>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ドバイからスーパーカーオーナー向けの「高級カスタムキー」登場!その価格はアヴェンタドールSVJも購入できる6200万円

ランボルギーニ、ブガッティ、ベントレー、ポルシェ、マセラティ等に対応 ドバイ拠点の「AWAIN」がラグジュアリーカー/スーパーカー向けの超高級キーを発表。ラインナップとしては「ファントム」「クァンタム ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ランボルギーニ、アストンマーティンがフェラーリを抜く!2019年3月の輸入車販売はけっこう激動

ロールスロイスは18台も登録。やはりカリナン効果? さて、2019年3月の輸入車登録実績が公開に。3月はけっこう様々な動きがあり、上位だとアウディがボルボを抜き返して5位に浮上。ただし前年比64.6% ...

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・セナGTRの最終スペック、実車が公開。グッドウッドにてセナ、F1とともに走行する

マクラーレン・セナGTRの出力は25馬力UPの825馬力、重量は10キロダウンの1988キロ 予告されたとおり、マクラーレン・セナのサーキット走行専用モデル「セナGTR」がグッドウッド・メンバーズ・ミ ...

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) ■ニュース

【動画】アポロIE、マクラーレンF1、MC12、911GT1、CLK-GTRほか超レアカーが集結!総額数十億円のスーパーカーがサーキットを走る

ここまで豪華な顔ぶれが揃ったのは見たことがない バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された、「スーパーカークラブ・アラビア」のイベントを収めた動画が公開に。さすがアラブ中のスーパーカーオー ...

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】フェラーリがF8トリブート最新動画を公開。今までドリフトを押し出さなかったフェラーリが「ドリフト全開」のワケを考える

フェラーリだけではなく、マクラーレン、ランボルギーニも今や「ドリフト推し」だ フェラーリが最新モデル「F8トリブート」のプロモーション動画を追加で公開。これまでにもパフォーマンス、エアロダイナミクス等 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

マクラーレンが新型車「グランドツアラー」のティーザー第二弾を公開。「ミドシップスポーツでこれ以上に使い勝手の良いクルマは存在しない」

デザインは他モデルの「アグレッシブ」に比較して「エレガント」 マクラーレンが先日突如としてその発売をアナウンスした新シリーズ「グランドツアラー(Ground Tourer)」。今回マクラーレンが改めて ...

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

世界限定40台、マクラーレンP1 GTRが中古市場に。所有者は「最もポルシェを知る男」、ボディカラーは専用に調合されたグリーン。付属品には「あんなもの」も

2019/3/30    , , , ,

| オーナーは「カネパ・レーシング」代表、ブルース・カネパ氏 | アメリカに納車された「最初の」マクラーレンP1 GTRが中古市場に登場。走行距離はわずか193キロで、ボディカラーは「カネパ・グリーン ...

>ポルシェ911関連 >マクラーレン(McLaren)

ポルシェ911にF1マシンのエンジンをスワップする「ポルシェ・タグ・ターボ」計画の詳細が公表。なんとニキ・ラウダが使用し英国GPで優勝したユニットも使用可能

| マクラーレンがMP4/2に積んでいたエンジンのうち11基を今回のプロジェクトのために供出 | 昨年秋に公開された「ポルシェ911(930)タグ・ターボ」プロジェクト。これは1980年代のF1マシン ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

シンガポール初のハイパーカー「デンドロビウム」。ウイリアムズに開発と製造を委託、さらにマクラーレンF1のデザイナーを迎え1800馬力のピュアEV発売を目指す

| デンドロビウムはシンガポールから英国に開発拠点を移転 | 久々にシンガポール初のハイパーカー、「デンドロビウムD-1」の話題。これは2017年のジュネーブ・モーターショーにて初めて公開され、フルエ ...

>マクラーレン(McLaren) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マクラーレンがレゴにて「実物大セナ」を製作。前後ライトが点灯しドアも開閉可能。「今まででもっとも実車に忠実なレゴだ」

マクラーレンはレゴと協力関係に。これまでにも実物大720Sをリリース マクラーレンはレゴ(LEGO)とパートナー関係にありますが、今回はレゴを使用し「セナ」を実物大にて製作(以前にも720Sを製作して ...

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クルマランキング。GT-Rは3位、BMWが強くベンツは不人気。意外にフェラーリも少なかった

ポルシェ、ランボルギーニは多く、マクラーレンは少なかった 先日、「世界で最も検索されているクルマ」ランキングをお届けしましたが、今回は「インスタグラム上でもっとも投稿の多い」車ランキング。これはVey ...

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生 ...

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】3月のロンドンにはこれだけのスーパーカーが走っている!フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンが大量に走る様子を見てみよう

スーパーカー意外に高級車、カスタムカーも多かった スーパーカー系ユーチューバー、「スーパーカーズ・オン・ザ・ストリート」氏が3月にロンドンで見かけたスーパーカー総集編動画を公開。ロンドンというと、夏に ...

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/後編】やはり720Sの加速は凄まじかった!ライバルとの比較だとどんな感じ?

これほどまでに速い中間加速を持つクルマはほかにない マクラーレン720S試乗を「前編」「中編」にわたってお届けしましたが、今回は最終章となる「後編」。これまではその内外装、まずは慣れるためにゆっくり走 ...

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない。サスペンションはショック少なめ、ダンピングは強め

さて、マクラーレン720試乗「中編」。前回はその内外装を見てきましたが、内外装の印象としては、「歴史がないことを逆手に取って、現代の素材や技術をフルに活用し、マクラーレンが納得できるレベルで新しく設計 ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン570Sスパイダーのカスタムが北米から。ブロンズホイールに車高ダウン、リアウイングの渋い一台

ブロンズホイールは北米で高い人気を誇る ホイールメーカー、ブリクストン(Brixton)によるマクラーレン570Sスパイダーのカスタムが公開に。ブラックのボディカラーにブロンズのホイール(ブリクストン ...

>マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

【動画】ゼロヨン無敵のマクラーレン720Sがついに王座を譲る時が来た!その相手は「フルエレクトリック」に改造されたポルシェ944

マクラーレン720Sにとっては、まるで悪夢のようだ マクラーレン720Sはとにかく「ドラッグレース最強」として知られ、それまでのキングであったテスラ・モデルS P100Dでも全く敵わないほど。フェラー ...

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている

マクラーレン720は「目で見てわかる」機能性に溢れている さて、マクラーレン720Sに試乗。ぼくはマクラーレンのクルマを非常に高く評価していて、それはF1コンストラクターならではの合理的な設計(なにも ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.