■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

ウラカンに乗って1年半。気に入っているところ、そうでないところ、その他印象をまとめてみる

投稿日:2016/11/04 更新日:

IMG_11495

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4に乗って早くも1年半経ちますが、ここでウラカンについて振り返ってみようと思います。
乗ってみて初めてわかったことや、最初は気づかなかったのに後で気づいたことなど様々ですが、何かの参考になればと思います。








●ランボルギーニ・ウラカンの気に入っているところ

1.スタイリング

何と言ってもこれに尽きると思いますが、量産車で全高1200mmを切っているのは(多分)ランボルギーニ・ウラカン(1165mm)とアヴェンタドール(1136mm)、マクラーレン650S(1199mm)のみ。
なお意外ですがフェラーリ488GTBの全高は1213ミリとウラカンよりも5センチほど高くなっています。

デザイナーであるフィリッポ・ペリーニ氏は「一筆書きで描けるラインにこだわった」とのことで、そのこだわりがウラカンをウラカンたらしめていると言えますね。
単に好き嫌いの問題でしかありませんが、ぼくは優雅な曲線よりもシャープな直線を好むので現在のスーパーカーマーケットにおける選択肢だと、ランボルギーニのデザインが最もぼくの嗜好にマッチしています。

IMG_11490


2.V10エンジン

もはや希少種や絶滅危惧種とも言える大排気量NA。
環境問題もありますが「4リッターを超えると中国での税金が高くなって売れない」という事情から各社とも大排気量NAエンジンを縮小させる傾向にあり、ウラカンに採用される5.2リッターNAエンジンは今や非常に珍しい存在に。

この大排気量エンジンはロングストロークの割に高回転という性質を持ち(レッドゾーンは8500回転)、高回転時のパンチは特筆もの。
いかに最近のターボエンジンが良くできているとはいえ、高回転まで回した時のフィーリングは「やはりNAでないと」と思わせるものがありますね。
ぼくは本来ターボだろうがNAだろうが馬力が出ていればあまり気にしないのですが、ウラカンのこのエンジンは今まで運転した車の中でも「ベスト」だと考えています。

IMG_9144

3.ハンドリング
以前にも記載したことがありますが、とにかくウラカンは良く曲がります。
「曲がる」度合いで言えばフェラーリ458スペチアーレくらい曲がるという印象があり、ぼくが今まで運転した中でもトップクラスの「曲がり」具合。

ただ「フィーリング」という点では不自然なくらい曲がるウラカンに違和感を感じる人もいるかもしれず(日産GT-Rに近く、現実味を欠いたゲームのようなバーチャル的雰囲気がある)、フェラーリやマクラーレンの「自然な」味付けを好む人もいるかもしれません。
もしくはポルシェのように「車との対話を楽しむ」タイプのハンドリングや、基本操作をしっかり行うことに意味を見出すのであれば、ウラカンのハンドリングにはやはり違和感を見出すかもしれませんね。

ウラカンはその運転技術をもって車をコントロールするという人馬一体となる楽しみを見出すというよりも、とんでもないパワーをテクノロジーでコントロールし、そのテクノロジーを理解しながら楽しむ、というタイプの車だと思います。

関連投稿
ランボルギーニ・ウラカンのインプレッション(納車二ヶ月目、ハンドリングについて)



4.安定感
上の「ハンドリング」ともちょっと似ていますが、4WDならではの安定感はやはり抜群で、ピッチやロールも少なく、そして操作に対しては忠実に路面をトレースするために「この車で事故を起こすことは考えにくい」と思えるほど(ただし油断は禁物)。
荷重移動やトラクションに気を使わなくても「アクセルやブレーキを踏んで、ハンドルを切れば」思うように走るので運転はかなり楽な部類ではありますね。

