>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザビーズが2019年に何回かに分けてオークションを開催すると発表したもので、そのタイトルも「ヤングタイマー・ドリームガレージ(youngtimer dream garage)」。 内容としてはメルセデス・ベンツ34台、BMWが27台、ロールスロイスが12台、ベントレーが11台、ポルシェが8台、ジャガーが8台、フ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新しく570Sの限定モデルを発表。輝かしいモータースポーツの歴史を反映し、6台のみが製造

マクラーレン創業者の誕生からレース黎明期、1995年のル・マン制覇まで マクラーレンが570Sと570Sスパイダーをカスタムした新限定モデル「レーシング・スルー・ジ・エイジス(Racing Through the Ages)を発表。これはマクラーレン・ビバリーヒルズがマクラーレンのカスタム部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にオーダーして特別仕様へと仕立てあげたもの。 ボディカラーは3色で、「ムリワイ」「パパイヤスパーク」「サルトグレー」の三色で、いずれもマクラーレンのレーシングヒス ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

1966年に新車で購入して以来、毎日乗られてきたビートルがVWによって無料でレストアされることに

走行したのは57万キロ、51年 1966年に新車で購入されて以来、51年57万キロを走り抜け、いまだに現役を続けるフォルクスワーゲン・ビートルが存在。この持ち主はキャスリーン・ブルックスさんという女性で、がん患者のケアを行う施設に勤務している、とのこと(彼女自身、3度の肺がんを克服している) こちらもオススメ、関連投稿VWも中国専用ブランド「SOL」発表。”太陽”の名の通りクリーンエナジーに特化クルマ好き向けバレンタインチョコ4選。レーシングカー型、工具型など1233馬力のゴルフ続報。ハルデックス4WDに ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】1990年、日本の高速道でフェラーリF40を320km/hで走行させた男がいた!これがその証拠動画だ

まさかの公的出版物(ビデオ)に収録されていた ここ最近、日本において頻繁に「速度違反最高記録」が塗り替えられており、ダッジ・チャレンジャーの時速235キロ、トライアンフ・デイトナ675SEの時速237キロ、そして最近だと日産GT-Rの時速280キロが記憶にあたらしいところ。 そしてこういったニュースが出るたびに語られるのが「昔発売されたビデオの中で、フェラーリで時速300キロ位上出してたヤツがあったよな」という話。 こちらもオススメ、関連投稿フェラーリ5大スペチアーレ、20台以上のハイパーカーを収める個人 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

新型ポルシェ911開発責任者、そしてデザイナーが語る。「911ほど相反する要素が同居するクルマはほかにない」

新型ポルシェ911の開発期間はおおよそ4年 ポルシェのオーナー向けコンテンツ、「クリストフォーラス」にてさっそく新型911の特集が組まれることに。この中ではポルシェのエクステリアデザイナー責任者であるペーター・ヴァルガ氏、そしてインテリアデザイナーのイヴォ・ファン・フルテン氏へのインタビュー、そして911の開発責任者であるアウグスト・アハライトナー氏へのインタビューが紹介されています。 こちらもオススメ、関連投稿新型ポルシェ911カレラ(992)発表!911カレラSの加速性能はランボルギーニやマクラーレン ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ブガッティ・ヴェイロンの燃料タンク交換にかかる費用は480万円。ターボを交換すれば900万円

ハイパーカーは買うのも大変だが、維持するのも大変だ ブガッティ・ヴェイロンのパーツリストの一部と工賃表がネット上にアップされ、そのあまりの高さが話題に。そしてパーツ価格としてもっとも高価なのは燃料タンクで、そしてブガッティはトラブルの事前防止のために「敵的な燃料タンクの交換」を行うよう定めており、「定期メンテナンス」として燃料タンクを交換する必要があるために、いずれのオーナーも「将来的に直面する問題」だと言えそう。 なお、スーパーカーはよく「燃える」という話を聞きますが、この原因の一つは燃料タンク含むフュ ...

