあるほど)。
自然災害について、予測できたにせよ出来なかったにせよ、それを乗り越えた後に、指導者の判断が間違っていると、種として危機が訪れる可能性があります。

そしてぼくら人間には昆虫や一部の動物のような危機察知能力や生存本能はありません。
想定される災害に対して準備することはできますが、災害そのものを事前に察知することは非常に困難です。
よって重要なのは、災害が発生したのちに、いかに計画通りに避難を行うか、ということになろうかと思われます。

IMG_8639

今回のアリの一件になぞらえると、災害に対して、人間はアリ同様、避難場所を設定するなどの「準備」を、人間はあらかじめ行うことが出来ます。
そして、実際に災害発生時に避難することも出来るかと思います。
ですが、そこへ「ぼく」という想定外かつ不確定要素が加わることでアリが一族全体の危機を迎える可能性があったのと同様、人間が避難した後であっても「人の心理」という、計算が難しい要素が加わることで、人間の避難計画も破綻を来すことだってあると思うのですね。

そう考えると、ぼくらにとって真の危機とは自然災害そのものではなく、災害に対する準備を含めてそれに対する「人間の行動や判断」なのかもしれません。

となると天災なのか人災なのかという話にはなってくると思いますが、アリの行動を見て、ぼくはついつい、深く考えてしまったわけです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況, ■近況について
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.