>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 3シリーズが523万円から発売!320のエンジンは日本専用のチューニング、そしてボディカラーはなぜか3色のみ

投稿日:

M Sports専用色を入れるとボディカラーは5色

本国で新型3シリーズを発表したばかりのBMWですが、ここ日本においても新型3シリーズの発売を開始。

なおBMW」は新型X7からオンラインを活用した「BMWプレ・オーダー」なるシステムを導入しており、7シリーズでは反響が大きかったことからこれを拡大し、新型i3そして3シリーズもプレ・オーダー受付が開始されています。※BMWプレ・オーダーに関するプレスリリースはこちら

エンジンは2種類の出力を持つ2リッター4気筒のみ

まず日本に導入されるグレードは「BMW 320i(184馬力/5,230,000円)」「BMW 330i M Sport(184馬力/5,830,000円)」、「BMW 330i M Sport(258馬力/6,320,000円)」。

エンジンはいずれも2リッター直4となり、320と330では仕様(出力)違い。
ただし320では「日本向けのチューニング」が施されているといい、期待のできるグレードでもありますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

新型3シリーズのボディサイズは330i M Sportだと全長4715ミリ、全幅1825ミリ、全高1430ミリ。
先代に比べると70ミリ長く、25ミリ広くなり、しかし重量はマイナス55キロの1905kg。

3シリーズはBMWの中心車種でもありますが、都市部に住むユーザーが多いことからもこれまで「比較的コンパクト」に作られており、世代によって日本向けの3シリーズだけは立体駐車場に入るようにドアハンドルを専用のものに交換して「幅を狭く」していたものの、ここまでのサイズとなると「どうやっても入らない」立体駐車場が登場することになりそう。※日本に置けるBMWの販売は3シリーズ→5シリーズ→2シリーズ→X1→1シリーズ、の順

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、メルセデス・ベンツもそれは同様で、「Cクラスが大きくなりすぎて、買い替え時には下位モデルになってしまう」という現象が発生していると言われ、新型3シリーズも「これまでの3シリーズに乗っていたユーザーが、新型3シリーズに買い替えできない」というケースが出てきそう。

なお、サイズの拡大については「厳しくなった安全基準を満たすため」が主な理由ですが、ホイールベースも45ミリ拡大しているので居住性も向上し、フロントトレッドは43ミリ、リアでは21ミリ広くなっているのでドライバビリティは大きく向上していそう(重心も10ミリ下がった)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

新型3シリーズのボディカラーは3色しかない

ちょっと気になったのはボディカラーがアルピン・ホワイトⅢ、ブラック・サファイア、ミネラル・グレーの3色しかない(M Sportだとブルー他がプラスされて5色)こと。※先代3シリーズは13色ラインアップされていた

画像に含まれている可能性があるもの:車

しかし現在販売されるBMWの80%がホワイトかブラックなので(ぼく調べ)、これはこれで問題がないのかもしれません。

なお、BMWでは新型3シリーズ発売に際して多数のコンテンツを公開しており、新型3シリーズの「デザイン(”ホフマイスター・キンク”等、全然知らなかったことも紹介している)」「パフォーマンス」「セーフティ」のほか「スペシャルコンテツ」も。

こちらのスペシャルコンテンツの中では「7世代に渡る3シリーズの歴史」についても紹介があり、こちらは3シリーズファンであれば必見の内容となっています。

画像に含まれている可能性があるもの:車


こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.