ad-728





「■駄文(日々考えること)」 一覧

ランボルギーニに執拗に傷をつけるいたずら発生。なぜ人は自分より恵まれた人を妬むのか?

| スーパーカーは常にいたずらの対象になりうる | Facebookユーザー、P ...

「いつかはきっと」と思うことは意外と実現できない

| 「いつかはきっと」では実現できない | ときどき思うのですが「いつかはきっと ...





どうしてこうなった?2300人の意見を聞いて作った「理想の車」が奇っ怪でしかない件

| マーケティングの無意味さをここに見た | 時々行われる「好きな車のパーツを集 ...

昔は軽自動車が軽視されていたものの、今ではそういった風潮がなくなった理由を考えてみた

昔は軽自動車に乗っているとバカにされたものだった ふと思ったのですが、ときどき「 ...

車を購入して後悔したことはある?ただ一台を除いては「NO」

ぼくはどんなに無理をして買った車でも後悔したことはない こと車の購入に関して、ぼ ...

「死んだ時が可哀想だから動物は飼えない」はエゴ?ペットロスについて考える

自分が見ていないところでも多くの動物は死んでいる 一緒に生活していた動物を失った ...

ad-itiran



非正規雇用が増えるのは企業のせいか?雇用の仕組みについて考える

そもそもなぜ非正規雇用が増えるのか 非正規雇用がなんとか、と政治家は言うのですが ...

「汚言症」はあっても「美言症」はない?なぜ病気はすべからくネガティブなのか

機能が向上したり、美しくなったり、優しくなるような「病気」は存在しない? 世の中 ...

軽自動車(バン)にしばらく乗って考えたこと。「車とはこうやって走らせるものだ」

ぼくは軽自動車にしばらく乗っていたことがある ぼくは、以前ちょっとした成り行きで ...

年末年始はちょっと苦手。年末年始の挨拶や初詣がストレスに感じる件

年末年始はどうも苦手 ぼくは年末年始がちょっと苦手。 年末のお決まりに挨拶「良い ...

若者のクルマ離れとは?自分が「馬車はいらない」と思うのと同じように若者は「車は不要」と考えている?

若者のクルマ離れとは何なのか 日本では、若者のクルマ離れが進んでいる、とはよく言 ...





スポーツカーのトランスミッションについて考える。「300馬力までならMT」「それ以上はDCT/セミAT」がベター

トランスミッションはマニュアルとDCT/セミATどちらが優れる? 多くのスポーツ ...

すごく欲しくて買ってみても、購入後にあまり愛着を感じない車があるのはなぜだろう

「欲しい」ということと、「愛情」を感じるかどうかは別問題 ぼくが購入した車の中に ...

はじめて購入したスナップオン(Snap-on)のドライバー、そして当時の自分について考える

当時はこれ一本買うにも決死の覚悟だった ぼくが最初に購入したスナップ・オンの工具 ...

人、動物における先天的要素と後天的要素について考えてみる。やはりぼくらはDNAの乗り物でしか無い?

|先天的要素を変えることはできないとぼくは考えている| 先天的要素と後天的要素、 ...

現実世界では車に無関心なフリをしているという事実について

現実世界では自分から車について話題を振ることは一切ない ぼくは一般人(車を通じて ...

年収と車の購入金額について考える。「買う車の価格は年収の半分が妥当」説は本当か?

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 ...

「普通じゃないからダメだ」という人と、「普通じゃないからイイ」という人

普通がいい人、普通でないのがいい人 世の中にはいろいろな人がいます。 たとえば「 ...

”人生でいちばん寒い夜”。映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」について考える

今まで観た映画の中では一番暗い映画だった ”この旅は、想像以上にぼくを変えた。 ...

「アパレル」におけるドメスティックブランドとインポートブランドとの差は「車」と良く似ている件

ドメスティックブランドの品質は果たして高いのか アパレルにおいて、いわゆる「ドメ ...

人工知能やロボットが普及したら働かなくても良くなるというのは本当?→絶対にそれは違う

働かなければお金が入ってこなくなるだけだ よく、人工知能やロボットが普及すれば「 ...

車のカスタムをはじめるということは、その車に不満があったり心が離れつつある?その謎を考える

カスタムを行うということは、その車に何らかの不足を感じているからなのかもしれない ...

なぜ自分は塗装をするのか?量産品は「半完成品」で、塗装により「完成品になる」と考えているため

なぜ自分は色を塗るのか ぼくは、塗装が大好きです。 シンナーが好きなわけではなく ...