>ミニ(MINI)

ミニ「MKⅠ」誕生から60周年。内外装を特別に誂えた「ミニクーパーS 60イヤーズ・エディション・リミテッド」が500台限定で発売

ダークな色調を採用したシックなエクステリア/インテリアが特徴 ミニが「クーパーS 60イヤーズ・エディション・リミテッド( Cooper S 60 Years Edition limited )」を発表。これは1959年に誕生したオリジナルのBMCミニが60周年を迎えたことに対する記念モデルで、500台の限定販売だとアナウンスされています。現在のところイギリスのみでの販売(29,990ポンド)となるそうで、日本含む他の国でも設定されるかどうかは不明。 なお、「BMC」は「ブリティッシュ・モーター・コーポレ ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

なんとなくドライビンググローブを購入してみようと思う。「ゴルフ用」「バイク用」もけっこういいぞ

ドライブンググローブは昔からあまり進化していない さて、ふとドライビンググローブを購入しようと考えています。ドライビングのためというよりも、季節的な要因もあって「防寒」といった要素が強く、しかし運転中にグローブを装着するならば「より運転に適したものの方がいいだろう」と考えたわけですね。なお、ぼくはいくつかドライビングに使用するグローブを保有していますが、まずはそれらを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿英国の老舗手袋ブランド「デンツ/DENTS」のドライビンググローブを買ってみたレクサスUXの見積 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディTT、A3にリコール。「燃料パイプの接続に不具合があり、最悪の場合は燃料が漏れて発火」

フォルクスワーゲングループにしては珍しい内容でのリコール golf アメリカにて、フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディA3セダン、アウディA3カブリオレ、アウディTTクーペ、アウディTTロードスターが「発火の恐れがある」としてリコールに。現時点では北米のみの対応ということですが、フォルクスワーゲンがアメリカの(国土交通省に相当する)運輸省、NHTSA( National Highway Traffic Safety Administration )に届け出た内容だと「フューエルホースのクイックコネクター ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】有名ユーチューバー、納車されたマクラーレン・セナの詳細を解説。各種イベントにも出没し車両を披露

SHmee150氏はマクラーレン・セナをたいそう気に入った様子 先日マクラーレン本社(マクラーレン・テクノロジーセンター)にて自身のマクラーレン・セナと対面し、実際にドライブしたユーチューバー、Shmee150氏ですが、そのセナはいったんマクラーレン・マンチェスターに移されて仕上げが行われ、「晴れて納車」に。なお、スーパーカーではこういった「まず乗ってみてから納車」というケースがあり、これは主に「ファクトリーコレクション」というオプションを選択した場合が該当します。 【動画】人気ユーチューバー、無事にフォ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

例の「1350万円で販売された」80スープラが今度は5500万円で転売。スープラの価格高騰は天井知らずに?

いくらなんでもランボルギーニ・アヴェンタドールSと同じ価格は高すぎる つい先日、80スープラが1350万円で売却されたという話をお届けしたところですが、今回なんとそのスープラが間をおかず5500万円で売りに出されることに。1350万円でも「異常」な額ではあるものの、この5500万円はまさに「常軌を逸している」ともいえる額だと思います。そして、さらに驚かされるのはトヨタの正規ディーラー(シカゴ・ノースサイド・トヨタ)がこれを行っているということ。 アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向け ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。 こちらもオススメ、関連投稿BMWが1/2シリーズをフェイスリフト。前後ランプの改良がメインで内外装の変更は極小新型BMW ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表 こちらもオススメ、関連投稿日本でもマクラーレン600LTがお披露目。価格は2999万9000円、1年間のみの限定生産”マクラーレンオレンジ”の6 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7 ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について ■ニュース

BMW i8ロードスターを見てきた!ボクが考える「最も乗り降りしにくいクルマ」はこうなっている

投稿日:

| 今見てもやはりi8の”未来”感は損なわれていない |

さて、大阪は舞洲にて開催されたイベント、BMW M Circuit Day。
そこでのサプライズとして用意されていたのが「BMW i8ロードスター」で、イベントの最後にアンヴェールされることに。

本国では2017年末に公開されているものの、日本はそれに遅れること1年で到着、ということになりますね(ハンドル位置の問題で、右ハンドル仕様の生産が遅かったからなのかもしれない)。

i8ロードスターの国内価格は2231万円でクーペの「190万円増し」。
ボディサイズは全長4690ミリ、全幅1940ミリ、全高1290ミリで、フェラーリ488スパイダーとよく似た数字を持っています。

そこにBMWファンの熱い想いを見た!「M Circuit Day」に参加、ドリフトやサーキットタクシーを楽しんできた








i8はBMWにとって微妙な位置付けに?

