>マツダ(MAZDA)

マツダ関連のニュース・ネタです。ロードスターほか、新型車やコンセプトカー、チューン/カスタム情報など。

世界一車高の高いマツダ・ロードスターが目撃される

世界一車高の高いマツダ・ロードスターが目撃される!初代ロードスターは世界中でカスタムベースとしても愛されているようだ

| 乗り込むには苦労しそうだが走り出すと楽しそうだ | さて、初代マツダ・ロードスター(NA)は世界中にて大きなヒットとなり、そのため中古市場においても多数の個体が溢れています。そのため格安にて入手し ...

レクサスIS

2021年4月の国内販売!前年比でハリアーは4.6倍、ランクル2.5倍、CX-3は3.8倍などSUV大人気。レクサスISは驚異の11倍、しかし新型フィットは前年比1/3近くに落ち込む

| ホンダは新型フィットになんらかのテコ入れを行わないとヤバそうだ | さて、2021年4月の国内における自動車登録状況(国内メーカー)が公開に。まずは(軽自動車除く)登録者販売台数は210,353台 ...

マツダCX-50と思われる試作車が目撃

【動画】マツダCX-50と思われる試作車が目撃!マツダらしいディティールを持ちつつ、「押し出しが強くマッシブな」デザインを開拓するようだ

| 「スリムでスタイリッシュ」なデザインは高い評価を受けるものの、実売には結びつかない | さて、マツダは「コストダウンのため」FRを採用し、利益の出やすい「ラージ商品群」を展開すると言われていますが ...

マツダが1981年に発表した「初代MX」、MX-81 ベルトーネ・アリアのレストアを完了

マツダが1981年に発表した「初代MX」、MX-81 ベルトーネ・アリアのレストアを完了!ステアリングホイールの奥にはブラウン管ディスプレイが内蔵されていた

| マツダが1981年にこんな未来的なコンセプトカーを発表していたとは | さて、マツダは1981年に制作された「ベルトーネ・アリア」ことMX-81をレストアした、と発表。この経緯はいささか奇妙なもの ...

スバルのキー

スバルが北米にて約90万台の巨大リコール!なぜスバルは「数十万台規模」の大型リコールが多いのか?

| スバルは過去にも10万台以上の規模をもつリコールを複数回出している | さて、スバルが米国において、約877,000台のリコールを行うと発表。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National ...

スバルが24万台の大規模リコール届け出

スバルが24万台の大規模リコール届け出!アルピーヌは実際に問題が50件発生した燃料関係のリコール実施、ほかルノー、スズキ、マツダ、ダイハツもリコール

| やっぱりスバルのリコールは少なくない | さて、4月に入ってからも多数のリコールが届け出られており、今回スバルはのべ24万台にも及ぶリコールを発表。なお、2020年におけるスバルの国内販売台数は2 ...

サイバーパンクなカスタムが施されたマツダ・ロードスター(NA)が目撃される

サイバーパンクなカスタムが施されたマツダ・ロードスター(NA)が目撃される!そのほか魅惑のカスタムカー15選

| 中古のマツダ・ロードスターを買ってきてカスタムするのもの楽しそうだ | さて、カスタムベースとして大人気なのがマツダ・ロードスター。とくに初代NAはタマ数も豊富で安価に入手しやすいということもあっ ...

マツダ・ロードスターの英国限定モデル

英国マツダがロードスターに限定モデル「スポーツベンチャー」追加!先代NCへのオマージュ、ボディカラーはディープクリスタルブルー

| 英国マツダはこれまでにも多種多様なロードスターの限定モデルを追加している | さて、英国においても人気の高いマツダ・ロードスター(MX-5)。今回は英国内限定ではあるものの、「2014年モデル(三 ...

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中!もしかしたら1000万円に届くかも

| こういったクルマをメーカーが作ることができた時代が懐かしい | さて、1980年代にはさまざまな「変態」ともいうべき愛すべきクルマが多数リリースされていますが、その中でもルノー5(サンク)ターボは ...

