>マセラティ(Maserati)

アーティストの考えた「マセラティ・ミッレミリア」。往年のマセラティらしさ、そして”未来”を見据えたシングルシーター・ロードスター

投稿日:2020/01/19 更新日:

| 優雅さ、力強さ、なによりセクシーさをあわせ持つブランドはマセラティの他にはそうそうない |

CGアーティスト、Luca Serafini氏が「マセラティ・ミッレミリア」を公開。
同氏の完全オリジナルということになりますが、インスピレーション元は1940年代のマセラティ製レーシングカー「A6」、1957年にファンジオがドライブしF1ワールドチャンピオンのタイトルを獲得した「250F」とのこと。
ここで「マセラティ・ミッレミリア」とはどんなクルマなのか、そのデザインを見てみましょう。

マセラティ最大の特徴は「トライデントとグリル」

マセラティのクルマには必ず「トライデント」と呼ばれる三叉の矛をモチーフにしたエンブレムが装着されていますが、これはマセラティ発祥の地、イタリアはボローニャのマッジョーレ広場に建っている「ネプチューン像」の持つ矛から着想を得たもの。

マセラティの創立は1914年とかなり早いものの、1920年代にはすでに「多数のライバル」と差別化する必要があったとされ、そこでマセラティ兄弟のうち芸術家として活動していたマリオ・マセラティがこのトライデントを考案。
ネプチューンが持つ三叉の矛は勇気と力の象徴でもあり、エンブレムに採用されるレッドとブルーはボローニャの市旗から採用されたという記録が残ります。

maserati-millemiglia-concept-rendering

ちなみにマセラティ兄弟は全部で7人いたそうですが、三男は生後ほどなくして死去してしまい、残ったのは6人。
さらにその後長男のカルロも病死してしまい、クルマとエンジンに強い関心を持っていた次男ビンド、四男のアルフィエーリ、六男のエットーレ、七男のエルネストの四人が「ソシエータ・アノニーマ・オィフチーネ・マセラティ」を設立。※マセラティ設立はビンドを除く三兄弟という説もあるようですが、マセラティ公式だと四兄弟と記載がある
ただし「マセラティのエンブレムをデザインした」五男のマリオのみはクルマに関心がなく、ここには加わらなかったようですね。

maserati-millemiglia-concept-rendering (9)

つまりマセラティは「差別化のため」に目立つエンブレムを考案したということになり、それをさらに昇華させるかのように「グリルとエンブレムとの組み合わせ」にこだわり続け、「クロームのグリルにトライデント」という手法が1940年代に確立され、その後「ボンネットには楕円形エンブレム、グリルは縦ルーバーにトライデント」というデザインへと変化。
この「縦ルーバーにトライデント(下の画像)」は現代のマセラティにも引き継がれていて、よってマセラティは「ボンネット(もしくはノーズ)とグリル両方にエンブレムがある」という珍しいクルマとなっています。

A6GCS_02_Retouched

そしてこの「マセラティ・ミッレミリア」はレトロなスタイルを先進性を兼ね備えた車でもあり、優雅な曲線を使用したボディにバー状のLEDランプが合体。

maserati-millemiglia-concept-rendering (8)

フロントフェンダーにはおなじみ「ダクト」が見えますが、これは現代のマセラティに採用される「3連」ではなく「4連」。

ちなみにぼくは長らく「マセラティは3兄弟によって設立されたので」三叉のエンブレム、3連ダクトを持っていると認識していたのですが、それは誤りであったようです(じつは4兄弟が設立)。

maserati-millemiglia-concept-rendering (3)

ドアは逆ヒンジ、そして後方に開く「バンザイ」ドア。

maserati-millemiglia-concept-rendering (7)

サイドから見ると古典的なロードスターとしてのフォルムを持つことがわかります。

maserati-millemiglia-concept-rendering (5)

コクピット内も先進性と優雅さとを併せ持つもので、カーボンやダイヤモンドステッチ入りのレザーが採用。

maserati-millemiglia-concept-rendering (4)

ステアリングホイールもやはり優雅かつテクノロジーを感じさせるもの。

maserati-millemiglia-concept-rendering (2)

フロントスクリーン、ドアミラーもやはりクラシカルですね。

maserati-millemiglia-concept-rendering (1)

マセラティは「アルフィエーリ」計画をキャンセルし、かわりに新型スポーツカーを発表する予定であり、こちらも楽しみにしたいところですね。

マセラティが「新型スポーツカー」のティーザー画像を公開!ミドシップレイアウトを採用し2020年5月に発表。サウンドも拝聴可能

VIA: Luca Serafini

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マセラティ(Maserati)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.