ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

レンダリング

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

シトロエン2CVが復活したらこうなる?かつての2CVが自動車を一気に普及させたように、新2CVも「EVを一気に」普及させる存在であってほしい

| 初代シトロエン2CVは1949年に発売され、1990年まで生産されるロングセラーだった | シトロエンが今、2CVをリバイバルさせない理由はないように思える CGデザイナー、デハーン・フリストフ氏 ...

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

| EVは環境を汚染しないという意味でオフローダーとの相性は良さそうだ | ただしバッテリー搭載にて重量が重くなりすぎる点、そして充電設備がないところを走るという点は大きな課題として残りそう さて、ジ ...

ポルシェ917へのオマージュ!デザイナーが考えた未来の「超ロングテール」ポルシェのデザインが前衛的すぎた

ポルシェ917へのオマージュ!デザイナーが考えた未来の「超ロングテール」ポルシェのデザインが前衛的すぎた

| ガソリンとEVとが併用される時代だと今と大きくクルマのデザインは変わらないだろうが、EVしか生産されなくなった時代のクルマは今とは全く異なる思想で設計されるだろう | そして「EVネイティブ」なデ ...

もしBMW 7シリーズが3.0CSL風のシャークノーズを採用していたら?CGアーティストがちょっぴりレトロな7シリーズのレンダリングを作成

もしBMW 7シリーズが3.0CSL風のシャークノーズを採用していたら?CGアーティストがちょっぴりレトロな7シリーズのレンダリングを作成

| 賛否両論あるが、ボクはBMWのデザインとその意図を支持したい(買うかどうはか別だけど) | 実際にBMWは「よく売れている」ので、多くの人が共感しているのだと思う さて、BMWは先日「衝撃的な」デ ...

世界一美しいクーペ、レクサスLC500がシューティングブレークに!デジタル上にて「世界で最も美しいワゴン」が誕生する

世界一美しいクーペ、レクサスLC500がシューティングブレークに!デジタル上にて「世界で最も美しいワゴン」が誕生する

| レクサスLC500シューティングブレークが発売されることはなさそうだが、ピュアエレクトリック世代のレクサスにはスポーツワゴンが追加されることになりそうだ | ワゴンボディは微妙に流行の兆しも見られ ...

もしもフェラーリ296GTSに「ベースグレード」が存在したら?前後バンパーやドアミラー、ドアハンドルまでもが樹脂丸出しへと変更に

もしもフェラーリ296GTSに「ベースグレード」が存在したら?前後バンパーやドアミラー、ドアハンドルまでもが樹脂丸出しへと変更に

| 見たところ、フェラーリ296GTSのヘッドライトまでもが「ハロゲン」へと変更されているようだ | 現代では「作り分け」のほうがコストが高くなるのか、グレード間での仕様”格差”は小さくなった さて、 ...

もしもフェラーリが「ローマをベースにXXモデルを作ったら」?フロントエンジンレイアウトのレーシングカーもカッコいいな

もしもフェラーリが「ローマをベースにXXモデルを作ったら」?フロントエンジンレイアウトのレーシングカーもカッコいいな

| 現実的には、フェラーリが今後「フロントエンジン」レイアウトのレーシングカーを製作することはないだろう | せめてレンダリングの世界の中だけでもその夢想を楽しみたい フェラーリは1960年代後半から ...

次世代ランボルギーニはこうなる?ハイブリッドスーパースポーツをイメージしたコンセプトカー「ランボルギーニ・ヴィジョン・イベント・ホライズン」

次世代ランボルギーニはこうなる?ハイブリッドスーパースポーツをイメージしたコンセプトカー「ランボルギーニ・ヴィジョン・イベント・ホライズン」

| 各部の構造やパーツが「フローティングマウント」され、いかにもエアロダイナミクスに優れそうだ | ただし現在のランボルギーニの採用するデザイン言語とは大きく異る さて、台湾在住のデザイナーLin Y ...

アストンマーティンがピュアエレクトリックスポーツを発売したらこうなる?未来のスポーツカーをイメージした「ヴァイダー・コンセプト」

アストンマーティンがピュアエレクトリックスポーツを発売したらこうなる?未来のスポーツカーをイメージした「ヴァイダー・コンセプト」

| 今のところ、将来のアストンマーティンのデザイン的方向性がどうなるのかはわからないが | その頃には現在のラインアップとは大きく異る車種構成を持つことになっているのかも さて、デザイナーであるカルロ ...

