>ポルシェ911関連

またコイツらか。ポルシェ911をフロントエンジン化し、「もしも」系レンダリングを実現させる驚愕のプロジェクトが始動

ダッジのV8エンジンをフロントに収め、「現実にありえない」911を現実に これまで何度かその魔改造っぷりを紹介してきたフランスのDanton Arts Kustomsですが、今回は997世代のポルシェ911に対し、ダッジのV8エンジンを「フロントに」搭載するプロジェクトを進行中。その様子は彼らのインスタグラムにて公開されていて、とにかくその常識はずれっぷりには驚かされるばかり。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

【動画】これまででもっとも偽装の少ないポルシェ・タイカン目撃に!リアにはなんとメルセデス・ベンツのエンブレムを貼り付け”ベンツ風”に見せかける

ヘッドライトの形状は「ミッションE」にかなり近い。それにしてもポルシェが他メーカーのクルマ風に見せかけるとは これまででもっともカモフラージュの薄いポルシェ・タイカンが目撃に。わずか数秒の動画ではあるものの、ヘッドライト周辺、そしてテールランプ周辺にしか偽装がなく、そしてもっとも驚かされるのは「メルセデス・ベンツのエンブレムを装着していること」。なお、ポルシェとメルセデス・ベンツは本社が近いという問うことで昔からつながりが強く、かつては「メルセデス・ベンツ500E(E500)」の開発や製造をポルシェが請け ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期メルセデス・ベンツSLはAMG GT後継モデルと共同開発にて確定。AMG「今年にはそのプロトタイプを目にすることになるだろう」

現行SLよりもスポーティーに、しかし快適さを失わずに2+2レイアウトもキープ 新型メルセデス・ベンツSLについては様々なウワサがありますが、直近でメルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が英国Autocarに語ったところだと、「次期メルセデス・ベンツはAMGが責任を持って開発を行っている。次期AMG GTと多くを共有することになるだろう」とのこと。なお、メルセデス・ベンツとAMGとの境界は徐々に曖昧になっていて、新型メルセデス・ベンツGクラスのフロントサスペンションはAMGによる設計であり、新型メルセ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■ニュース

新型アウディTT/TTS国内発表!装備が大幅充実しながらも価格は8~23万円アップ

上位モデルの装備が下位グレードに落とし込まれ、どのグレードもお買い得に アウディジャパンが「新型TT」を発表。今回の「新型」とはフェイスリフト(マイナーチェンジ)を指しますが、「え?この前フルモデルチェンジしたのにもうマイチェン?」という印象もありますよね。これには現行となる8S世代のTTが日本へと導入されるのが(本国に比べて)遅く、そのために「つい最近発売されたばかり」だと感じてしまうためでもありますが、フェイスリフトモデルについては思いのほか早く導入されたな、とも思います。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】普段雨の降らないクウェートにて、フェラーリ・モンツァSP1の試乗中にまさかの土砂降り。ウインドウ、ルーフの無いSP1では為す術のない状態に

さすがにクウェートでの雨は誰にも予想できない フェラーリは新シリーズ「ICONA」を立ち上げ、コレクター向けに”過去のヘリテージとテクノロジーとを融合させた”少量生産モデルの販売を開始しており、その第一弾がモンツァSP1とSP2。これらはフェラーリ812スーパーファストをベースとし、基本的には同じ構造を持つものの、異なるのは「SP1は一人乗り」、「SP2は二人乗り」。 【動画】フェラーリが超限定モデル「モンツァSP1/SP2」のプロモ動画を公開。選べるならばSP1を希望

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■駄文(日々考えること)

なぜプリウスは暴走傾向が強くネットで叩かれる?その理由を考えてみよう

プリウスはいいクルマだが、そのドライバーの評判はよろしくない トヨタ・プリウスによる暴走事故が発生し、犠牲者が出てしまったことが世間を賑わせていますが、ネット上で問題となっているのが「そのクルマがプリウス」ということ。プリウスはかねてより「プリウスミサイル」と呼ばれるほど暴走かつ危険な行為が多いことでも知られます。一部ではプリウスそのものが事故の遠因ではないかと見られているようですが、トヨタの株価は事故前日の終値である6,982円から、事故当日の終値6,977円という「小幅下落」となっており、投資家心理と ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

謎のホンダ・シビック・タイプR試作車が複数でニュルを周回中。マイナーチェンジモデル、そしてカーボンルーフ装着のハードコア版か?

