■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

英国トヨタが「86は非常に成功したクルマ。次期86はスバルとの共同開発」と発言。世界での”86”検索ボリュームはフェラーリ488を上回る

さらに「86とスープラとは共存できる」とも toyota 86 次期トヨタ86については様々なウワサが登場していますが、今回トヨタの欧州法人にてマーケティングチーフを務めるマット・ハリソン氏が次期86を確約する発言を行っています。これによると「初代(現行)86は非常に成功したスポーツカーだ。スープラが登場しはしたものの、スープラは86のポジションを奪うものではない。両者は完全に共存できる」とのこと。 なお、先日公開された統計によると、ヨタ86の検索ボリュームは日本だと「450」ではあるものの、イタリアでは ...

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェ・カイエン・クーペのコンフィギュレーター公開。オプションを全部つけると「合計2200万円」。オプションだけでケイマンやマカンが一台買えるぞ

相変わらずポルシェのオプションは高いが、これでもピーク時の60%くらいになったと思う ポルシェが発表したばかりのカイエン・クーペにつき、早速コンフィギュレーターをオープン(日本版はまだ利用不可能)。とりあえず北米バージョンを試してみましたが、エントリーグレードの「カイエン・クーペ」で車両本体価格75,300ドル(830万円くらい)、「カイエン・ターボ・クーペ」で130,100ドル(1450万円くらい)という価格設定。なお、ポルシェのクルマは標準装備がかなりプアではあるものの、それは911や718ケイマン/ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニが「まさか」のMT投入を検討。アヴェンタドール、ウラカンに200台限定で投入の可能性が報じられる

実現すれば「異常」なプレミアが付くコレクターズアイテムに ランボルギーニがなんと「マニュアル・トランスミッション」復活を検討中、との報道。現在ランボルギーニは「アヴェンタドール」「ウラカン」「ウルス」と3台のラインナップを持ちますが、いずれもマニュアル・トランスミッションの設定はなく、アヴェンタドールは「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド。ロボットクラッチの一種)」、ウラカンは「LDF(デュアルクラッチ)」、ウルスは「トルコン式AT」。つまりいずれも方式は違えど「ATといえばAT」です。 こ ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

今度は濃い目のパープルにペイントされたランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ!ブロンズホイールがよく似合う

アヴェンタドールSVJはいずれもオーナーの個性がよく出ている ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは現在世界中にて続々納車が進んでいる最中ですが、今回はイタリアにて納車された個体を紹介。アヴェンタドールSVJは900台のみの限定生産となり、「ニュルブルクリンク最速」の称号とともに登場したために世界中へと大きな衝撃を衝撃を与えたモデル。当然ながら光の速さで完売しており、入手はもちろんですが、目にするのも困難というクルマです。 900台限定、5,154万円。ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがついに登場 ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について ■ニュース

BMW i8ロードスターを見てきた!ボクが考える「最も乗り降りしにくいクルマ」はこうなっている

投稿日:

| 今見てもやはりi8の”未来”感は損なわれていない |

さて、大阪は舞洲にて開催されたイベント、BMW M Circuit Day。
そこでのサプライズとして用意されていたのが「BMW i8ロードスター」で、イベントの最後にアンヴェールされることに。

本国では2017年末に公開されているものの、日本はそれに遅れること1年で到着、ということになりますね(ハンドル位置の問題で、右ハンドル仕様の生産が遅かったからなのかもしれない)。

i8ロードスターの国内価格は2231万円でクーペの「190万円増し」。
ボディサイズは全長4690ミリ、全幅1940ミリ、全高1290ミリで、フェラーリ488スパイダーとよく似た数字を持っています。

そこにBMWファンの熱い想いを見た!「M Circuit Day」に参加、ドリフトやサーキットタクシーを楽しんできた








i8はBMWにとって微妙な位置付けに?

i8ロードスターは「i8クーペ」のフェイスリフト(マイナーチェンジ)版とともに公開されたモデルで、一応記念モデル的な位置付けだと思われるものの、BMWはi8クーペとともに「あまり盛り上げようとせず」、けっこう謎な存在でもあります。

そこにBMWファンの熱い想いを見た!「M Circuit Day」に参加、ドリフトやサーキットタクシーを楽しんできた

なおi8ロードスターのスペックはフェイスリフト版のi8クーペと同一で、エンジンは1.5リッター3気筒ターボを採用し、出力はフェイスリフト前の228馬力から231馬力へ、モーターは131馬力から143馬力へ。
これによって合計374馬力を発生することになり、i8クーペは0-100キロ加速4.2秒、i8ロードスターのフェイスリフト版は4.4秒という加速性能を持っています。

