ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) >ランボルギーニ

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとポルシェ911 GT3とをサーキットテスト!似て非なる両者の勝敗はいかに?

投稿日:2021/11/30 更新日:

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOとポルシェ911 GT3とをサーキットテスト!似て非なる両者の勝敗はいかに?

| もはやこのクラスになると単純に比較検討できる範囲を超えている |

ちなみに両者の価格差は「倍」近く、しかしこの価格帯であればどのみち買える人は限られるだろう

さて、オートカーがランボルギーニ・ウラカンSTOとポルシェ911GT3との比較レビュー動画を公開。

ランボルギーニは「スーパーカーメーカー」、そしてポルシェは「スポーツカーメーカー」であり、本来であれば全く生息域が異なる2つのメーカーではありますが、意外にもこの両者には共通点があり、ひとつは「両方ともモータースポーツをバックボーンに持つ」こと。

ランボルギーニは社是として「ワークスを投入してのモータースポーツ活動を(基本的に)行わない」というものがあり、しかしウラカンGT3やウラカンGTE、スーパートロフェオといった車両をカスタマーチームに販売することでモータースポーツとのつながりを持っています。

そして、それらウラカンのレーシングカーが参戦するモータースポーツからのフィードバックを受けて発売されたのが「ウラカンSTO」。

一方のポルシェ911GT3についてはもはや説明不要だと思いますが、こちらもやはりモータースポーツと直接のつながりを持つ市販車です。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニ ウラカンSTO正式発表!文字通り公道を走行できるレーシングカー、ボディパネルの75%がカーボン製。お値段は4125万円

| 思ったよりもずいぶん過激な仕様で発表 |この記事のもくじ| 思ったよりもずいぶん過激な仕様で発表 |ランボルギーニ・ウラカンSTOは後輪駆動ウラカンSTOはまさに競技用車両の公道版ランボルギーニ・ ...

続きを見る

ウラカンSTO、911GT3ともに今や貴重な「自然吸気エンジン搭載」

そしてもうひとつの共通点が「自然吸気エンジンを搭載する」ということ。

ランボルギーニ・ウラカンSTOは5.2リッターエンジン(640馬力)を搭載し、ポルシェ911GT3は4リッター・フラットシックス(510馬力)を搭載しますが、両方とも今となっては非常に貴重な、そして少数派の自然吸気です。

エンジン搭載位置はウラカンSTOでは車体ミッド、911GT3はリアという相違があるものの、駆動輪は両方とも後輪のみ。

Lamborghini-Porsche (2)

ポルシェが日本でも新型911GT3を発表
ポルシェが日本でも新型911GT3を発表!ハンドル位置は左右選択可能、価格は6速MT、7速PDKとも2296万円。とりあえずポルシェセンターに行ってくる

| RSのつかない911GT3であればボクでも売ってもらえそうだ |この記事のもくじ| RSのつかない911GT3であればボクでも売ってもらえそうだ |6速マニュアル/7速PDKの価格は同じ911GT ...

続きを見る

現在ポルシェとランボルギーニは同じくフォルクスワーゲングループに属していて、かつては「ランボルギーニのV10モデルと、ポルシェ911がプラットフォームを共有する」という話が出ていたり、エレクトリック時代のベイビーランボとポルシェ911とで共通の設計をもたせるという話も出ているので、実は「そう遠くない間柄」なのかもしれませんね。

そしてオートカーでは両者をサーキットにて比較することとなっていますが、あいにくのウェット、かつショートコースなのでタイムを競うことができず、数字的な優劣を判断することはできないまま(もしドライにて両者のタイムを計測していたら、ポルシェ911GT3のほうが速かったと思う)。

Lamborghini-Porsche (6)

よってオートカーは「どちらが速いか」ではなく「どちらが楽しいか」を決めることにし、悩んだ末、ポルシェ911GT3に軍配を上げています。

ちなみにこの911GT3にはゴッツいロールケージが組まれていますが、他の動画を見ると、このロールケージに阻まれて「手を伸ばしても」リアウインドウの内側をうまく拭き取ることができず、クイックルワイパーのようなものがないと無理なのだそう。

Lamborghini-Porsche (4)

ちなみにウラカンSTOにもオプションでロールバーが用意されており(この車両は非装着)、もしそれを装着していたら、やはりウインドウの清掃はけっこう困難なのかも(距離的には問題はないが、手が入るだけのクリアランスを確保できないかも)。

ランボルギーニ・ウラカンSTOとポルシェ911GT3の価格は全く異なる

なお、ランボルギーニ・ウラカンSTOとポルシェ911GT3との価格は全く異なっていて、ウラカンSTOは4125万円、911GT3は2296万円。

ほぼ倍近い価格差があり、コストパフォーマンス、そして純粋にタイムを追求すると(そして日常的な使い勝手を考慮すると)ポルシェ911GT3という選択になるのは間違いないかと思います。

Lamborghini-Porsche (5)

ただ、ウラカンSTOには逆に「非日常性(日常からの脱却)」、さらにはそのエンジンが発するとんでもないサウンドという武器があり、それを考慮するとぼく的には「やっぱりウラカンSTO」を選びたいところです(仮に比較対象がポルシェ911GT3"RS"だったらかなり迷うだろう)。※非日常性という要素は重要で、それがあるからこそ、スーパーカーはゆっくり走っていても楽しいのだと思う

Lamborghini-Porsche (3)

ランボルギーニ・ウラカンSTO、ポルシェ911GT3とをサーキットにて比較テストする動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

運転の神様ワルター・ロールが新型ポルシェ911GT3を語る!「速く走るための完ぺきなバランスを持っている」「初代911GT3から70kgしか増加していない」
運転の神様ワルター・ロールが新型ポルシェ911GT3を語る!「速く走るための完ぺきなバランスを持っている」「初代911GT3から70kgしか増加していない」

| ワルター・ロールが20年以上前にニュルにて記録した初代911GT3のタイムをさらに1分も短縮 |この記事のもくじ| ワルター・ロールが20年以上前にニュルにて記録した初代911GT3のタイムをさら ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた
ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた!何度見てもこのクルマには驚きしか感じないな・・・。

| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっと誰もが驚く |この記事のもくじ| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっ ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), >ランボルギーニ
-, , , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5