>スウェーデンの自動車メーカー ■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

ロータスのSUV試作車がはじめて目撃。親会社である吉利汽車の車体を流用してテスト中

| 吉利汽車、ボルボと兄弟車となり、中国生産になるのは間違いなさそうだ | ロータスの新型SUVと見られるプロトタイプが走行テストを開始。ちなみに外観はロータスの親会社、吉利汽車傘下のブランド「Lynk&Co.」から発売しているSUV、”01”そのものですが、これがロータスの新型SUVだと言われているのは、目撃された場所がロータス本社所在地、ヘセル付近だから。なお、こちはらぼくが中国で見てきたLynk&Co."02"。 今一番中国でイケてる車、「Lynk&Co 02」がコイツだ!意 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーのメーター画像がリーク!メーター内にあるグラフィックからそのデザインが判明することに

| このデザインで「確定」だと考えて良さそうだ | 新型ランドローバー・ディフェンダーのメーターパネルを捉えた画像が登場。よく撮影できたなという画像ですが、メーターそのものは液晶であること、そしてスピードメーターとタコメーターとの中間には新型ディフェンダーの画像が表示されていることがわかります。そしてこのグラフィックを見るに「レンジローバーそっくり」という印象も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG GT R ブラックシリーズの試作車がニュルを走行中。「フロントエンジン車」最速記録達成なるか

| ニュル上位に入ろうと思うとミドシップもしくはリアエンジン、4WDでないと難しい | 久々にニュルブルクリンクにて目撃されたメルセデスAMG GT Rブラックシリーズのプロトタイプ。メルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が「2019年に入れば、実際にプロトタイプが走行を始める。ひと目見ればそれとわかるはずだ」と予告したとおり、積極的にニュルブルクリンクを走る様子、そして明らかにほかのクルマと異なるとわかる姿が頻繁に目撃されるように。

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RRの任意保険に加入。中断証明を取っていなかったので、また等級はまたゼロ(6等級)からの出直しに

| あの頃、ボクはもうバイクに乗ることはないと考えていた | blog さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRの任意保険に加入。今回はネットにて「三井ダイレクト」へと加入していますが、これを選んだのは「今までにも他のクルマにて三井ダイレクトを利用していて、馴染みがあった/勝手がわかっていたから」。自分の記録が残っている「Myホームページ」を作っているので、新規の別の保険会社(の保険)に加入するよりは手間が少なかった、ということですね。※そう考えると顧客の囲い込みは重要 こちらもオススメ、関連投稿キア ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【動画】なにかと比較されるホンダ・シビック・タイプRとヒュンダイ・ヴェロスターN。各テストの数値で比較してみた

| もちろんホンダ・シビック・タイプRの全面勝利なるも、意外やヒュンダイ・ヴェロスターも肉薄していた | 日本では比較の対象とはならないものの、欧米では何かと比較されるホンダとヒュンダイ。それはハイパフォーマンスモデルにおいても同様で、ホンダ・シビック・タイプR、そしてヒュンダイ・ヴェロスターNは比較的良く比較されているように思います(両方ともMTのみという、現代では珍しい存在でもある)。なお、「N」はヒュンダイのハイパフォーマンス部門が手がけたクルマに与えられる称号で、ポルシェ「GT」、BMW「M」、レ ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

日本に再進出のヒュンダイ。米品質調査ではヒュンダイグループが1-2-3を独占するも、「日本で売るのは難しいだろう」とボクが思うその理由

| たしかに品質は劇的に向上したのかもしれないが | JDパワーが定期的に公開している「自動車メーカーの品質調査」。これによると、信じがたいことに「ジェネシス」「キア」「ヒュンダイ」といった韓国勢が1-2-3フィニッシュを果たすことに。上のグラフは「販売100台あたりの問題発生数」をあらわしたもので、たとえば1位のジェネシスは100台売って63件の問題があり、最下位のジャガーは100台あたり130件(つまり1台に1つ以上問題がある)ということになります。 やはりレクサスは強かった。米品質調査で8年連続トッ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■バイク(自転車/自動二輪)

