>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ワゴンモデルのMは一切計画にない。なぜなら売れないからだ」。過去にM5ワゴンで失敗したことがトラウマになっている模様

| 一方、アウディRS6アバントは大人気 | BMWのM部門を統括するマークス・フラッシュ氏がCar Magazineに語ったところによると、「ワゴンボディのMモデルは作らない」とのこと。たしかにMモデルにワゴンは過去にあまりなく、過去にM5ツーリング、3シリーズだとE46世代にワンオフモデルのMワゴンが存在したくらい。「Mモデルはサーキット専用」というならワゴンボディがないことは理解できるものの、現在BMWはX3,X4、X5、X6といったSUVにもMモデルを設定しており、それを鑑みるに「ワゴンのM」がな ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】どうしても抜けん!ポルシェ911GT2 RSがニュルにて、前を走るランボルギーニ・ウルスに近づくことも抜くこともできない

| ランボルギーニ・ウルスはどうしようもなく速いようだ | 雨のニュルブルクリンクにて、ポルシェ911GT2 RSに乗るドライバーが「ランボルギーニ・ウルスに追いつけもしない」という動画。ポルシェ911GT2 RSはニュルブルクリンクでは現在2位(改造車である911GT2 RS MRをランキングに加えるならば、これが1位)に位置し、6:47.3というタイムを誇ります。これはランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに次ぐものですが、「後輪駆動のクルマ」というくくりではナンバーワン。ドライであればランボルギーニ ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

これは反則!オーストラリア警察がBMW M3の「覆面」パトカー導入。これは外観からでは判断できない・・・。

| しかもこのクルマから逃げ切ることは不可能に近い  Facebookグループ、Australian Police Vehicles(その名の通り、オーストラリアのパトカーの情報を集めている)に最近投稿されたのが、「BMW M3の覆面パトカー」。BMW M3は3リッターツインターボを搭載し、425馬力を発生するスーパーサルーンですが、正直、この覆面パトカーは「反則」のようにも思えます(これに追いかけられたら、まず逃げ切るのは難しい)。 なお、オーストラリアでは速度違反が多いのか、これまでにも(覆面ではない ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

最大級のリアウイングを持つトヨタGRスープラが完成!フロント/サイド/リアにエアロも装着し抜かりなし

下回りにボリュームを持たせるのは日本のカスタムシーンからの影響? アメリカのチューナー、オート・チューンド(Auto Tuned)が、トヨタGRスープラのカスタム&チューンを公開。オーバーフェンダーの装着こそないものの、フロントアンダー、サイドアンダー、リアアンダーに大きなエアロパーツを装着し、トドメはリアの巨大ウイング。なお、SEMA(ラスベガスにて開催されるアフターマーケットパーツのショー)の開催が近いということで各チューナーやショップが現在総力をあげてスープラをカスタムしているという状況ですが、今回 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

「世界で最も高価なキッズ用乗用車」、ブガッティ・ベイビー2納車開始。カーボンボディ装着の「ヴィテス」も用意され、価格は330万円から

| 時代を反映してピュアエレクトリック、そして最高速チャレンジ用の「スピードキー」も付属 | ブガッティが、おそらくは「史上もっとも高価な」キッズ用乗用電動車、「ベイビーⅡ(BabyⅡ)」を公開。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて、ブガッティの110周年記念モデル「シロン110Ans Edition」とともにプロトタイプが予告されていたもので、今回晴れて発売と相成ったわけですね。ちなみにこの「ベイビーⅡ」は復刻モデルという位置づけで、「初代」は1926年にブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッテ ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ACシュニッツァーがさらに過激な「BMW 3シリーズ専用エアロ」発表!ここまでくればもうMモデルはいらないかも

| ACシュニッツァーはデザインテイストが比較的よく変わる | ACシュニッツァーが「さらに」過激なBMW 3シリーズ(G20世代)向けのエアロキットを発表。ACシュニッツァーはこれまでにも3シリーズ向けのエアロキットを発売しているものの、今回のエアロパーツはこれまでの製品とは大きく異なるデザインを持つようです。なおACシュニッツァーはパワーアップについても近々対応する予定だそうで、320i、330i、M340i、330dについてパワーキットを開発中とのこと。 ACシュニッツァーが新型BMW 3シリーズ向 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

