ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか

元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか

| ヒョンデは2104年にこのスーパーカープロジェクトをスタートさせ、数々のプロトタイプを披露してきたが | どうやら「あまりに高額になってしまう」ミドシップスポーツの価格に恐れをなしたようだ さて、 ...

ランボルギーニ

2022年8月の輸入車登録台数が発表!もっとも伸びたのは前年比2倍のロールス・ロイス、二番目はランボルギーニ、4位はフェラーリ

| ロールス・ロイス、ランボルギーニ、フェラーリは「通年」でも昨年より多くの販売台数を記録 | ランボルギーニ、フェラーリは多くのモデルが販売を終了する中で堅調に業績を伸ばす さて、2022年8月の輸 ...

ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう

ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう

| 韓国勢はアイドル然りK-POP然り工業製品然り、宣伝広告費が桁違い | もはや自動車は性能や品質だけで選ばれるものではなくイメージも重要に。どうする日本の自動車メーカー さて、韓国ヒョンデの営業利 ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

2022年7月の輸入車登録台数が発表。新車がないアルファロメオ、ジャガーは苦戦を強いられ、フェラーリ、ランボルギーニ、ロールスロイスなど超価格帯ブランドは順調に伸びる

| どんな状況においても「超」高級ブランドはやっぱり強い | 当然ではあるが、特徴のないブランドはやっぱり弱い さて、2022年7月の輸入車登録台数が公開。全体的には前年同期比75.3%となっていて、 ...

トヨタ、ホンダ、日産、GMに続きヒョンデも宇宙へ!「オール韓国」チームを結成し国家規模プロジェクトのなかでルナローバー、ロボットの開発を担当

トヨタ、ホンダ、日産、GMに続きヒョンデも宇宙へ!「オール韓国」チームを結成し国家規模プロジェクトのなかでルナローバー、ロボットの開発を担当

| ロボット犬「スポット」もまさか宇宙にまで駆り出されるとは思ってもみなかっただろう | 生きているうちに自動車メーカーのルナローバーが宇宙で活躍する様子を見てみたいものだ さて、韓国ヒョンデとキアが ...

ポルシェ911

ヒョンデCEOは本物のポルシェ911マニアだった!ポルシェよりもポルシェ911について熱く語る内容が話題に

| けっこううまくポルシェの本質を捉えており、ちょっとヒョンデCEOを見直した | ただし、だからといってポルシェ911のデザインをパクっていいわけではない さて、韓国ヒョンデは電気自動車「アイオニッ ...

ヒョンデが三菱エクスパンダー対抗のミニバン「スターゲイザー」発売!スプリットヘッドライト採用、トランスミッションには6速マニュアルも

ヒョンデが三菱エクスパンダー対抗のミニバン「スターゲイザー」発売!スプリットヘッドライト採用、トランスミッションには6速マニュアルも

| 韓国ヒョンデは急にミニバンのラインアップを拡充開始 | おそらくミニバンは「SUVの次に来る」のではと見られている さて、日本だとミニバンが大人気ではあるものの、欧米ではさほど人気がないためか「ミ ...

ロールス・ロイスとヒョンデが戦略的パートナーシップ契約を締結!両者の知見を活かし「燃料電池を動力源に」空を目指す

ロールス・ロイスとヒョンデが戦略的パートナーシップ契約を締結!両者の知見を活かし「燃料電池を動力源に」空を目指す

| ただしこのロールス・ロイスは自動車ではなく航空宇宙産業のほうのロールス・ロイス | ちなみにこのロールス・ロイスはジェットエンジンのシェアでは世界二位 さて、ロールスロイスとヒョンデとがパートナー ...

ヒョンデがエレクトリックハイパフォーマンスコンセプト「RN22e」発表!まだ他社が参入していない高性能電動車に先鞭をつけその存在感をアピール

ヒョンデがエレクトリックハイパフォーマンスコンセプト「RN22e」発表!まだ競合他社が参入していない高性能電動車に先鞭をつけその存在感をアピール

| もしかするとヒョンデは電動化の波に乗り、逆に波に乗れないトヨタやホンダに大きく差をつけることになるかもしれない | いずれにせよ、今後のヒョンデの動きには要注目 さて、ヒョンデは「1974年のヒョ ...

ヒョンデが45年前のコンセプトカーを現代風に解釈した「N Vision 74」を発表!ヒョンデの運命を決定づけ、躍進のきっかけを作った「ポニークーペ」とは

45年前から来た「ヒョンデの救世主」、ポニークーペを現代風に解釈した「N Vision 74」発表!やっぱり優れたデザインは会社の未来をつくるようだ

| まさかたった一台のコンセプトカー「45EVコンセプト」がヒョンデの運命を変えてしまうとは | ボクはこの一連の出来事をけして忘れないだろう さて、元ランボルギーニやベントレーなど欧州プレミアムブラ ...

