ハイブリッド

BMW 4シリーズ グランクーペ

BMW「新型V6、V8ガソリンエンジンを開発中」。おそらくBMWは高コストなPHEVを嫌い、ガソリンエンジン単体で排ガス規制に挑むようだ

| 非常に困難な道のりだとは思うが、これが実現できればメルセデス・ベンツを大きく引き離すこともできそう | ただし常識的に考えると、とても将来の排ガス規制はガソリンエンジン単体で乗り切れるものではない ...

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も | ボクとしてはトヨタの介入によって実現することを期待している さて、マツダはこれまでにも様々な「ロータリエンジンを搭 ...

過去と未来との橋渡しをイメージしたハイブリッドバイク「ドゥカティ・ゴースト」!デザイナーが新たなる提案としてレンダリングを作成

過去と未来との橋渡しをイメージしたハイブリッドバイク「ドゥカティ・ゴースト」!デザイナーが新たなる提案としてレンダリングを作成

| 現実的には「重量が重くなりすぎ」今の技術でハイブリッドバイクを作ることは難しいのかも | ただしいつかはバイクもエレクトリックへと移行することになるのだろう デンマークのデザイナー、ダニエル・ケム ...

【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在

【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在

| 見た限りでは、より繊細に、そしてよりアグレッシブなスタイルが与えられることになりそうだ | エンジン含むパワートレーン、車体は「一新」されると言われている さて、ランボルギーニはアヴェンタドールの ...

フルモデルチェンジ版プリウスは2022年にEVではなく「ハイブリッド」にて登場?トヨタ「ハイブリッドはトヨタの中心であり、その中でもフロントランナーはプリウスだ」

フルモデルチェンジ版プリウスは2022年にEVではなく「ハイブリッド」にて登場?トヨタ「ハイブリッドはトヨタの中心であり、その中でもフロントランナーはプリウスだ」

| プリウスは6年ごとにモデルチェンジを繰り返しており、2022年の次の2028年にピュアEV化されると目される | 2025年には「水素」プリウスの可能性も さて、2022年に5代目に突入すると言わ ...

【動画】フェラーリの謎ハイブリッド試作車がクラッシュ!現地消防にとって「ハイブリッドカーの事故」は初案件、しかし事故直後の発火も無事に鎮められる

【動画】フェラーリの謎HV試作車がクラッシュ!現地消防にとって「ハイブリッドカーの事故」は初案件、しかし事故直後の発火も無事に鎮められる

| とにかく電動化の流れが急速すぎて周囲が追いついてない | フェラーリがこのSF90ストラダーレの試作車で何をテストしていたのかは謎のまま さて、フェラーリSF90ストラダーレのプロトタイプがドイツ ...

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 | 正直、カッコいいのかそうでないのか判断ができない さて、BMWが予告通り、モータースポーツ部門である ...

【動画】フェラーリSF90ストラダーレとマクラーレン765LTという「ハイエンド」ドラッグレース対決!さすがにSF90ストラダーレであっても相手が悪かったようだ

【動画】フェラーリSF90ストラダーレとマクラーレン765LTという「ハイエンド」ドラッグレース対決!さすがにSF90ストラダーレであっても相手が悪かったようだ

| マクラーレンの加速に勝てるのはもうハイパーEVよりほかにない | どうやってもガソリンエンジン車やハイブリッドではマクラーレンに勝てないようだ さて、フェラーリとマクラーレンにおいて「最速」の部類 ...

次期ケイマン/ボクスターは2025年にハイパフォーマンスEVとして登場する模様。これで「EVの正当性」を主張し、911のEV化をすんなり成功させる計画か

ポルシェが「次期718ボクスター」をディーラーイベントにて公開したとの報道!「驚くほど美しくスポーティー、タイカンを2ドア化したようだ」

| 発売は2025年、しかしそのスペックなど詳細は明かされていない | ポルシェだけに、おそらくは驚くような、そしてベンチマークとなるようなスポーツEVを出してくるだろう さて、ポルシェは米国アトラン ...

