スズキ

ランボルギーニ・ウルスにリコール

ランボルギーニ・ウルス、アウディA6/A7に「火災の可能性」でリコール!ミニは「エンジン停止」、ハスラーは「シートベルト」、ホンダは「エアバッグ」と一気にリコールが届け出に

| ランボルギーニはもともとリコールの少ないブランドだが | さて、国土交通省へといくつかのリコールが届け出られており、ここでそれらを紹介してみたいと思います。まず最初は「ランボルギーニ・ウルス」。ラ ...

スズキがインドでジムニーの生産を開始

スズキがインドにてジムニーを生産し輸出を開始!第一号車がロールアウトし「Make in India」。気になるジムニーロング(5ドア)は?

| インドでのジムニー生産はもうちょっと先になると言われていたが | さて、スズキが公式に「インドでジムニーの生産を開始し、同時に輸出も開始した」と発表。このジムニーは日本でいう「ジムニーシエラ」で、 ...

マルチ・スズキの展示したジムニー(インド)

ジムニー・ロング(5ドア)最新情報。「コードネームはYWD」「全長は4M以下」「発売は2022年6月」「販売はインド国内のみ」etc.。どんどん発売が遅れてくるな・・・。

| 現状、インドでは唯一のオフローダー、「マヒンドラ・ター」に照準を合わせる | さて、なかなか具体的な情報があがってこないスズキ・ジムニー「5ドア」。それでもインドではたびたびウワサになっており、こ ...

ヴェルデ・スキャンダルのランボルギーニ・ウラカン

塗料メーカーによる「今年イチオシのボディカラー」はプリウスやジムニーでおなじみ、あの「明るい黄緑色」だそうだ!調べてみるとけっこう多くのクルマが採用しているぞ

| けっこう特殊な部類の色なのに、オフローダーやコンパクトカー、エコカー、はてはスーパーカーにも採用される摩訶不思議な色 | さて、塗料メーカーのアクサルタ(Axalta)が2021年の「オートモーテ ...

トヨタ・ライズ

トヨタが「メーカーからの」カタログ送付サービスを廃止、その意図を考察してみた!同様の傾向は拡大する可能性があり、今後紙カタログ入手のハードルが上がるかも

| いったい紙カタログ送付は自動車メーカーにとってどれくらい負担になっていたのかが気になる | さて、ぼくがよく利用していた、自動車メーカーへの「カタログ請求」。現行モデルであればWEB上でも情報を確 ...

マツダMX30

2020年12月の国内乗用車販売ランキングは大荒れ!マツダCX-30/MAZDA3は昨年比1/3程度に落ち込み、エクリプスクロスとレヴォーグは7倍、シビックは9倍に

| やはりマツダのクルマは賞味期限が短い | さて、2020年12月の車種別国内販売状況が公表され、その内容をお届けしたいと思います。ここ最近の傾向としてトヨタが異常に強いのは変わらず、そしてトップは ...

アマビエ仕様の2021年新春トミカ「ジムニー」

来年はいい年でありますように!「万福トミカ」アマビエ×ジムニーが登場!!カシオからも福々しい「達磨G-SHOCK」が発売に。これで災いを吹き飛ばそう

| 今年はあまりに色々なことが一度に起こりすぎた | さて、タカラトミーが今回で7年目となる2021年新春バージョン「万福トミカ」の概要を発表。今回は全部で6種類のラインナップとなり、ボディカラーはマ ...

ドバイでのスズキ・ジムニーのカスタム

【動画】ドバイからもジムニーのカスタムに参戦!砂漠を日常的に走り回るための実用的な改造や装備を見てみよう

| ドバイの連中は本当に毎日が楽しそうだな | さて、中東からもスズキ・ジムニー(シエラ)のカスタムが登場(アイアンマンという割には、ショップのキャラクターがハルクっぽい)。これは現地カーショップ、「 ...