ヒョンデが新型EV「アイオニック6」発表!よく見るとぜんぜん違うが「ポルシェっぽい」と言われるデザインの謎に迫る

ヒョンデが新型EV「アイオニック6」発表!よく見るとぜんぜん違うが「ポルシェっぽい」と言われるデザインの謎に迫る

| ヒョンデのデザイナーはベントレーやランボルギーニで活躍したルク・ドンカーヴォルケ | たしかにヒョンデのクルマにはVWグループの各ブランドっぽい雰囲気が感じられる さて、先日よりティーザーキャンペ ...

フェラーリF8スパイダー

2022年4月の国内輸入車販売状況!もっとも昨対で伸びたのはロータス、次はフェラーリ。ボルボも販売を伸ばし、もしかするとアウディを通年で超えるかも

| 日本だと輸入車は「嗜好品」としての性格が強く、高額な製品、特徴のある製品ほど売れやすいようだ | それにしてもフェラーリの圧倒的な強さには驚かされる さて、2022年4月の日本国内における輸入車登 ...

ヒョンデがロボットに追加投資を行うと発表し、乗車型、自立型、ワンコ型ロボットの実用化を推進中!なおワンコ型ロボットはヒョンデ工場にてすでに就業中

ヒョンデがロボットに追加投資を行うと発表し、乗車型、自立型、ワンコ型ロボットの実用化を推進中!なおワンコ型ロボットはヒョンデ工場にてすでに就業中

| ヒョンデは以前から「車両とロボットとのクロスオーバー」に対して積極的だった | ここへきて自動車メーカー各車による「次の戦略」が多様化している さて、ヒョンデ(ヒュンダイ)は自動車以外の”新たなる ...

ヒョンデがリマックとの提携を解消したとの報道。ポルシェがリマックへの出資比率を拡大したことでヒョンデが気分を害したもよう

ヒョンデがリマックとの提携を解消したとの報道。ポルシェがリマックへの出資比率を拡大したことでヒョンデが気分を害したもよう

| ただし現時点では事実関係は確認されておらず、ウワサの域を出ていない | リマックはポルシェ、ヒョンデのほかにもフェラーリやアストンマーティンとも提携している さて、2019年にヒョンデとリマックと ...

SUVの次はミニバン?ヒョンデがグランピング仕様のスターリア「ラウンジキャンパー」、エグゼクティブ向けの「ラウンジビジネス」を発表し高級ミニバンを強化

SUVの次はミニバン?ヒョンデがグランピング仕様のスターリア「ラウンジキャンパー」、エグゼクティブ向けの「ラウンジビジネス」を発表し高級ミニバンを強化

| 現在、ミニバンは欧州や北米ではさほど人気ではないが、「これから」に期待できるセグメントの一つ | 中国市場においてはすでにミニバンは「市民権」を獲得 さて、昨年ヒョンデが発表した高級ミニバン「スタ ...

元ランボルギーニのデザイナーが指揮を取るヒョンデの高級ブランド「ジェネシス」!未来のEVモデルに採用されるデザインを予告したXスピーディウム・クーペを発表

| ジェネシスブランドのデザイン的評価は北米だと非常に高い | たしかにこのままの姿で発売されれば非常にインパクトがありそうだ さて、韓国ヒョンデの高級ブランド、ジェネシスが「Xスピーディウム・クーペ ...

【動画】スバルWRX S4がヒョンデ・エラントラNに徹底的に負ける・・・!加速、ブレーキ、旋回すべてにおいて敗れ、やはりスバルはWRX STIを作るしかない

【動画】スバルWRX S4がヒョンデ・エラントラNに徹底的に負ける・・・!加速、ブレーキ、旋回すべてにおいて敗れ、やはりスバルはWRX STIを作るしかない

| 車両制御技術の向上によって、ドライコンディションだとFFでも高い競争力を発揮するようになった | スバルはもう少し車体の軽量化に注力したほうがいいのかもしれない さて、日本にもヒョンデが再参入した ...

ジャガー

2022年1月の国内輸入車登録状況!コンパクトカーに人気が集中、一方でジャガーは前年比3.5倍、ロータスは2.7倍。ジャガーは撤退前の在庫処分なんじゃないかと心配に

| ここ最近ずっと販売が下がり続けていたジャガーにとってこの数字は異常でしかない | 輸入車全般的に、国産車の傾向とよく似た動きをしているようだ さて、2022年1月の国内輸入車登録台数が発表に。全体 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5