>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「シロンに続くモデルを考えている。日常的に乗れる4ドアが候補だが、そのための資金がない」。親会社であるVWはエレクトリック化偏重で資金を回してくれない?

| ブガッティは株式公開(IPO)も考えておらず、資金調達の方法を思案中 | ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がAutomotive News Europeのインタビューに答えたところによると、「シロンに続くニューモデルを考えている」とのこと。この「シロンに続く」ニューモデルについてはこれまでにも様々な噂が出ており、4ドア(画像のガリビエール・コンセプトのような)、もしくはSUVになる、という話も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これ公式ですってよ。初めて「メルセデス」の名が冠されたクルマへのオマージュ「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」。街中のコミューターはもうこれでいいじゃない

| クルマの考え方そのものも自動車黎明期に遡る次期なのかもしれない | メルセデス・ベンツのデザインチームが「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」を発表。これは「デザイン・エッセンシャル2019」出展のために考案されたもので、もちろん市販予定はナシ(残念)。これは1901年のメルセデス35PSへのオマージュで、ブランドの起源を示したものだそう。なお、メルセデス35PSは文字どおり(当時としてはかなり強力な)35PSを発生するエンジンを搭載し、当時のレースシーンを席巻したことでも有名ですね。ちなみに、こ ...

ReadMore

>三菱(MITSUBISHI) ■ニュース

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティーザー画像を公開していますが、ここだけ見るとクルマとは思えず、宇宙船かモビルスーツにしか見えない、と思います。なお、三菱のブランドメッセージは「Drive your Ambition」で、これは”「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という志を持ったお客様の、想いに応えるクルマづくりを表現する”こと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツが「年内にGLSマイバッハ発売」と明言。ベンテイガやカリナンに対抗する超高級SUV

| 製造はアメリカ国内、そしてアメリカで製造されるもっとも高価なクルマに | Autocarによると、年末あたりにメルセデス・ベンツがGLSをベースにした超高級SUV「GLSマイバッハ」を発売する、とのこと。そして「マイバッハ」の名にふさわしく、マイバッハSクラス同様に究極のゴージャスさを身にまとうとされています。なお、ベースとなるGLSは今年の春にフルモデルチェンジを迎えており、最新のプラットフォームやインフォテイメントシステム、ソフトウエアを持ち、マイバッハたる資質十分。 メルセデス・ベンツの最上級S ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWコンセプト4の「巨大な縦長キドニーグリル」は80年以上前にもBMWが採用していた?BMW328のオマージュとして現代に復活か

| それにしても面積の割合からするとデカすぎる | とにかく衝撃としかいいようのなかった、フランクフルト・モーターショーでの「BMWコンセプト4」。何が衝撃的かというとその巨大なキドニーグリル。これについては、その大きさもさることながら、あれだけBMWは7シリーズで「巨大なキドニーグリル」の批判を受けているのに、それに懲りず「さらに大きなグリルを出してきた」こと。つまりは消費者や世論に対し「喧嘩を売っている」とも受け止められる商戦的な姿勢ですね。 断っておくがこれは公式だ。BMWが超巨大キドニーグリルを持 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】テスラ・モデルSがニュルにてポルシェ・タイカンのタイムを20秒短縮し、GT-Rやフェラーリ488と同等のタイムを記録。しかしポルシェには隠し玉がある模様

| 加速だけでなく、サーキットの走行タイムもEVが「上位常連」となる日がやってきた | ポルシェはタイカンのプロトタイプにて7:42というニュルブルクリンクのラップタイムを記録していますが、これをテスラ・モデルSが20秒近く短縮した、という報道。先日まで、従来の2モーターに代えた「3モーター」構成の”プレイド”と呼ばれるシャシー・プロトタイプを走らせており、数日前からブルーの塗装を持つ別の個体がここに加わっています。なお、この「3モーター」モデルSは実際に来年発売されるとのことで、単なるアタック用のワンオ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】アマルガムが1/8サイズのマクラーレン・スピードテールを発表。構成されるパーツは1000点以上、その価格は160万円

| アマルガムには世界中から職人が集結している | アマルガムはこれまでにも多数のスーパーカーをモデルカーとしてリリースしていますが、今回は「マクラーレン・スピードテール」の発売を予告。アマルガムの製品はそのシルエット、ディティールのみならず塗装の美しさでも知られ、最近では可動や発光といったギミックも備えています。そして1:8スケールのモデルカーともなると100万円を超える値付けも珍しくなく、今回発売を予定しているスピードテールの(ミニカーの)価格は価格はなんと15,025ドル、つまり邦貨換算で160万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリの新型SUV(コードネーム:175)はV6、V8、V12エンジン搭載、さらにハイブリッドも。「これまでのフェラーリとは異なるチャレンジを行う」

| フェラーリは単に車高を上げただけのクルマではなく、まったく新しいクルマを作ろうとしているようだ | なにかと話題のフェラーリ製SUV、「プロサングエ(サラブレッドという意味で、現在のところ正式な車名ではない)。もちろんフェラーリとしては「初」のSUVとなりますが、おそらくは2022年に登場、と言われます。コードネームは”175”、そしてフェラーリの発表した中期計画に従い、「2023年までに発売するニューモデル15車種のうちの1つ」となりますが、市場ではランボルギーニ・ウルス、アストンマーティンDBXと ...