IMG_11459

5.カーボンセラミックブレーキ
ウラカンLP610-4にはカーボンディスクブレーキが標準装備されます(ウラカンLP580-2はオプション)。
このブレーキの特徴は「軽さ」と「効き」にありますが、ぼくにとっては「ブレーキダストが出ない」のが高評価。
洗車後にすぐ車をしまっておいても、ローターが錆びて次に車を動かすときには削れた錆がホイールやボディを汚すこともなく、なにより日常走っていてもホイールやタイヤが汚れないのが良いですね。
なお低速時のブレーキコントロールにはけっこう繊細なタッチが要求され、スチールローターと同じような感じでブレーキペダルを踏むとガツンと効いてしまいます。
オプションとして考えてもかなり高価なブレーキではありますが、もし別の車を購入するときであっても「オプションとして選べるのであれば」高価でも選びたい、と思わせるほど気に入っています。

6.品質
現在ランボルギーニはアウディ傘下にあり、品質は「アウディと同等」と考えて差し支えないと思います。
外装においては塗装や各パネルのチリ、内装では各パーツの質感や操作した印象などに品質の高さが見られますが、とにかくあらゆるパーツが高い精度で作られ、同時に高い精度で組み付けられていることがわかり、ここはガヤルドとくらべてもずいぶん向上した部分です。
ウラカンはかなり凝った装備や複雑な機構を持ちますが、それらに対しても全く不安なく接することができ、「簡単にはトラブルは起きないだろう」という安心感はありますね。

●ランボルギーニ・ウラカンの気になるところ

1.アイドリングストップ機能
アイドリングストップが備わるのは良いのですが、これはデフォルトで作動するようになっており、これはスイッチで「オフ」にできるもののエンジンを一旦切るとその前の設定が再現されない仕様。
よってアイドリングストップを作動させたくないときはエンジンを始動させたのちに毎回手動で「オフ」にする必要があります。
将来的には可能かもしれませんが、現時点でコーディングでも対応できない部分であります。

IMG_9070

2.メーター表示
これも一旦エンジンを切るとその前の設定が反映されず、デフォルトの画面になるのはちょっと残念。
ドライバーは何らかの意図があってメーターの表示を変更したりするので、その変更を保持してくれるとありがたいですね。
もう一つメーターについてですが、ウラカンのメーターは12.3インチの液晶ディスプレイを採用しています。
液晶ディスプレイなので表示はどうとでもなると思うのですが、「ちょっと地味かなあ」と思う部分も。
例えば同じランボルギーニでもアヴェンタドールSV、ヴェネーノ、アステリオンはもっとグラフィカルな表示を持っており、ウラカンもこういった表示だったらなあ、と思ったりします(ソフトウエアのアップデートで対応できれば良いのですが)。

3.オプション選択の少なさ
最近ではランボルギーニも「アド・ペルソナム」を用意して様々なカラーや素材におけるオプションを用意していますが、標準で選べる範囲になるとマクラーレンやフェラーリに比べてかなり少ないのが事実。
やはり非日常的な車ですし、もっと個性を出せる、そして自分の好みに仕上げることができるオプションが標準で用意されていれば、と思います。
このあたりはそれら選択肢が豊富なフェラーリを羨ましく思うところですね。

IMG_1258

4.室内の装備
インテリアのデザイン性は高く非常に気に入っていますが、メーターパネルに大きくメーターを出すとカーナビ画面が表示できなかったり、という不満はあります。
やはりこういった車なのでタコメーターをドドンと表示させたいのですが、そうなるとカーナビ画面を見ることができず、そしてやはりこういった車なので渋滞は避けたく、意外とカーナビ画面を見る機会も多いのですね。
しかし別途カーナビを取り付けるのもデザイン的構造的に難しく、ここはちょっと不満に思うところ。
センターコンソールに(アヴェンタドールのように)もうひとつ画面があり、そこにカーナビ等の情報を表示できると良かったですね。

あとは「ドリンクホルダー」で、ウラカンは標準でドリンクホルダーが装備されないのもちょっと不便。
後付(純正オプション)だと8万円くらいかかるので高価すぎて手が出ず、ドリンクホルダーはちょっとした悩みではあります。