基本的な形状は変更されていないように見えるが ホンダが二台のシビック・タイプRをニュルブルクリンクに持ち込んでテスト中。その「二台」とはイエローの個体とホワイトの個体で、見たところ各部の形状自体は両者とも同じに見えるものの、偽装している部分に相違があるようです。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ”ヴォランテ”登場。「究極のオープンGTカー体験を約束する」

現時点で手に入る、もっとも優美なオープンスポーツ アストンマーティンがそのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」にオープンモデル、すなわち「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」を追加し発表。※アストンマーティンはオープンモデルのことを”ヴォランテ”と呼ぶアストンマーティンは美しいクルマをつくることで知られますが、このDBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテは現在入手しうるオープンカーの中でもっとも優美なもののひとつだと思います。 アストンマーティン史上最強モデル、DBSスーパーレッジェーラ見参。カ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーは「発表まで6ヶ月」。ここまで厳重に秘密が守られるニューモデルも珍しい

レトロなのかフューチャーなのか、それともレトロフューチャーなのか チョコチョコとティーザー画像が小出しにされる新型ランドローバー・ディフェンダー。今回CarAdviceがジャガー・ランドローバーのコミュニケーション部門(最近はこういった名称の部署が多い)のボス、ティム・クリーガー氏とのインタビューから得た情報だと、新型ディフェンダーは「6ヶ月以内に」発表される、とのこと。

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ356(1964)に911カレラ4(1990)のパワートレインと足回りを移植。「毎日乗れてスキーに行ける」クラシックポルシェが誕生

| 手に入るものであれば手に入れたい | 先日、ジョン・オーツのためにポルシェ356をレストア+カスタム=レストモッドしたエモリー・モータースポーツですが、今回はなんと356を「4WD化」。もちろん356には4WDは存在しないのでエモリー・モータースポーツが相当な労力をかけて4WD化したということになりますが、これは「自分のポルシェ356でスキーに行きたい」という顧客の要望を叶えるため。

ReadMore

タイヤ

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

予想外の出費キタ。ランボルギーニ・ウラカンの後輪も”前輪に続いて”交換する必要が生じ、23万円が必要に

まさかの「後輪もアウト」。クラックによってリアタイヤの交換を行うことに さて、先日ランボルギーニ・ウラカンの前輪を「クラック」のために交換しましたが、今回12ヶ月点検のためにランボルギーニ大阪さん(サ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスがLS、IS合計1.3万台にリコール。「タイヤに亀裂が入りトレッド剥離のおそれ」。レクサスにしては珍しい案件

レクサスはもともと非常にリコールが少ないブランド レクサスが日本国内にてリコールを届け出。内容としては珍しい「ランフラットタイヤ」で、国土交通省届出の内容では「ランフラットタイヤにおいて、タイヤとホイ ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのFタイヤ交換!費用は132,000円、普段見ることが出来ない裏面もチェックしてきた

ランボルギーニ・ウラカン(4WD)はフロントタイヤへの要求が厳しい? さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤを交換。先日アップしたとおり、「摩耗はしていないもののクラックが大きくなっている」た ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ちょっと待って!ブガッティ・ヴェイロンの中古タイヤ+ホイールセットが1100万円で販売中。ボッタクリと思いきや、新品で買うと1700万円・・・

3回目のタイヤ交換が必要になったヴェイロンオーナーには安い買い物 ブガッティ・ヴェイロンのタイヤとホイールのセットがebayにて、約1100万円にて販売中。え?110万円ではなくて1100万円?という ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。認証タイヤにて交換費用13万円くらい(の予定)

ただしタイヤはこれから注文するところだけど さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。先日アップしたとおりフロントタイヤのクラックがもう看過できないレベルに達しているためで、 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを入れてみた!アルミテープ同様の「電波系チューン」かどうか実験してみよう

ランボルギーニ・ウラカンの「エア抜け」対策に さて、ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを注入。窒素ガスをタイヤに(空気の代わりに)注入するメリットはいくつかあると言われ、たとえば空気圧(窒素圧 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤがそろそろ限界?タイヤ交換が必要になりそうだ・・・

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが拡大 ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが発生。正確にいうならば、ちょっと前から発生しているクラックが「拡大」してきた、ということになります。なお、 ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

知ってる?ポルシェには認証タイヤ制度が存在。一体普通のタイヤと一体何が違うの?

