>三菱(MITSUBISHI)

トヨタ

2021年9月の国産車登録状況!SUVが影を潜めて「アルファード、デリカD5、ステップワゴン、セレナ」などミニバンが伸びる。緊急事態宣言解除後のレジャーに焦点?全般的には前年比63%と大幅減

| コンパクトカー、ミニバンが強いというのは日本市場の特性でもある | 新型車発売当初に大きく伸び、その後縮むのも特性のひとつ さて、2021年9月の自動車販売速報値が公開。まずは自動車メーカー別です ...

トヨタ・ランドクルーザー

2021年8月の国産車登録ランキング!ミニバンが影を潜めSUVが強く、個別だと日産リーフとノートがじわり上昇。ヴェゼルは思ったほど伸びず

| モデルチェンジを行ったアクアも販売が伸長し、トヨタはすべからくモデルチェンジを成功させているようだ | ただし今後は「チップ」「部品」不足によって先行き不透明 さて、2021年8月の日本国内自動車 ...

ランサーエボリューション トミ・マキネンエディション

まさかの2000万円オーバー!6月の1530万円に続き、ランエボVI トミ・マキネンが2240万円にて落札される。ただしシリアルは「001」

| もともとランエボはカルト的人気がある上にモータースポーツ直結という性格もあり、今後も価値を上げ続けるだろう | それにしても「2240万円」とは恐ろしい さて、このところ値上がり著しいランサーエボ ...

トヨタGRスープラ

2021年7月の国産車登録ランキング。ルーミー/アクアは前年比2倍、ヴェゼルは2.5倍。反面ジムニーは1/3に販売が減少。ブランドではトヨタ・レクサスが圧倒的

| もはやトップ10がすべてトヨタで占められる日も近い | レクサスは地味に販売を伸ばしている さて、2021年7月の国産車販売ランキング。とりたたて目立った動きをしているクルマは無いように思えるもの ...

カナダの三菱正規ディーラーが「ランサーエボリューション・ファイナルエディション」最後の1台(シリアルプレートつき)を1300万円で販売中

カナダの三菱正規ディーラーが「ランサーエボリューション・ファイナルエディション」最後の1台(シリアルプレートつき)を1300万円で販売中

| 「かなり」高い価格設定ではあるが、長期的に見ると利益を期待できるのかもしれない | ランエボ含め、年々日本車の取引価格は上昇中 さて、三菱の名車「ランサー・エボリューション(ランエボ)」の販売が終 ...

ヴェゼルはFMCを成功させ前年比2倍と快進撃

2021年6月の国産車登録ランキング!ヴェゼルはFMCを成功させ前年比2倍と快進撃。一方ジムニーは大人気なのに前年比45%のナゾ

| ランキングを見るに、新車としての効果が長続きしにくくなっているようだ | 加えて、人々は「見慣れたもの」よりも「まだ見慣れぬもの」に興味を示している模様 さて、2021年6月の国内自動車登録台数が ...

ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場

ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場。ランエボ復活の可能性はゼロではないと思うものの、ボクは「三菱にとってパジェロのほうが優先順位が高い」と考えている

| ランエボらしいディティールが盛り込まれた秀逸なレンダリング | 三菱としても「ランサーエボリューション」というビッグネームを捨てたくはないはずだが さて、今回自動車デザイナー、イーノック・ゴンザレ ...

日産ノート

2021年5月の国内登録ランキング!ホンダが日産に抜かれ、その原因は「前年比1/3」以下に販売が落ちたフィット。FMCは完全に失敗、フィットの開発メンバーは首が危なそうだ

| 一方、スバル・レヴォーグ、トヨタ・ハリアー、もちろんヤリスもモデルチェンジを成功させる | 新型ホンダ・フィットほどモデルチェンジで販売が落ちたクルマを見たことがない さて、2021年5月の乗用車 ...

世界一大きな自作リアウイングとディフューザーを装着したランエボが目撃

DIYにも程がある!世界一大きな自作リアウイングとディフューザーを装着したランエボが目撃される。そのほかカスタムカー18連発

| 日本だととうてい許されないようなカスタム内容だが | それでも補強を行なうなど、クルマの改造にはそれなりのノウハウを持つようだ  北米では車検制度がユルいせいか、様々な奇抜きわまりないカスタムカー ...

