>テスラ(TESLA)

テスラ最大のライバルにして天敵、「ルーシッド」

テスラ最大のライバルにして天敵、「ルーシッド」。テスラのエンジニアが設立し、第一号車「エアー」の発売と2.5兆規模の巨大上場が目前に迫る

| テスラとの直接競合を避けるためか、ルーシッドはやや異なる路線で攻めてくるようだ | さて、おそらくは直近でもっともテスラを脅かしそうな存在がルシード(ルーシッド)。このルーシッド・モータースはピー ...

テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能

【動画】テスラの「260万円以下の新型車」、モデル2は北米だと補助金の適用にて「200万円以下」で購入が可能!文字通りガソリン車を駆逐する?

2021/2/21    , , , ,

| プレミアムカーに続き、コンパクトカーも制覇? | さて、25,000ドル(日本円で約260万円)以下のピュアエレクトリックカーを発売するとして話題になったテスラ。現在この新型車は「モデル2」と言わ ...

テスラ・モデル3

テスラが日本にてモデル3を最大156万円値下げ!国内同クラスでは価格あたり走行距離最長EVに。ただし生産地はアメリカから中国製へ

| テスラ・モデル3が日本で販売を伸ばせないのはその「販売方法」にあると思う | さて、テスラが日本市場において「モデル3」を大幅値下げ。 現在テスラ・モデル3のグレードは3つですが、「スタンダードレ ...

テスラ・モデル3

「4車種しかない」テスラが北米にて「アウディの台数を抜いて4番目に売れている」プレミアムカーメーカーへ。車種はわずか4つ、EVのみでこの快挙

| 販売開始後10年程度で既存自動車メーカーに比肩しうるとは | テスラは2020年に「全世界で50万台近くを販売した」とアナウンスしていますが、北米においてはアウディを抜いて「4番目に売れている自動 ...

テスラ・モデル3、モデルS、モデルX

テスラ関連ニュース4連発!タッチスクリーン問題で日本でもリコール実施、さらにリコール拡大の可能性も。新型ロードスター向けに画期的ワイパーの特許申請etc.

| テスラはセコい会社なのか、新しい構造にコストを投じる会社なのか判断しかねる | さて、ここ最近細々とした話題の多いテスラですが、その中でも注目すべきはモデルSとモデルXのタッチスクリーン問題。米国 ...

中国で生産されるテスラ・モデル3

テスラが中国用として開発・生産する「260万円のニューモデル」を全世界で販売するとコメント。既存・新興メーカーにも対抗する構え

| テスラは他社に比較すると低価格競争に耐えうる体力を持っている | さて、テスラはかねてより中国向けに260万円程度の新型EVを投入するとコメントしていましたが、今回はテスラ中国支社の代表であるトム ...

スバルのキー

毎年恒例、「またそのクルマを買う」ランキングに異変!これまで上位だったトヨタ/スバルが後退し、上位はテスラはじめアメ車で占められる。レクサスも下位に沈み、日産/インフィニティは最下位

| この2−3年でアメリカの自動車メーカーは相当に品質とクルマの魅力を上げてきたようだ | さて、アメリカでは絶大なパワーを持ち、スズキ・ジムニーの転倒フェイク記事によってスズキを北米から撤退させるこ ...

テスラ・モデル3とダッジ・チャレンジャーとの高速バトル

【動画】テスラに抜かれたダッジ・チャレンジャーが猛烈にあおり運転開始、案の定自爆する。なお、米でもっともガラの悪いクルマ1位はBMW、2位がダッジ

さて、アメリカの高速道路においてテスラ・モデル3とダッジ・チャレンジャーとの高速バトルが繰り広げられ、ダッジ・チャレンジャーがほか2台(以上)の無関係なクルマを巻き添えにした事故を起こしてしまうという ...

テスラ・スーパーチャージャー

2020年、通年ではじめて黒字化したテスラ。その利益構成は「自動車販売だけ」ではなく、他の自動車メーカーに販売する「クレジット」もかなりの割合を占めていた!

| テスラは将来的に、「バッテリー」「ソフトウェア」の販売も計画しているというが | さて、2020年にはじめて「通期で黒字を達成した」テスラですが、その利益構成は「車両の販売のみによるものではない」 ...