トヨタ・アルファード

2021年3月の国内自動車登録ランキング!上位3台のトヨタ車は前年比1.7~2.1倍、なぜトヨタはこんなに強いのか?なお日産ノートが4位に浮上

| しばらくはトヨタに対抗できるニューモデルも登場しそうにない | さて、日本自動車販売連合協会が2021年3月における日本国内自動車登録台数を発表。これによるとトータルでは384,114台となり、前 ...

ホンダのキー

2021年2月の国産車メーカー生産・販売実績!中国市場が異常な強さを見せ、ホンダでは中国生産が前年比16倍、日産は中国での販売が4倍に

| コロナは中国が発端といえど、中国がなければ日本の自動車メーカーはヤバかったな | さて、日本の自動車メーカー各社が2021年2月の販売や生産状況を公開しており、ここでその内容を見てみたいと思います ...

マツダRX-7(FD3S)が現代まで進化し続けていたなら?「RX-7の2021年モデル」を考えたデザイナー

【動画】マツダRX-7(FD3S)が現代まで進化し続けていたなら?「RX-7の2021年モデル」を考えたデザイナーが登場

| RX-7らしさが失われたようにも思うが、これはこれでカッコいい | さて、様々なクルマを「自分流に」再デザインする動画をアップしているスケッチモンキー氏。今回はマツダの不朽の名作、RX-7(FD3 ...

マツダがエレガントさを捨てたワイルドなオフロード仕様トラック「BT-50 サンダー」発売

マツダがエレガントさを捨てたワイルドなオフロード仕様トラック「BT-50 サンダー」発売!残念ながら豪州のみの限定販売

| 現在評価されている「マツダのデザイン」とは異なるが、これはこれでカッコいい | さて、マツダが「BT-50サンダー」を発表。このBT-50はマツダが主にオーストラリアにて販売しているピックアップト ...

マツダのデザイナー、土田康剛氏が北米マツダのシニアディレクターに就任

マツダのデザイナー、土田康剛氏が北米マツダのシニアディレクターに就任!高い評価を得るMAZDA3を手掛け、自らもRX-7に乗る「これからのマツダの中心人物」

| 土田康剛氏はミニマルでタイムレス、エレガンスを愛するデザイナーであるようだ | さて、マツダの北米法人、Mazda North American Operations=MNAOが、土田康剛(つちだ ...

これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造

え?これもマツダ・ロードスター?スペインの小規模メーカー、ウルタンが「マツダとの協力体制にて」クラシカルなカスタムカーを製造し30台を限定販売

| ソフトトップ版、そして「RF」版両方を選択可能 | さて、先日マツダ・ロードスター(ソフトトップ)ベースのクラシカルなカスタムカー、グランド・アルバイシンを発表したスペインのウルタン(Hurtan ...

フォードのV8エンジンへとスワップしたホットロッド風マツダ・ロードスター登場

フォードのV8エンジンへとスワップしたホットロッド風マツダ・ロードスターが登場!レトロっぽい外観だが104kgの軽量化を達成した本気仕様

| その雰囲気はレトロとも未来ともつかない | さて、世界中で大人気のマツダ・ロードスター。これまでにも様々なロードスターのカスタムを紹介していますが、こちらは1991年製のロードスターにフォードのV ...

マツダMX30

マツダが「下請けいじめ」で公取から勧告を受ける!1年で5100万円を下請け3社に不正請求、過去には58社に8億円近くを払わなかったことも

| マツダのこういった「慣例」は昭和50年代から続いていたらしい | さて、マツダが下請法違反にて、公正取引委員会から勧告を受けた、との報道。これによると、2018年11月~2019年10月の間、下請 ...

トヨタ・ヤリス

2021年2月の国内販売ランキング!相変わらずトヨタ強し、TOP10のうち8台がトヨタ、ホンダはついにTOP10からはじき出される

| もうトヨタの勢いは誰にも止めることができない | さて、2021年2月の乗用車登録台数が発表に。まず全体の登録台数としては226,954台となっており、これは前年比で97.8%という数字であり、自 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f