フェラーリが「出力低下」にてリコール

フェラーリが「出力低下」にてリコール!ほかスズキはジムニー11万台をリコール、三菱はデリカにリコールと改善対策。三菱は実際に事故があったようだ

| 車両の問題に起因する事故の発生ははじめて見たように思う | 今回のリコールでは、実際に発生した問題の件数がいずれも多い さて、日本国内にて、フェラーリがリコールの届け出。内容としては「ポルトフィー ...

三菱がラリーアートの復活を正式発表

三菱がラリーアートの復活を正式発表!パーツ販売に加えモータースポーツへの復帰にも触れる。WRCやダカールラリーへの参戦を期待

| ただし三菱は「ハイブリッド」を活用したい意向のようだ | さて、三菱が同社の決算発表会にて、ラリーアート(RALLIART)の復活をこっそりと発表。ラリーアートは三菱の子会社として1984年に設立 ...

レクサスIS

2021年4月の国内販売!前年比でハリアーは4.6倍、ランクル2.5倍、CX-3は3.8倍などSUV大人気。レクサスISは驚異の11倍、しかし新型フィットは前年比1/3近くに落ち込む

| ホンダは新型フィットになんらかのテコ入れを行わないとヤバそうだ | さて、2021年4月の国内における自動車登録状況(国内メーカー)が公開に。まずは(軽自動車除く)登録者販売台数は210,353台 ...

懸賞で当選したランエボでクラッシュ

超希少、ランサーエボリューションIVの限定モデル「FQ-320」を懸賞で引き当てた男。その24時間後には単独事故にてランエボを廃車にしてしまう

| よくあるといえばよくある出来事ではあるが | さて、英国にて、「懸賞でランサーエボリューションIXを引き当てたのち、わずか24時間以内に廃車にしてしまった」男が登場。この懸賞は「Dream Car ...

次期ランサーエボリューションはこうなる?ちゃんとナンバーが「バンパー横」に取り付けられた秀逸な予想(希望)レンダリングが登場

次期ランサーエボリューションはこうなる?ちゃんとナンバーが「バンパー横」に取り付けられた秀逸な予想(希望)レンダリングが登場

| 三菱がランエボを蘇らせるという可能性があるのかどうかを考えてみた | さて、「もしも」系レンダリングアーティスト、Rain Prisk氏が”新型”三菱ランサー・エボリューションをイメージしたレンダ ...

トヨタ・アルファード

2021年3月の国内自動車登録ランキング!上位3台のトヨタ車は前年比1.7~2.1倍、なぜトヨタはこんなに強いのか?なお日産ノートが4位に浮上

| しばらくはトヨタに対抗できるニューモデルも登場しそうにない | さて、日本自動車販売連合協会が2021年3月における日本国内自動車登録台数を発表。これによるとトータルでは384,114台となり、前 ...

三菱の英国法人が歴史的に価値の高い車両14台を競売へ!ランエボ限定モデルに加え、ジープ、そしてワンオフのカスタムカーも

三菱の英国法人が歴史的に価値の高い車両14台を競売へ!ランエボ限定モデルに加え、ジープ、そしてワンオフのカスタムカーも

| ランサーエボリューションの限定モデルは相当な高値を付けそうだ | 三菱の英国法人がそのコレクションから14台をオークションに出品する、と発表。その理由は不明ですが、内容を見ると歴史的に価値のあるク ...

GRヤリスとランエボVI トミ・マキネンとが加速で勝負

【動画】GRヤリスとランエボVI トミ・マキネンとが加速で勝負!両者ともWRCホモロゲーションモデル、しかし20年の歳月はどう影響?

| 正直、ランエボの速さはハンパではなかった | さて、CarwowがトヨタGRヤリスと三菱ランサー・エボリューションVI トミー(トミ)・マキネン・エディションとをドラッグレースにて競わせた動画を公 ...

トヨタ・ヤリス

2021年2月の国内販売ランキング!相変わらずトヨタ強し、TOP10のうち8台がトヨタ、ホンダはついにTOP10からはじき出される

| もうトヨタの勢いは誰にも止めることができない | さて、2021年2月の乗用車登録台数が発表に。まず全体の登録台数としては226,954台となっており、これは前年比で97.8%という数字であり、自 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5