>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

今度はランボルギーニ・ヴェネーノ!タイからトヨタMR-Sベースのレプリカ(無理がある)が登場

| ヴェネーノとMR-Sでは全長1メートル以上、幅では40センチ近く差がある | 世界中で報告されるスーパーカーの「レプリカ」。今回はタイより、ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターのレプリカ製作風景が公開に。なお、ベースとなるのはトヨタMR-S。MR-Sのボディサイズは全長3,895ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,235ミリなので、全長5,020ミリ、全幅2,075ミリ、全高1165ミリというヴェネーノ・ロードスターとは相当にボディサイズに差があります。そのためMR-Sをベースにヴェネーノのレプリカ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州では)販売終了」だと言われます。そういったハイパフォーマンスカーでなくともこの問題に直面しているのは同じであり、Auto Newsによると、マツダはこれに対応するため2020年に「ブランド初の」ピュアエレクトリックカーを発売し、2021-2022年にかけてプラグインハイブリッドカーを数台発売する、としています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMGが「800馬力のGT73」を発表とのウワサ。GLS、Gクラス、Sクラスにも「73」設定?

| やはりハイブリッドシステムは開発に時間がかかるようだ | メルセデス・ベンツがAMG船外モデル「GT 4ドアクーペ」に「GT73」を追加する、というウワサ。現在、同シリーズには直6/3リッター+マイルドハイブリッドの「GT43」「GT53」、4リッターV8ツインターボエンジンを積む「GT63S」がラインアップされています。ただし、メルセデスAMG GT 4ドアクーペが発表される前には「4リッターV8ツインターボ+ハイブリッド」によって805馬力を発生するモデルが最初に登場すると言われており、しかしそれ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO展示イベントへ!ランボルギーニ大阪は一晩限りの「バータイム」営業

| ショールームでは”ミクソロジスト”濱口貴志によるフローズンカクテル提供も | さて、ランボルギーニ大阪さんにてウラカンEVOのお披露目会”Huracan EVO Exhibition Days”が開催され、ウラカンEVOを見にゆくことに。以前にウラカンEVOの内覧会は開催されているものの、前回はゆっくり見ることができず、改めてウラカンEVOをチェックしています。展示車両はパールオレンジにグロスブラックのアクセントを持つ個体で、内覧会にて公開された車両と同一のようですね。 ランボルギーニ・ウラカンEVO ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。用途としては日常の足。ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3 ”DTMエディション” が1000万円で販売中!1000万円でも安いと思えるその内容を見てみよう

| ここまで手が入ったM3も珍しい。とくにレトロな仕様はマニアにはこたえられない | 美しくカスタムされたE30世代のBMW M3が中古市場に登場。これはKoch Klassicがカスタムした車両で、独自に「DTM Edition」と命名されたもの。その販売価格は約1000万円とかなり高額ではありますが、ここでどういったカスタムが施されているのかを見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA)

シビック・タイプRもパトカーに導入したオーストラリア警察が今度はテスラ・モデルXをパトカーに。「維持費が安くていい」

| けっこうオーストラリア警察は資金的に余裕がある? | オーストラリアはビクトリア州の警察が「テスラ・モデルXをパトカーに採用した」と発表。世界中では多くの警察がスポーツカーやスーパーカーをパトカーとして採用する例があるものの、テスラ・モデルXを警察車両に加えるのは非常に珍しい、と思います。加えて、そういった「ハイパフォーマンス警察車両」に多くはプロモーションを目的に採用しているものの、今回のモデルXについては実務に当たるとしており、これもやはり「かなり珍しい」例ですね。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン、トヨタがル・マンに新設される「ハイパーカークラス」への参戦を表明。フェラーリ、マクラーレンもぜひここへ参加して欲しいところ

| フェラーリがワークスとしてル・マンに復帰することを期待したい | 一時は「計画倒れ」となりそうだったル・マンふくむWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカークラス創立プロジェクト。せっかくカテゴリを作ったところで参加車がいないのではないかと思われたものの、今回アストンマーティンが2020−2021シーズンに「少なくとも」2台のヴァルキリーを走らせると公表。このハイパーカークラスは現在のLMP1クラスの置き換えになる予定ですが、ヴァルキリーのような市販車が参加できるとなると、LMP1とはかなり性質が異 ...

ReadMore

バッテリー

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

消滅の危機にあったアウディR8がスーパーEV「e-tron GTR」として2022年に登場?ソリッドステートバッテリー搭載で0-100km/h加速2秒という話だが

少し前までは「2025年まではソリッドステートバッテリーの実用化はできない」と言っていた カーメディア、Car Magazineが報じたところによると、次期アウディR8は「ピュアエレクトリックスポーツ ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェCEO「918スパイダー後継?ピュアエレクトリックだ」。リマックの技術を使用し新次元のパフォーマンスを実現か

| リマックはいつの間にか次世代技術の中心的存在に | 次期ポルシェ918スパイダーについては様々な噂がありますが、その噂の数だけポルシェは「可能性を検討している」ということなのかもしれません。ポルシ ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「ボクスターはEV化に適している。今年中にEV化するかどうかの判断を行うつもりだ」。もしかすると次期ボクスター/ケイマンはEVに

ポルシェは過去にピュアエレクトリック版ボクスター/ケイマンを試作している ポルシェがなんと「ボクスターをエレクトリック化する」という話が浮上。これはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏がカーメディア「 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「918スパイダー後継は2025年までは発売できないだろう」。バッテリー技術がポルシェの求めるレベルに達するのに5年はかかる模様

