ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■近況について

トミカのランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を買ってみた!その出来栄えはすばらしく、京商の初代カウンタックと並べても見劣りしないほど

投稿日:

トミカのランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を買ってみた!その出来栄えはすばらしく、京商の初代カウンタックと並べても見劣りしないほど

| トミカはモデルによってその再現度の「差」が激しいが、このカウンタックLPI800-4はかなり出来がいいほうだ |

カウンタックLPI800-4はやっぱりホワイトがイイ

さて、トミカより発売されたランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を購入。

初回限定モデルとしてはイエローが用意されているのですが「ホワイト」のほうがカウンタックらしいと考えたわけですね。

というのもランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ランボルギーニが自身で乗っていたカウンタックがホワイトであり、「カウンタックはホワイトであるべき」と語っていたから。

実際のところ現代のランボルギーニもそれをよく理解しており、そのために新しいカウンタックLPI800-4のイメージカラーにホワイトを持ってきたわけですね。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4
現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザ ...

続きを見る

トミカ製ランボルギーニ・カウンタックはけっこうよくできていた

トミカは基本的に「ノンスケール」であり子ども用の玩具なので精密さを追求した製品ではありませんが、このカウンタックLPI800-4はなかなかの出来だと思います。

シルエット、ディティールともに高いレベルにあり、これは同じ(トミカから発売されている)ランボルギーニ・シアンFKP37やウラカンSTOに比較してもけっこうよくできていると感じられ、おそらくカウンタックLPI800-4にはウイングなどの「細く薄く作るべき細かいパーツ」が備わっていないからだと思われます(そういったパーツの再現性は難しく、そしてトミカは玩具なので、破損や危険につながるような別体パーツや尖ったパーツを取り付けることができない)。

L1490357
トミカ(ランボルギーニ・シアンFKP37)
トミカの「新車」、ランボルギーニ・シアンFKP37を買ってみた!トミカの中では「かなり良くできている」部類かも

| マットペイント、塗り分け、ディティール等文句はない |この記事のもくじ| マットペイント、塗り分け、ディティール等文句はない |できれば京商から発売してほしかったがトミカNO.89 ランボルギーニ ...

続きを見る

そのシルエットは完璧に近く、ある意味では「トミカらしくない(デフォルメされていない)」といえるほど。

L1490356

フロントグリル右にはちゃんと「Coutach」の文字が入ります。

L1490395

サイドから見た姿もなかなか見事。

L1490355

ルーフ上のスリットもしっかり再現。

L1490365

テールランプ、その中間の「Lamborghini」文字、そしてその下のグリルやテールパイプもいい感じですね。

IMG_6241

初代カウンタックはやはりインパクトがスゴかった

そしてこちらは京商の1/64サイズのカウンタックLP400と並べてみた図。

初代カウンタックは1974年発売なので今から48年前のクルマとなりますが、それだけの時間の経過を感じさせないことに改めて驚かされます。

なお、このカウンタックLPI800-4は前ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏が企画していたもので、しかし現ランボルギーニCEOであるステファン・ヴィンケルマンCEOはこういったレトロ路線推進派ではなく、よって「(自身の在任中には)二度とこういった回顧モデルを発売することはない」とも。

このカウンタックLPI800-4はステファン・ヴィンケルマン氏がCEOに就任した後に発売されたモデルですが、前CEO時代に相当な段階にまで開発が進んでおり、「プロジェクトをキャンセルできなかった」とも語っていますね。

L1490401

初代カウンタックのフロントが「横一直線」、そして上から見ると文字通り「長方形」なところも思い切りの良さを感じさせるところです(当時だからこそこのデザインが可能となったのかもしれない)。

L1490400

リアは随分印象が異なりますが、それでもルーバーを採用したエンジンフード、6角形を持つテールランプサラウンドなど、多くの共通性を見つけることが可能。

L1490405

精密な京商製モデルカーと並べても、このトミカのカウンタックLPI800-4は見劣りしないほどの出来栄えを持っているようですね。

L1490403

他の画像はFacebookページのアルバムにも保存中です(56枚)。

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

今日は「トミカの日」!早速発売されたばかりのランボルギーニ・ウラカンSTO初回限定カラーを入手してきた
今日は「トミカの日」!早速発売されたばかりのランボルギーニ・ウラカンSTO初回限定カラーを入手してきた

| 開梱してその場で撮影していたらけっこう冷ややかな目で見られてしまった |この記事のもくじ| 開梱してその場で撮影していたらけっこう冷ややかな目で見られてしまった |だが、ボクはそんなことは微塵も気 ...

続きを見る

ランボルギーニがカウンタックLPI800-4を日本国内で初公開、下町での撮影を行う!加えて梅澤春人の「カウンタック」にも公式に言及したぞ
ランボルギーニがカウンタックLPI800-4を日本国内で初公開、下町での撮影を行う!加えて梅澤春人の「カウンタック」にも公式に言及したぞ

| カウンタックLPI800-4のあまりの「未来っぽさ」に浮世離れ感すら漂う |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4のあまりの「未来っぽさ」に浮世離れ感すら漂う |カラーリングは1989年 ...

続きを見る

京商がスーパーカーブームの火付け役「ランボルギーニ・カウンタックLP500R(1/12)」ほかランボルギーニを一挙モデル化!マニアックなウラッコラリーも
京商がスーパーカーブームの火付け役「ランボルギーニ・カウンタックLP500R(1/12)」ほかランボルギーニを一挙モデル化!マニアックなウラッコラリーも

| さすが京商は目の付け所がなかなかイイ |この記事のもくじ| さすが京商は目の付け所がなかなかイイ |価格は高価だが、値段以上の素晴らしい完成度を持つようだランボルギーニ カウンタックは1/12サイ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■近況について
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5