なぜ?ホンダが北米展開60周年を記念し「シボレー」のトラックをレストアして公開。その真意とは

| ホンダのアメリカ展開はここからはじまった | ホンダが「アメリカ進出60周年」を記念し、シボレーのトラックをレストアして公開。え?ホンダがシボレーを?と思いますが、これはホンダが60年前にアメリカ市場へと進出した際、自社のバイクをディーラーへと配送する際に使用していたトラックを再現したものだそう。このトラックは1961年型の「シボレー・アパッチ10」で、当時ホンダが使用していたものと同形式のもの。 なお、ちょっと不思議に思うのは、映画を見る限りではアメリカ人とインディアンとは(昔)あまり仲が良くなかっ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M部門が独自開発、M専売のスポーツカーを発売するのではという報道。BMWはその可能性を調査中だとコメント

| BMW MはメルセデスAMGの独走を許す気はない | BMW「M」がMブランド専売モデルを発売するのでは、という報道。これは新型BMW X3 M、そしてX4 Mのローンチイベントの際に、M部門のボスであるマークス・フラッシュ氏が語ったもので、「将来的に発売されるいくつかのMモデルは、既存モデルをパフォーマンスアップさせたものではなく、独自の設計を持つ可能性がある」とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI)

ミニが新型「ジョンクーパーワークスGP」のプロトタイプを公開。デザインモチーフは1976年のモンテカルロ・ラリー出場車

| ミニ史上、もっとも過激なモデルに | 先日より目撃されているミニ・ジョンクーパーワークスGP。今回公式にニュルブルクリンク24時間レースにて(カモフラージュ付きの)プロトタイプがお披露目され、画像もオンラインにて公開されることに。なお、ジョンクーパーワークスGPが「コンセプト」として最初に公開されたのは2017年のフランクフルトモーターショー。オーバーフェンダーや大きなルーフウイングを装着しており、「まさかこのまま発売するわけはないよな」と考えていたものの、どうやら過激なオーバーフェンダー付きで発売さ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが来年に「レトロな911」を発売し、その仕様の一部はオプションとして選択できるようになる、と発表

| ポルシェがここまでレトロ戦略に本腰を入れるとは | ポルシェは先日発表した「911スピードスター」に、昔風のルックスを与える「ヘリテージ・デザイン・パッケージ」を設定しています。これを選択するとボディカラーが「シルバーとホワイト」そしてグラフィックは「917ヴァイザッハ」風に、そしてインテリアは「ブラックとコニャック」というシックなカラーに。 ポルシェ911スピードスターのコンフィギュレーター公開。昔のレースカーっぽくなる「ヘリテージパッケージ」は約220万円 これに限らず、ポルシェは「935」をリバ ...

ReadMore



>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アルピーヌA110】ポルシェ718ケイマンのライバルではなくまったくの「別モノ」。実際に運転してわかったその真実

投稿日:2019/01/20 更新日:

むしろアルファロメオ4Cのほうがライバルになりそう

さて、待望のアルピーヌA110に試乗。
すでに本国では発表されて久しいクルマではありますが、日本やイギリスなど「右ハンドル」国での発売は後回しにされていただけに、「ようやくこの時が来たか」という感じですね。

アルピーヌA110はどんなクルマ?

そのルーツをたどると1963-1977にフランスの自動車メーカー「アルピーヌ」が製造していた、同名の「A110」に行き着きます。
これはRRレイアウト、軽量な車体を活かしてラリーシーンを席巻したクルマとして有名ですね。

「アルピーヌ」は1973年にルノー傘下に入っており、よって現在のアルピーヌは「ルノーの持つブランドのうちのひとつ」。

33

そして現代のアルピーヌA110については、レイアウトをRRからMR(ミドシップ)へと変更し、しかし車体重量1110(リネージュは1130キロ)という軽量性を武器にしているのはオリジナルのA110と変わらず。

昔のクルマを復刻すると、当時のファンからいろいろと「物言い」がつくものですが、新型アルピーヌA110については「その軽量性」が物言いに対するエクスキューズとなりそうですね。

アルピーヌA110最大の武器は軽量性

そしてその軽量性を発揮するにあたり、アルピーヌはプラットフォームを新設計していますが、これは96%がアルミで構成された上にボディパネルの殆どまでが「アルミ」。

さらに使用するパーツまで徹底して軽量化にこだわり、サベルト製のモノコックバケットシートは13.1キロ(一脚)、そしてホイールやタイヤ、ブレーキシステムまでも新規に設計を行っています。

こういったパーツはルノーのR.S.モデルから拝借しても良さそうではあるものの、そうせずに独自に新設計を行ったのは「パ軽量化」を何よりも優先したためで、「ルノー・スポールのパーツですら不十分」だと考えたからなのでしょうね。

その結果、アルピーヌA110の車体重量は”PURE”で1100キロ、”LINEAGE”で1130キロという「信じられない軽さ」に到達しています。

L1060947

エンジンはルノー・メガーヌR.S.同様

なお、車体の殆どは新設計といえど、エンジンはさすがにルノーと共有。
1.8リッター4気筒ターボ、出力は252馬力という数字にとどまりますが、0-100キロ加速は4.5秒を誇り、これは300馬力を発生するポルシェ718ケイマンの5.1秒を軽く凌駕する数字です。

なおサスペンションは前後ダブルウィッシュボーン、ブレーキはブレンボ製モノブロック、電制デフ(e-LSD)によるトルクベクタリング機構を持っています。
トランスミッションに「マニュアル」の用意はなく、7速DCT(デュアルクラッチ)のみの設定。

L1060949

グレードは「PURE」「LINEAGE」の2つ

現時点でA110に用意されるグレードは「PURE(ピュア)」、「LINEAGE(リネージ)」の2つ。

ピュアは純粋に走りを楽しむグレードで、 専用装備としては、「サベルト製モノコックバケットシート」「マットカーボン/アルミ/レザーインテリア」「フォーカル製軽量4スピーカー」「レザーステアリング/ブルーステアリングセンタートリム」「”ブルーアルピーヌカラー”ブレーキキャリパー」「フックス製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)」 があり、その価格は790万円。

L1060922

リネージは高級版といった位置づけで(そのためピュアに比較して20キロほど重量が重い)、 専用装備としては「フルカラーTFTメーター」「防塵フィルター付きオートエアコン」「ボディー同色ドアアッパーパネル」「フラットアンダーボディー」「リアディフューザー」「フルLEDヘッドランプ」「リアLEDランプ(シーケンシャルウィンカー)」「トリコロールエンブレム」「スポーツエキゾースト」「ブレンボ製ブレーキキャリパー」「前後パーキングセンサー+リアカメラ」。で、その価格829万円。

アルピーヌA110の外装を見てみよう

新型アルピーヌA110のデザインはどこから見ても「A110」そのもの。
とくにフロントの「丸4灯」ライトはオリジナルのイメージを色濃く残していますね。

クラシックなイメージもあるものの、むしろ先進性の方が強く感じられる印象でもあり、このあたりルノーのデザイナーは「新旧アルピーヌのファンどちらをも納得させられる」質の高い仕事をした、と言えそう。

L1060957

アルピーヌA110のエクステリアについては下記に詳しく紹介しており、こちらを参考にしてもらえればと思います。

アルピーヌA110の内装を見てみよう

室内はシンプル、そしてクリーンかつミニマルという印象。
思ったほど「クラシカル」ではなく、むしろ近代的だと感じます。

L1060970

メインのメーターはデジタルで、ダッシュボード中央にあるのは「ALPINEテレメトリー」。
ここには過給圧や吸気温度、パワーやトルク、クラッチの温度やトランスミッションオイルの温度までも表示可能。
これはタッチスクリーンとなり、そのために物理スイッチが極端に少ない内装となっています。

L1060971

なおスピーカーはFOCAL(フォーカル)製。
軽量化を標榜してはいても、快適性を犠牲にしないのはさすが、といったところですね。
ちなみにスピーカーのコーンに用いられるのは「フランス製の亜麻繊維」。
内外装の随所に見られる「フレンチトリコロール」とともにフランス愛が感じられる部分ですね。

アルピーヌA110のインテリアについてはこちらにその詳細を紹介しています。

アルピーヌA110で走ってみよう

さて、さっそくアルピーヌA110で走ってみることに。
まずはクルマに乗り込みますが、特にサイドシルは高くも太くもなく、このあたり「日常性」に配慮していることがわかります。

そしてドアを閉める時の「音」は見た目の印象、軽量化最優先というコンセプトとは裏腹に「けっこう重厚な」音(内張がビビるようなこともない)。

この時点で、アルピーヌA110は驚異的な軽量化を実現しながらも、犠牲にしたものは何もないということを感じさせてくれます。

L1060969

エンジンを始動させるにはカードキーを助手席ダッシュボードに差し込み、ダッシュボードに設置してあるエンジンスターターボタンを押す、という儀式が必要。

エンジン始動時のサウンド、そして振動は極めて小さく、このあたりも「軽量化最優先」というイメージとは大きくかけ離れている(防音や静粛性も犠牲にはしていない)部分ですね。

L1060975

シフォレバーは存在せず、かわりにセンターコンソールにある「D」ボタンを押すことで走行可能な状態に。
ここからアクセルを踏むと電気式パーキングブレーキが解除され、クルマをスタートさせることができます。

アルピーヌA110の操作感はかなり軽い

そして駐車場からアルピーヌA110を出す際に気づくのは「ハンドルが非常に軽い」ということ。
ステアリングホイールは小径で、かつグリップの太さも「太くも細くもなく」ちょうど良い印象(ステアリングホイール径が小さいと、狭い場所でクルマに乗り込む時に足が当たらず、楽なのでありがたい)。

L1060936

走行を開始し、歩道を超え、車道に出る時の段差越えでは明確に室内に衝撃を伝えてくるので、サスペンションは「相当に硬い」というのも間違いなさそう(うまく表現できないものの、サスペンションがストロークせずに硬いというのとはまた違う印象がある)。

そこからアクセルを踏んで走り出しますが、そこで感じるのもまた「軽さ」。
ステアリングホイール同様にペダルの操作感も軽く、それに呼応するかのように車体の動きもかなり軽い、という印象ですね。

1.8リッターでもパワー、トルクは十分

市場前は気になっていたエンジンパワーとトルクですが(1.8リッターなので)、結論から言うとまったく問題なし。
トランスミッションの制御がかなり優秀であり、必要な状況にて必要なパワーを引き出せるようにプログラムされており、たとえば峠の上りでもクルマが積極的に低いギアを選ぶためにストレスを感じることなく登ることができます。

なお、普通に走っていると低い回転数から(燃費とエミッションの関係で)シフトアップを行い、回転数が低い状態から加速しようとするとさすがにターボラグを感じることがあり、これを回避するにはドライブモードを「スポーツ」に入れるか、もしくは手動でシフトダウンした方が良さそう。

L1060968

ハンドリングはミドシップスポーツでも最高レベルにある

そして特筆すべきはハンドリング。
ステアリングホイールが小径なのは述べた通りですが、ロック・トゥ・ロックがかなり小さい(クイック)と見え、ほとんどのカーブではステアリングホイールを持ちかえることなく曲がれます。

さらに締め上げられた足回りによってほとんどロールを見せず旋回するのも一つの特徴であり、ここはかなり「イージー」なドライブができるところ。
たとえばポルシェはある程度のロール、ピッチを発生させ、ブレーキングによる荷重移動、駆動力によってクルマの鼻先の向きを変えるという操作が必要ですが、アルピーヌA110ではそういったことを気にせずにどんなカーブもクリアしてしまうようで、このあたり「カーゲームでクルマを操作している」かのような奇妙な感覚を覚えます。

簡単にいうと「これほどオンザレール感覚で曲がれる」クルマというのを他に知らず、強いて言えばアルファロメオ4Cくらい。

L1060928

ストッピングパワーも強力だ

そしてブレーキについても強力無比で、しかしこれも「ほとんどピッチングを見せない」、つまり車両がつんのめるようなこともなく安定した効き方を示していて、そして踏み始め、完全停止時にもドライバーが気を使う必要がないというマナーの良さを見せるのが特徴(たとえばアウディのRS系はブレーキが過敏だと感じることがある)。

サスペンションの出来も秀逸

そしてサスペンションもこれまで述べた通り、ロール、ピッチをほとんど見せないセッティングとなりますが、実際に走ってみるとそこまで「硬い」という印象がないのがまた不思議(ちゃんとサスペンションが動いているのは理解できる)。

段差を越える時などは鋭い衝撃を伝えるものの、それ以外の道路の凹凸などはなんなく吸収し、車体がシェイクされることもない、という印象です。

スプリングレートに比較してダンピングレートを低く設定しているようにも思われ、このあたりはポルシェとは真逆のセッティングかもしれません。

L1060946

乗り心地は「快適」と言っていい

そして全体的な乗り心地ですが、車内に入ってくるノイズは極めて小さく、これもやはり「超軽量」というところからは想像できないほどの快適性を持っているようですね。

反面、ミドシップであるにもかかわらず「背面から聞こえるサウンド」がちょっと静かすぎ、ここは逆に物足りないと感じる人がいるかもしれません。

総合的に見てどうなのアルピーヌA110

ざっとした印象だと、「ポルシェ718ケイマンと、アルファロメオ4Cとの中間」という感じ。

L1060926

そしてアルピーヌA110はポルシェ718ケイマンのライバルだとされているものの、実際に718ケイマンに乗る身としては「アルピーヌA110は、ポルシェ718ケイマンとはかなり違う」という印象も。

まずはエンジンの特性ですが、ポルシェは昔から高回転を嫌うので、比較的低い回転から高いトルクを発生。
反面、アルピーヌA110のエンジンは高回転でこそ「その本領を発揮」するというイメージです。

足回りについては、ポルシェの「粘る」「路面に張り付くような」印象に対し、アルピーヌA110は「路面の上を滑る」かのような軽やかな印象(ポルシェの足回りはどっしりとした重厚感すら感じると言っていい)。
ただ、軽やかとはいえどA110のグリップは驚くべきレベルにあり、「ちょっとやそっとではブレークしないだろう」とも感じます。

L1060964

さらに718ケイマンの場合はロールやピッチを積極的に演出するものの、アルピーヌA110は「フラットライド」だというのも両者の大きな差異かもしれません。※そのぶんポルシェ718ケイマンは限界を掴みやすいが、アルピーヌA110はどこが限界なのかわかりにくいかも

そのほか、操作系に対する反応については、アルピーヌA110のほうがずっとシャープ。
おそらくステアリングのロック・トゥ・ロックが小さいことがそう感じさせるのだと思いますが、718ケイマンのステアリンフィールが「マイルド」に感じられるほど(ポルシェのステアリングフィールは、電動パワステ導入以後「それほどシビア」ではなくなった)。

このアルピーヌA110については、とにかくアクセルを踏んでステアリングホイールを切れば簡単に、誰もがどんなコーナーでも曲がれてしまうクルマであり、そのポテンシャルの高さには驚かされるばかりです。

L1060979

気を使うとすればエンジンの回転数で、積極的にパドルによるシフトチェンジを行い、エンジン回転数を高いところに閉じ込めておけば痛快無比な走りが楽しめるのは間違いなし。

上のほうで、アルピーヌA110は「718ケイマンとアルファロメオ4Cとの間」と記載しましたが、どちらかというとA110は4C寄りの性質を持っていて、しかし快適性は718ケイマンよりも「上」というのがぼくの総評。

しかしながらA110にも不満がないわけではなく、前後の狭いトランク、そして不整路で伝わってくるバイブレーション、カーナビの設定がないというのはA110の数少ないネガティブポイント。

L1060955

フロントトランクについては「ダブルウィッシュボーン」サスペンション採用ということが影響していて、リアは空力の関係で開口部を大きく取れないことがその「狭さ」の理由だとされていますね。

さらにフロントフード、リアフードの開閉スイッチが「助手席側」にあり、つまりこれは本国(左ハンドル)仕様から日本仕様に変更されていない、ということに。

それでも今、「ポルシェ718ケイマンとアルピーヌA110のどちらを選ぶか」と言われると、たぶんアルピーヌA110を選ぶだろうな、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.