ReadMore



>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

投稿日:

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない |

ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。
そしてその正式名称を「シアン(Sián) FKP 37」としています。
先日の先行オフィシャルフォト公開時にはなかった「FKP37」ですが、これは2019年8月に亡くなった前フォルクスワーゲングループ会長、フェルディナンド・K・ピエヒ(Ferdinand K. Piëch)氏のイニシャル、そして誕生年である1937年から取ったもの。※ランボルギーニは年号の下2ケタを強調することが多い。創業年であり1963年の「63」を記念モデルに多用するなど

ランボルギーニ・シアンFKP37は「追悼モデル」?

こういったネーミングが採用されるあたり、シアンFKP37はフェルディナント・ピエヒ氏への追悼モデルとも言えそうですが、なんでランボルギーニが?と思う人も多いかもしれません。

これについては説明を要するところで、まずフェルディナント・ピエヒ氏はポルシェの女系一族で、ポルシェ創業者の孫。
ポルシェに入社するも「ポルシェ社における一族の影響の高まり」を薄めるためにポルシェを退社せざるを得なくなっています。

その後メルセデス・ベンツ、アウディを渡り歩き、アウディでは直5エンジン、クワトロ(4WDシステム)等、現代のアウディに不可欠な要素を次々と確立した人物。

その功績が認められ、アウディの親会社であるフォルクスワーゲングループ総帥にまで登りつめた人です。

sian

その人柄は非常にエキセントリックで難しい人物であったと言われ、その一方で生粋のカーガイであったことも間違いなく、ブガッティやランボルギーニを買収し、フォルクスワーゲングループに併合したのもまさにフェルディナント・ピエヒ氏その人。

とにかくハイパワーそして速いクルマが大好きで、アウディでもアヴスやローゼマイヤーなどハイパーカーに近いコンセプトカーを発表し、その後にはブガッティにてシロンを実現(VWグループ内、とくにスポーツカーは、パーツの共有はなくとも概念としての共通項が多い)。

そういった経緯もあって、ランボルギーニはフェルディナント・ピエヒ氏の「庇護」を受けていたとも考えられ、つまり同氏なくしては現在のランボルギーニは存在しない、と言って良いかもしれませんね。

a5

ランボルギーニは親会社のVWにとっては「方向性にマッチしない」ブランドだった

ランボルギーニは今回、シアンの発表にあたり「フェルディナント・ピエヒ氏はランボルギーニのポテンシャルを見抜き、いかにフォルクスワーゲングループにそれがマッチするかを知っていた。同氏はエンジニアであると同時に革新を目指した人物であり、ランボルギーニのV12エンジンを愛した人物だ。そしてランボルギーニ・シアンFKP37は全く新しいハイブリッドシステムを搭載し、同氏の認識が正しかったこと、ランボルギーニのフォルクスワーゲングループにおける役割を示すものだ」と発表。

現在、フォルクスワーゲングループの各ブランドは、ポルシェ然りアウディ然り、フォルクスワーゲン然り、「エレクトリック」重視の傾向が強くなっています。

a4

▲これがそのスーパーキャパシタ、通称「スーパーキャップ(アメコミのヒーロみたい)」。
シート後方のバルクヘッド内に内蔵されている、と報道されている(位置的にちょっと恐ろしくはある)。

しかし一方で、現在のフォルクスワーゲングループを作り上げたフェルディナント・ピエヒ氏が愛した大排気量V12エンジンという存在があり、V12とエレクトリックとを組み合わせたシアンこそがフェルディナント・ピエヒ氏の目指した未来である、ということなのかもしれませんね。

なお、エレクトリック化を推進するフォルクスワーゲングループにとって、V12、V10という大排気量エンジンをブランドコアとするランボルギーニは「扱いに困る」ブランドであったと思われ、一時は売却の話も出たほど。
しかし今回、他社そして他ブランドとは異なる方向での「エレクトリック」を実現することになり、ブランド内でのイメージ的整合性も取れて、かつ役割も明確になったと考えて良さそう(エコとは異なる方向性のハイブリッドを示すことができ、ブランド全体としてのエレクトリック化における可能性が広がったことで他グループ、他社に対して優位性を持てる)。

ランボルギーニ・シアンFKP37は、アヴェンタドールをベースとし、ランボルギーニの未来を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」、そして現在のランボルギーニのイメージを決定づけた「カウンタック」のエッセンスを加えたモデル。

そして機能的には「スーパーキャパシタ」を使用し、「速く走るための」ハイブリッドシステムを有した「過去と現在、未来とを結ぶ」重要な一台でもありますね。

システム合計出力は819HP、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/h以上を誇り、その価格は約3億円そして限定販売台数は63台。

a3

▲リアウイングがポップアップすると、サイドのフィンとあわせて整流効果が高まる模様

ちょっと奇妙なのは、フェルディナント・ピエヒ氏の死去について、追悼のコメントを出したのは、グループ内ではアウディフォルクスワーゲンのみ。
肝心のポルシェからはコメントが出されておらず(日本のサイトであっても、本国版の翻訳が通常は掲載されるが、それがない)、ポルシェを去った経緯、仲違いからVWグループの会長職を去ったと言われるだけあって、いろいろな確執があるのかもしれません。

a

それでは動画を見てみよう

すでにランボルギーニ・シアンを紹介する動画はたくさん公開されているものの、ここではすべてを紹介しきれないので、いくつかをピックアップ。
こちらはシアンのアン・ヴェール時の様子。
数年前に女性の起用方法が問題となりましたが、スカートではなく「パンツスーツ」での登場となっており、欧州のモーターショーではパンツスーツが一般化しそうです。

そしておなじみスーパーカーブロンディさん。

DP CARSからも紹介動画が登場。

VIA:lamborghini

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アウディ(Audi), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニの限定車関連, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.