ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

生産

テスラ

イーロン・マスクCEO「価格戦略がモノを言う」。実際に値下げ後の受注が世界規模で増加し、生産能力を超える受注残が数値とともに示される

2023/2/8    , , ,

| テスラの「値下げ」は多くのライバルにとって予想外であり、予期せぬ影響を与えることに | そしてイーロン・マスクCEOは「その先」まで読んでいるようだ さて、いつもテスラに関する統計(推測値ではある ...

日産(NISSAN)

日産が2022年の販売を大きく落とす!生産は-9.4%、販売は-20.7%、日本での販売比率は14%のみ、最大はやはり中国の32%だが中国での存在感も失う

2023/2/1    , , , ,

| これだけ中国への依存度が大きくなれば、今後中国で「売れなくなったとき」のダメージが大きい | 現在、中国市場では「中国車の販売比率」が高まっている さて、日産自動車が2022年12月、加えて202 ...

テスラ

イーロン・マスクCEOが「サイバートラックは夏に生産開始」とテスラの決算報告会にて正式にコメント!ついに「もっとも儲かるテスラ」が納車されることに

| ただし増産が行われるのは2024年以降、2023年の生産は限定的 | サイバートラックは様々な状況をひっくり返す「ゲームチェンジャー」となりうる さて、先日はテスラの2022年第4四半期および通年 ...

テスラ

テスラが「2022年第4四半期は過去最高の納車台数になった」と発表!売り上げと利益も予想を上回り株価は4.3%急騰するも先行きの不安感は拭えない?

| ここ最近、イーロン・マスクCEOは「比較的おとなしく」しており、株価を気にしているものと思われる | テスラの需要予測はあまりに強気だとする見方も さて、テスラが2022年第4四半期(2022/1 ...

テスラ

テスラがアメリカでも「値下げ後に爆売れ」!多くのテスラの店舗が過去最高の受注を記録との報道、他社は悲鳴か

2023/1/20    , , ,

| 他社も値下げを行いたいところだろうが、テスラを超える値下げを行うことは難しく、いたずらに値下げをすると利益を失うだけになるのかも | テスラはもともと「アメリカで最も安価なEVを製造する」というヴ ...

中国

中国がドイツを抜き「自動車輸出国No.2」に!前年比+54%、世界のEV生産のうち1/3は中国にて行われているという事実を背景に、No.1の日本を抜くのは時間の問題か

2023/1/17    , , , , , ,

| 一昨年は韓国を抜き、昨年はドイツを抜き、今年は日本を抜くかもしれない | 世界のEVの多くは「中国製」で占められ、タイで販売されるEVの80%は中国製 さて、中国が自動車販売にて世界一の座を獲得し ...

トヨタ・プリウス

トヨタが「2023年の世界生産を1060万台に設定する」と発表!2020年よりは状況が改善するも、状況によっては10%程度の下振れも予測

2023/1/16    , ,

| 1060万台というのはコロナウイルスのパンデミック前、2018年と同様の水準 | まだまだトヨタが全ての需要をまかないきれるほど生産を回復させるのは「数年先」となりそうだ さて、先日「2022年の ...

ブガッティは2022年に創業以来最多の「80台」を生産!2022年を振り返り、2023年の展望を述べる。なお2023年後半にはシロン後継モデルが発表されるかも

ブガッティは2022年に創業以来最多の「80台」を生産!2022年を振り返り、2023年の展望を述べる。なお2023年後半にはシロン後継モデルが発表されるかも

| ブガッティはその生産能力、そしてパーソナリゼーションの限界を常に押し広げている | W16ミストラル、ボリードのコンフィギュレーションは近日中に開始予定 さて、ブガッティが「設立以来、(2022年 ...

テスラ

テスラは2022年に「50%増し」の生産を達成できる?全世界だと困難、しかしアメリカ市場では達成可能との報道

| 販売増加とともに成長ペースはスローダウンするのが定石だが | それでもテスラは目標達成のために最善を尽くす さて、テスラは、前年比50%のデリバリーを達成するという目標に向けて動いていますが、その ...

テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のロボットが66基到着!さらにはテスラ各工場で生産能力が大幅に向上し、受注残がどんどん減少

テスラのテキサス工場にサイバートラック製造用のロボットが66基到着!さらにはテスラ各工場で生産能力が大幅に向上し、受注残がどんどん減少

| 受注残の現象が吉報なのかそうでないのかは年明けの年間生産台数の報告を待つしかない | おそらくテスラは「予想を超える」生産台数を記録しているものと思われる さて、テスラがテキサス州に持つギガファク ...

新型スズキ・ジムニー5ドアの「偽装なし」状態がはじめて目撃!CM撮影中のところインスタグラマーが偶然通りがかる。発表は2023年1月、日本への輸入も期待

新型スズキ・ジムニー5ドア(ロング)の「偽装なし」状態がはじめて目撃!CM撮影中のところインスタグラマーが偶然通りがかる。発表は2023年1月、日本への輸入も期待

| ジムニー5ドアはインド生産だが、スズキはかつてインド生産の「バレーノ」を日本に輸入し販売したことも | ウワサでは2列シートに加え3列シート設定の可能性も さて、長い間ウワサされ、待望されていたス ...

テスラ

テスラは注目度が高いにも関わらずなぜ社内からのリークが少ないのか?そこには様々な抑制策があった

| テスラの場合、リーク情報は高く売れるだろうが、それでもバレた際には「割に合わない」 | そしておそらく、テスラの従業員は会社に対する忠誠心がほかの自動車メーカーよりも高そうだ さて、テスラは相変わ ...

テスラ

テスラの受注残が劇的に減少し20万台を割り、同時に納車期間も大幅短縮。売れていないのか生産能力が向上したのか判断が分かれるところだが、おそらく「両方」だろう

| テスラの生産効力がアップしたのは間違いのない事実であり、あとは正式な納車台数の発表を待ちたいところだ | さらにテスラはメキシコ、カナダに工場を建設するという報道も さて、テスラの受注残が減り、納 ...

さようならホンダNSX・・・。NSX Type S最後の1台が完成、一つの歴史が終わる。二代目NSXは「アドバンスド・スポーツカーコンセプト」として発表されたときから茨の道だった

さようならホンダNSX・・・。NSX Type S最後の1台が完成、一つの歴史が終わる。二代目NSXは「アドバンスド・スポーツカーコンセプト」として発表されたときから茨の道だった

| 発売直後こそ好調ではあったものの、その後は需要が減少し、ホンダとしては「販売終了」という苦渋の決断に | 二代目ホンダNSXはけして悪い車ではなかったが、時代とはマッチしていなかったのかもしれない ...

テスラ

テスラが中国で生産した「余剰」をアメリカに輸出するとの報道。ただしイーロン・マスクCEOは秒でこれを否定する

| それではいったい中国で生産し、「在庫」となっている車両をテスラはどうするのか? | 相変わらずテスラの行動は謎が多いが、もちろん行動には理由があるはず さて、現在テスラにとって最大の生産工場「ギガ ...

テスラ

テスラが中国の4倍以上となっている米国の納車期間を短縮するために中国から技術者200人をカリフォルニア工場へと送り込むようだ!まさに技術の「逆輸入」

| ただし中国の上海工場では使用している生産設備も新しく、カリフォルニアの工場で使用しているものは古いとされている | これで実際にカリフォルニア工場の生産効率が飛躍的に改善されるとちょっとびっくり ...

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと | ただしまだサイバートラックの最終スペックについては公開されていない さて、テスラ・サイバートラックが2023年末から生 ...

ブガッティが「400台目のシロン」を生産したと発表!シロンは100台の製造を残すのみ、あとはW16ミストラル、ボリードの製造完了をもってW16は消滅

ブガッティが「400台目のシロン」を生産したと発表!シロンは100台の製造を残すのみ、あとはW16ミストラル、ボリードの製造完了をもってW16は消滅

| 400台目のシロンはあまりに美しいグリーンのクリアカーボンボディを持っていた | 組み合わせられる内装も外装同様に「グリーンとブラック」 さて、ブガッティが「500台の限定生産のうち、400台目の ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5