■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

英国トヨタが「86は非常に成功したクルマ。次期86はスバルとの共同開発」と発言。世界での”86”検索ボリュームはフェラーリ488を上回る

さらに「86とスープラとは共存できる」とも toyota 86 次期トヨタ86については様々なウワサが登場していますが、今回トヨタの欧州法人にてマーケティングチーフを務めるマット・ハリソン氏が次期86を確約する発言を行っています。これによると「初代(現行)86は非常に成功したスポーツカーだ。スープラが登場しはしたものの、スープラは86のポジションを奪うものではない。両者は完全に共存できる」とのこと。 なお、先日公開された統計によると、ヨタ86の検索ボリュームは日本だと「450」ではあるものの、イタリアでは ...

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェ・カイエン・クーペのコンフィギュレーター公開。オプションを全部つけると「合計2200万円」。オプションだけでケイマンやマカンが一台買えるぞ

相変わらずポルシェのオプションは高いが、これでもピーク時の60%くらいになったと思う ポルシェが発表したばかりのカイエン・クーペにつき、早速コンフィギュレーターをオープン(日本版はまだ利用不可能)。とりあえず北米バージョンを試してみましたが、エントリーグレードの「カイエン・クーペ」で車両本体価格75,300ドル(830万円くらい)、「カイエン・ターボ・クーペ」で130,100ドル(1450万円くらい)という価格設定。なお、ポルシェのクルマは標準装備がかなりプアではあるものの、それは911や718ケイマン/ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニが「まさか」のMT投入を検討。アヴェンタドール、ウラカンに200台限定で投入の可能性が報じられる

実現すれば「異常」なプレミアが付くコレクターズアイテムに ランボルギーニがなんと「マニュアル・トランスミッション」復活を検討中、との報道。現在ランボルギーニは「アヴェンタドール」「ウラカン」「ウルス」と3台のラインナップを持ちますが、いずれもマニュアル・トランスミッションの設定はなく、アヴェンタドールは「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド。ロボットクラッチの一種)」、ウラカンは「LDF(デュアルクラッチ)」、ウルスは「トルコン式AT」。つまりいずれも方式は違えど「ATといえばAT」です。 こ ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

今度は濃い目のパープルにペイントされたランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ!ブロンズホイールがよく似合う

アヴェンタドールSVJはいずれもオーナーの個性がよく出ている ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは現在世界中にて続々納車が進んでいる最中ですが、今回はイタリアにて納車された個体を紹介。アヴェンタドールSVJは900台のみの限定生産となり、「ニュルブルクリンク最速」の称号とともに登場したために世界中へと大きな衝撃を衝撃を与えたモデル。当然ながら光の速さで完売しており、入手はもちろんですが、目にするのも困難というクルマです。 900台限定、5,154万円。ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがついに登場 ...

ReadMore



>中国/香港/台湾の自動車メーカー

一人の男の狂気が産んだアポロIE(インテンサ・エモツィオーネ)。その構造や機能を見てみよう

投稿日:

発表にさきがけオンラインで画像を公開

アポロがその新型車「IE=Intensa Emozione(インテンサ・エモツィオーネ)」をオンラインにて先行公開。
画像を見ただけでもそのパフォーマンスの高さを感じさせるハイパーカーですが、これはアポロ代表のノーマン・チョイ氏によると「現存するハイパーカーにはどれも満足できない。だから自分が満足できるもの、笑顔に慣れるものを作った」とのこと。

現在アポロは香港企業となっていますが、香港はとんでもないお金持ちが多くスーパーカー/ハイパーカー天国でもあり、それだけにこのノーマン氏の発言には重みがあります(おそらくノーマン氏自身でもほぼすべてのハイパーカーを所有しているものと思われる)。








アポロ Intensa Emozione(インテンサ・エモツィオーネ)は、これでも公道走行が可能だ

2018-apollo-intensa-emozione6

なおアポロ・インテンサ・エモツィオーネはこの過激なルックスにもかかわらず公道走行が可能。
エンジンはターボもハイブリッドも持たない「自然吸気」6.3リッターV12/780馬力(このあたり、やはり前出のノーマン氏はよくわかっている)。
レブリミットは9,000回転とされており、これはかなり高回転型エンジンだと言えますね。

