>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(ハイパフォーマンスモデル編)。「エアインテークを目立たせる」ほか

| 機能を視覚化する方法が確立されてきた | 先日、クルマのデザインがメーカー問わずに似てきたという件について触れましたが、今回は「ハイパフォーマンスモデルのデザインも似てきた」ということについて。ただ、これは「スポーツカーやスーパーカー」ということではなく、主にメルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど「ジャーマンスリー」の発売するハイパフォーマンスモデル「AMG」「M」「S」について考察してみたもの。 関連投稿 自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(前後バンパー、テールランプ編)。なぜ「細く ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

もはやレンジローバーなみ!より高級に、より洗練された新型ランドローバー「ディスカバリースポーツ」発表

| レンジローバー・ヴェラールのような高級感すら感じられる | ランドローバーが、新しいデザインそして機能を持つ新型ディスカバリースポーツを発表。2020年モデルとしてのアップデート版にはなるものの、その変更内容はけっこう大きいようですね。外観では、各部がリファインされて新しいバンパー、LEDライティングシステムが目に入るところ。そのほかフロントグリル、ホイールも一新(18~21インチまで選べる)されることに。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

なぜか「ETCマイレージサービス」から登録取り消しのお知らせが届いた!ETCカードを更新したら忘れずに登録情報も更新しよう!

| 730日間もポイントをロスしてしまっていた | さて、ETCマイレージサービスから封書が届き、開封してみると「登録取り消し予定のお知らせ」。まずETCマイレージサービスとはなんぞやということですが、これは「支払ったETC通行料にあわせてポイントが貯まり、そのポイントを通行料の支払いに充てたりできるもの」。よって、まだETCマイレージサービスの登録をしていない人は登録を強くオススメします。

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について

誰か一緒に行かん?ポルシェ・エクスペリエンスセンター上海にて、いざ思いっきり走ろうぞ

| 大阪からだと飛行機で2時間以内 | ポルシェ・エクスペリエンス・センター上海を訪問しようと考えています。「ポルシェ・エクスペリエンス・センター」とは、サーキットやスキッドパッド、オフロードコースを併設したポルシェの施設で、そこでポルシェを借り、インストラクターの指導のもと、思いっきりぶっ飛ばせるという夢のような大人のテーマパーク(のようなもの)。 そのほかクラブラウンジ、ブランドラボ、ポルシェ・ドライバーズ・セレクション(グッズ販売)、レーシングシミュレーターなどもあるようです。 そのほかレストランや ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型スープラはカタログ値340馬力のところ、実際は400馬力くらい出ていた!「逆トヨタ馬力」を持つトヨタ車がついに登場

| パワーチェックにて345PSを記録。これはエンジン単体だと400馬力前後に相当 | 現在新型トヨタ・スープラは各メディアによって絶賛テスト中ですが、 Car And Driver 誌が新型スープラのパワーチェックを敢行。これによると、カタログ値335HP(340PS)のところ、シャシーダイナモ上では339HP(345PS)を記録。なんだカタログ値よりもちょっと上なだけじゃない、ということにもなりそうですが、実はこの数値をマークしたのは「かなりすごい」こと。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ハイブリッド・フェラーリは「3モーター、4WD、0-100km/加速は2秒、V8エンジン」との報道。なお廉価版としてV6エンジン搭載車も追加

| V6+ハイブリッドモデルは事実上のF8トリブート後継車に? | だんだん近づいてきた、新型フェラーリ発表の「Xデー(5月31日)」。今のところわかっているのは「ミドシップ」「ハイブリッド」「986馬力」ということくらい。逆にわからないのはエンジンや駆動方式、ハイブリッドシステムの内容、そしてその価格といったところです。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン「次期ゴルフGTIは最高にクールなクルマになる。骨の髄までGTIだ」。シビック・タイプRからニュル王座を奪還できる?