ポルシェは現在数社とバッテリー技術向上に向け研究中 ポルシェは2015年にハイパーカー「918スパイダー」を発売していますが、常に話題になるのがその後継モデル。ポルシェは以前に「なんらかの技術的ブレイ ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカン12ヶ月点検終了!リヤタイヤ交換を含めて昨年の車検費用を上回る483,000円ナリ

車検にかかった費用の415,000円を上回る さて、ランボルギーニ・ウラカンの12が月点検が終了。今回は予定していたバッテリー交換に加えてリアタイヤ交換、内装異音の対策をお願いしています。リアタイヤに ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検の見積もり取得!バッテリー交換込みで225,958円、バッテリー単体では74,017円ナリ・・・

この金額でも「思ったよりも安いな」と考えるようになった自分が怖い さて、早いものでランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検。今回はバッテリーの交換を行うので結構な出費になると覚悟していて、まずは見積もり ...

>ロータス(Lotus)

ロータスと、唯一のフォーミュラEバッテリーサプライヤーであるウィリアムズとが提携発表。ロータスのハイパーEV”オメガ”が現実的に

ウィリアムズはおそらくソリッドステートバッテリーの実用化に一番近いところにいる ロータスとウィリアムズが「テクニカルパートナーシップを締結した」と発表。よって両社は今後共同にて次世代パワートレーンを研 ...

>ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「EVのコストはガソリン車に比較して70-120万円ほど高い」。しかしその分は消費者に転嫁せず自社で吸収

| ポルシェは生産の効率化でエレクトリックビジネスにおける利益を最大化 | ポルシェはすでにエレクトリックカーの開発や生産のために多大な投資を行なっていますが、さらに今後8年にわたり、エレクトリックカ ...

>その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

中国のバッテリーは「信頼性が低い」。このまま各社が中国でEVを生産すればいずれは大惨事に

| 中国のバッテリーは偏見を抜きにしても危ない | 日経ビジネスオンラインにて、「中国製のリチウムイオンバッテリーが危険」という記事。 まず、記事ではGMが2019年に中国市場投入を予定していたEV、 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW i3の走行可能距離が倍の700キロに!ドイツの会社が「高密度」バッテリーを発表

2018/9/24    , , , ,

| BMW i3の航続距離がなんと700キロに | ドイツのバッテリーメーカー、「ライオン・スマート(Lion Smart)」が非常に高い効率を持つ新型バッテリー、”Light Battery”を公開 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

正直、誰も反応しないと思われるメルセデス・ベンツの新型EV、「EQC」登場

| たぶん売れないと思われる | メルセデス・ベンツが新型EV、「EQC」を発表。 正直なところEV関連の世間での感心は”非常に”薄く、当ブログにおいても、もっともアクセスが少ないコンテンツの一つ。 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサス社長「どのメーカーもEV化へと急ぎすぎている。ドライバーはそれを望んでいないにもかかわらず、にだ」

| トヨタがEVに慎重なのにはワケがあった? | レクサス・インターナショナル・プレジデントの澤 良宏氏が英国Autocarのインタビューに答えたところによると、「どの自動車メーカーもエレクトリック化 ...

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

アウディ「ソリッドステートバッテリーを実現させ、テスラやリマックに対抗する」

| アウディはハイパーカーへの夢を諦めていない? | アウディがソリッドステートバッテリーの可能性を模索し、リマックC_Twoやテスラ・ロードスターに対抗しうるハイパーカーのリリースを検討中だとメディ ...

>ポルシェ911関連 >その他の国の車 ■ニュース

そんなにすごいのリマックの技術?ポルシェが株式10%を取得しリマックとの提携を発表

| ポルシェとリマックが提携。バッテリー技術を共有 | なんとポルシェがリマックの株式10%を取得した、と発表。 リマックと言えば2009年に設立され、1014馬力の「コンセプト・ワン」を発表。 0- ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他アメリカ車 >ミッションE/タイカン関連

フィスカー「ソリッドステートバッテリー実用化のめどが立った」←本当?

| フィスカー「ソリッドステート・バッテリー作った」 | ヘンリク・フィスカー氏の新会社、「フィスカー・オートモーティブ」から発売予定の「EMotion(エモーション)」ですが、発売が遅れる可能性があ ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「SUVは作らない。それは我々の顧客を裏切ることになる」→暗にライバルを批判

| マクラーレンはSUVを作らない | マクラーレンが再度、「SUVを作ることはない」と公言。 これはマクラーレンのセールス&マーケティング部門のボス、ジョリオン・ナッシュ氏がメディアに語ったもので、 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは複数形状のバッテリーセルを開発中との報道。スポーツEVには低重心バッテリー?

| BMWはEVの多様化にあわせてプラットフォーム/バッテリーも多様化 | BMWがいくつかの異なるタイプのバッテリーセルを開発中、との報道。 BMWは今後「第五世代」となるEVを発売してゆくことにな ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW i4の航続可能距離は700キロに達する可能性。ただし問題はその価格で「1500万円」くらい?

2018/4/12    , , , , ,

| BMW i4の航続可能距離は700キロ? | BMWは先日「i ヴィジョン・ダイナミクス・コンセプト」を「i4」として発売すると発表していますが、このi4は一回の充電あたりの走行距離が最大で700 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.