2018/10/22    , , , ,

| ポルシェの性能を存分に発揮させたいのであれば、認証タイヤを装着すべき | ポルシェがそのオーナー向けの機関紙、クリストフォーラスにおいて、「認証タイヤ」について、そしてその重要性を特集。 意外と知 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

知られざるラ・フェラーリの「5つの事実」。タイヤ交換はほかのクルマと同じ、4輪で33万円だった!

| 知られざるラ・フェラーリの事実 | ferrari 「フェラーリ ラ・フェラーリの5つの知られざる事実」が動画にて公開。 ラ・フェラーリはご存知の通り「選ばれし者だけがそのキーを手にできる」超限定 ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェのスポーツカーは70年でどう変わった?細部は変われど基本は同じ。70年前からすでに完成されたクルマだった

| ポルシェ356から911へ、そして911はどう進化したのか? | porshe 911 ポルシェがその70周年を記念し、356から現代の911に至るまで、スポーツカーの軌跡を紹介するコンテンツを公 ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・シロン用社外ホイール第一号がVOSSENより登場。意外に安い70万円~

| シロンのホイールを販売するチューナー登場 | ホイール専門メーカー、VOSSENがブガッティ・シロン専用のホイール「LC2-C1」を発売開始。 5スポークとディッシュのようなデザインを組み合わせて ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4雑感。納車後の新習慣、モデルイヤーごとの価格など

ランボルギーニ・ガヤルド購入後、日々考えることを記載してみた gallardo ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣がある ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣のうち、車をガレージ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「カリナン」は仮称で発表時には別の名前に?なお「カリナン」は史上最大のダイヤ原石の名

ロールスロイス・カリナンは「カリナン」ではない? ロールスロイス初のSUV、カリナンは「カリナンではない」可能性が浮上。 これはロールスロイスによって語られたもので、「カリナンは単なるプロジェクト名で ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンがウインタータイヤとホイールをセットで発売。スポーツカーの「冬タイヤ」について考える

珍しい「タイヤとホイールとのセット」販売 マクラーレンが「スポーツシリーズ」向けにウインタータイヤとホイールを発表。 ウインタータイヤの発表自体はスーパーカーメーカーにとっても珍しいものではありません ...

>フェラーリ(Ferrari)

予想落札価格2000万円。カーボンケース入り、ダイヤ付きのフェラーリ限定本が競売に

世界各国に「一冊づつ」限定販売されたフェラーリの記念本がオークションに フェラーリのスペシャルブックがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。 ただしこれは「ただの本」ではなく、2011年にイギリ ...

>マツダ(MAZDA)

またまた出てきたマッドマックス風カスタム。今度はマツダ・ロードスターを魔改造

アメリカ人は車を楽しむことをやめない アメリカにて、マツダ・ロードスターをマッドマックス風に魔改造してしまったオーナーが登場(一瞬何の車なのかわからなかった)。 アメリカはとにかく車の改造には「本気」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ピレリが昔っぽいタイヤを復刻発売。最新技術を使用しフェラーリなど50~70年代の車に対応

ピレリが新しいシリーズ「コレツィオーネ(Collezione)」を発表。 これは何かというと「クラシックカーとヴィンテージカーのためのレトロなタイヤ」となりますが、見た目はレトロでもテクノロジーは最新 ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ホイールはこうやって粉体塗装する。他ホイールへの文字入れ、リムテープ、タイヤレターの作業動画など

ホンダS2000のホイールを粉体塗装にてペイントする様子が動画にて公開。 粉体塗装(パウダーコーティング)は塗料を直接噴射して塗るのではなく、文字通り「粉」を塗る対象に付着させ、その後に加熱して粉を対 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.