>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが新型AMG GLC43(SUV/クーペとも)を発表!23馬力アップし390馬力へ

投稿日:2019/07/19 更新日:

| そろそろメルセデスAMGのラインアップを覚えるのが困難になってきた |

このところたて続けにニューモデルを発表しているメルセデス・ベンツですが、今回は新型メルセデスAMG GLC 43 4MATIC(SUV、クーペ両方)を公開。

このAMG GLC 43はフェイスリフトを受けたGLCをベースとしており、さらに外観は「最新のAMG」デザインを採用しています。

メルセデス・ベンツいわく、「新型AMG GLC 43は新しいデザイン、インフォテイメントシステム、パフォーマンスを身につけ、さらには日常的に使用できる利便性を持ったハイパフォーマンスカーであり、AMGブランドのドライビングパフォーマンスを約束する」。

内外装一新、タービンも大型化

SUV、クーペ両モデルとも3リッターV6エンジンを搭載し、出力は従来モデル比で23HP向上し、390へ。
最大トルク(520Nm)は2,500~4,500回転にて発生するとされ、メルセデス・ベンツの言う通り「日常的に使いやすい」クルマに仕上がっているということになりそうです。

パワーアップについては「ターボの大型化」が貢献しているそうですが、新型AMG GLC43の0-100キロ加速は(SUV、クーペとも)4.9秒へ。
最高出力はリミッターにて時速250キロに制限されているようですね。

0e086fdc-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-40

ラジエターグリルは例によって「パナメリカーナ」デザインを採用し、AMGモデル特有の「縦ルーバー」へ。
ルーバーそのものはマットブラック、そしてクロームの加飾つき。
ヘッドライトは先代に比べて「薄く」なり、相対的にグリルの大きさやフロントの押し出しを強調しています。

ce5fb4fa-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-42

ボディサイドにはサイドシルパネルが装着され、車両を全体的に低く見せる効果があるようですね。

ホイールは19インチの軽量タイプ。
オプションではデザイン違いの19インチ、そして21インチまでが5種類用意される、とのこと。

28c23ec6-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-39

リアには大型ディフューザーに2本の丸型デュアルテールパイプ。
BMW、ポルシェ、そしてアウディにおいても、「丸二本左右出し」はハイパフォーマンスモデルの象徴ということになります。

958bb590-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-44

そしてエンジンには赤いヘッドカバー。
GLC43には「スリップリー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビデュアル」という5つのドライビングモードが与えられています。

eeddc9ff-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-46

AMG GLC 43に採用されるトランスミッションはAMGスピードシフトTCT9速で、このTCTという聞き慣れない言葉は「トルク・クラッチ・トランスミッション」を指しており、自動変速時、手動変速時ともにスピーディーなシフトチェンジを可能にする、とのこと(AMGはなぜかトランスミッションの種類が多い)。

18C0976_087

駆動方式はもちろん4WD=4MATICとなりますが、これは「後輪駆動ベース」の味付けがなされ、通常時にはフロントに31%、リアに69%のトルク配分を行うもの。

そのほかアダプティブサスペンションを核とする「AMGライド・コントロール+」を備え、これはスポーツ走行から長距離走行など、様々なシーンにおいて最適なハンドリングそして快適性を提供してくれることになります。

18C0976_034

メルセデスAMG GLC43 4MATICのインテリアはこうなっている

こちらはメルセデスAMG GLC43 4MATICの内装。
最近のメルセデス・ベンツは変化が大きく、こうやって見ると2015年に登場したGLCをベースにした(しかし今年にフェイスリフトを受けている)インテリアはちょっと古く見えますね。

f56e3aea-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-35

もちろん最新のコミュニケーションシステム「MBUX」を備え、シートやステアリングホイールはAMGらしい仕様へと変更されています。
レザーにはレッドステッチが施され、シートのセンター部分にはパンチレザー、そしてステアリングホイールにはアルカンタラが使用され、12時一部分にはレッドのセンターマーク入り。

180820ff-2020-mercedes-amg-glc43-4matic-36

なお、日本では現行メルセデスAMG GLC40 4MATICが8,960,000円という値付け。
GLC63 4MATIC+は12,720,000円、AMG GLC63 S 4MATIC+は14,620,000円という設定です。

現在AMGは相当数の展開を行っていますが、AMGにとって日本は「重要国」のひとつであり、AMGラインアップのうち「ほとんど」が国内でも発売されているのは嬉しいところですね。

VIA:Mercedes-Benz

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.