>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ル・マン優勝を飾ったトヨタが早速来季に向けて始動!GRスーパースポーツを豊田章男社長自らがステアリングを握りテスト開始

| 来年のル・マン24時間レースには待望の「ハイパーカークラス」が設立される | トヨタは「来年のル・マンにはGRスーパースポーツをベースにしたクルマで参戦する」と発表していますが、間を置かずにその「GRスーパースポーツ」をサーキットにてテストする様子を動画にて公開しています。そしてそのステアリングホイールを握るのはトヨタ自動車社長、豊田章男氏。なお、同氏はモータースポーツ活動を行う際には「モリゾウ」名義を使用しているので、この場合「ドライバーはモリゾウ」と表現したほうが正しいのかもしれませんね。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 | ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボ ...

ReadMore

■このサイトについて >ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を発表(718ケイマンGT4も同時発表)。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ボクスター・スパイダー」の出力が375馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ボクスター ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■ニュース

【動画】年一回、パガーニの祭典にて。レアなパガーニ、サーキット専用パガーニなどが集合し、豪快なサウンドと共にサーキットを走る

| 限定5台のゾンダ・レボルチオンのうち2台が集合 | 毎年開催されているパガーニのイベント、「パガーニ・ラッドゥーノ(Pagani Raduno)」。もちろんパガーニの本拠地であるイタリアで開催され、サーキット走行やツーリングを経て、最終目的地としてサルデーニャ島へと向かうという内容だそうです。今回公開されたのは、そのイベントの一部、「モンツァ・サーキットでの走行風景」。一部のパガーニは「サーキット走行専用」なのでツーリングには参加できず、ここが晴れ舞台ということになりますが、その様子を見てみましょう。

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ルノーF1チームとベル&ロス(Bell&Ross)とのコラボ腕時計が今年も発表。R.S.シリーズは4年目に突入

| 今年も「F1のステアリングホイールをイメージ」したカラーは健在 | 腕時計メーカー、ベル&ロス(Bell & Ross)とルノーR.S.とはこれまで4年に渡るパートナーシップ契約を結んでいますが、毎年恒例の「コラボレーション腕時計」を今年も発表。ベル&ロスは航空機の計器盤にインスパイアされた「読みやすい」ダイアルが特徴で、もっとも有名な「BR01」や「BR03」に比較するとルノーR.S.とのコラボモデルはやや異色と言える存在かも。ただ、ほかのベル&ロスの腕時計にはない独特のデザインを持つことも ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ポルシェ・パナメーラ関連

スズキ・スイフト、BMW 1シリーズ、ポルシェ・パナメーラなどリコール情報。火災や燃料漏れも

| エアバッグ関係(タカタ以外)もチョコチョコ出てくる | ここ最近でいくつかリコールが届け出られており、その内容をここで紹介してみたいと思います。そのうち2つは「エアバッグ」関連ではあるものの、タカタとは関係のない、ちょっと珍しい内容です。そして残り2件は「発火の可能性」があるという、やや恐ろしいものとなっています。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

入手できるのは78人のみ!ランボルギーニ・アンバサダーがリリースする「アヴェンタドールSVJ専用」カスタムエキゾーストシステムが発売

| バレンチノ・バルボーニ氏が自身をもってお届けするチタニウムエキゾースト第二弾 | ランボルギーニで定年まで勤め上げたチーフテストドライバー、バレンチノ・バルボーニ氏。2008年のランボルギーニ退社時には、ランボルギーニがその貢献をたたえて同士の名を関した限定モデル「ガヤルドLP550-2バレンチノ・バルボーニ」を発売し、さらには退社後もランボルギーニに請われ、ブランドアンバサダーとして精力的に活動を続けています。そしてちょっと前には自身のブランド「VB」よりアヴェンタドールSV向けのカスタムエキゾース ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RRのカスタム第一弾。まずはETC車載器など実用品を装着してみた

| チョコチョコ追加してゆくと意外と費用がかさんでゆく | さて、納車されたホンダCBR250RRのカスタムについて。その内容については随時紹介してゆきたいと思いますが、まずは納車直後に行ったカスタムを紹介したいと思います。現時点では「必要と思えるもの」を取り付けたという段階ですが、今後はボチボチと独自色を出したカスタムを行ってみたいところですね。 購入したホンダCBR250RRのカスタムを考えてみる。「カスタム第一期」はこの内容、アクラポヴィッチ製マフラーは外せない

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

マット

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M5は35周年。とことん真っ黒、しかもモデルネームレスという前代未聞な限定モデル「BMW M5 エディション35イヤーズ」登場

2019/5/18    , , , ,

| しかもボディカラー含むカラーチョイスはこの1パターンのみ | BMWが「M5 Edition 35Years(M5エディション 35イヤーズ)」を350台限定にて発売。BMW M5は初代5シリーズ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】まさにステルス戦闘機!マットブラックのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがカナダのディーラーに降臨

| 一方でグロスブラックと光沢仕様のカーボンパーツ、レッドがアクセントに | おなじみカナダのランボルギーニディーラーに勤務するセールスパーソン、ヘザー・ボーレンタインさんが新しくランボルギーニ・アヴ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスが「LC500h マットプロトタイプ」を公開!まずは市場の反応を見てマットカラーの市販化に踏み切る目論見

| トヨタ/レクサスはこれまであまりマットカラーに熱心ではなかったが | レクサスがバルセロナ・モーターショーにて、レクサスLC500hのコンセプトモデル「レクサスLC500h マット・プロトタイプ」 ...

