>ブガッティ

今度はシルバー!ブガッティがチェントディエチの祖先、そして当時の革命児であったEB110とを並べ、その類似性、それを実現した手法について語る

今度はシルバー!ブガッティがチェントディエチの祖先、そして当時の革命児であったEB110とを並べ、その類似性、それを実現した手法について語る

| EB110の存在がなければ、現代のブガッティは今のような姿ではなく、成功もなかったかもしれない |

ブガッティEb110とチェントディエチは見れば見るほどよく似ている

さて、ブガッティは「ブガッティ創業110周年記念」となる限定ハイパーカー「チェントディエチ」の納車を進めているところですが、このチェントディエチ(イタリア語で110という意味)は(現在のブガッティとは異なる前体制のブガッティによる)ブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティの生誕110周年を祝うべく発売されたスーパーカー。

現ブガッティはチェントディエチをデザインするにあたってEB110を参考にしており、それは発売前から広く知られていたということもあってか、このチェントディエチのオーナーの多くはEB110を所有していると言われ(EB110のオーナーがチェントディエチを注文している)、そしてチェントディエチを「自分のEB110と同じカラーでオーダーする」例が多いと報じられています。

03 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

今回はシルバーのブガッティEB110SSとチェントディエチ

そして今回公開されたのはシルバーのブガッティEB110SSとチェントディエチで、これは先日の「EBブルー」のコンビに続くもの。

ブガッティが限定10台、10億円のハイパーカー「チェントディエチ」第一号の生産を完了し納車を実施。なおオーナーはEB110も所有
ブガッティが限定10台、10億円のハイパーカー「チェントディエチ」第一号の生産を完了し納車を実施。なおオーナーはEB110も所有

| こうやって同じカラーのEB110とチェントディエチをならべるとその類似性がよくわかる | ブガッティEB110は「近代スーパーカーの礎」となったことで永遠にその名を残すだろう さて、ブガッティはチ ...

続きを見る

EB110SS(スーパースポーツは)は通常のEB110 GTよりも軽く、さらにパワフルに仕上げた上位モデルで、603馬力を発生する3.5リッターV12クワッドターボを搭載し、6速MTで4輪を駆動することで0−100km/h加速3.4秒、最高速度354km/h以上を記録したと言われます。

04 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

JUN
JUN
この角度から見ると恐ろしく似ている!
ポルシェはかつて924ターボ「タルガ」の開発を行っていた。走行わずか328kmのプロトタイプを残して計画が廃棄されたその理由とは
ポルシェはかつて924ターボ「タルガ」の開発を行っていた。走行わずか328kmのプロトタイプ1台を残して計画が廃棄されたその理由とは

Image:Porsche | ポルシェは昔から様々な可能性を追求してきた | それでも実際に発売されるクルマは非常に少なく、それだけポルシェは「慎重」ということなのだろう さて、それぞれの自動車メー ...

続きを見る

ブガッティのデザイン・ディレクター、アキーム・アンシャイト氏は「EB110は、ブガッティの歴史の中でもひときわユニークな存在です。1980年代後半にブランドがロマーノ・アルティオーリの手によって生まれ変わったとき、EB110は時代を超えたスポーツカーのみが持ちうるプロポーションで登場しました。そのデザインは、当時バウハウスに影響を受けたカンポガリアーノの工場を担当した建築家ジャンパオロ・ベネディーニによって仕上げられ(それまではマルチェロ・ガンディーニがデザインしていたが、途中から不和によってチームを離脱)、EB110の印象的なグラフィックと洗練されたフォルムは、確かにその建築的なアプローチを反映しています。しかし、EB110スーパースポーツがそうであったように、現代に生きる私たちもまた、「形は性能に従う」のです。そこで私たちは、このクルマがなぜそのような姿をしているのかに注目し、それを現代版ブガッティとして再解釈したいと考えたのです」。

01 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

両社の類似性は非常に高く、それぞれのBピラーには、一目でそれとわかる5つの冷却孔が設けられており、EB110SSだと3.5リッターのクワッドターボV12エンジンに空気を送り込むために機能することに。

そしてその空気はガラスで覆われたエンジンルームを通り、リアに設けられた10個のスリットから排出されることになります。

05 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

チェントディエチでは、これらの要素が再解釈され、空気はブガッティCラインの頂点にある5つの冷却ポートから入り、EB110からインスピレーションを得たガラスカバーが取り付けられたW16エンジンの上を通り、EB110スーパースポーツの通気口を模した新しいライトサインを含むリアから排出されますが、そのリアには、EB110スーパースポーツのツインパイプを現代的にオマージュした、垂直に積み上げられたクワッドエキゾーストパイプが大型リアディフューザーに格納されています。

