>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

タイヤ

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのFタイヤ交換!費用は132,000円、普段見ることが出来ない裏面もチェックしてきた

ランボルギーニ・ウラカン(4WD)はフロントタイヤへの要求が厳しい? さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤを交換。先日アップしたとおり、「摩耗はしていないもののクラックが大きくなっている」た ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ちょっと待って!ブガッティ・ヴェイロンの中古タイヤ+ホイールセットが1100万円で販売中。ボッタクリと思いきや、新品で買うと1700万円・・・

3回目のタイヤ交換が必要になったヴェイロンオーナーには安い買い物 ブガッティ・ヴェイロンのタイヤとホイールのセットがebayにて、約1100万円にて販売中。え?110万円ではなくて1100万円?という ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。認証タイヤにて交換費用13万円くらい(の予定)

ただしタイヤはこれから注文するところだけど さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。先日アップしたとおりフロントタイヤのクラックがもう看過できないレベルに達しているためで、 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを入れてみた!アルミテープ同様の「電波系チューン」かどうか実験してみよう

ランボルギーニ・ウラカンの「エア抜け」対策に さて、ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを注入。窒素ガスをタイヤに(空気の代わりに)注入するメリットはいくつかあると言われ、たとえば空気圧(窒素圧 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤがそろそろ限界?タイヤ交換が必要になりそうだ・・・

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが拡大 ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが発生。正確にいうならば、ちょっと前から発生しているクラックが「拡大」してきた、ということになります。なお、 ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

知ってる?ポルシェには認証タイヤ制度が存在。一体普通のタイヤと一体何が違うの?

2018/10/22    , , , ,

| ポルシェの性能を存分に発揮させたいのであれば、認証タイヤを装着すべき | ポルシェがそのオーナー向けの機関紙、クリストフォーラスにおいて、「認証タイヤ」について、そしてその重要性を特集。 意外と知 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

知られざるラ・フェラーリの「5つの事実」。タイヤ交換はほかのクルマと同じ、4輪で33万円だった!

| 知られざるラ・フェラーリの事実 | ferrari 「フェラーリ ラ・フェラーリの5つの知られざる事実」が動画にて公開。 ラ・フェラーリはご存知の通り「選ばれし者だけがそのキーを手にできる」超限定 ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェのスポーツカーは70年でどう変わった?細部は変われど基本は同じ。70年前からすでに完成されたクルマだった

| ポルシェ356から911へ、そして911はどう進化したのか? | porshe 911 ポルシェがその70周年を記念し、356から現代の911に至るまで、スポーツカーの軌跡を紹介するコンテンツを公 ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・シロン用社外ホイール第一号がVOSSENより登場。意外に安い70万円~

| シロンのホイールを販売するチューナー登場 | ホイール専門メーカー、VOSSENがブガッティ・シロン専用のホイール「LC2-C1」を発売開始。 5スポークとディッシュのようなデザインを組み合わせて ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4雑感。納車後の新習慣、モデルイヤーごとの価格など

ランボルギーニ・ガヤルド購入後、日々考えることを記載してみた gallardo ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣がある ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣のうち、車をガレージ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「カリナン」は仮称で発表時には別の名前に?なお「カリナン」は史上最大のダイヤ原石の名

ロールスロイス・カリナンは「カリナン」ではない? ロールスロイス初のSUV、カリナンは「カリナンではない」可能性が浮上。 これはロールスロイスによって語られたもので、「カリナンは単なるプロジェクト名で ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンがウインタータイヤとホイールをセットで発売。スポーツカーの「冬タイヤ」について考える

珍しい「タイヤとホイールとのセット」販売 マクラーレンが「スポーツシリーズ」向けにウインタータイヤとホイールを発表。 ウインタータイヤの発表自体はスーパーカーメーカーにとっても珍しいものではありません ...

>フェラーリ(Ferrari)

予想落札価格2000万円。カーボンケース入り、ダイヤ付きのフェラーリ限定本が競売に

世界各国に「一冊づつ」限定販売されたフェラーリの記念本がオークションに フェラーリのスペシャルブックがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。 ただしこれは「ただの本」ではなく、2011年にイギリ ...

>マツダ(MAZDA)

またまた出てきたマッドマックス風カスタム。今度はマツダ・ロードスターを魔改造

アメリカ人は車を楽しむことをやめない アメリカにて、マツダ・ロードスターをマッドマックス風に魔改造してしまったオーナーが登場(一瞬何の車なのかわからなかった)。 アメリカはとにかく車の改造には「本気」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ピレリが昔っぽいタイヤを復刻発売。最新技術を使用しフェラーリなど50~70年代の車に対応

ピレリが新しいシリーズ「コレツィオーネ(Collezione)」を発表。 これは何かというと「クラシックカーとヴィンテージカーのためのレトロなタイヤ」となりますが、見た目はレトロでもテクノロジーは最新 ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ホイールはこうやって粉体塗装する。他ホイールへの文字入れ、リムテープ、タイヤレターの作業動画など

ホンダS2000のホイールを粉体塗装にてペイントする様子が動画にて公開。 粉体塗装(パウダーコーティング)は塗料を直接噴射して塗るのではなく、文字通り「粉」を塗る対象に付着させ、その後に加熱して粉を対 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

タイヤメーカーのコンチネンタルがEV用の新型ホイール/ブレーキを発表。けっこう画期的

タイヤメーカーの「コンチネンタル」がEV向けの「デュアル・ニュー・ホイール・コンセプト」を公開。 「アウター」と「インナー」に構造が分かれ、アルミ製のブレーキディスクを持っています。 コンチネンタルに ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

規制緩和でハミタイOK、横出しマフラーOKに。これで日本仕様のあのパーツともオサラバ

国土交通省が規制緩和を行い、いわゆる「はみ出しタイヤ=ハミタイ」がなんと条件付きでOKに。 加えて「マフラー出口の向き」も自由化されています。 タイヤについては「非常に大きな規制緩和」と言え、内容とし ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.