ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

タイヤ

1本450万円、ブガッティ・ヴェイロンのタイヤ/ホイールをカットしてみた。その断面や内部構造はこうなっている【動画】

1本450万円、ブガッティ・ヴェイロンのタイヤ/ホイールをカットしてみた。その断面や内部構造はこうなっている【動画】

| さすがにこの価格のタイヤ/ホイールを切断するにはそうとうな勇気が要求されそうだ | ブガッティ・ヴェイロンのタイヤ/ホイールは1台分で1700万円もする さて、その車両価格に起因してパーツ、そして ...

ポルシェ911カレラの純正タイヤ(19/20インチ)とオプションタイヤ(20/21)とは減速やサーキット走行性能がこれだけ違う!単に「大きく」なっただけではない【動画】

ポルシェ911カレラの純正タイヤ(19/20インチ)とオプションタイヤ(20/21)とは減速やサーキット走行性能がこれだけ違う!単に「大きく」なっただけではない【動画】

| この動画はボクらに「大きなホイールとタイヤ」を選ぶ口実を与えてくれる | 思ったよりもその差は小さくないようだ さて、ポルシェは992世代の911カレラ用として、標準だと「フロント19インチ、リア ...

フェラーリSF90ストラダーレにハイグリップタイヤを装着したら驚愕のタイムが出た!0-60マイル加速は2.16秒、ゼロヨンは9.62秒【動画】

フェラーリSF90ストラダーレにハイグリップタイヤを装着したら驚愕のタイムが出た!0-60マイル加速は2.16秒、ゼロヨンは9.62秒【動画】

| フェラーリSF90ストラダーレはガソリンエンジン搭載車の中では「最速」の一台 | やはりハイブリッド+4WDは威力絶大 さて、ドラッグレース専門のユーチューバー、ドラッグタイムス氏が自身のフェラー ...

まさに「オンリー・グッドイヤー」!グッドイヤーがアルテミス計画にて月面を走るルナローバー用のエアレスタイヤを供給する、と発表

まさに「オンリー・グッドイヤー」!グッドイヤーがアルテミス計画にて月面を走るルナローバー用のエアレスタイヤを供給する、と発表

| 何が何でも走行不能な状態となってはならないだけに責任重大 | 温度、紫外線、重力、地形、路面状態などすべてが地球とは異なる さて、ここ最近自動車業界の「宇宙産業への進出」がよく聞かれますが、今回は ...

新型ポルシェ911GT3 RSの3Dモデリングデータがリーク!そのディティールが完全に明らかになる。なおタイヤは新製品のピレリ「トロフェオRS」が装着か

新型ポルシェ911GT3 RSの3Dモデリングデータがリーク!そのディティールが完全に明らかになる。なおタイヤは新製品のピレリ「トロフェオRS」が装着か

| 新型ポルシェ911GT3 RSの発表までは一ヶ月、とにかくそのパフォーマンスには注目が集まる | 画像を見る限りだとロードカーというよりは完全にレーシングカー さて、ポルシェは新型911GT3 R ...

ミニJCW

ミニJCW(F56/LCI2)のカスタム第二期の内容が決定!タイヤ/ホイール、低ダストブレーキパッドにボディ補強。ただしタイヤの在庫切れで入荷待ちの状態

| タイヤの入荷を待ってから一気にカスタムを行う予定 | その後はボディコーティングにストライプを貼ろうと考え中 さて、現在ミニJCWのカスタム第二期を計画していますが、その内容が確定し、あとはパーツ ...

ミニJCW

ミニJCW(F56/ LCI2)カスタム第二期の計画が固まる!「タイヤ / ホイール交換」「フロア補強」「低ダストブレーキパッドへの交換」を実施予定

| やはりクルマを改造するのはなかなかに楽しい | とくにミニはいじり甲斐がある さて、まずは「ウエストラインフィニッシャー」など軽微な外観の変更を行ったミニJCWですが、その「カスタム第二期」の内容 ...

ポルシェ・マカン

ポルシェ・マカンSの車検終了!見積もりの「85万円」に驚いたものの結果的には20万6639円に圧縮、消耗品は「消耗しきってから」交換するという判断に

| とにかく最初の見積もりの「85万円」には驚かされたが、その多くは「提案」「推奨」であり緊急ではなかった | ひとまずはこの状態でまだまだ乗れそう さて、ポルシェ・マカンSの車検がひとまず終了。結果 ...

【動画】市販車にF1用のタイヤを装着してみた!グリップが向上し速く走れるはずが「氷の上を走っているみたいで、全然速くならない」

【動画】市販車にF1用のタイヤを装着してみた!グリップが向上し速く走れるはずが「氷の上を走っているみたいで、全然速くならない」

2022/4/11    , , , ,

| てっきりボクもF1用のタイヤを装着するとグリップが向上し速く走れるものと考えていたが | 公道走行レベルではどうやってもF1用タイヤの「最適温度」とはならないようだ さて、「市販車にF1用のタイヤ ...

