ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデスAMG Oneの納車第一号がついに完成!細部はかなり簡素化されており、おそらくは軽量化を優先したためと思われる

投稿日:

メルセデスAMG Oneの納車第一号がついに完成!細部はかなり簡素化されており、おそらくは軽量化を優先したためと思われる

| ここからメルセデスAMG Oneの納車が一気に加速し、様々なSNSにてその姿を拝めることになりそうだ |

この「ブルーにホワイト」という組み合わせははじめ見た

さて、先日ニュルブルクリンクを6分35秒183にて走り、市販車最速に輝いたメルセデスAMG One。

今回、3ヶ月前の生産開始からようやく顧客向けの個体第一号が完成し工場から出荷されることとなっています。

仕様としては明るいブルーにホワイトのストライプ、そしてインテリアはブラックにイエローのアクセントというものですが、これまでに報じられたことがないカラーだけに新鮮に見えますね。

メルセデスAMG Oneの生産・テスト風景が公開に!製造はメルセデス F1チームの本拠地である英国にて、そして生産後にドイツへと輸送されることに
メルセデスAMG Oneの生産・テスト風景が公開に!製造はメルセデス F1チームの本拠地である英国にて、そして生産後にドイツへと輸送されることに

| メルセデスAMG Oneは1台1台が完全なるハンドメイド |この記事のもくじ| メルセデスAMG Oneは1台1台が完全なるハンドメイド |ただし完成後はブガッティほどハードなテストは行わないよう ...

続きを見る

メルセデスAMG Oneの製造はイギリスにて

なお、メルセデスAMG Oneの製造はAMGの工場(ドイツ・アファルターバッハ)ではなく、メルセデスF1チームが拠点を構える英国ブリックスワースにて行われる、と報じられています。

これはもちろんそのパワートレーンにF1マシン由来の1.6リッターターボ(とハイブリッドシステム)を積むことに関係しているものと思われますが、この英国工場にて組み立てられたのち、ドイツのメルセデスAMGのファクトリーへと運ばれて最終的な認証を受けることになるもよう。

1 (2)

ちなみに撮影された場所がどこなのかはわかりませんが、周囲にメルセデス・ベンツの車両があるので、同社関連施設であるのは間違いなさそうですね。

ただ、工場内には中国語表記が見られ、アジア人の姿も多く見られるので、中国人労働者がけっこう多いのかもしれません(車両のナンバーは欧州仕様であるように見える)。

1 (1)

そこで細部を見てみると、カーボンパーツは「マット」仕上げ。

ヘッドライト内部はほかのメルセデス・ベンツに比較するとかなり簡素に見えますが、これは軽量化を考慮したためだと考えて良さそう(メルセデスAMG Oneのフロントに装着されるエンブレムは、空気抵抗や重量を考慮し、立体からステッカーへと変更されている)。

1 (3)

ストライプには「55」の文字がありますが、これはメルセデスAMGの創立55周年を意味しているものと思われます。

ちなみにですが、メルセデスAMG Oneはもともと「AMG創立50周年記念モデル」として発表されているものの、開発が遅れてしまい、実際に発売されたのは発表から5年が経過した2022年(MAG創立55周年)となってしまったわけですね。

1 (4)

フロントフェンダーのルーバーは「可動式」で、走行モードによって全閉から全開まで可変しますが、見たところ片側(ボディ中央側)でしか支持されておらず、この取り付け方法で風圧に耐えることができるのか、そして一旦開いて閉じるときにズレないのかなど気になるところではあるものの、もちろんこれで問題はないのだと思われます(全体的に構造が非常にシンプルであり、おそらくは軽量化を優先しているものと思われる)。

1 (6)

リアウイングは「2段」。

車体後方のエンブレムは立体、そして小さいウイングで(通常は)隠れる部分にまでストライプが入っているようですね。

1 (6)

テールランプもやはり(ほかのメルセデス・ベンツに比べ)かなりシンプルで、これも軽量化を優先したためだと思われます。

1 (5)

メルセデスAMG Oneのインテリアはあまりにスパルタンだった

そしてこちらはAMG Oneのインテリア。

エクステリア同様にシンプルそしてカーボンファイバーが多用されていますが、ステアリングコラム周辺のパーツを大きなナットで固定していたり、ステアリングコラム(というかステアリングホイールの一部?)からワイヤーが映えているところなど、メルセデスAMG特有の構造も見られます。

1 (9)

シートは車両側に固定され、ステアリングコラムとペダルボックスを動かしてドライビングポジションを調整する、という方式ですね。

1 (8)

全体的に汚れていたり、ラベルが破損しているところも見られ、これからAMGのファクトリーへと運ばれて最終的な仕上げが行われるのかもしれません(それにしては、ナンバーが装着されているのは奇妙ではあるが)。

あわせて読みたい、メルセデスAMG One関連投稿

メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」
メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」

| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |この記事のもくじ| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |ここまで予定と異なれば、 ...

続きを見る

メルセデスAMG Oneの試乗イベント開催!「給油の前には減圧を行わねばならない」など独特の作法も。やっぱりハイパーカーは気難しそうだな・・・【動画】
メルセデスAMG Oneの試乗イベント開催!「給油の前には減圧を行わねばならない」など独特の作法も。やっぱりハイパーカーは気難しそうだな・・・【動画】

| なんだかんだ言われるメルセデスAMG Oneではあるが、ここまでレーシングカーに近いハイパーカーは他になさそう |この記事のもくじ| なんだかんだ言われるメルセデスAMG Oneではあるが、ここま ...

続きを見る

メルセデスAMG Oneがニュルを6分35秒183で走り圧倒的王座に君臨!さすがのポルシェでもこのタイムを破ることは難しいだろう
メルセデスAMG Oneがニュルを6分35秒183で走り圧倒的王座に君臨!さすがのポルシェでもこのタイムを破ることは難しいだろう

| 今後、ニュルブルクリンクのトップタイムはハイパーカーのみで競われることになるのかもしれない |この記事のもくじ| 今後、ニュルブルクリンクのトップタイムはハイパーカーのみで競われることになるのかも ...

続きを見る

参照:alban.mayer(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5