L1060048

i8は「iブランド」のイメージリーダーとして鳴り物入りでデビューを飾っていますが、量販モデルとなる「i3」の販売が振るわず、BMWとして今後iブランドをどうするのか決めかねているフシも(一応新しいiモデルは出るっぽい)。
そういった事情があるだけにBMWはi8をどう扱うべきか悩んでいる可能性もあり、そこがi8のポジションをさらに微妙なものとしているのかもしれません。

ただ、そういったBMWの曖昧さもi8の魅力を損なう要因とはならず、i8そしてi8ロードスターはいつ見ても美しいクルマであるのは疑いようのない事実ですね。

L1060034

とくに、「i8単体」で見るよりも、ほかのクルマに混じって走行するi8を見たときのインパクトは非常に大きく、明らかに通常のクルマとは異なるオーラを発しているようでもあります。

L1060014

やはりその理由の一つは「ストリームフロー・ライン」を視覚的に表したリアセクションにあると考えていて、特にテールランプがフロートしているかのように見えるデザインは秀逸そのもの。

L1060035

なお、この「3D形状Lシェイプ」は新型Z3、X5、X4にも採用されており、その元祖はi8だと考えて良さそう。

L1060032

ルーフはファブリック製の折りたたみ式(開閉は15秒で完了する)。
ルーフがなくなったにもかかわらず、この「ディヘドラルドア」を継続採用したのは非常に大きな意義があるように思います。

ドアを開け放つと車体の前後をつなぐ部分がかなり「少ない」ことがわかり(それでも一般的なオープンカーに比べるとサイドシル、センタートンネルはかなりゴツい)、ボディ剛性は大丈夫かと思うものの、オープン化に伴う補強に要したのは「60キロ程度(この重量増加の中にはトップの開閉機構も含まれる)。

L1060025

ブレーキキャリパーにはBMWの文字とエレクトリックブルーのライン。
ホイールは新形状となり、フェイスリフト前に比べ軽量化がなされている、とのこと。

L1060021

微妙に「M」に見えるリアセクション。
i8クーペよりもi8ロードスターの方が未来的に見える部分でもあります。

L1060029

こちらはBMW i8がエレクトリックモードにて走行し、無音で登場する動画。



BMW i8のインテリアはこうなっている

こちらはBMW i8の内装。
ボディカラーとマッチするかのような明るいブラウン(オレンジ?)が特徴的ですね。

L1060056

基本的にはフェイスリフト前のi8とデザインは変わらず。
センターコンソールが非常に高く、囲まれ感が強いコクピット形状であることがわかります。

L1060055

メーターフードの形状は独特。
メーターそのものは液晶パネルですね。

L1060053

小さいながらも「リアトランク」を装備(たぶん収納スペースはここしかない)。

L1060045

なお、車体の多くにはカーボンを使用しており、フレームそのものはカーボンファイバー製のモノコック(ドアを開くとカーボン柄が見える)、その他パネルはカーボンコンポジットと樹脂を使用。

あちこちにカーボンが見えるというのもi3やi8の一つの特徴ではあるものの、これはあまり知られていない(BMWもあまり押し出していない)のがちょっと残念ですね。

L1060046

シートバック、バルクヘッド周辺には「モノを置く」スペースはなく、全体的に見てかなり収納スペースが少ないクルマ(スーパーカーというカテゴリであるということを考えたとしても。ちなみにi8クーペにはリアシートが存在する)。

L1060040

サイドシルはこんな感じで「かなり高い」設計です。
i8はぼくが実際に乗り降りした中では「もっともクルマから降りるのが難しい」と考えている一台で、降りる際にはいったんシートからお尻を浮かせてサイドシルに腰掛け、そこから脚を車体の外側に出してから降りる、という方法が良さそう。

なお、i8スパイダーはトップを開け放った状態だと乗降に際して「頭をルーフにぶつける」心配はなく(しかしドアには注意)。クーペよりは多少ではあるものの「乗り降りしやすい」とは思います。

L1060037

こちらが実際にi8スパイダーに乗り降りしてみた動画。

ほかの画像はFacebookのアルバム「BMW i8スパイダー」に保存しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.