| 新型フォルクスワーゲン・ゴルフは「ゴルフ7」なみの衝撃を与えることができるか? | 「新型ゴルフGTIはとんでもなくクールなクルマだ」。これはフォルクスワーゲンの北米法人の重役、スコット・コー氏が現地メディア、Automobile Magazineに語ったもの。加えて同氏は「我々は間もなくゴルフ8を発表するが、そいつは骨の髄までGTIだ。とんでもなくクールなクルマになる」と述べています。

ReadMore

パンテーラ

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

「デ・トマソ・パンテーラ」復刻版「アレス・パンサー」がついに生産へ。7800万円、650馬力、リトラクタブルヘッドライト、そして中身はランボルギーニ

ちなみにテールランプはシボレー・コルベット 先般より少しづつ情報が公開されていた、アレスデザインによる「プロジェクト・パンサー」。これはかの「デ・トマソ・パンテーラ」を現代によみがえらせるというもので ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

ヘッドライトは「リトラクタブル」!デ・トマソ・パンテーラ現代版、”パンサー”のプロトタイプが公開

| プロジェクト・パンサーの開発は滞りなく進行中 | かの名車「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせるとした「プロジェクト・パンサー」ですが、そのプロトタイプが公開に。 画像はプロジェクト・パンサー ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

【動画】テールランプはコルベット、ウインカーはフェラーリ?”プロジェクト・パンサー”の細部を紹介

| 思ったのとちょっと違う | Motor1がアレス・デザインのファクトリーを訪問し、「プロジェクト・パンサー」を紹介。 プロジェクト・パンサーは「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせた車であり、ト ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

新型パンテーラ「プロジェクト・パンサー」詳細が公開に。内装はヴィーガン対応、出力658馬力

| 新型「パンテーラ」の詳細が公開に | 元フェラーリ副社長、元ロータスCEOといった肩書きを持つダニ・バハー(ダニー・バハールとも表記される)氏が2014年に立ち上げたイタリアの「アレス・デザイン」 ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

ランボルギーニベースで蘇ったデ・トマソ・パンテーラ”パンサー”公開。なんとリトラクタブルヘッドライト採用

| ベースのウラカン比で+50馬力、-100キロ | 元フェラーリ副社長、そして元ロータスCEOでもあったダニー・バハー(ダニー・バハール)氏の立ち上げた「アレス・デザイン」。 少し前に「デ・トマソ・ ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

元ロータスCEOが「中身はランボルギーニ」でデ・トマソ・パンテーラを復活させる計画を公表

| 元ロータスCEO、ダニ・バハーの手がけるスーパーカープロジェクト | アレス・デザインが自社のスーパーカー「プロジェクト・パンサー」のイメージを公開。 アレス・デザインはフェラーリの副社長、ロータ ...

>マセラティ(Maserati) >その他イタリア車

高額落札相次ぐオークション。一方でデ・トマソ・パンテーラ・コンセプトは予想の1/4以下の価格に

RMサザビーズ開催のオークションにて、事前の予想では1100万円を超えるであろうと思われたデ・トマソ(De Tomaso)・ヌオヴァ・パンテーラのプロトタイプが予想に遥かに及ばず、250万円でしか落札 ...

>その他アメリカ車 >その他イタリア車

生産は5台のみ、行方知れずだったAMC AMX/3が競売に。予想では1億6000万円の落札予想

アメリカン・モーター・カンパニー(AMC)がわずか5台のみ製造したAMC AMX/3がオークションに登場。 これはAMCが1970年にシカゴ・モーターショーにて発表したもので、デザイン/設計はAMC、 ...

>その他イタリア車

メジャーになれなかったスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラが競売に。程度良好、メンテナンス済み

デ・トマソ・パンテーラがオークションに登場。 デ・トマソ・パンテーラというとスーパーカーブームの際にその一角をなした車ではありますが、その後はあまり人気が出ず、新型車もなくそのまま衰退。 「デ・トマソ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

デ・トマソ・パンテーラがアメリカの中古市場に登場。新車のウラカン以上のプライスだ

デ・トマソ・パンテーラGTSの中古が市場に登場。 もちろんユーズドですが書類は完備されており、コンディションは上々。 その分価格も2600万円となっており、米国では新車のランボルギーニ・ウラカンを上回 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.