レーシングカー

シュコダは1957年にこんな美しいクルマ「1100 OHC」を作っていた!当時ル・マンに参加する予定で製造されるも冷戦によりその夢が閉ざされた悲運の一台

シュコダは1957年にこんな美しいクルマ「1100 OHC」を作っていた!当時ル・マンに参加する予定で製造されるも冷戦によりその夢が閉ざされた悲運の一台

| シュコダは歴史も古く、航空機用エンジンも生産するなど「実力十分」な自動車メーカー | 現在はフォルクスワーゲングループ参加にてコストパフォーマンスの高い車をリリースしている さて、チェコの自動車メ ...

アウディがR8の最新レーシングカー「R8 LMS GT3 EVO II」発表!3度めのアップデート、そして戦闘力に比例して価格も登場初期に比較して大幅上昇

アウディがR8の最新レーシングカー「R8 LMS GT3 EVO II」発表!3度めのアップデート、そして戦闘力に比例して価格も登場初期に比較して大幅上昇

| アウディにとってカスタマー向けのレーシングカーは大きな利益を生む商品だと言われている | 次期R8がどうなるかは不明だが、利益のことを考慮するとR8を存続させたほうがいいのかもしれない さて、アウ ...

アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表

【動画】アウディが初のダカールラリー参戦のために開発した「RS Q E-Tron」発表!前後2モーターで車体を駆動、DTM用エンジンを発電機として搭載

| アウディがモータースポーツで培った知見を生かしたウルトラオフローダー | いったいどうやったらこんな外観を思いつくのか想像もつかない さて、アウディがはじめてダカールラリーに参加するためのレーシン ...

伝説のレーシングカー、ポルシェ917Kのエンジンをスタートさせるにはこんな儀式が必要だ!

【動画】伝説のレーシングカー、ポルシェ917Kのエンジンをスタートさせるにはこんな儀式が必要だ!昔のレーシングカーはここまでしないといけないのか・・・

| やはり特定の環境で走るレーシングカーの始動は今も昔も変わらずデリケート | まれにレーシングカーをフツウに乗る人もいるが、感心せざるを得ない さて、ポルシェ917Kは15億円を超える価値を誇るレー ...

フェラーリの新型ハイパーカーがサーキットを走る!2023年のル・マン「LMH」に出場し、同時に市販されることになる?

【動画】フェラーリの新型ハイパーカーがサーキットを走る!2023年のル・マン「LMH」に出場し、同時に市販されることになる?

| まずは2023年にル・マン出場、その後クーペを発売し、80周年記念としてオープンモデルを追加すると予測 | このハイパーカーに関してはまだまだ謎が多い さて、ここ最近チョコチョコと目撃されているフ ...

さすが「おフランス」!レーシングカーなのに内外装ともオシャレさを忘れないル・マン用レーシングカー「プジョー9X8」が公開

さすが「おフランス」!レーシングカーなのに内外装ともオシャレさを忘れないル・マン用レーシングカー「プジョー9X8」が公開

| レーシングカーなのにリアウイングなしとはこれいかに | エンブレムは「新型」、前後ランプにはライオンの爪痕を想起させる「クローライト」 さて、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス(LMH)」 ...

ダラーラEXP

コーナリング時のGはハイパーカーの約2倍!車重890kgなのにダウンフォースは1250kgという規格外のクルマ「ダラーラEXP」が登場

| 2017年の発売以来、バリエーションを増加させるということは「販売は成功している」と考えて良さそうだ | 一体どれくらい乗り味がハードなのか想像もつかない さて、ダラーラが2017年に発売したロー ...

コレクターの間では知られた個体なるも競売に登場するのは初!セブリングの予選を1位で通過した1977年製ポルシェ934/5

コレクターの間では知られた個体なるも競売に登場するのは初!セブリングの予選を1位で通過した1977年製ポルシェ934/5

| ポルシェコレクターの注目度が非常に高く、1億7000万円程度まで値が上がるのではと見られている | ポルシェはロードカー、レーシングカーともに競売では大人気 さて、かつてセブリング12時間レースに ...

アストンマーティンの新型ハイパーカー

アストンマーティンが6月28日にヴァルキリーのハードコア版と思われる新型車を発表すると予告!ロードカー版ヴァルキリーは路上テストを開始するも泥沼訴訟が持ち上がる

| アストンマーティンにとってヴァルキリーは「悪夢」となるかもしれない | 開発の難航、レッドブルとの提携解消、資金難・・・。これほど発売までに苦難が続いたクルマも珍しい さて、先日リークされてしまっ ...