アストンマーティンが中国市場向けに「直6搭載」のDBXを投入!価格はV8モデルの約20%オフ、コスパ抜群のエントリーモデルに

アストンマーティンが中国市場向けに「直6搭載」のDBXを投入!価格はV8モデルの約20%オフ、コスパ抜群のエントリーモデルに

| 安くなったとしても中国では関税の影響にて3400万円 | 早くもアストンマーティンにはメルセデスAMGとのシナジー効果が現れている さて、アストンマーティンが中国市場向けとして「直6ターボエンジン ...

エアロキット装着のポルシェ911

ポルシェCEOが911ハイブリッドについて語る!「プラグインハイブリッドではなく、モータースポーツから生まれた非常にスポーティなハイブリッドになる」

| つまりはパナメーラ、カイエンとは異なるハイブリッドとなりそうだ | 911と名乗るからには、すべてのパーツが「走り」に直結しなくてはならない さて、なかなか具体的な話が見えてこない911ハイブリッ ...

未来の日産GT-R、Nissan GT-R (X) 2050

日産CEO、デザイナーが次期GT-Rについて語る!「新型GT-Rは妥協のないプロ仕様のクルマ」「デザインはR35に似ており、しかしもっとレンガっぽくなる」

| R35 GT-Rでもっとも評価すべきは、欧州スーパーカーに「寄せなかった」デザインだと思う | 発言内容を見るに、おおよそどんなクルマになるかは方向性が決まってきているようだ さて、これまでにもフ ...

【動画】新型ポルシェ911ターボS Eハイブリッドの姿がはじめて目撃!リアシート部分にバッテリーが積まれている模様

【動画】新型ポルシェ911ターボS Eハイブリッドの姿がはじめて目撃!リアシート部分にバッテリーが積まれている模様

| 重量配分や出力特性など、従来の911とはかなり異なるクルマとなりそうだ | ポルシェが911のハイブリッド化に際し、どのような手法を用いるのかは注視したい さて、今回はじめてポルシェ911のハイブ ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニ・ウラカン後継モデルは2022年3月発表?ジャーナリストが2週間後に試乗会に招待されるとうっかり漏らし、しかし報道規制が6ヶ月ほど敷かれる模様

| ウラカン後継モデルは思ったよりも完成に近い状態にあるようだ | ハイブリッドなのは間違いなさそうだがその詳細はわからない さて、ジャーナリストのジョニー・リバーマン氏が「ウラカンの後継モデルが20 ...

マツダ・ロードスター

フルモデルチェンジ版マツダ・ロードスターは2024年登場、e-SKYACTIV X(ハイブリッド)、インテリアは高級に。やはり大きく重く、高価なプレミアムカーになってしまうのか・・・

| こればかりは時代の流れなので仕方ない | どうやってもシンプルなスポーツカーを作れなくない時代になってしまった さて、チョコチョコと流れてくる新型マツダ(NE)ロードスターのウワサ。最新のものだと ...

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。私の顧客は運転中の感動を重視している」

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。ドライバーを興奮させるのに2000馬力は必要ない」

| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ | エンジンはメルセデスAMG製V12ツインターボを継続 さて、現在パガーニは「ウアイラ」1車種のみを販売し ...

アウディR8

新型アウディR8が「V8ツインターボ+ハイブリッド、700馬力」で2023年に登場とのウワサ!となるとウラカン後継モデルもこのレシピに?

| 新型アウディR8については、そのウワサも二転三転している | 実際のところ、今回のウワサはけっこう信憑性が高そうだ さて、最近は「売れてない」「特定地域や特定グレードの販売終了」など、あまり明るく ...

運転の神様ワルター・ロールが新型ポルシェ911GT3を語る!「速く走るための完ぺきなバランスを持っている」「初代911GT3から70kgしか増加していない」

ポルシェのデザイナー激白!「電動化したほうが911らしいデザインを維持できる。このまま内燃機関を続けると、環境規制対応のためリアオーバーハングが2メートルにもなる」

| すでにポルシェ911のリアオーバーハング内には「何も入らない」ほどギッシリ詰め込まれている | たしかにデザイナーの言うことはまったくもって正しいのかも さて、ポルシェのチーフデザイナー、ミヒャエ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5