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

さて、アメリカでは「アキュラ・インテグラ」、中国でも「ホンダ・インテグラ」が発表されていますが、いずれも4ドアボディを持ち、ぼくらの考えるインテグラとはちょっと様相が異なります。そこでCGアーティスト ...

「フェラーリ・ヴィジョンGT」登場!フェラーリの過去のレーシングカー、そして戦闘機をミックスした近未来的なコンセプトカー

「フェラーリ・ヴィジョンGT」登場!フェラーリの過去のレーシングカー、そして戦闘機をミックスした近未来的なコンセプトカー

| フェラーリの市販車はこれまでにも大きくデザインを変化させており、しかしどのクルマも「紛れもないフェラーリ」なのが面白い | 外部デザイナーも「フェラーリのDNA」を再現するのに様々な手法を用いてい ...

まるで地球外から来た乗り物のようだ!外骨格っぽいボディパネルを持つロータス「エヴァノーラ」コンセプトが公開

まるで地球外から来た乗り物のようだ!外骨格っぽいボディパネルを持つロータス「エヴァノーラ」コンセプトが公開

| おそらく今後はこういった有機的なデザインそして構造を持つクルマが増えてくるに違いない | サーキット走行専用モデルの需要が増えてくる可能性も さて、カーデザイナー、マイトレヤ・ダーナック氏によるレ ...

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

| けっこうこの予想レンダリングは現実に近いかもしれない | ランボルギーニとしては「新しい」要素も見られるだけにアヴェンタドール後継モデルには期待したい さて、ランボルギーニは今年にウラカンのバリエ ...

新型フェアレディZにGノーズが登場したらこうなる?エアロダイナノーズにオーバーフェンダーで武装したデジタルチューンが登場

新型フェアレディZにGノーズが登場したらこうなる?エアロダイナノーズにオーバーフェンダーで武装したデジタルチューンが登場

| まず間違いなく現実世界でもGノーズが登場することになるだろう | そうでなくとも、あの四角いグリルをなんとかしようとするチューナーが多数登場しそう さて、主にスーパーカーやスポーツカーの「もしもこ ...

新型BMW i7 / 7シリーズはこうなる?かなり現実的な予想レンダリングが登場、ボクらにできるのは来月の新車発表に対しショックを受けないように準備をしておくことくらい

新型BMW i7 / 7シリーズはこうなる?かなり現実的な予想レンダリングが登場、ボクらにできるのは来月の新車発表に対しショックを受けないように準備をしておくことくらい

| BMWの役員はこれまでにも過激なデザインを持つクルマの開発にGOサインを出しており、かなり寛容だと思われる | BMWのデザインはほかの多くの会社では許されないだろうが、だからこそ発売する意義があ ...

アルピーヌと専門学校生とが共同で2035年のアルピーヌ、「A4810」をデザイン。スポーツカーの頂点を極めるべくモンブランの標高を車名に採用

アルピーヌと専門学校生とが共同で2035年のアルピーヌ、「A4810」をデザイン。スポーツカーの頂点を極めるべくモンブランの標高を車名に採用

| 燃料は「水素」、ただし現時点ではその詳細は不明 | 現在の自動車業界の変化の速さを考慮すると、2035年のクルマはどんなことになっているのか想像もつかない さて、アルピーヌがIstituto Eu ...

数ヶ月以内に発表されると言われるフルモデルチェンジ版MAZDA 6。CX-60の要素を反映させた予想レンダリングが登場

数ヶ月以内に発表されると言われるフルモデルチェンジ版MAZDA 6。CX-60の要素を反映させた予想レンダリングが登場

| マツダは「プレミアム」を加速させるために高級感のある、ゴツいルックスを採用する? | マツダは高価格化を正当化するために「見た目の変化」を導入せねばならない さて、マツダは「ラージ商品群」第一号、 ...

【動画】過激すぎるマツダRX-7の「ワイドボディ」バーチャルカスタムが登場!ただしRX-7は現実世界でもこれだけの魔改造がなされている

【動画】過激すぎるマツダRX-7の「ワイドボディ」バーチャルカスタムが登場!ただしRX-7は現実世界でもこれだけの魔改造がなされている

| マツダRX-7ほどチューナーの興味をひきつけるクルマもまた少ない | 時を経てもさらに過激なカスタムが次々登場することになりそうだ さて、数々のバーチャルカスタムを公開してきたCGアーティスト、H ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5