↓ドアはガルウイング。これはカウルを外した状態

2018-apollo-intensa-emozione7

アポロは香港企業ではありますが、アポロのデザイン拠点は英国にあり、そして英国はモータースポーツの本場ということもあって、多くのファクトリーの協力を得たであろうことも容易に想像可能。
パフォーマンスとしては0-100キロ加速2.7秒、最高速度は時速333キロ。

2018-apollo-intensa-emozione8

時速400キロを超えようというハイパーカーが見られる中では地味な数値ではあるものの、ノーマン氏は「単純な速さよりは、運転する楽しさを優先したい」としており、ハンドリングには自信がある模様。
一方で「将来的にはいくつかの記録に挑戦するつもりだ」としており、今後さらなるエボリューションモデルの登場、それによるニュルブルクリンクのラップタイムや最高速アタックなどの可能性を匂わせています。

2018-apollo-intensa-emozione2

時速300キロの時点においてダウンフォースは驚愕の1350キロ。
パワーが異なるので直接の比較はできないものの、ロータスのサーキット走行専用モデル「エキシージ・レース380」が時速273キロ時点にて240キロのダウンフォース発生ということを考えると、アポロIEの数字は「途方もないもの」であることがわかります。

↓F1マシンに比較すると、意外とフラップやフィンが少ない

2018-apollo-intensa-emozione9

なお価格は約3億円で、限定10台のみの生産。

2018-apollo-intensa-emozione

何にも似ていない独特のスタイル。
ノーマン氏の職業は不明ですが、お金があればこういったものがつくれる、という羨ましい例ですね。
ドアミラーは意外やコンベンショナルな「ミラー(カメラではない)」を採用しています。

2018-apollo-intensa-emozione4

リヤはさらに過激。
レーシングカーすら超えており、宇宙から来た乗り物のようですね。

2018-apollo-intensa-emozione3

アポロ Intensa Emozione(インテンサ・エモツィオーネ)のインテリアはこうなっている

こちらはインテリア。
シートは固定式で、オーナーそれぞれの体型に合わせて「型取り」されるオーダーメイド。
ペダルとステアリングが動いてドライビングポジションを調整する方式です。
公道走行可能な車両といえど、「前が見えない」のは間違いなさそう(フロントカメラがないと一般道の走行は難しい?)。

2018-apollo-intensa-emozione10

ドライブモードは「ウェット」「スポーツ」「トラック」の3つで、トラクションコントロールは12段階。

2018-apollo-intensa-emozione11

トランスミッションは6速シーケンシャル(ヒューランド製)。
構造上、最初のスタートだけマニュアルでつなぐ必要あり。

2018-apollo-intensa-emozione12

アポロ Intensa Emozione(インテンサ・エモツィオーネ)のシャシーはこうなっている

エキゾーストシステム、サスペンションは芸術品のようなつくり。
このあたりはパガーニを意識したのかもしれません。

2018-apollo-intensa-emozione15

こちらがカーボンシャシー。
シャシーそのものの重量は105キロしかなく、「走行可能な状態」での重量は1250キロ。
この重量はパガーニ・ウアイラと同等ですね。

カーボン製と言えど構造としては非常に珍しく、マクラーレンやランボルギーニ・アヴェンタドール、パガーニなど「カーボン製バスタブシャシー」を持つ車のほとんどは「カーボン製のキャビンに、アルミ製のサブフレームを接続」したもの。
しかしアポロ Intensa Emozione(インテンサ・エモツィオーネ)では、前後サブフレームもカーボン製というか、「フロントとリアのサスペンション取付部まで一体化した」構造で、このあたりも(サスペンションだけではなく)F1を参考にしたのかもしれません。

2018-apollo-intensa-emozione14

サスペンションはF1にインスパイアされたダブルウィッシュボーンでプッシュロッド式(ダンパー/スプリングはビルシュタイン製)、アンチロールバーは調整式。
ブレーキはブレンボ製、とのこと。

2018-apollo-intensa-emozione13

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.