レンダリング

どのキドニーグリルがお好き?デザイナーがレトロからフューチャーまで、様々な「BMW M2の」キドニーグリルを提案

どのキドニーグリルがお好き?デザイナーがレトロからフューチャーまで、様々な「BMW M2の」キドニーグリルを提案

| クルマの表情はやはりグリルとヘッドライトで決まるようだ | ただしBMWの場合は「キドニーグリルに頼りすぎ」で、それがなければ没個性という批判も さて、ハンガリーの自動車デザイナー、Laszlo ...

アストンマーティンの新型エレクトリックスーパースポーツ「ヴァンテオン」登場!3Dアーティストが自身の想いをCG作品に

アストンマーティンの新型エレクトリックスーパースポーツ「ヴァンテオン」登場!3Dアーティストが自身の想いをCG作品に

| 次世代ヴァンテージ、次世代DB11はピュアエレクトリック、2026年以降に発売と言われるが | デザインやネーミングについては「新世代」をアピールするために一新される可能性も さて、3Dアーティス ...

その名はフランス語で「宝石」!ブロンズアクセントを持つ美しいブガッティ・シロンのデジタルカスタムが公開

その名はフランス語で「宝石」!ブロンズアクセントを持つ美しいブガッティ・シロンのデジタルカスタムが公開

| 不思議なことだが、ほかブランドではよく見られる「ブロンズ」を用いたシロンは現在存在しないようだ | しかしながら、その仕上がりはあまりに美しかった さて、ブガッティは無事に「ディーヴォ」の全台数を ...

新型スバルWRX STIはこうなる?例の樹脂製ホイールアーチをボディ同色にペイントしたCG。そのほかにもバーチャル系レンダリングを見てみよう

新型スバルWRX STIはこうなる?例の樹脂製ホイールアーチをボディ同色にペイントしたCG。そのほかにもバーチャル系レンダリングを見てみよう

| バーチャルカスタム系レンダリングは多数のアーティストの参加にて活況を呈している模様 | 一時よりは「現実に近い」作品が増えてきたようだ さて、新型スバルWRXが発表され、その樹脂製フェンダーが酷評 ...

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

| 未来的でクリーンなデザインがこのアーティストの持ち味のようだ | やはりランボルギーニはこういった過激なカスタムがよく似合う さて、これまでにも数多くのバーチャルカスタムを披露してきたデザイン系ユ ...

シンガー・ポルシェ「RLS」?アーティストが964世代の911ベース、シンガー製911レストモッドの新たなる提案を行う

シンガー・ポルシェ「RLS」?アーティストが964世代の911ベース、シンガー製911レストモッドの新たなる提案を行う

| 本家シンガーのポルシェ911レストモッド「DLS」よりも未来的、そしてレーシーに仕上がっているようだ | シンガー・ポルシェがアーティストによるレンダリングのモチーフとして使用されるのは珍しい さ ...

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想差レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

| 現在までリリースされている情報、ベースとなるシビックとをあわせて考えると、新型シビック・タイプRはこうなるだろう | まだまだ「中身」はわからず、しかしホンダは「最後のガソリンエンジン搭載タイプR ...

「パラレルワールドの新型フェアレディZ」?社外デザイナーがまったく別次元の「フェザレディ・ゼロZ」を発表

「パラレルワールドの新型フェアレディZ」?社外デザイナーがまったく別次元の「フェザレディ・ゼロZ」を発表

| フェアレディZに対しては、それぞれのデザイナーがそれぞれの想いを抱いているようだ | どんなフェアレディZでも「フェアレディZらしい」のが面白い さて、正式発表後も様々な話題で盛り上がっている新型 ...

新型インテグラの予想CGがさっそく登場!フロント/リアともにティーザー画像を再現し、「かなり実車に近い」かも

新型インテグラの予想CGがさっそく登場!フロント/リアともにティーザー画像を再現し、「かなり実車に近い」かも

| インテグラほど話題を呼んだアキュラのニューモデルも珍しい | これまでアキュラはずっと「アルファベット3文字」を車名に採用していたが さて、ホンダはアキュアブランドよりインテグラを復活させることを ...

