>その他アメリカ車

ジープ・ラングラーのキャンピングカー。ストーブ、ソーラーパネルも装備するハードカスタム

投稿日:2018/08/12 更新日:

| ジープ・ラングラーの”探検”仕様カスタムが登場 |

アメリカはモンタナを拠点とする会社、「アメリカン・エクスペディション・ビークル(American Expedition Vehicles=AEV)」がジープ・ラングラーをキャンプ仕様へとカスタム。
同社はエクスペディション=探検の意味の通り、アドベンチャー仕様の車両制作やパーツ販売をその業務の中心としていますが、ジープの他にもラムやシボレー他、各社のSUVを対象にカスタムを行なっています。

ソーラーパネルやストーブも装備

このジープ・ラングラーは「アウトポストⅡ(OUTPOSTⅡ)」と命名され、車両の車体後半をまるごと改装。
ここを居住スペースとしており、ルーフは電動にてポップアップ。
側面にはタープも装着されているようです。

キッチンは室内に一つ、そして外にも一つ。
室内には50リッターの冷蔵庫が内蔵され、車両側面にはスライド式のストーブも。

jeep-wrangler-outpost-ii-camper (2)

ルーフには265ワットの発電容量を持つ太陽電池が装着され、これで車内のLED照明をコントロール可能。

フロントにはカンガルーバー、フォグランプ、そしてエアインテークはシュノーケル化され、ホイールとタイヤも完全なるオフロード仕様へと変更されています。

jeep-wrangler-outpost-ii-camper (1)

相当にへビーデューティーな車両であり、世界中どこへでも走ってゆけそうですが、残念なことにこの「アウトポストⅡ」はアメリカン・エクスペディション・ビークル社の社長のために作られたワンオフであるため、現在のところ販売予定はない、とのこと。

ただし今後ラムをベースとして同様の装備を持つ車両を販売する予定はあるとしており、今回のアウトポストⅡに使用されているほとんどのパーツは同社のカタログに掲載されていて、「同じ仕様の」ジープ・ラングラーを作ることはできるようですね。

jeep-wrangler-outpost-ii-camper (3)

正直なところぼく自身はキャンピングカーに縁がない生活を送ってはいるものの、こういったオフローダーには非常に惹かれる部分も。
そのためジープ・ラングラーやメルセデス・ベンツGクラス、スズキ・ジムニーといった本格オフローダーに強い魅力を感じており、いつかは入手せねばなるまい、と考えています。

▼関連投稿▼

とりあえずみんな試乗してみて。普通に使えて夢が広がるジープ・ラングラーに乗ってきた

VIA:American Expedition Vehicles

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他アメリカ車
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.