ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ製”未来のレーシングカー”はこうなる?ル・マン・ハイパーカークラスに参戦できそうな「フェラーリGPXコンセプト」

投稿日:2020/06/15 更新日:

| フォーミュラカーをロードカー風にコンバートしたスタイル |

グラフィックデザイナー、Yi Dong氏が「フェラーリGPXコンセプト」を公開。

もちろん個人による作品なのでフェラーリによる公式コンセプトではなく、しかし同氏はこれまでにも「マツダ・ヴィジョン・コスモ」等を発表してきた実力派でもあります。

マツダ「コスモ」が現代に蘇ったら!”ヴィジョン・コスモ”が公開に。歴代コスモはこんなクルマだった

| マツダは昔から「時代の先駆者」であったようだ |この記事のもくじ| マツダは昔から「時代の先駆者」であったようだ |2代目コスモはマイルドに3代目コスモもまた「時代の先」を行っていた4代目コスモは ...

続きを見る

このフェラーリGPXコンセプトについての説明はなく、しかしその名称や画像から判断するにレーシングカーのようですね。

そのスタイルは「ハイパーカー」

このレンダリングを見るに、そのスタイルはハイパーカー。

フロントやサイドにはほぼ現行モデルとの共通性はなく、かなり大胆なスタイリングを持っています。

f604d697710345.5ecbde5e410a8

サイドの形状を見るに、アストンマーティン・ヴァルキリーのように「フォーミュラカーをクローズドボディ化したような」構造を持つようですね。

724aa797710345.5ecbdb736caa1

一方で星型ホイール、リアウインドウに相当する部分など現行フェラーリとの共通点も。

959d5d97710345.5ecbdb736bdd2

リアウイング形状はFXX Kとの共通性も見られます。

リアアンダーは大胆にエアを抜く構造を持っており、大型ディフューザーが確認できますが、センターには(フォーミュラマシンのブレーキランプ風形状を持つ)エキゾーストパイプらしきものが見えるので、ガソリンエンジンもしくはハイブリッドパワートレーンを搭載している(ピュアエレクトリックではない)のかも。

97347f97710345.5ecbdb736b7bf

フェラーリ599XX Evo、FXX Kがスパを走る動画。グーグル副社長とその妻

グーグル副社長夫妻がスパ・フランコルシャンをサーキット専用モデル、フェラーリ599XX Evo、FXX Kで走行する動画。 こんな記事も読まれています ランボルギーニがスピードスターの発売を計画中?フ ...

続きを見る

ただ、「XX」という名称が入っていないことからも、やはりいずれかの(未来の)カテゴリ参戦を視野に入れたレーシングカーだと考えられますが、直近で参戦できそうなのはル・マン24時間レースに新設されるであろう”ハイパーカークラス”。

しかしながら、現在の世界的な状況、自動車メーカー各車の余力を見るに、参戦するクルマは集まりそうになく、このル・マン・ハイパーカークラス=LMHは実現すること無く終わるんじゃないかとも考えています。

e52be097710345.5ecbdb736c454

プジョーがル・マン・ハイパーカークラス参戦用マシンの画像を公開!なお同クラス正式名称は「Le Mans Hypercar=LMH」に決定

| どんどん参加者の情報やレギュレーションが明らかに |この記事のもくじ| どんどん参加者の情報やレギュレーションが明らかに |プジョー・ヴィジョン・グランツーリスモL750Rハイブリッドは現実的にレ ...

続きを見る

4ebd1197710345.5ecbde5e40af6

なお、「赤くて車高の低いスポーツカー」というとすぐにフェラーリを連想し、そういったクルマにフェラーリのエンブレムが付いていると、「現行モデルからかけ離れていてもフェラーリに見えてしまう」のが不思議でもありますね(それだけフェラーリ=レッドが刷りこまれているのか)。

参照:Yi Dong

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5