なぜ混ぜた・・・。「もっとも醜いクルマ」と評されたBMW Mクーペ、そしてトヨタ・スープラ(80)との混血児。「もし当時、トヨタとBMWとがスープラを共同開発していたら」

なぜ混ぜた・・・。「もっとも醜いクルマ」と評されたBMW Mクーペ、そしてトヨタ・スープラ(80)との混血児。「もし当時、トヨタとBMWとがスープラを共同開発していたら」

| 万一当時トヨタとBMWとがスープラを共同開発していたならば、価格は「倍」になっていただろう | もしかすると、発売しても全然売れず、よって今頃は「希少車」扱いとなっていたのかも さて、様々な「もし ...

クーペよりもカッコいい?超セクシーな「GR86シューティングブレーク」のレンダリングが登場。実際に発売したらけっこう売れそう

クーペよりもカッコいい?超セクシーな「GR86シューティングブレーク」のレンダリングが登場。実際に発売したらけっこう売れそう

| これまでにもいくつかGR86の「ワゴン化」レンダリングが公開されてきたが、その中でもまずナンバーワン | 絞り込まれたルーフ、盛り上がったフェンダーはなかなかにセクシー さて、新型スポーツカーが登 ...

「世界一美しいクルマ」、ブガッティ・タイプ57SCアトランティークの「100周年記念モデル、ブガッティ100オマージュが公開。デザイナーの夢を乗せた2036年モデル

「世界一美しいクルマ」、ブガッティ・タイプ57SCアトランティークの「100周年記念モデル、ブガッティ100オマージュが公開。デザイナーの夢を乗せた2036年モデル

| ブガッティ自身は2015年に一度、タイプ57SCアトランティークを蘇らせようとしたことがあった | EV時代になれば、今よりは「ニューモデルの開発難易度が下がる」と思われ、新たな展開も期待できる ...

アルファロメオ各モデルの要素をミックス!デザイナーが独自に考えた「スカリオーネ」そしてレーシングバージョンが公開に

アルファロメオ各モデルの要素をミックス!デザイナーが独自に考えた「スカリオーネ」そしてレーシングバージョンが公開に

| やはりアルファロメオにスポーツカー、そしてスーパーカーの発売を望む人が多いようだ | 現在、アルファロメオはその方向性を大きくシフトさせようとしちる段階だと思われるが さて、デザイナーのEttor ...

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

| アルファロメオはなぜ今に至るまで「レトロ路線」を採用しないのか | 一部デザイナーは「レトロ」なデザインに頼ることについてプライドが許さないらしい カーデザイナー、ギルヘルム・アラウージョ氏が20 ...

ドイツでは15歳から乗れるマイクロEV「オペルRocks-e」の超ハードコア版レンダリングが登場!タミヤのRCカーのようなルックスで縦横無尽に走り回る

ドイツでは15歳から乗れるマイクロEV「オペルRocks-e」の超ハードコア版レンダリングが登場!タミヤのRCカーのようなルックスで縦横無尽に走り回る

| もともと「割り切った」Rocks-eをさらに割り切った仕様に | Rocks-eエクストリームを使用したワンメイクレースがあっても面白そうだ さて、オペルはつい2週間ほど前にマイクロエレクトリック ...

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

CGアーティスト、Paweł Breshke Czyżewskiによる「ランチア・スタイル」と題されたレンダリングが公開に。これは「ストラトス」と名がつくものの、実際には(市販モデルのストラトスではな ...

アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレの現代版が登場したら?独・伊デザイナーチームが「ストラダーレ33ヴィジオーネ」を発表

アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレの現代版が登場したら?独・伊デザイナーチームが「ストラダーレ33ヴィジオーネ」を発表

| 現在のアルファロメオは、こういったリッチなモータースポーツの歴史を生かしておらず、ちょっともったいないと思う | F1参戦を期に、今後のブランドシフトを期待したい さて、イタリアやドイツのデザイナ ...

デザイナーの考える未来のポルシェ911。「電動化世代の911は、ガソリン世代の911とまったく違うものでなければならない」

デザイナーの考える未来のポルシェ911。「電動化世代の911は、ガソリン世代の911とまったく違うものでなければならない」

| 一方では「リア寄りの重心、空冷」を再現 | 実際にポルシェは911のエレクトリック化をどう扱うかが見もの インダストリアルデザイナー、Sandor Boldog氏が考案した「ポルシェ・エレクトリッ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5