地上を走るより水に浮かんだ方が似合いそうな「スズキ・イキガイ」!カテゴリどころかクルマを超えたコンセプトカーが登場

| スズキをレンダリングの題材に選ぶとは珍しい | さて、インダストリアルデザイナー、Samuele Errico Piccarini氏が「スズキ・イキガイ(生き甲斐)」コンセプト」を発表。※スズキ非 ...

ジムニーのロング版「ジプシー」に新型が登場したら!ジムニー以上に人気が出そうなカッコいい予想CG

| コンパクトクラスのピックアップ的モデルは「次の注目カテゴリ」かもしれない | さて、最近にわかに騒がしいインドのマルチ・スズキ。これは現地企業とスズキとの合弁会社で、もともとはインド政府とスズキと ...

ジムニー5ドア

スズキ・ジムニー5ドア新情報!「投入はインドのみ」「名称はジプシーの可能性」「装備充実の豪華版ジムニーになる」

| 開発自体はすでに開始され、サプライヤーは「現地」で調達との報道も | さて、何かと話題の「ジムニー5ドア」。インドのカーメディア、インディアンカーニュース(ICN)が「インド生産ジムニー」のタイム ...

ジムニーに7.6万台の大規模リコール!スズキは6月にも61万台をリコールし「やっぱり錆びやすい」?そのほかメルセデス・ベンツ、マイバッハもリコールに

| 実際にけっこうな数の不具合が発生していた | さて、スズキがジムニー7万台超に対してリコールを届け出。内容としては「フロントサスペンションのコイルスプリングが錆びて折れる」というもので、対象となる ...

ヒュンダイがラダーフレーム採用オフローダーへと参入を表明。「ランドクルーザーやGクラスに対抗する」

| ヒュンダイはあらゆるチャンスを追求してゆくようだ | さて、最近勢いづいているヒュンダイ。日本への再上陸やスーパーカーセグメントへの参入など様々な話題がありますが、今回は「ラダーフレーム採用のオフ ...

え?これがランドローバー・ディフェンダー?箱バン風、しかも超ワイルドにバーチャルカスタム

| こういった仕様のクルマを欲しがる人も多いかもしれない | さて、世の中には様々な「もしも」系レンダリングが存在し、よくあるのは「スーパーカーをワゴンに」「スーパーカーをオフローダーに」。そのほかに ...

BMWが燃料漏れにて年間販売台数よりも多い5万台をリコール!スズキは「エンスト/始動不能」にてスイフトをリコール

| BMWの「5万台」はかなり多い | さて、BMWとアルピナ、スズキがリコールを届け出。まずはBMWですが、燃料タンクに問題があって燃料が漏れるおそれがある、というもの。発見の動機は「市場からの報告 ...

スズキ・ジムニー

英国にて「2シーター」ジムニー発売!乗用車としての販売を終了させていたものの今度は商用車として復活

| スズキ・ジムニーは規制や外部環境に翻弄され続ける | さて、スズキは2ヶ月前、英国にてジムニー(日本ではジムニーシエラ)の販売を終了させていますが、今回は「販売再開」というニュース。販売終了の理由 ...

スズキ・ジムニーの歴史

6月以降、国内登録台数が倍増していたジムニー シエラ。8月にはまた半分近くに台数が減り、おそらくはインドへの生産設備輸出が影響?

さて、ここ数ヶ月のあいだ気になっていたのが、日本におけるジムニーシエラの登録台数。ジムニーシエラは発売された後、今に至るまで高い人気を誇っており、まだまだ十分に行き渡らない状態だとも言われます。その理 ...

日本でも売れそう!トヨタがインド市場にて小型SUV「アーバンクルーザー」発売、スズキ・ブレッツァとの兄弟車か

| なかなかにダイナミックなデザインを持つ刺激的なSUVだ | さて、トヨタがインド市場向けにコンパクトクロスオーバー「アーバンクルーザー」を発表。搭載されるエンジンは1.5リッター4気筒、トランスミ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f