タイヤ

>シボレー(CHEVROLET) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】軽量ホイールに変更するだけでこれだけ加速性能が変わる!下手にチューンするよりもホイール交換したほうが良さそうだ

| ホイール軽量化は回転マス軽減、乗り心地向上にも効果がある | 「バネ下重量の軽減は、車体本体の軽量化の3倍の効果がある」。これは自動車のチューニングにおいてよく言われることであり、たとえばバネ下重 ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティCEO「シロンは時速500キロを出すことも可能だ。ただしタイヤが耐えることができれば、だが」。今でもタイヤはシロンの性能に追いつかない?

| それでも時速420キロ程度は可能になったという話だが | ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏によれば「シロンは理論上、時速500キロも可能だ」とのこと。これは同氏がAutomobile ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ミシュランが「エアレス」ノーパンクタイヤの実用化にメド。環境負荷を低減し、クルマの性能向上や安全性にも寄与

| ただしスポーツ走行には向いていなさそう。シティコミューター向き? | 「パンクしないタイヤ」が2024年に実用化の見込み。これは現在ミシュランとGMとが研究を重ねているもので、Unique Pun ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

予想外の出費キタ。ランボルギーニ・ウラカンの後輪も”前輪に続いて”交換する必要が生じ、23万円が必要に

まさかの「後輪もアウト」。クラックによってリアタイヤの交換を行うことに さて、先日ランボルギーニ・ウラカンの前輪を「クラック」のために交換しましたが、今回12ヶ月点検のためにランボルギーニ大阪さん(サ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスがLS、IS合計1.3万台にリコール。「タイヤに亀裂が入りトレッド剥離のおそれ」。レクサスにしては珍しい案件

レクサスはもともと非常にリコールが少ないブランド レクサスが日本国内にてリコールを届け出。内容としては珍しい「ランフラットタイヤ」で、国土交通省届出の内容では「ランフラットタイヤにおいて、タイヤとホイ ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのFタイヤ交換!費用は132,000円、普段見ることが出来ない裏面もチェックしてきた

ランボルギーニ・ウラカン(4WD)はフロントタイヤへの要求が厳しい? さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤを交換。先日アップしたとおり、「摩耗はしていないもののクラックが大きくなっている」た ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ちょっと待って!ブガッティ・ヴェイロンの中古タイヤ+ホイールセットが1100万円で販売中。ボッタクリと思いきや、新品で買うと1700万円・・・

3回目のタイヤ交換が必要になったヴェイロンオーナーには安い買い物 ブガッティ・ヴェイロンのタイヤとホイールのセットがebayにて、約1100万円にて販売中。え?110万円ではなくて1100万円?という ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。認証タイヤにて交換費用13万円くらい(の予定)

ただしタイヤはこれから注文するところだけど さて、ランボルギーニ・ウラカンのフロントタイヤ交換を行うことを決定。先日アップしたとおりフロントタイヤのクラックがもう看過できないレベルに達しているためで、 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの外装カスタムについて >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを入れてみた!アルミテープ同様の「電波系チューン」かどうか実験してみよう

ランボルギーニ・ウラカンの「エア抜け」対策に さて、ランボルギーニ・ウラカンのタイヤに窒素ガスを注入。窒素ガスをタイヤに(空気の代わりに)注入するメリットはいくつかあると言われ、たとえば空気圧(窒素圧 ...

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤがそろそろ限界?タイヤ交換が必要になりそうだ・・・

ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが拡大 ランボルギーニ・ウラカンのタイヤにクラックが発生。正確にいうならば、ちょっと前から発生しているクラックが「拡大」してきた、ということになります。なお、 ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

知ってる?ポルシェには認証タイヤ制度が存在。一体普通のタイヤと一体何が違うの?

2018/10/19    , , , ,

| ポルシェの性能を存分に発揮させたいのであれば、認証タイヤを装着すべき | ポルシェがそのオーナー向けの機関紙、クリストフォーラスにおいて、「認証タイヤ」について、そしてその重要性を特集。 意外と知 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

知られざるラ・フェラーリの「5つの事実」。タイヤ交換はほかのクルマと同じ、4輪で33万円だった!

| 知られざるラ・フェラーリの事実 | ferrari 「フェラーリ ラ・フェラーリの5つの知られざる事実」が動画にて公開。 ラ・フェラーリはご存知の通り「選ばれし者だけがそのキーを手にできる」超限定 ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェのスポーツカーは70年でどう変わった?細部は変われど基本は同じ。70年前からすでに完成されたクルマだった

| ポルシェ356から911へ、そして911はどう進化したのか? | porshe 911 ポルシェがその70周年を記念し、356から現代の911に至るまで、スポーツカーの軌跡を紹介するコンテンツを公 ...

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・シロン用社外ホイール第一号がVOSSENより登場。意外に安い70万円~

| シロンのホイールを販売するチューナー登場 | ホイール専門メーカー、VOSSENがブガッティ・シロン専用のホイール「LC2-C1」を発売開始。 5スポークとディッシュのようなデザインを組み合わせて ...

●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

【まとめ】ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4雑感。納車後の新習慣、モデルイヤーごとの価格など

ランボルギーニ・ガヤルド購入後、日々考えることを記載してみた gallardo ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣がある ガヤルドに乗るようになって新たに身についた習慣のうち、車をガレージ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「カリナン」は仮称で発表時には別の名前に?なお「カリナン」は史上最大のダイヤ原石の名

ロールスロイス・カリナンは「カリナン」ではない? ロールスロイス初のSUV、カリナンは「カリナンではない」可能性が浮上。 これはロールスロイスによって語られたもので、「カリナンは単なるプロジェクト名で ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンがウインタータイヤとホイールをセットで発売。スポーツカーの「冬タイヤ」について考える

珍しい「タイヤとホイールとのセット」販売 マクラーレンが「スポーツシリーズ」向けにウインタータイヤとホイールを発表。 ウインタータイヤの発表自体はスーパーカーメーカーにとっても珍しいものではありません ...

>フェラーリ(Ferrari)

予想落札価格2000万円。カーボンケース入り、ダイヤ付きのフェラーリ限定本が競売に

世界各国に「一冊づつ」限定販売されたフェラーリの記念本がオークションに フェラーリのスペシャルブックがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。 ただしこれは「ただの本」ではなく、2011年にイギリ ...

>マツダ(MAZDA)

またまた出てきたマッドマックス風カスタム。今度はマツダ・ロードスターを魔改造

アメリカ人は車を楽しむことをやめない アメリカにて、マツダ・ロードスターをマッドマックス風に魔改造してしまったオーナーが登場(一瞬何の車なのかわからなかった)。 アメリカはとにかく車の改造には「本気」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ピレリが昔っぽいタイヤを復刻発売。最新技術を使用しフェラーリなど50~70年代の車に対応

ピレリが新しいシリーズ「コレツィオーネ(Collezione)」を発表。 これは何かというと「クラシックカーとヴィンテージカーのためのレトロなタイヤ」となりますが、見た目はレトロでもテクノロジーは最新 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.