06 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

チェントディエチのパフォーマンスはさらに「上」に

ブガッティEB110SSのパフォーマンスは当時では異次元、そして現代でも第一線で活躍できるレベルではあるものの、新しいブガッティそしてチェントディエチではそのもっと上を目指していて、チェントディエチは最高出力1,600PSを誇る6リッターW16クワッドターボ”トール”を搭載し、0-100km/h加速2.4秒、200km/h加速6.1秒、300km/h加速13.1秒、最高速度380km/h(電子リミッター作動)を実現。

ブガッティデザインチームにてスペシャルプロジェクト責任者を務めるニルス・サヨンズ氏は「チェントディエチのような驚くべきスピードに安全に到達できるクルマを設計しようとする場合、さまざまなことを考慮しなければなりません。安全であること、空力的に優れていること、パワートレインのコンポーネントの冷却のために空気を効果的に導くこと、などが必要です。シロンのパワートレインとモノコックをベースにしましたが、チェントディエチの開発は非常に多岐にわたり、実質的にまったく新しいクルマをデザインすることになりました。望ましいレベルのパフォーマンスとスタイリングの完成度を実現するには、これしかないのです」とコメント。

07 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

EB110スーパースポーツへのオマージュとしてチェントディエチを考えた時、デザインチームは「止まっていても前に飛び出してくるような」象徴的なシルエットの再構築に注力する必要があったといい、そのためルーフラインとプロファイルを一新し、フロントはより低く、リアはより高く設定されています。

バイザーから着想を得た新しいグラスハウスは、ボディをシームレスに取り囲むように見え、新しいフロントのビジュアル・アイデンティティは、EB110の”控えめな”ブガッティ馬蹄形(ホースシュー)グリルにインスパイアされたもので、さらにいえば、ブガッティの赤いマカロンエンブレムがEB110と同じく、グリル内ではなくボディ表面に装着さていることも特筆すべき点。

08 BUGATTI-EB110S-CENTODIECI

プロポーションが決まると、デザインチームはEB110のバウハウス風のフラットな面とディテールの要素を現代的に変換することに取り組み、さらにEB110のスラブ型ヘッドライトを視覚的に再現するため、チェントディエチでは最先端のスリムなLEDヘッドライトを採用しています。

選出のアキーム・アンシャイト氏はさらに「EB110がなければ、我々の新しいブガッティブランドは今日の地位を確立していなかったと主張する人もいます。1990年代後半にフォルクスワーゲン・グループに買収された後、ブガッティの新しいビジョンがこのクルマによって形作られたのです。その驚異的な性能は、先日亡くなったニコラ・マテラッツィをはじめとする天才的な技術者のおかげですが、デザイナーの素晴らしいビジョンも認めざるを得ません。時代を超越したフォルムは、ブガッティの歴史に残る重要な作品へのオマージュとして、限りないインスピレーションを与えてくれたのです」とコメント。

たしかに、ヴェイロンからシロン、そしてチェントディエチにまで続く「ミドシップ、4WD、クワッドターボ」というパッケージングはEB110がブガッティの歴史上初めて採用したもので、それを踏襲する現代のブガッティがその延長線上にあるというのは疑いようのない事実だと考えてよいかと思います。

フェラーリF40
フェラーリ288GTO / F40の生みの親、ニコラ・マテラッツィ氏が83歳で亡くなる。ランチア・ストラトス、ブガッティEB110の開発や生産にも関わった生粋のカーガイ

| またひとつ、巨星墜つ | 思えば1970-1980年代は「大御所」が活躍した時代であり、またその土壌があった フェラーリF40生みの親とも言われるイタリアのエンジニア、ニコラ・マテラッツィ氏が8月 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

ブガッティ設立110周年記念にしてEB110へのオマージュ”チェントディエチ(Centodieci)”正式発表!「次の100年に向け、過去とテクノロジーとを融合させた」

| 限定台数は10台、価格は9億4400万円、納車ペースは年に2台のみ | ブガッティが創立110周年記念車として「ブガッティ・チェントディエチ(Bugatti Centodieci)」を発表。ベース ...

続きを見る

ブガッティ
ブガッティ・リマックCEO「ブガッティの今後10年の計画に、SUVもピュアエレクトリックハイパーカーも含まれない」。ブガッティの真意を考えてみる

| 過去のブガッティにはピュアエレクトリックSUVの話も出ていたが | そしてなぜ最先端の電動化技術を持つリマックがピュアエレクトリック版ブガッティを作らないのか さて、先日「W16エンジンを搭載する ...

続きを見る

ブガッティEB110
ブガッティEB110の中古相場が10倍近くまで高騰し「第二のマクラーレンF1になる」とまで。なぜマクラーレンF1、そしてブガッティEB110はそこまで高く評価されるのか?

Image From : Bugatti | それはシンプルに、マクラーレンF1、そしてブガッティEB110が「ゲームチェンジャー」だったからだと思う | そして今後、こういった「歴史を変えた」クルマ ...

続きを見る

参照:Bugatti

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , , ,