>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore



>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アルピーヌA110】ポルシェ718ケイマンのライバルではなくまったくの「別モノ」。実際に運転してわかったその真実

投稿日:

むしろアルファロメオ4Cのほうがライバルになりそう

さて、待望のアルピーヌA110に試乗。
すでに本国では発表されて久しいクルマではありますが、日本やイギリスなど「右ハンドル」国での発売は後回しにされていただけに、「ようやくこの時が来たか」という感じですね。

アルピーヌA110はどんなクルマ?

そのルーツをたどると1963-1977にフランスの自動車メーカー「アルピーヌ」が製造していた、同名の「A110」に行き着きます。
これはRRレイアウト、軽量な車体を活かしてラリーシーンを席巻したクルマとして有名ですね。

「アルピーヌ」は1973年にルノー傘下に入っており、よって現在のアルピーヌは「ルノーの持つブランドのうちのひとつ」。

33

そして現代のアルピーヌA110については、レイアウトをRRからMR(ミドシップ)へと変更し、しかし車体重量1110(リネージュは1130キロ)という軽量性を武器にしているのはオリジナルのA110と変わらず。

昔のクルマを復刻すると、当時のファンからいろいろと「物言い」がつくものですが、新型アルピーヌA110については「その軽量性」が物言いに対するエクスキューズとなりそうですね。

アルピーヌA110最大の武器は軽量性

そしてその軽量性を発揮するにあたり、アルピーヌはプラットフォームを新設計していますが、これは96%がアルミで構成された上にボディパネルの殆どまでが「アルミ」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

さらに使用するパーツまで徹底して軽量化にこだわり、サベルト製のモノコックバケットシートは13.1キロ(一脚)、そしてホイールやタイヤ、ブレーキシステムまでも新規に設計を行っています。

こういったパーツはルノーのR.S.モデルから拝借しても良さそうではあるものの、そうせずに独自に新設計を行ったのは「パ軽量化」を何よりも優先したためで、「ルノー・スポールのパーツですら不十分」だと考えたからなのでしょうね。

その結果、アルピーヌA110の車体重量は”PURE”で1100キロ、”LINEAGE”で1130キロという「信じられない軽さ」に到達しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

エンジンはルノー・メガーヌR.S.同様

なお、車体の殆どは新設計といえど、エンジンはさすがにルノーと共有。
1.8リッター4気筒ターボ、出力は252馬力という数字にとどまりますが、0-100キロ加速は4.5秒を誇り、これは300馬力を発生するポルシェ718ケイマンの5.1秒を軽く凌駕する数字です。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおサスペンションは前後ダブルウィッシュボーン、ブレーキはブレンボ製モノブロック、電制デフ(e-LSD)によるトルクベクタリング機構を持っています。
トランスミッションに「マニュアル」の用意はなく、7速DCT(デュアルクラッチ)のみの設定。

グレードは「PURE」「LINEAGE」の2つ

現時点でA110に用意されるグレードは「PURE(ピュア)」、「LINEAGE(リネージ)」の2つ。

ピュアは純粋に走りを楽しむグレードで、 専用装備としては、「サベルト製モノコックバケットシート」「マットカーボン/アルミ/レザーインテリア」「フォーカル製軽量4スピーカー」「レザーステアリング/ブルーステアリングセンタートリム」「”ブルーアルピーヌカラー”ブレーキキャリパー」「フックス製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)」 があり、その価格は790万円。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リネージは高級版といった位置づけで(そのためピュアに比較して20キロほど重量が重い)、 専用装備としては「フルカラーTFTメーター」「防塵フィルター付きオートエアコン」「ボディー同色ドアアッパーパネル」「フラットアンダーボディー」「リアディフューザー」「フルLEDヘッドランプ」「リアLEDランプ(シーケンシャルウィンカー)」「トリコロールエンブレム」「スポーツエキゾースト」「ブレンボ製ブレーキキャリパー」「前後パーキングセンサー+リアカメラ」。で、その価格829万円。

アルピーヌA110の外装を見てみよう

新型アルピーヌA110のデザインはどこから見ても「A110」そのもの。
とくにフロントの「丸4灯」ライトはオリジナルのイメージを色濃く残していますね。

クラシックなイメージもあるものの、むしろ先進性の方が強く感じられる印象でもあり、このあたりルノーのデザイナーは「新旧アルピーヌのファンどちらをも納得させられる」質の高い仕事をした、と言えそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アルピーヌA110のエクステリアについては下記に詳しく紹介しており、こちらを参考にしてもらえればと思います。

