>ベントレー(Bentley)

ベントレー「現時点で、今年は昨年同期比+50%の受注があった」。大きく伸びたのはやはり中国。そしてベントレーは中国偏重姿勢を強めるも「落とし穴に注意すべき」とボクが思うワケ

投稿日:

ベントレー・ベンテイガ

| おそらく現在の「好調」は一時的な規制緩和によるものだと思われる |

ベントレーが「今年は現時点で、昨年比の+50%の受注がある」と発表。

これはベントレーCEO、エイドリアン・ホールマーク氏がロイターに語ったものですが、中でも特段に伸びたのは「中国」。

昨年のこの時期だとまだコロナウイルスがさほど大きく騒がれておらず、よって昨年同期は「平年並み」だったとも考えられますが、今年はそれを大きく超える受注があったということになりそうです。

なお、ベントレーは2020年通じ、ほとんどの自動車メーカーが販売台数を落とす中でも2%の成長を記録していて、これに寄与したのは中国の+48%という驚異的な伸び。

ベントレー・ベンテイガ
ベントレーが「コロナ禍」「ブリグジット」という二重苦の中でも2020年に成長を見せる!最も伸びたのは中国、最も売れたのはベンテイガ

| ベントレーは困難な状況も見事に乗り越えたようだ | さて、2020年はいずれの自動車メーカーにとっても記憶と記録に残るタフな年だったのは間違いないと思いますが、なんとベントレーはそんな状況において ...

続きを見る

やはりどの自動車メーカーも中国ナシでは生き延びることができない

ベントレーやロールスロイスはとくに中国依存度が高いと言われ、その要因としては「中国人は押し出しの強いクルマを好むから」。※ベントレーにおける中国市場は北米に次ぐ二番目

そして中国市場の特徴としては、他の国に比較して「女性オーナーが多いこと」。

これは「愛人需要」のほか、そもそも中国には女性経営者が多いということが関係しているそうですが、成功した女性起業家が高級車を購入するケースがかなり多いのだそう。

ちょっと前の数字ではあるものの、ブランドによっては女性オーナー比率が35%以上にものぼるという統計も見たことがあり、よってベントレーが「今後は女性ウケするクルマを作る」と(以前に)コメントしたことも頷けます。

フェラーリが選んだ四人の女性オーナー。その美しく格好良いライフスタイルを見てみよう

| フェラーリに乗る女性は美しい | フェラーリのオフィシャルマガジン「TOFM=The Official Ferrari Magazine」にて、「フェラーリを所有する素晴らしい女性たち」という特集 ...

続きを見る

中国の経済政策はフレキシブル

なお、中国はコロナウイルスの発生源として世界中から避難されていますが、その後「パンデミックからのいち早い回復」を世界にアピールしており、かつ視覚化可能な、経済的な指標においてもそれを示そうとしているように感じられます。

つまり、国内での強い消費を見せることで「困難な状況においても、世界で真っ先に回復した」という状況をアピールし、世界に対しての存在感、リーダーシップを強めようとしているということですが、そのため、おそらく中国は現在「相当にインパクトのある景気対策」を実施しているのだと想像(このあたりはあまり報道されず、調べても出てこないので推測でしかないけれど)。

たとえば、中国人の特徴として、日本含む世界中での「爆買い」が報じられていますが、これは「中国でモノを買うと高いから」。

嗜好品や高級品、国内産業と競合する製品に対して高額な関税を課しており、しかし海外では「免税」にて購入できるので、今まで中国のお金持ちは海外にまでモノを買いに行っていたということですね。

そして、中国としては、その「海外で消費するお金」を国内消費に回せば国内需要を大きく盛り上げることができるということになり、主に高額な輸入品の価格を引き下げ、これまで海外に流れていたお金を国内にて消費させるようにしているのかもしれません(国内の製造業にダメージを与えないよう、国内産業と競合するモノの関税は引き下げず、このあたりはうまくコントロールしていそう)。

