ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

なかなかに格好よさそうな新型トヨタ・プリウス。一気に若返りを図りイメージ刷新、bzブランドからはピュアエレクトリック版も登場するんじゃないかと予想

投稿日:

なかなかに格好よさそうな新型トヨタ・プリウス。bzブランドからピュアエレクトリック版も登場するんじゃないかと予想

| ただしいずれのプラットフォームを使用するにしてもコストは高く、価格競争力を維持することは難しいかもしれない |

トヨタは新型プリウスにて「価格を超える価値」を提供できるかどうかが最大の課題

さて、トヨタは数日前に「ナゾの」ハイブリッドモデルの予告を行い、その後にそれが新型プリウスであることを告知し、同時に11月16日の13時30分よりワールドプレミアを(オンラインで)行うことについても言及しています。

さらにはサイドのシルエットに加えてフロントビューも公開していますが、これを見ると新型クラウンのようなコの字型デイライトランニングランプを持つことも確認でき、けっこう「格好いいんじゃないか」と思ったり。

ただ、クラウンとはやや異なり、このヘッドライトユニットはボディとツライチ(フラッシュマウント)となっているようにも見えるので、実際にはクラウンとはちょっと異なる雰囲気になるのかも。

新型プリウスに関する情報はまだ少ない

なお、トヨタはこのほかSNSでも新型プリウスに関する情報を公開しており、こちらはそのフロント。

ただしこちらを見ると、一番上の画像とはヘッドライト周りがちょっと異なる(こちらはちょっと段差がある)ようにも見えますが、単なる「見え方」の問題なのかもしれません。

2

そしてこちらはCピラーからリアフェンダーにかけてのラインで、これまでの「ハッチバック風」から「クーペスタイル」へと変化しているように思えます(ポルシェ・パナメーラを連想させる)。

1

そしてこちらはサイドビュー。

やはりこれまでのプリウスに比較すると流麗なルックスを持っており、全体的な印象として「若返り」を狙うようにも感じられますが、テールエンドはスパっと切り落とされているようで、プリウスのトレードマークでもあるバーチカルウインドウが装備されていると考えていいのかも。

新型プリウスは「ピュアエレクトリック」も視野に?

この5台目プリウスについては「Hybrid Reborn」というコピーを用いていることからもピュアエレクトリックではなくハイブリッドとなることが確定していますが、パワートレインの効率をさらに高め、ドライビング・ダイナミクスと安全技術の面でも大きな進化を迎えるものと予想されます。

ウワサレベルだと、新型プリウスのプラットフォームにはGA-C(カローラ、C-HRなどに使用される)とeTNGA(bZ4x)とを組み合わせたトヨタの最新E3アーキテクチャを採用し、ハイブリッドからPHEV、はてはFCVにまで対応すると言われるものの、現時点ではこれも未確定。

ちなみにですが、先日トヨタが中国向けのピュアエレクトリックセダン「bZ2」を発表した際には「新たなるbZ」としてナゾのハッチバックの画像が添えられており、このシルエットは見たところ新型プリウスとの共通性を持っていて、もしかすると新型プリウスには「派生モデルとしてのピュアエレクトリックモデル(bzの名において発売される)」が存在するのかもしれません。

002

トヨタが中国市場向けにbZシリーズ第二弾「bZ3」発表!現地ではテスラ・モデル3よりも160万円ほど安く、しかも航続距離は600km以上。十年後のバッテリー残存率は90%以上
トヨタが中国市場向けにbZシリーズ第二弾「bZ3」発表!現地ではテスラ・モデル3よりも160万円ほど安く、しかも航続距離は600km以上。十年後のバッテリー残存率は90%以上

| 発表されている数字だけを見ると、かなり優れているクルマのようにも見えるが |この記事のもくじ| 発表されている数字だけを見ると、かなり優れているクルマのようにも見えるが |この価格帯と性能で世界展 ...

続きを見る

新型プリウス発表のライブストリーミング動画はこちら

あわせて読みたい、トヨタ関連投稿

トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?
トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?

| フロントグリルを持ちつつも「bZ顔」なので電動化されているのは間違いない |この記事のもくじ| フロントグリルを持ちつつも「bZ顔」なので電動化されているのは間違いない |画像を見る限りではなかな ...

続きを見る

トヨタ・クラウン
どうやらボロが出たようだ。トヨタが「このままEV計画を進めると採算が合わない」として計画の見直しと一部停止。クラウン、コンパクトクルーザーの開発停止も

| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |この記事のもくじ| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |どう ...

続きを見る

トヨタ・クラウン
トヨタは儲からない会社になったのか・・・?販売台数1/8のテスラに利益総額を逆転され、1台あたり利益でもテスラは132万円、トヨタは16万円と大きく差をつけられる

| トヨタはかつてテスラと提携していたが、「テスラから学ぶものはない」として提携を解消している |この記事のもくじ| トヨタはかつてテスラと提携していたが、「テスラから学ぶものはない」として提携を解消 ...

続きを見る

参照:Toyota

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5