アルピーヌA110の内装を見てみよう

室内はシンプル、そしてクリーンかつミニマルという印象。
思ったほど「クラシカル」ではなく、むしろ近代的だと感じます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

メインのメーターはデジタルで、ダッシュボード中央にあるのは「ALPINEテレメトリー」。
ここには過給圧や吸気温度、パワーやトルク、クラッチの温度やトランスミッションオイルの温度までも表示可能。
これはタッチスクリーンとなり、そのために物理スイッチが極端に少ない内装となっています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおスピーカーはFOCAL(フォーカル)製。
軽量化を標榜してはいても、快適性を犠牲にしないのはさすが、といったところですね。
ちなみにスピーカーのコーンに用いられるのは「フランス製の亜麻繊維」。
内外装の随所に見られる「フレンチトリコロール」とともにフランス愛が感じられる部分ですね。

アルピーヌA110のインテリアについてはこちらにその詳細を紹介しています。

アルピーヌA110で走ってみよう

さて、さっそくアルピーヌA110で走ってみることに。
まずはクルマに乗り込みますが、特にサイドシルは高くも太くもなく、このあたり「日常性」に配慮していることがわかります。

そしてドアを閉める時の「音」は見た目の印象、軽量化最優先というコンセプトとは裏腹に「けっこう重厚な」音(内張がビビるようなこともない)。

この時点で、アルピーヌA110は驚異的な軽量化を実現しながらも、犠牲にしたものは何もないということを感じさせてくれます。

写真の説明はありません。

エンジンを始動させるにはカードキーを助手席ダッシュボードに差し込み、ダッシュボードに設置してあるエンジンスターターボタンを押す、という儀式が必要。

エンジン始動時のサウンド、そして振動は極めて小さく、このあたりも「軽量化最優先」というイメージとは大きくかけ離れている(防音や静粛性も犠牲にはしていない)部分ですね。

写真の説明はありません。

シフォレバーは存在せず、かわりにセンターコンソールにある「D」ボタンを押すことで走行可能な状態に。
ここからアクセルを踏むと電気式パーキングブレーキが解除され、クルマをスタートさせることができます。

アルピーヌA110の操作感はかなり軽い

そして駐車場からアルピーヌA110を出す際に気づくのは「ハンドルが非常に軽い」ということ。
ステアリングホイールは小径で、かつグリップの太さも「太くも細くもなく」ちょうど良い印象(ステアリングホイール径が小さいと、狭い場所でクルマに乗り込む時に足が当たらず、楽なのでありがたい)。

写真の説明はありません。

走行を開始し、歩道を超え、車道に出る時の段差越えでは明確に室内に衝撃を伝えてくるので、サスペンションは「相当に硬い」というのも間違いなさそう(うまく表現できないものの、サスペンションがストロークせずに硬いというのとはまた違う印象がある)。

そこからアクセルを踏んで走り出しますが、そこで感じるのもまた「軽さ」。
ステアリングホイール同様にペダルの操作感も軽く、それに呼応するかのように車体の動きもかなり軽い、という印象ですね。

1.8リッターでもパワー、トルクは十分

市場前は気になっていたエンジンパワーとトルクですが(1.8リッターなので)、結論から言うとまったく問題なし。
トランスミッションの制御がかなり優秀であり、必要な状況にて必要なパワーを引き出せるようにプログラムされており、たとえば峠の上りでもクルマが積極的に低いギアを選ぶためにストレスを感じることなく登ることができます。

なお、普通に走っていると低い回転数から(燃費とエミッションの関係で)シフトアップを行い、回転数が低い状態から加速しようとするとさすがにターボラグを感じることがあり、これを回避するにはドライブモードを「スポーツ」に入れるか、もしくは手動でシフトダウンした方が良さそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ハンドリングはミドシップスポーツでも最高レベルにある

そして特筆すべきはハンドリング。
ステアリングホイールが小径なのは述べた通りですが、ロック・トゥ・ロックがかなり小さい(クイック)と見え、ほとんどのカーブではステアリングホイールを持ちかえることなく曲がれます。

さらに締め上げられた足回りによってほとんどロールを見せず旋回するのも一つの特徴であり、ここはかなり「イージー」なドライブができるところ。
たとえばポルシェはある程度のロール、ピッチを発生させ、ブレーキングによる荷重移動、駆動力によってクルマの鼻先の向きを変えるという操作が必要ですが、アルピーヌA110ではそういったことを気にせずにどんなカーブもクリアしてしまうようで、このあたり「カーゲームでクルマを操作している」かのような奇妙な感覚を覚えます。

