ハイブリッド

新型メルセデス・ベンツSLについてAMGのボスが語る

新型メルセデス・ベンツSLについてAMGのボスが語る!「AMG GTロードスターはSLに統合」「新型SLにはハイブリッド搭載、既存AMGとの共通性はない」

| メルセデスAMG GTロードスターは1代限りの儚い命だったな | さて、メルセデスAMGの新CEO、フィリップ・シーマー氏によると「次期メルセデスAMG GTロードスターは廃止」とのこと。正確に言 ...

ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド

内外装はもちろんホイールまでグリーン!中国向けのカスタム仕様ベントレー・ベンテイガが公開

| 中国ではグリーンが比較的好まれるようだ | さて、ベントレーが上海モーターショーにて、ワンオフ仕様のベンテイガ・ハイブリッドを公開すると発表。もともとこのグリーンはコンセプトカー、EXP10 スピ ...

大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1

【動画】大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1。「なぜ気に入っているのか、その理由を説明する」

| やはりエレクトリックモーターのアシストによる加速は「病みつき」になるようだ | さて、先日エルメス仕様の「ワンオフ」マクラーレン・スピードテールが納車されたばかりの米大富豪、マニー・コシュビン氏。 ...

ランボルギーニ・アヴェンタドール

ランボルギーニが2021年にアヴェンタドール後継モデルを発表するとのウワサ!シアン同様のハイブリッドシステムを持ち800馬力オーバーとなるようだ

| この時点でアヴェンタドールがフルモデルチェンジを迎えるというのは考えにくい | ランボルギーニは今年2つのV12モデルを発表するとアナウンスしていますが、その2つともワンオフモデルもしくは少量生産 ...

レクサスが新型コンセプトカーの情報を追加公開

レクサスが新型コンセプトカーの情報を追加公開!ステアリングホイールは未来的なヨーク型、前後2モーター、かつ「DIRECT4」採用

| レクサス「未来は見るものではなく、感じるものだ | さて、レクサスは3月30日に新しいレクサスを象徴するコンセプトカーを発表し、同時に今後のブランド変革に向けた取り組みを発表するとアナウンスしてい ...

ポルシェ918スパイダー

ポルシェCEO「918スパイダー後継となるハイパーカーの登場にはまだまだ数年を要する」。ただしバッテリー性能ではなく「別の理由」にて

| ポルシェは最近になく各方面へとその手を伸ばしている | ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が毎年恒例のメディアカンファレンスにて述べたところによると、「918スパイダーの登場にはまだ数年はかかる ...

ポルシェ911

ポルシェCEO「911の電動化はあと10年はない。少なともピュアエレクトリックは」。電動化によって911の「リアエンジン」レイアウトが消失することを懸念

| 911はピュアエレクトリック化によってその魂を失う? | さて、ポルシェのオリバー・ブルーメCEOが「2030年まではポルシェの911の電動化はない。少なくともフルエレクトリックは」とコメント。こ ...

アストンマーティン・ヴァンキッシュ

アストンマーティンが方針転換!「2025年にはすべて電動化」「2030年にはガソリン車廃止」「2030年の販売構成はピュアEVが50%、スポーツHVが45%、サーキット専用モデル5%」

| アストンマーティンは新体制への移行とともに計画を大きくシフト | さて、ローレンス・ストロール体制になった後、続々と新しい計画を発表しているアストンマーティン。ただし新しい計画を発表するということ ...

なんとなく「ジョーカー」っぽい!パープルグラデーションにグリーンのアクセントを持つランボルギーニ・シアンFKP37

【動画】なんとなく「ジョーカー」っぽい!パープルグラデーションにグリーンのアクセントを持つランボルギーニ・シアンFKP37の納車準備風景

| このカラーリングは常人では思いつかない | さて、北米やイギリスなど、続々納車情報が寄せられているランボルギーニ・シアンFKP37。限定63台のみが製造される”ランボルギーニ初の”ハイブリッドカー ...

新型ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニ・ウルスのフェイスリフトに伴い820馬力の「パワーハイブリッド」、675馬力の「スポーツRS」登場とのウワサ

| 一方、フルモデルチェンジ版の新型ウルスは2028年に延期されたとのウワサ | さて、ここ最近新型ランボルギーニ・ウルス(フェイスリフト/マイナーチェンジモデル)のプロトタイプが目撃されている状態で ...

ジャガーI-PACE

ジャガー・ランドローバーが大幅方向転換!ジャガーは次期XJ開発を中止し、次期ディスカバリー、レンジローバー・イヴォークは全車電動化。高級ブランド「ロードローバー」もお蔵入り

| これまでかけたコストを「捨てて」まで方向転換を図るとは、ジャガー・ランドローバーは相当に思い切るようだ | さて、ここ最近様々な話題が出ているジャガー・ランドローバー。最も大きなものは「2025年 ...

メルセデス・ベンツがハイブリッド化によって800馬力超を獲得するであろう「AMG GT73e」を予告

メルセデス・ベンツがハイブリッド化によって800馬力超を獲得するであろう「AMG GT73e」を予告!モータースポーツを強く意識し「本当に速いハイブリッド」となるか

| メルセデス・ベンツはAMGとハイブリッドを「うまく」結びつけることに成功したようだ | さて、毎年3月にはF1に参戦する各チームが新型車を公開しますが、今回メルセデス・ベンツはF1マシン(W12) ...

トヨタRAV4に発火の可能性

北米で最も売れているトヨタ車、RAV4が「発火の恐れあり」として調査対象に。バッテリー搭載方法/位置に問題の可能性、最大で190万台が影響

| 自動車はどんな状況においても「確実性」が期待されている | ロイターによると、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA=National Highway Traffic Safety Administ ...

アヴェンタドール後継モデルはこうなる?ゼンヴォのデザイナーが考えた「ランボルギーニ・マタドール」。3リッターV12+2モーター、1400馬力

| アヴェンタドール後継モデルはV12エンジン+ハイブリッドになるとは言われているが | スウェーデンのトンデモハイパーカー、ZENVO(ゼンヴォ)オートモーティブのデザイナーにしてエンジニア、フレデ ...

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう | メルセデスAMGからやってきたアストンマーティン新CEO、トビアス・メアース氏が新型車”ヴァルハ ...

マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し

マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し、ハイブリッドにしかできないことが満載で2385万円

| この馬力でこの価格は相当に破壊力がある | さて、マクラーレンが「新世代スーパーカー」、アルトゥーラを発表。このアルトゥーラはマクラーレン初の(限定ではない)量産ハイブリッドスポーツであり、エレク ...

シボレー・コルベット

シボレー・コルベットには「最低でも5つ」のバリエーションが登場予定。Z06、ZR1、EV、PHEV、そしてZora(ゾーラ)。1000馬力超と言われるZoraには期待大

| C8コルベットは「初のミドシップ」とは思えないほどよくできている | さて、様々なウワサが出てくるシボレー・コルベットのバリエーションですが、なかなかシボレーは口を割らない模様。ただ、これまでに漏 ...

フェラーリのミニカー(トミカ)

フェラーリの新型ハイブリッドは「ディーノ」ではなく「486」を名乗る模様。ポジション的にはF8の「下」、価格も「下」か

| マクラーレン「アルトゥーラ」との価格やパワーとのバランスが気になる | さて、マクラーレンは新型ハイブリッドスポーツ「アルトゥーラ」の発表を控えていますが、マクラーレン最大のライバルとも言えるフェ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f