テスラ・モデルSカブリオレ(アレスデザイン)

イタリアの富裕層向けコーチビルダーが「1台限定」でテスラ・モデルSを2ドア&オープン化!このセンスはさすがイタリア

| 「現実に存在し得ないはず」のクルマを作るのはコーチビルダーならでは | さて、デトマソ・パンテーラを現代に蘇らせたり、フェラーリ250GTOのオマージュモデルを製作する計画を公表したことで広く知ら ...

新型テスラ・ロードスター

新型テスラ・ロードスターがついに2022年から生産開始!ロケット用スラスターがOP設定され、0-100km/h加速は驚愕の1.56秒

| おそらくこれ以上速いクルマを作ることは難しいだろう | さて、新型モデルS/モデルXを発表したばかりのテスラ。今回は待望の「テスラ・ロードスター」につき、2022年から生産を開始すると(イーロン・ ...

【動画】日本のあおり運転など目じゃない!米にて、「テスラに追い抜かれた」男が怒りのあまりテスラに4発発砲、一発は車内へと貫通

| 当たれば死ぬという可能性を認識していたかったのが疑問。殺そうとしたのであればなお悪い | さて、日本ではまったく想像できないものの、アメリカでは「テスラのクルマ」ということだけで、駐車中、運転中に ...

テスラ・モデルS

テスラが新型モデルS/モデルX発表!モデルS「Plaid+」はなんと1100馬力、0-100km/h加速2.1秒!ステアリングホイールはナイトライダー風に

| 大幅アップデートの割に価格は抑えめ | さて、はじめて通期での黒字を記録したテスラ。今回はモデルS、そしてモデルXのアップデート版を公開しています。なお、今回の改良については比較的「濃い」内容とな ...

テスラ・モデル3

2020年の欧州EV市場において「テスラのシェアが1位から3位に下落、4位に転落寸前」。どうしてこうなったのか、そしてシェア回復策はあるのかを考える

| 短期的に見るとテスラはシェアを失い続けるだろう | さて、2019年の電気自動車市場においては「テスラしか売れてない」という状況でしたが、その裏にあったのは「そもそもテスラ以外の選択肢がほとんどな ...

テスラ・モデル3

「持っているテスラ株が10億円に達したので、会社を辞めることにした」30代男性が話題に

2021/1/14    , ,

| より早い段階で、より多くの資金を投じた人ほどリターンが大きい | さて、とにかく株価が上がっているテスラ。まだまだ行くだろうという思い、いやそろそろ危ないんじゃないかという思いが複雑に交錯する状況 ...

テスラ・モデル3

テスラが中国でのデザインセンター開設にあたり管理者を募集とのウワサ!「欧米と中国両方の感性を理解する人物」「業界で20年以上の実績」を条件としヘッドハンターを雇った模様

| こういった姿勢は中国側も高く評価するに違いない | さて、テスラは中国にてデザインセンターを開設する意向を持っていると報じられていますが、今回は具体的に「中国におけるデザイン部門のボスを探している ...

テスラの充電器(スーパーチャージャー)

テスラが中国専売、「260万円の」ニューモデルを投入?成長著しい中国市場にて一気にシェアを獲得し40万台/年の販売を目論むとの報道

2021/1/11    , , ,

| テスラはあらゆる方面でライバルからの攻撃に備える | さて、何かと話題のテスラですが、2022年の早い段階にて「もっとも安価なニューモデル」を投入するとの報道。これによると、中国にて稼働を開始させ ...

シャネルの腕時計、J12

リスク覚悟で人生最高額をテスラ株に投じることにした!このまま株価が上がればハイパーカー購入も夢じゃない

2021/1/11    , ,

| これまでテスラ株で出した利益を考えると、ここから買ったテスラ株がいかに下がったとしても赤字は出ない | さて、とにかくすごい勢いで上がっているのがテスラ株。現時点でもぼくはずいぶんその恩恵を受けて ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f