その価格1000万!軍用メルセデス・ベンツGクラスをカスタムした車両がイケてる件

| ときどき、こういった車両がたまらなく欲しくなる | 軍用メルセデス・ベンツGクラスのカスタムカーが公開に。これはエクスペディション・モーター・カンパニーが公開したもので、1992年製のGクラス(250GD)をベースにレストモッド(レストア+カスタム)しています。なお、メルセデス・ベンツGクラスのルーツはもともとが「軍用」。NATO軍に採用されていた「ゲレンデヴァーゲン」をメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲンとして1979年に民生用として発売したのが源流となります。ちなみに製造しているのはオーストリア ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

少年の頃、父親が乗っていた「アルファロメオ・モントリオール」を、レンダリングにて現代風に蘇らせた男の物語

| ある日、父親がピカピカのモントリオールに乗って帰ってきた | レンダリングアーティスト、ルカ・セラフィニ氏の考えた、アルファロメオ・モントリオール・ヴィジョンGT。アルファロメオはかつて(1970-1977)「モントリオール」というクルマを作っていたことがあり、今回のレンダリングは、その名称からもわかるとおりに「モントリオールを現代に蘇えらせた」もの。オリジナルの「アルファロメオ・モントリオール」は、モントリオール万博に、このクルマの前身となるコンセプトカーが出展されたことから”モントリオール”と命名 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

この発想はなかった!ブガッティ・シロンを「6輪化」したレンダリング。そもそも6輪化のメリットって何?

| 最近、なにかと話題の「6輪化」だが | レンダリングアーティスト、Nikita Aksyonov氏がブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+を6輪化した作品を公開。これはリアを延長して「6輪」というパッケージングを実現したもの。なお、こういった6輪化の(近代における)元祖はメルセデスAMG G63 6x6だと思われ、この登場以後、アメリカのヘネシーはフォードF-150を6輪化した「ヴェロキラプトル」を発表し、カーン・デザインもディフェンダーを6輪化。そのほかにもジープ・ラングラーやスズキ・ジムニー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】80年代スーパーカーの代名詞、フェラーリ・テスタロッサ。実際はどれだけ馬力が出ているのかシャシダイで計測してみた

| 年式や、当時の常識を考えると、かなり馬力が出ていると言っていい | 先日、フェラーリ・テスタロッサに付属する専用バッグの収納方法を動画にて公開したユーチューバー、「ノーマルガイ・スーパーカー」。テスタロッサはランボルギーニ・カウンタックと並ぶ「典型的なスーパーカー」ですが、カウンタックが累計生産2000程度であるのに対し、テスタロッサは(8年の生産期間で)7,177台が販売されており、とにかく「売れた」スーパーカーでもありますね(一説では1万台近く生産されたという話も)。これからこのテスタロッサはレス ...

ReadMore

マット

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

「すごく・・・真っ黒です・・・」。BMWが”世界でもっとも黒い”特殊塗装を持つBMW X6を発表

| けしてフォトショップで加工を失敗したわけではない | BMWが、フランクフルト・モーターショーにて実車を公開するという”BMW VB X6”を公開。一見すると失敗して光沢の無くなったレンダリングの ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個 ...

>アウディ(Audi) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

アウディTTにマット仕様、ネット限定モデルが登場。アウディは欧州にて2020年4月から全車種ネット販売を開始、テスラは販売の主軸をネットに移行。日本はどうなる?

| やっぱり日本では商慣習的に自動車のネット販売は難しいだろう | アウディTTは、つい先週「その後継はない」とアウディCEO、ブラム・ショット氏によってそのライフ終了を宣言されたばかり。ただ、今回は ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M5は35周年。とことん真っ黒、しかもモデルネームレスという前代未聞な限定モデル「BMW M5 エディション35イヤーズ」登場

2019/5/17    , , , ,

| しかもボディカラー含むカラーチョイスはこの1パターンのみ | BMWが「M5 Edition 35Years(M5エディション 35イヤーズ)」を350台限定にて発売。BMW M5は初代5シリーズ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】まさにステルス戦闘機!マットブラックのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがカナダのディーラーに降臨

| 一方でグロスブラックと光沢仕様のカーボンパーツ、レッドがアクセントに | おなじみカナダのランボルギーニディーラーに勤務するセールスパーソン、ヘザー・ボーレンタインさんが新しくランボルギーニ・アヴ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスが「LC500h マットプロトタイプ」を公開!まずは市場の反応を見てマットカラーの市販化に踏み切る目論見

| トヨタ/レクサスはこれまであまりマットカラーに熱心ではなかったが | レクサスがバルセロナ・モーターショーにて、レクサスLC500hのコンセプトモデル「レクサスLC500h マット・プロトタイプ」 ...