簡単にいうと「これほどオンザレール感覚で曲がれる」クルマというのを他に知らず、強いて言えばアルファロメオ4Cくらい。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ストッピングパワーも強力だ

そしてブレーキについても強力無比で、しかしこれも「ほとんどピッチングを見せない」、つまり車両がつんのめるようなこともなく安定した効き方を示していて、そして踏み始め、完全停止時にもドライバーが気を使う必要がないというマナーの良さを見せるのが特徴(たとえばアウディのRS系はブレーキが過敏だと感じることがある)。

サスペンションの出来も秀逸

そしてサスペンションもこれまで述べた通り、ロール、ピッチをほとんど見せないセッティングとなりますが、実際に走ってみるとそこまで「硬い」という印象がないのがまた不思議(ちゃんとサスペンションが動いているのは理解できる)。

段差を越える時などは鋭い衝撃を伝えるものの、それ以外の道路の凹凸などはなんなく吸収し、車体がシェイクされることもない、という印象です。

スプリングレートに比較してダンピングレートを低く設定しているようにも思われ、このあたりはポルシェとは真逆のセッティングかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車

乗り心地は「快適」と言っていい

そして全体的な乗り心地ですが、車内に入ってくるノイズは極めて小さく、これもやはり「超軽量」というところからは想像できないほどの快適性を持っているようですね。

反面、ミドシップであるにもかかわらず「背面から聞こえるサウンド」がちょっと静かすぎ、ここは逆に物足りないと感じる人がいるかもしれません。

総合的に見てどうなのアルピーヌA110

ざっとした印象だと、「ポルシェ718ケイマンと、アルファロメオ4Cとの中間」という感じ。

そしてアルピーヌA110はポルシェ718ケイマンのライバルだとされているものの、実際に718ケイマンに乗る身としては「アルピーヌA110は、ポルシェ718ケイマンとはかなり違う」という印象も。

まずはエンジンの特性ですが、ポルシェは昔から高回転を嫌うので、比較的低い回転から高いトルクを発生。
反面、アルピーヌA110のエンジンは高回転でこそ「その本領を発揮」するというイメージです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

足回りについては、ポルシェの「粘る」「路面に張り付くような」印象に対し、アルピーヌA110は「路面の上を滑る」かのような軽やかな印象(ポルシェの足回りはどっしりとした重厚感すら感じると言っていい)。
ただ、軽やかとはいえどA110のグリップは驚くべきレベルにあり、「ちょっとやそっとではブレークしないだろう」とも感じます。

さらに718ケイマンの場合はロールやピッチを積極的に演出するものの、アルピーヌA110は「フラットライド」だというのも両者の大きな差異かもしれません。※そのぶんポルシェ718ケイマンは限界を掴みやすいが、アルピーヌA110はどこが限界なのかわかりにくいかも

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

そのほか、操作系に対する反応については、アルピーヌA110のほうがずっとシャープ。
おそらくステアリングのロック・トゥ・ロックが小さいことがそう感じさせるのだと思いますが、718ケイマンのステアリンフィールが「マイルド」に感じられるほど(ポルシェのステアリングフィールは、電動パワステ導入以後「それほどシビア」ではなくなった)。

このアルピーヌA110については、とにかくアクセルを踏んでステアリングホイールを切れば簡単に、誰もがどんなコーナーでも曲がれてしまうクルマであり、そのポテンシャルの高さには驚かされるばかりです。

気を使うとすればエンジンの回転数で、積極的にパドルによるシフトチェンジを行い、エンジン回転数を高いところに閉じ込めておけば痛快無比な走りが楽しめるのは間違いなし。

写真の説明はありません。

上のほうで、アルピーヌA110は「718ケイマンとアルファロメオ4Cとの間」と記載しましたが、どちらかというとA110は4C寄りの性質を持っていて、しかし快適性は718ケイマンよりも「上」というのがぼくの総評。

しかしながらA110にも不満がないわけではなく、前後の狭いトランク、そして不整路で伝わってくるバイブレーション、カーナビの設定がないというのはA110の数少ないネガティブポイント。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲フロントトランクは広い反面、深さはあまりない

フロントトランクについては「ダブルウィッシュボーン」サスペンション採用ということが影響していて、リアは空力の関係で開口部を大きく取れないことがその「狭さ」の理由だとされていますね。

さらにフロントフード、リアフードの開閉スイッチが「助手席側」にあり、つまりこれは本国(左ハンドル)仕様から日本仕様に変更されていない、ということに。

写真の説明はありません。

それでも今、「ポルシェ718ケイマンとアルピーヌA110のどちらを選ぶか」と言われると、たぶんアルピーヌA110を選ぶだろうな、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.