かつてのニュル王者、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがラリークロス用レーシングカー3台と加速対決

【動画】かつてのニュル王者、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがラリークロス用レーシングカー3台と加速対決!その結果やいかに

| 動画を見ていると、レーシングカーには独特のナーバスさがあるようだ | そしてレーシングカーとは、たとえ市販車がベースであっても、乗用車とは別モノである さて、時折「よくこんなクルマを引っ張ってきた ...

数々のレースを駆け抜けたフェラーリ550GT1が競売に登場

数々のレースを駆け抜けたフェラーリ550GT1が競売に登場!フロントエンジンフェラーリは市販車ではあまり人気がないようだが予想落札価格は「3億円」

| デビューから2年ほどはトラブルに泣かされたようだが | 過去にはF1ドライバー、エマニュエル・ナスペッティ、ドメニコ・スキャッタレーラがドライブしたことも さて、幾多ものレースを駆け抜けたフェラー ...

パイクスピークを走るコンチネンタルGT3タイムアタック1の詳細が公開

リアウイングは「ベントレーのモータースポーツ史上最大」!パイクスピークを走るコンチネンタルGT3タイムアタック1の詳細が公開

| パイクスピーク用にコンチネンタルGT3のエアロパッケージを強化、セカンダリー冷却システムも | さらにはタフなレースを制するためにドライブシャフトも強化済み さて、ベントレーはかねてよりアメリカの ...

アルファロメオ155

もっとも有名なツーリングカー用マシン、アルファロメオ155ITCが競売に登場!予想落札価格は1億円以上、熾烈な争奪戦になりそうだ。なお0−100キロ加速は2.5秒、最高速は300km/h以上

| このアルファロメオ155ITCは今でもレースに参戦できる状態にあり、いつでも出撃を待っている | 今後の値上がり期待値も相当なものだと思われる さて、1990年代のツーリングカーレースにて活躍した ...

アウディが「レーシングカーなのにカラフルな」R8 LMS GT2カラーエディション発表

アウディが「レーシングカーなのにカラフルな」R8 LMS GT2カラーエディション発表!派手な色に加えミリタリーっぽい「タクティカルグリーン」も

| おそらくアウディR8 LMS GT2カラーエディションはコレクター以外には重要がなさそうだ | さて、アウディが「R8 LMS GT2」に”カラーエディション”を追加。ちなみにアウディR8 LMS ...

アウディがル・マン復帰に際し「新型レーシングカー(R18後継)」のイメージスケッチを公開

アウディがル・マン復帰に際し「新型レーシングカー(R18後継)」のイメージスケッチを公開。あわせてダカールラリー初参戦のための車両スケッチも

| ポルシェといいアウディといい、ここへきてなぜか急激に「モータースポーツ参戦」の機会が増加 | さて、すでにアウディはル・マン24時間レースへの復帰を公表していますが、今回はそのル・マン参戦のための ...

ポルシェが「もっとも面白いニックネームを持つクルマ」TOP5を紹介

【動画】ポルシェが「もっとも面白いニックネームを持つクルマ」TOP5を紹介!「カンガルー」「おばあちゃん」他、おなじみ「ピンクピッグ」も

| ポルシェのレーシングカーのなかにはけっこう知らないアダ名を持つ個体も | さて、ポルシェが不定期にて公開している「TOP5」動画。「もっとも優れるサウンド」「もっとも最高速が高いクルマ」「もっとも ...

ランボルギーニが「400台めとなるウラカンのレースバージョンを生産した」と発表

ランボルギーニが「400台めとなるウラカンのレースバージョンを生産した」と発表。ウラカンはロードカー、レーシングカーとが同じラインにて製造中

| 意外やレーシングカーはけっこう高い需要があるようだ | さて、ランボルギーニが「400台めとなる、ウラカンのレーシングカーを製造した」と発表。ウラカンのレーシングカーとは、ランボルギーニの主催する ...

まさかのホンダ・シビック・タイプRにJPSカラー

まさかのホンダ・シビック・タイプRにJPSカラー!JPSの名は入らないまでも実際に製作されてサーキットを走るようだ

| モータースポーツ史に残る名カラーはやはりJPS、ガルフ、マルティニ、マールボロ | さて、往年のモータースポーツファンであれば必ずやその記憶に留まっているであろうカラーリングが「JPS」。今回、レ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5