>ベントレー(Bentley)

カーン・デザインがベントレー・ベンテイガV8をヴィジュアルアップデート。マットブラックのイカツいルックスに

ホイールサイズは23インチ、ルーフスポイラーは「ダブル」 セレブリティたちを魅了するチューナー、カーン・デザインがベントレー・ベンテイガの新しいカスタムを公開。カーン・デザインはエンジンや足回りなどの ...

>マセラティ(Maserati)

マセラティがレヴァンテに「火山」を意味するマットグレーの限定モデルを設定。外装はとことんダーク、内装は華やかなレッド

同グループのアルファロメオともども「山」に関するネーミングがお好き? マセラティがレヴァンテに対しスペシャルエディション「ヴルカノ(ブルカノ/Vulcano)」を設定すると発表。これは欧州とアジア向け ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まるでステルス戦闘機!今度はマットグレーのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが降臨する

ランボルギーニのデザインとマットグレーとはよく似合う 現在世界各地にて続々配備されているランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ニュルブルクリンクの市販車最速タイムホルダーでもあり、900台限定となる ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

同工場で生産するトヨタ・スープラとBMW Z4のボディカラーが「同一」という疑惑が発生。真実はいかに?

トヨタ「ボディカラーはBMWとは異なるものだ」 トヨタは先日、アメリカ市場向けに「生産第一号」のスープラをオークションに出品し、2億3000万円という驚くべき価格で落札されていますが、そのボディカラー ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

これがランボルギーニ・ウラカンEVOの全ボディカラーだ!マットやヒストリックカラー含めて全40色から選択可能

まさに過去のランボルギーニの人気色フルラインアップ さて、発表されたばかりのランボルギーニ・ウラカンEVO。発表と同時に公式ウエブサイトが更新されるのはもはやランボルギーニの常だと言えます(全世界同じ ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■ニュース

わずか40台のみ!専用バンパー/ボディカラーを持つアルファロメオ4C限定モデル「コンペティツォーネ/イタリア」が日本でも発売

| 世界でもそれぞれ108台限定。希少価値の高いアルファロメオ4Cが日本でも発売 | アルファロメオが4C/4Cスパイダーそれぞれに限定モデルを追加。 4Cに対しては「4C Competizione( ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンがワンオフモデル720S[ステルス」発表。参考になりそうなカスタム盛りだくさん

| 新たな「テーマ」を持つマクラーレン720Sが登場 | マクラーレンが「720Sステルス・テーマ(Stealth Theme)」を発表。 これはマクラーレンの正規ディーラー、「マクラーレン・ロンドン ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

マットペイント人気が拡大中。その塗装コスト、実際の手入れはどうするの?

| マット人気が拡大との報道。マット塗装の高い理由、手入れについて考える | 乗りものニュースによると、マット仕上げの人気が拡大している、とのこと(参照:『じわり人気「ツヤ消しマット」の車体色 「目立 ...

>スマート(SMART)

スマートがダークサイドに堕ちたらこうなる?「フォーツー・ピュアブラックエディション」発表

| スマート・フォーツーにとことんブラックなスペシャルエディション | 立て続けに限定モデルを発表するスマートですが、今回は「ピュアブラックエディション」を発表。 これはパリ・モーターショーにて初公開 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フェラーリが「世界初」の塗装方を導入と発表。カーボンの塗装も容易になり、マットなど仕上げも自由自在に

| フェラーリのボディカラーは今後変化する? | フェラーリが新しい塗装プロセスを導入した、と発表。 この塗装プロセスとは「焼き付け塗装」に関するもので、塗料メーカーのPPGとともに新しく開発した塗装 ...

>フォード(FORD)

かかった費用1億円以上。芸術レベルのカスタム”ヴィシャス”マスタングを動画&画像にて

| まさに芸術レベルにカスタムされたフォード・マスタング | オクラホマ拠点のチューナー、「Timeless Kustoms」が1965年式のフォード・マスタングをレストア&カスタム。 以前(2016 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサス”F”10週年記念モデルのGS FとRC F。同じマット塗装でもアメリカ仕様は「機械式洗車機OK」のナゾ

| Fブランドは「操る楽しさ」の象徴 | レクサスが「F」誕生から10年を記念したモデル、「GS F“F 10th Anniversary”」「RC F“F 10th Anniversary”」を日本 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ポルシェ・ボクスター関連 >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

香港で見かけた車たち。「カーズ」風カスタム、ポルシェ、マクラーレン、マットカラーなど

| 相変わらず香港には面白い車が走っている | さて、香港で見かけた車シリーズ。 香港はクルマ文化が発達した地域であることをなんどかお伝えしてきましたが、狭い土地の中にスポーツカーやスーパーカー、カス ...

>その他の国の車

超レアカー。Tramontanaをゴールドとブラックにカスタムした(たぶん世界に一人だけの)猛者が登場

★スペインの少量生産スーパーカーをブルガリアの内装スペシャリストがカスタム★ 内装スペシャリスト、Vilnerが非常に珍しい「Tramontana(トラモンタナ)」の内外装をカスタム。 スペインにて1 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW i8の最新カスタム。マットブラック・ラッピングにゴールドのホイール

|マットブラック&定番のゴールド| なかなかそのフェイスリフトモデルが発表されないBMW i8ですが、今回はラッピング&ホイール交換によるカスタムが登場。画像加工によって幾つかのパターンが公開されてい ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.