ポルシェ・マカン

ポルシェ・マカンSの車検費用を85万円から20万円まで圧縮!ひとまず緊急でないところは交換先送り、あとは社外品で対応してみる

| とにかく先日のポルシェ・マカンSに関する車検見積もりは驚愕だった | それでも、今回は問題を先送りしたに過ぎない さて、先日ポルシェ・マカンSの車検見積もりを取った際、あまりの高額ぶりに驚いたわけ ...

ブガッティ・ヴェイロンのホイールが競売に!即決価格300万円超なるも新品価格の1100万円よりはまだ安そうだ・・・

ブガッティ・ヴェイロンのホイールが競売に!即決価格300万円超なるも新品価格の1100万円よりはまだ安そうだ・・・

| ランボルギーニやポルシェにも装着できるらしいが、さらにタイヤを購入してまで装着する意味はあまりなさそう | ブガッティの維持費はやはりハンパないようだ さて、ブガッティ・ヴェイロンのホイールがeb ...

新車のテスラ・モデルX納車直前に「前後タイヤの銘柄がバラバラ」なことが発覚!オーナーは断固納車を拒否し、ネットでは「支持派」と「それはゆきすぎ派」とに意見が分かれる

新車のテスラ・モデルX納車直前に「前後タイヤの銘柄がバラバラ」なことが発覚!オーナーは断固納車を拒否し、ネットでは「支持派」と「それはゆきすぎ派」とに意見が分かれる

| テスラはその場で後日のタイヤ交換を提案。ボクだったら、あとで新品のタイヤが手に入ってラッキーくらいに思うかも | テスラの品質はなにかと問題になることが多いようだが さて、何かとその品質について議 ...

ポルシェ・マカンSの車検が近づく!何もなければ20万円以下、今回はおそらく「かかっても」25万円くらいだと予測。ポルシェの車検はこんな感じで行われる

ポルシェ・マカンSの車検が近づく!何もなければ20万円以下、今回はおそらく「かかっても」25万円くらいだと予測。ポルシェの車検はこんな感じで行われる

| ボクは車検までクルマを乗ることは珍しく、すっかっりマカンSの車検のことを忘れていた | 車検後も、おそらくは消耗品の交換が次っ次必要になるものと思われる さて、早いものでポルシェ・マカンSがそろそ ...

ブガッティ・シロン

シロン・ピュールスポールの専用タイヤに「クラックの可能性」としてリコール!ただし現在は改良されたタイヤがないため、ブガッティは「改良タイヤができるまで」無償でこまめにタイヤを換え続けるもよう

| さすがはブガッティ、そしてオーナーとしてはタイヤ代が浮くのでありがたい | 改良版タイヤの開発には、テストを含めると数年はかかりそうだ さて、ブガッティが北米にてシロンのスパルタンモデル、「ピュー ...

同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

【動画】同じテスラ・モデルYを2台用意し、「19インチホイール」「20インチホイール」を装着して同じルートを走ってみた!なんと7%も走行距離に差が出るという結果に

| たった1インチの違いでもけっこうな電費の差があるようだ | トータルでの航続距離にあてはめると、満充電状態からの航続距離で36キロもの差が出るようだ さて、テスラオーナーにしてユーチューバー、「テ ...

同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う

【動画】同じミシュラン・パイロットスポーツ4Sでも「一般向けタイヤ」と「BMW認証タイヤ」はこう違う!ハンドリング、サーキットでのラップタイムにも差があった

| やっぱり「専用」と銘打たれているからには、専用タイヤを装着すべき | 加えてタイヤは常に進化し、そして製造されたタイヤは劣化してゆく さて、スーパーカーはじめハイパフォーマンスカーでよく聞くのが「 ...

マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開

EVのカスタムはどうやっても「性能ダウン」になりそうだ・・・。マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタムを公開

| EV時代に突入すると、チューナーの仕事は一気に減ってしまいそうだ | ガソリン車時代の「定番チューン」はどれも航続可能距離を悪化させてしまうものばかり さて、マンソリーがポルシェ・タイカンのカスタ ...

ブルーのポルシェ・マカンS(天保山・ナナガンにて)

ポルシェ・マカンS洗車!クルマは走行距離15,000kmを越えたあたりから急速にタイヤ/ブレーキの摩耗が進み、見た目にくたびれた印象となるようだ

| このままのペースだと、あっという間に「過走行」になってしまいそうだ | さて、ポルシェ・マカンSを洗車。現在の走行距離は約15000kmですが、今までの経験上、どんなクルマでも15000kmを超え ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5