ウラカンはベントレー・コンチネンタルGTよりも500万円高く、メルセデス・ベンツSクラス300hが3台買えるほどの価格ですが、お金がかかっているのはフレームやエンジン含むドライブトレーン、足回りであって、目に見える部分とくに内装にはあまりお金がかけられておらず、これはこれで仕方のないところですね(ただしレザーは上質)。
※ドリンクホルダーについては「運転中は飲むな」ということかもしれない

IMG_11487

5.駐車場
これはウラカンに問題があるわけでも、ウラカンだけの問題でもありませんが、とりあえず「置くことができる駐車場」は少ないと考えています。
なぜ駐車場が限定されるかというとその「幅」が理由なのですが、隣の車のドアパンチが怖いのですね。
後述のように高さ的問題はクリアできるのでスロープはまず問題ありませんが、幅だけはどうしようもなく、かつウラカンに乗り降りする場合も(ドアが長いので)かなりのスペースが必要です。
さらには不特定多数の人が出入りするところだと「いたずら」が怖く、これらの問題をクリアできる場所でないと置きたくない、と考えています。
ただ、心配事の殆どは実際には起きないと考えられ、「割り切れば」通常の駐車場だろうと問題なく置けるとは思います。

6.後方視界
フェラーリ488GTB、マクラーレン570Sとくらべても圧倒的に不利なのが後方視界。
ガヤルドに比べ(カーボンフレーム採用のため?)Bピラーが細くなったのでリアクォーターウインドウはまだ見通せるようになりましたが、リアウインドウは「ほぼ見えない」と考えてOK。
標準のルーバー仕様でもかなりの視界を遮られますし、オプションのガラスボンネットであっても(反射の関係で)下半分がブラックアウトされるので視界の下部分を大きく遮られます。
これはもう「慣れる」しかないところ。

●その他

収納スペースについて
ウラカンに限ったことではありませんが、この手の車は収納スペースが少なく、これに関してはフェラーリ488GTBやマクラーレン570Sなどと比べても「そう大差ない」と言えます。
フロントにはトランクがあり、ちょっとしたバッグを入れることができますが、これは極小と考えて良いですね(ガヤルドよりも狭い)。
シートバックには長尺物を置けるスペースがあり、これは結構重宝するところ。

関連投稿
ランボルギーニ・ウラカンのインプレッション~フロントトランクについて

最低地上高について
ウラカンの最低地上高はけっこう高く、12.5cmあります。
これはポルシェ911の「9cm」よりも低く、スーパーカーということを考えるとかなり高い部類。
ただしデザイン上はそう見えないように作ってあるので腰高さは感じられず、ガヤルドでも同じでしたが「かなりよくできている」部分。
なおフロントはスイッチひとつで5cmほど持ち上がるので、まずフロントやフロアを擦ることはなさそうです。

関連投稿
意外と高い。ランボルギーニ・ウラカンの最低地上高について

IMG_9084

メンテナンス費用について
メンテナンス費用は安くはありませんが、消耗品などアウディと共通のものもあり、以前に比べるとずいぶん安くなってきていると思います(パーツの信頼性や耐久性も上がっている)。
メンテナンス、カスタムの費用は下記の通り。

関連投稿
ウラカン納車一年。ここでかかった費用(メンテナンス/カスタムなど)を集計。904,871円


●ランボルギーニ・ウラカンを購入して良かったか?

ガヤルドの時もそうでしたが、ウラカンについても「ビタイチ後悔はなし」。
ウラカン購入後にはフェラーリ488GTBやマクラーレン570Sなども登場しており、それぞれ運転しましたが、やはりぼくとしては「ウラカン(ミドシップ+4WDというレイアウト)のほうが性に合っている」とは思います。
よってこれらとウラカンとの入れ替えは難しく、もし購入するのであれば「増車」という形ですね(願わくば)。

強いて「後悔」があるとすれば、「ウラカン・スパイダー」が登場したことと、二年目からオプションが増えたこと。
そのため、同じウラカンの購入であってもあと一年待ってスパイダーを購入するか、クーペであってもオプションを豊富な中から選んだほうが良かったか、というくらいです。

IMG_9561

ランボルギーニ・ウラカンの近況はこちらにまとめてあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.