>ベントレー(Bentley)

カーン・デザインがベントレー・ベンテイガV8をヴィジュアルアップデート。マットブラックのイカツいルックスに

ホイールサイズは23インチ、ルーフスポイラーは「ダブル」 セレブリティたちを魅了するチューナー、カーン・デザインがベントレー・ベンテイガの新しいカスタムを公開。カーン・デザインはエンジンや足回りなどの ...

>マセラティ(Maserati)

マセラティがレヴァンテに「火山」を意味するマットグレーの限定モデルを設定。外装はとことんダーク、内装は華やかなレッド

同グループのアルファロメオともども「山」に関するネーミングがお好き? マセラティがレヴァンテに対しスペシャルエディション「ヴルカノ(ブルカノ/Vulcano)」を設定すると発表。これは欧州とアジア向け ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まるでステルス戦闘機!今度はマットグレーのランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが降臨する

ランボルギーニのデザインとマットグレーとはよく似合う 現在世界各地にて続々配備されているランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ニュルブルクリンクの市販車最速タイムホルダーでもあり、900台限定となる ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

同工場で生産するトヨタ・スープラとBMW Z4のボディカラーが「同一」という疑惑が発生。真実はいかに?

トヨタ「ボディカラーはBMWとは異なるものだ」 トヨタは先日、アメリカ市場向けに「生産第一号」のスープラをオークションに出品し、2億3000万円という驚くべき価格で落札されていますが、そのボディカラー ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

これがランボルギーニ・ウラカンEVOの全ボディカラーだ!マットやヒストリックカラー含めて全40色から選択可能

まさに過去のランボルギーニの人気色フルラインアップ さて、発表されたばかりのランボルギーニ・ウラカンEVO。発表と同時に公式ウエブサイトが更新されるのはもはやランボルギーニの常だと言えます(全世界同じ ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■ニュース

わずか40台のみ!専用バンパー/ボディカラーを持つアルファロメオ4C限定モデル「コンペティツォーネ/イタリア」が日本でも発売

| 世界でもそれぞれ108台限定。希少価値の高いアルファロメオ4Cが日本でも発売 | アルファロメオが4C/4Cスパイダーそれぞれに限定モデルを追加。 4Cに対しては「4C Competizione( ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンがワンオフモデル720S[ステルス」発表。参考になりそうなカスタム盛りだくさん

| 新たな「テーマ」を持つマクラーレン720Sが登場 | マクラーレンが「720Sステルス・テーマ(Stealth Theme)」を発表。 これはマクラーレンの正規ディーラー、「マクラーレン・ロンドン ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

マットペイント人気が拡大中。その塗装コスト、実際の手入れはどうするの?

| マット人気が拡大との報道。マット塗装の高い理由、手入れについて考える | 乗りものニュースによると、マット仕上げの人気が拡大している、とのこと(参照:『じわり人気「ツヤ消しマット」の車体色 「目立 ...

>スマート(SMART)

スマートがダークサイドに堕ちたらこうなる?「フォーツー・ピュアブラックエディション」発表

| スマート・フォーツーにとことんブラックなスペシャルエディション | 立て続けに限定モデルを発表するスマートですが、今回は「ピュアブラックエディション」を発表。 これはパリ・モーターショーにて初公開 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フェラーリが「世界初」の塗装方を導入と発表。カーボンの塗装も容易になり、マットなど仕上げも自由自在に

| フェラーリのボディカラーは今後変化する? | フェラーリが新しい塗装プロセスを導入した、と発表。 この塗装プロセスとは「焼き付け塗装」に関するもので、塗料メーカーのPPGとともに新しく開発した塗装 ...

>フォード(FORD)

かかった費用1億円以上。芸術レベルのカスタム”ヴィシャス”マスタングを動画&画像にて

| まさに芸術レベルにカスタムされたフォード・マスタング | オクラホマ拠点のチューナー、「Timeless Kustoms」が1965年式のフォード・マスタングをレストア&カスタム。 以前(2016 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサス”F”10週年記念モデルのGS FとRC F。同じマット塗装でもアメリカ仕様は「機械式洗車機OK」のナゾ

| Fブランドは「操る楽しさ」の象徴 | レクサスが「F」誕生から10年を記念したモデル、「GS F“F 10th Anniversary”」「RC F“F 10th Anniversary”」を日本 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.