ReadMore



■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ「ウルス購入者の1/3はポルシェとベントレーからの乗り換え。2/3のガレージには2~6台のクルマが入っている」

更新日:

| ランボルギーニ・ウルスはポルシェとベントレーの天敵だった |

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア、Automotive News Europeに対して語った内容によると、ランボルギーニはウルスの好調な受注を背景に、2018年には年間5500台の販売を見込む、とのこと。

2017年が3815台であったことを考えると大きな伸びを記録することになりますが、とにもかくにもこれは「ウルスのおかげ」。※それでも2018年はウルスの生産が通年で行われていない
なおウルスは当初、年間3500台程度の生産を見込んでおり、しかしこの受注を維持できれば年間4000ー4500台程度の生産を行うことになる、とも述べています。








加えてウルスの顧客の1/3はポルシェ・カイエンもしくはベントレー・ベンテイガからの乗り換えだとされ、2/3の顧客はガレージに2〜6台のクルマを保管している、とのこと。

ちなみにポルシェとベントレーは現在ランボルギーニともどもフォルクスワーゲングループに所属しており、つまりウルスは同じグループ企業のシェアを食ってしまったということになりますが、「2/3は」新しい顧客を獲得できた計算とも言えますね。

「エスパーダ」の後継GTが計画中

そしてもう一つ興味深い話は「エスパーダ後継」。
ランボルギーニはかつてエスパーダ後継として「エストーケ」を企画したことがあるものの、発売直前までこぎつけたとされながらもリーマンショックによって計画自体がお蔵入りに。

その後のSUVブームに乗って登場したのが「ウルス・コンセプト」で、数年かけてようやく発売したのが「ウルス」。

よって今からエスパーダの後継モデルを企画したとしても、その発売はやはり数年先になりそうですが、ステファノ・ドメニカリCEOによると、エスパーダ後継は「GTカー」として計画されており、余裕のある室内空間と快適な乗り心地、そして非常に洗練されたエアロダイナミクスを持つだろう、とのこと。

なお、このエスパーダ後継についてはPHEVなどエレクトリック化されることになると見られ、場合によっては「ピュアエレクトリック」の可能性も。
残念なことに、ランボルギーニはこの新型GTカーについては発売を急いでいないようで、その発売は「2020年代なかば」になる、ともされています。

この背景には「まずウルスの生産を軌道に乗せる必要がある」ためだと思われ、かつランボルギーニはウルスのPHEVモデルも発売予定。
これについてはV8+エレクトリックモーターが主な選択肢ではあるものの、V6+ハイブリッドもテストされたとステファノ・ドメニカリCEOは語っており、しかし「V6だとランボルギーニの求めるパフォーマンスを達成できない」として却下された模様。

さらにランボルギーニはウラカンのフェイスリフトモデル、アヴェンタドールの後継モデルの準備もあり、それらを優先すると「新型GTについてはどうしても2025年以降」となるのかもしれませんね(これがピュアエレクトリックだとすると、その頃には技術が確立されていると思われ、ちょうどいいのかも)。

ランボルギーニ・エスパーダはこんなクルマ

ランボルギーニ・エスパーダは1968年に発売され、今年でちょうど50年を迎えるクルマ。
ランボルギーニもそれを記念し、自らレストアを行った車両を公開しています。
ちなみに「エスパーダ」はスペイン語で「剣」の意味。

エスパーダは1968-1978年とかなり長く生産されたモデルで(ランボルギーニの歴史を見ても”長寿”モデルに分類される)、トータルで1217台が世に送り出されることに。
エンジンはやはりV12(3.9リッター321馬力)、そしてこれをフロントに積むことで2+2レイアウトを実現。
このエンジンはミウラやカウンタックと同じ形式であり、後期モデルだとエスパーダの0-100キロ加速は6.6秒、最高速度は時速260キロというスペックを誇ります。

ランボルギーニがイスレロ、エスパーダの50周年を記念し、レストアを行い公開へ。その意図を考える

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.