ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

マクラーレン

ワンオーナー、走行150kmのメルセデス・ベンツSLRマクラーレン スターリング・モスが競売に!工場で完成した瞬間から「未来のクラシックカー」となる運命を持つ車

ワンオーナー、走行150kmのメルセデス・ベンツSLRマクラーレン スターリング・モスが競売に!工場で完成した瞬間から「未来のクラシックカー」となる運命を持っていた

| メルセデス・ベンツSLRマクラーレン スターリング・モスは世界限定75台、売り物が出てくることはほとんどない | 当時、購入資格はメルセデス・ベンツによって厳しく制限され、コレクターのみに販売され ...

マクラーレン・アルトゥーラ

マクラーレンは4月に「750S」をクーペ、スパイダーともにデビューさせるようだ!製造期間はおよそ2年、ただし2024年後半までの生産枠は埋まっているもよう

| マクラーレンはこの750Sの後継モデルを計画しているかどうかはわからない | おそらくはSUV優先、当面は新型スーパースポーツの期待は難しいかも さて、ちょっと前にはマクラーレン720Sがフェイス ...

生産わずか20台、そして7台のみの「パパイヤオレンジ」!マクラーレン・セナLMが予想落札価格2億3000万円で競売に出品予定

生産わずか20台、そして7台のみの「パパイヤオレンジ」!マクラーレン・セナLMが予想落札価格2億3000万円で競売に出品予定

| ル・マン24時間レース優勝25周年記念車として少量のみが生産、ほとんど売り物は出て来ない | 走行距離はわずか43km、マクラーレンのカンパニーカラーにペイントされコレクション価値は非常に高い 2 ...

元マクラーレンCEOが英国BACの会長に就任!BACは事業拡大を計画しており、元マクラーレンCEOの経験と知識を得ることでさらに展開を加速

元マクラーレンCEOが英国BACの会長に就任!BACは事業拡大を計画しており、元マクラーレンCEOの経験と知識を得ることでさらに展開を加速

| どうやら元マクラーレンCEOは本気でスポーツカーが好きなだけの人だったようだ | BACは世界で最もハンドリングが優れる自動車を作るメーカーの一つでもある さて、元マクラーレンCEO、マイク・フル ...

フェラーリ

衝撃の研究結果が公開!「自分の男性器が平均値よりも小さいと認識している男性はスーパーカーを選ぶ傾向がある。自身の性的魅力をそれで補うのだ」

| 今回の研究には、不確定要素、そして加味していない要素が多すぎる | さすがにスーパーカーオーナーとしてはこの研究結果にモノ申す さて、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが行った、ちょっと奇妙な研究 ...

ポルシェ

ポルシェが「リトラクタブルボディ」特許を出願し、全長を可変させ高速走行時にロングテール化できる技術を導入か。なぜ多くのメーカーがロングテールを取り入れるのか

| 法規的な問題はあるかと思うが、EV時代の新たなソリューションとしては大いに期待できる | 現代では各自動車メーカーとも、様々な理由にて「ロングテール」を取り入れている さて、たゆまぬ進化を自社の製 ...

フェラーリ

フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、ポルシェのようなスーパーカー/スポーツカーメーカーではどういった求人があるのか?やっぱり語学スキルは必須、けっこうハードルは高い

| スポーツカーメーカー、スーパーカーメーカーで働こうと思うならば、日本語の他に二か国語は話せないと難しそうだ | ただしインターンであればもうちょっとハードルは低い さて、ときどきぼくが検索するのが ...

マクラーレン720Sが登場5年目にしてフェイスリフトを行うようだ!出力は750馬力へ、格納式メーター廃止、フロント / リアのデザイン変更へ

マクラーレン720Sが登場5年目にしてフェイスリフトを行うようだ!出力は750馬力へ、格納式メーター廃止、フロント / リアのデザイン変更へ

| 登場は今年後半、発売後はわずか2年の短い命だと報じられる | 願わくは「ゼロヨン最速王」としての地位を取り戻してほしいものだが さて、ここ最近あまりニューモデルのウワサのないマクラーレン。CEOが ...

レゴがフェラーリ812コンペティツォーネ、パガーニ・ユートピア、ポルシェ963、マクラーレン F1LM/ソラスGT、さらにバットサイクルを発売!けっこう雰囲気が出ていて欲しくなる

レゴがフェラーリ812コンペティツォーネ、パガーニ・ユートピア、ポルシェ963、マクラーレン F1LM/ソラスGT、さらにバットサイクルを発売!けっこう雰囲気が出ていて欲しくなる

| 比較的簡素なセットなるも、いずれのクルマもしっかり「外せないポイント」を押さえている | きっとレゴの開発部隊は真正カーガイばかりなのだろう さて、積極展開を続けるレゴですが、3月に4つのセットを ...