i8ロードスターは「i8クーペ」のフェイスリフト(マイナーチェンジ)版とともに公開されたモデルで、一応記念モデル的な位置付けだと思われるものの、BMWはi8クーペとともに「あまり盛り上げようとせず」、けっこう謎な存在でもあります。

そこにBMWファンの熱い想いを見た!「M Circuit Day」に参加、ドリフトやサーキットタクシーを楽しんできた

なおi8ロードスターのスペックはフェイスリフト版のi8クーペと同一で、エンジンは1.5リッター3気筒ターボを採用し、出力はフェイスリフト前の228馬力から231馬力へ、モーターは131馬力から143馬力へ。
これによって合計374馬力を発生することになり、i8クーペは0-100キロ加速4.2秒、i8ロードスターのフェイスリフト版は4.4秒という加速性能を持っています。

L1060048

i8は「iブランド」のイメージリーダーとして鳴り物入りでデビューを飾っていますが、量販モデルとなる「i3」の販売が振るわず、BMWとして今後iブランドをどうするのか決めかねているフシも(一応新しいiモデルは出るっぽい)。
そういった事情があるだけにBMWはi8をどう扱うべきか悩んでいる可能性もあり、そこがi8のポジションをさらに微妙なものとしているのかもしれません。

ただ、そういったBMWの曖昧さもi8の魅力を損なう要因とはならず、i8そしてi8ロードスターはいつ見ても美しいクルマであるのは疑いようのない事実ですね。

L1060034

とくに、「i8単体」で見るよりも、ほかのクルマに混じって走行するi8を見たときのインパクトは非常に大きく、明らかに通常のクルマとは異なるオーラを発しているようでもあります。

L1060014

やはりその理由の一つは「ストリームフロー・ライン」を視覚的に表したリアセクションにあると考えていて、特にテールランプがフロートしているかのように見えるデザインは秀逸そのもの。

L1060035

なお、この「3D形状Lシェイプ」は新型Z3、X5、X4にも採用されており、その元祖はi8だと考えて良さそう。

L1060032

ルーフはファブリック製の折りたたみ式(開閉は15秒で完了する)。
ルーフがなくなったにもかかわらず、この「ディヘドラルドア」を継続採用したのは非常に大きな意義があるように思います。

ドアを開け放つと車体の前後をつなぐ部分がかなり「少ない」ことがわかり(それでも一般的なオープンカーに比べるとサイドシル、センタートンネルはかなりゴツい)、ボディ剛性は大丈夫かと思うものの、オープン化に伴う補強に要したのは「60キロ程度(この重量増加の中にはトップの開閉機構も含まれる)。

L1060025

ブレーキキャリパーにはBMWの文字とエレクトリックブルーのライン。
ホイールは新形状となり、フェイスリフト前に比べ軽量化がなされている、とのこと。

L1060021

微妙に「M」に見えるリアセクション。
i8クーペよりもi8ロードスターの方が未来的に見える部分でもあります。

L1060029

こちらはBMW i8がエレクトリックモードにて走行し、無音で登場する動画。



BMW i8のインテリアはこうなっている

こちらはBMW i8の内装。
ボディカラーとマッチするかのような明るいブラウン(オレンジ?)が特徴的ですね。

L1060056

基本的にはフェイスリフト前のi8とデザインは変わらず。
センターコンソールが非常に高く、囲まれ感が強いコクピット形状であることがわかります。

L1060055

メーターフードの形状は独特。
メーターそのものは液晶パネルですね。

L1060053

小さいながらも「リアトランク」を装備(たぶん収納スペースはここしかない)。

L1060045

なお、車体の多くにはカーボンを使用しており、フレームそのものはカーボンファイバー製のモノコック(ドアを開くとカーボン柄が見える)、その他パネルはカーボンコンポジットと樹脂を使用。

あちこちにカーボンが見えるというのもi3やi8の一つの特徴ではあるものの、これはあまり知られていない(BMWもあまり押し出していない)のがちょっと残念ですね。

L1060046

シートバック、バルクヘッド周辺には「モノを置く」スペースはなく、全体的に見てかなり収納スペースが少ないクルマ(スーパーカーというカテゴリであるということを考えたとしても。ちなみにi8クーペにはリアシートが存在する)。

L1060040

サイドシルはこんな感じで「かなり高い」設計です。
i8はぼくが実際に乗り降りした中では「もっともクルマから降りるのが難しい」と考えている一台で、降りる際にはいったんシートからお尻を浮かせてサイドシルに腰掛け、そこから脚を車体の外側に出してから降りる、という方法が良さそう。

なお、i8スパイダーはトップを開け放った状態だと乗降に際して「頭をルーフにぶつける」心配はなく(しかしドアには注意)。クーペよりは多少ではあるものの「乗り降りしやすい」とは思います。

L1060037

こちらが実際にi8スパイダーに乗り降りしてみた動画。

ほかの画像はFacebookのアルバム「BMW i8スパイダー」に保存しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.