さらに、関税ほか税金の引き下げによって、これまで「あまりに高価なので購入をためらっていた」製品を購入するように仕向けている可能性があり、もしかするとそのひとつが「高額な輸入車」なのかも。※ハイブランド品の売上も伸びていると報じられるので、それらも対象になっていそう

現在、中国では輸入車に高額な関税を課し、一定の価格を超える場合はさらに高額な税金(贅沢税的なもの)を課していますが、ここまで急激に輸入車が販売を伸ばしているということは、これを「緩和」した可能性もありそうです。※もともと、この税制は緩和される傾向にはあった

中国の税制はどれほど?日本だと3000万円のランボルギーニ・ウラカンは税金だけで5460万円に価格上昇

中国では輸入車にかかる関税が高額で、これは一部引き下げの方向で動いているものの、中国の自動車メーカーは競争力確保のためにこの措置を継続するように中国政府に働きかけており、おそらくはしばらくこの税制は継 ...

続きを見る

中国市場にはそれなりの危険性も

ただ、中国市場はこういった「フレキシブルな緩和」を実施できる反面、「フレキシブルな締付け」も可能。

よって、景気が回復したと判断すれば、再び税率を引き上げる可能性もありそうです。

加えて、国内の自動車メーカーと競合する場合、そして中国政府の意向にそわない場合は「独断で」排除することができるのも中国市場の特徴。

中国当局が現地トヨタに対し独禁法違反にて13.7億円の罰金!独占禁止法って何なの?中国の横暴なの?

| トヨタの中国における行為は日本においても独禁法違反に抵触する可能性がある | 時事通信によると、中国政府機関(中国国家市場監督管理総局)がトヨタに対して8761万元(邦貨換算で約13億7200万円 ...

続きを見る

そのため、中国市場に依存していると、数年前のロールスロイスのように「一瞬で販売台数が1/3になったり」、マセラティのように1/10になったりということも起こりうるわけですね。

マセラティ、アルファロメオにまた暗雲。中国の規制が変わり、販売ペースが一気に1/10以下になる

|中国は可能性がある反面、危険な市場だ| マセラティとアルファロメオがイタリアの工場における生産をスローダウン。 これは中国における新しい輸入車に関する法規が原因、と報じられています。 この法規とは、 ...

続きを見る

このあたり、中国は実に多彩な方法で市場および人民をコントロールしているということを意味しており、「大きな魅力もあるが、同時に大きなリスクもある」のが中国市場ということになりそうです。

中国にて規制発動。ベンツ、アウディなど553モデルが「製造禁止車種」に指定される

| 中国にて新たな規制が発動した | mercedes-benz 中国にて、なんと2018年1月1日より、553もの車種が「製造禁止」に。 これはブルームバーグが報じたもので、環境規制に関連し、それに ...

続きを見る

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

ベントレーが「8万台目の」コンチネンタルGTを生産したと発表!初代発売から18年、3代目での偉業達成

| この価格帯での「8万台」はなかなか達成できない | ベントレーがコンチネンタルGTの販売が8万台に達した、と発表。コンチネンタルGTは現行モデルで「3代目」となり、初代から通じて18年間製造されて ...

続きを見る

ベントレー・バカラル
ベントレーのデザイン責任者が交代!前任者の辞任に際し、アウディからアンドレアス・ミントが昇格

さて、ベントレーのチフデザイナーが交代する、との報道。新しいデザイナーはアンドレアス・ミント(Andreas Mindt)氏で、同氏はベントレーの属するフォルクスワーゲングループにて25年以上のキャリ ...

続きを見る

ベントレー・コンチネンタルGT
21年3月からアウディの管理下に置かれるベントレー。「ポルシェの下でなくて良かった・・・」。なお、今後は少量生産の超高額車生産ブランドに?

| 「バカラル」「ブロワー」等のプロジェクトを見ると、ベントレーは今後方向転換を行いそうだ | さて、ベントレーは2021年3月1日からアウディの管理下に置かれる(フォルクスワーゲンの重役会議の決定に ...

続きを見る

参照:Reuters

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5