世界に一台!マクラーレンが試作車をカスタムし「セナの初優勝記念仕様」へとコンバートしたセナXPスペシャル・エディションが競売に

世界に一台!マクラーレンが試作車をカスタムし「セナの初優勝記念仕様」へとコンバートしたセナXPスペシャル・エディションが競売に

| マクラーレン・セナはもともと非常に希少なクルマではあるが、このセナXPスペシャル・エディションはさらに特別 | この仕様を持つセナは世界に一台しか存在しない さて、マクラーレン・セナはそれだけでも ...

ワンオーナー、走行わずか112kmのマクラーレン・スピードテールが競売に!スペシャルカラー採用、限定台数106台のうちの30番目

ワンオーナー、走行わずか112kmのマクラーレン・スピードテールが競売に!スペシャルカラー採用、限定台数106台のうちの30番目

| スピードテールはマクラーレンのハイパーカーの中でもひときわ高い人気を誇る | 販売台数も少なく、なかなか売り物が出てこない さて、マクラーレンはそのハイパーカーラインナップとして「アルティメットシ ...

マクラーレン

マクラーレンの偉い人が今後の展開を語る!アルトゥーラのバリエーション、電動化、デザイン、ガソリンエンジンの将来、そしてSUVの投入について

| マクラーレンはこれから大きな変革を迎えると思われるが、新CEOの実績を見る限り、その未来は明るそうだ | ただしこれからニューモデルを開発し投入するまでの「空白期間」を乗り切ることができるかはわか ...

わずか1台のみ存在する「ダッジ・バイパーASC・マクラーレン・ダイヤモンドバック」!世にも珍しいマクラーレンによってチューンされたバイパーが2210万円で落札

わずか1台のみ存在する「ダッジ・バイパーASC・マクラーレン・ダイヤモンドバック」!世にも珍しいマクラーレンによってチューンされたバイパーが2210万円で落札

| マクラーレンは現在の体制になるまでに色々なチューンドカーを製作していた | ダッジ・バイパー、フォード・マスタングなどアメ車のチューンを手掛けたことも さて、マクラーレンが現在の市販車部門「マクラ ...

次世代マクラーレンはこんなクルマに?独立系デザイナーが「マクラーレン」コンセプト」公開。やっぱりマクラーレンはそろそろデザイン言語を入れ替えねば

次世代マクラーレンはこんなクルマに?独立系デザイナーが「マクラーレン」コンセプト」公開。やっぱりマクラーレンはそろそろデザイン言語を入れ替えねば

| マクラーレンはデザイン言語が大きく変わらず、しかもモデル間の類似性もずっと指摘されてきた | CEOが交代した今、そのデザインもやはり大きく変わる時期に来ている さて、カーデザイナーのヒューゴ・フ ...

まさかのランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターにシアンFKP37が並んで販売中!やっぱりドバイは恐ろしいところだな・・・【動画】

まさかのランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターにシアンFKP37が並んで販売中!やっぱりドバイは恐ろしいところだな・・・【動画】

| ますますこれはドバイに行かなくてはならなくなってきたな | ここまでレアカーが揃うのはドバイならではと言えるだろう さて、様々なユーチューバーがドバイのスーパーカー / ハイパーカーディーラーを紹 ...

マクラーレンがBowers & Wilkinsとのコラボヘッドフォンを発売!価格は日本円で約12万円、マクラーレンの車内オーディオを7年間手掛けてきた実績が生かされる

マクラーレンがBowers & Wilkinsとのコラボヘッドフォンを発売!価格は日本円で約12万円、マクラーレンの車内オーディオを7年間手掛けてきた実績が生かされる

| マクラーレンは比較的コラボレーションに熱心であり、いずれもストイックな製品が多い | ランボルギーニがストリート系ブランドとコラボするのとは対照的 さて、マクラーレンがバウワース・アンド・ウィルキ ...

マクラーレン

マクラーレンは現在社内でSUV開発を高レベルで協議中?「重要なのはより多くの人が乗れること」「問題は、マクラーレンのDNAを反映できるかどうか」

| スポーツカーメーカーがSUVを開発することは、これまでの例から見ても容易ではない | マクラーレンにはそのための時間や経験が乏しく、やはりここは「提携」しかないだろう さて、先般よりSUV投入のウ ...

マクラーレンがロッキード・マーティンの先鋭部隊「スカンクワークス」との提携を発表!その設計手法を取り入れ、将来のマクラーレンは戦闘機のようなデザインに?

マクラーレンがロッキード・マーティンの先鋭部隊「スカンクワークス」との提携を発表!その設計手法を取り入れ、将来のマクラーレンは戦闘機のようなデザインに?

| マクラーレンはそろそろ市販車部門においては「モータースポーツ」とは別の道を模索してもいいんじゃないかと思う | 今後の展開を考えると、今のうちにブランドシフトを行い、ライバルとの差別化を図る時期か ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5