ハイブリッド

トヨタがRAV4 PHV発売!RAV4最上位モデルとしての質感を高め、災害時には「3日分の電力供給」を可能とするなど利便性も向上

| 現時点ではもっともユーティリティの高いPHEVかもしれない | トヨタがかねてより予告していた「RAV4 PHV」を発表。これはRAV4の最上位モデルという位置づけで、ガソリンエンジン+ハイブリッ ...

【動画】レゴ×ランボルギーニによる「シアンFKP36」発売開始!トランスミッションも動作可能、レゴテクニック史上もっとも複雑な製品に

| ドアやエンジンフード、スポイラーも実車同様に可動する | ランボルギーニが、かねてより予告していた、レゴテクニックとの共同開発による「シアンFKP37」を発表。ランボルギーニは現在フォルクスワーゲ ...

BMWがこっそりX2にPHEV「X2 xDrive 25e」設定!BMWは今後ガソリンエンジンの出力向上を行わず、HVシステムの出力向上に注力?

| 直近で発表されたフェイスリフトモデルはいずれもエンジンがパワーアップしていない | BMWがこっそりとBMW X2にプラグインハイブリッドモデル、「X2 xDrive 25e」を発表。すでに発表さ ...

ポルシェの新しい911開発責任者が語る。「私は911をもっとコンパクトに作りたいと思う。だが、それは今や叶わぬ夢だ」

| 全車ハイブリッド/ピュアエレクトリック化する前にはガソリンエンジンの”ナローボディ”を最終モデルとして出して欲しい | さて、ポルシェはつい先日、「第三のボディ形状」を持つ911タルガを発表したと ...

トヨタが”北米版ハリアー”、新型ヴェンザ発表!「トヨタ史上最強オーディオ」設定など快適性・高級さにとことんこだわったようだ

| 新型ハリアーもヴェンザとほぼ同じ装備が与えられることになりそう | さて、トヨタは「新型ハイブリッドを公開する」と予告していましたが、そのうちのひとつが「VENZA(ヴェンザ)」。これは2015年 ...

ホンダ「フィットに採用されるe:HEVはF1のハイブリッドにインスパイアされたものだ」。実際に共通点はあるものの、ホンダがそれを広く知らせないナゾ

| ハードよりもソフトウエアにおける共通性が高いようだ | ホンダによると、新型フィットに採用されるハイブリッドシステム(e:HEV)と、F1マシンに採用されるハイブリッドシステムとは共通点がある、と ...

トヨタが北米でのプリウス20周年を記念し特別仕様車「2020エディション」を2020台発売!ホイールやバッジがブラック化されてカッコいいぞ

| 北米での限定モデルは比較的”ブラック”が多用されるようだ | トヨタの北米法人が「プリウスの北米発売20周年」を記念し、プリウス2020エディション(Prius 2020 Edition)なる特別 ...

マツダ副社長激白!「直6+FRはコスト削減のためで高価格化のためではない」「プレミアム化は”買ってもらって”はじめて成立する」。マツダほど誤解されているメーカーも他にない

| マツダは過去に自ら価格を上げて失敗した例から「プレミアム化の難しさをよく知っている | さて、創立100周年を迎え、さらには「電動」「直6」「FR」といった新しい方面へとチャレンジするマツダ。一見 ...

ロータスの新型ミドシップスポーツは「ガソリンエンジンを搭載する最後のロータスになるだろう」。スポーツカーメーカーとしては異例の早さでEVへシフト

| こんなに早くロータスがフルエレクトリックへ移行するとは | ロータスは「エスプリ後継」とも言われるミドシップスポーツカーを発表する予定ですが、これについては「エヴォーラのプラットフォームを改良して ...

マクラーレン「スーパーカーは軽量化競争の時代に突入した。これに勝利するのは我々であり、準備は整っている」

| ハイブリッド時代では軽量化がモノを言う | マクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏によると、「マクラーレンはこれから軽量化にトッププライオリティを置く」とのこと。スーパースポーツというと「馬力 ...

残念!ポルシェが出願した特許画像は「918スパイダー後継ではない」と公式に否定。”今のところ”はコンセプトカーのひとつにとどまる

| 実際のところ、918スパイダー後継は「数々の選択肢の中から絞りきれていない」のだと思われる | さて、つい先日明るみになった「ポルシェの新型ハイパーカー」っぽいパテント画像。ポルシェ918スパイダ ...

マクラーレンP1後継モデルは2024年登場?マクラーレンが一度は捨てたハイブリッドをもう一度採用するワケ

| サーキットを速く走るにはハイブリッドは不要だと切り捨てはずだが | マクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏が英国Autocarに語ったところによると、「P1の後継モデルは2024年に登場」との ...

フェラーリ・ディーノ?謎のハイブリッドモデルが488の姿でテスト中

| フェラーリは2022年までに15ものニューモデルを発表する計画を持っている | ここ最近、ニューモデルの発表やテストが活発化しているフェラーリ。2018年から2022年にかけて15ものニューモデル ...

アストンマーティンが既存モデルのV8を新開発のV6ハイブリッドへ入れ替えると明言。DBX、DB11、ヴァンテージが対象となり、旧エンジン搭載モデルは中古市場で価値下落も

| アストンマーティンはいつも大胆な選択を行う | アストンマーティンは現在、「ツインターボV6エンジン+ハイブリッド」を開発中と伝えられますが、その完成後には(現在使用している)メルセデスAMG製の ...

レンジローバー・イヴォーク、ディスカバリースポーツにPHEV設定。バッテリーのみで60km走行可能、エンジンは1.5リッター3気筒

| ガソリンエンジンは前輪、エレクトリックモーターは後輪を駆動 | ジャガー・ランドローバーがレンジローバー・イヴォーク、そしてランドローバー・ディスカバリー・スポーツにプラグインハイブリッドモデルを ...

フォルクスワーゲン「ガソリンエンジンは我々が予期したよりはずっと長く存続するだろう」。エンジンはクリーンになり、一方でバッテリー性能は進化せず

| 現実は自動車メーカーが予想したとおりには進まなかった | フォルクスワーゲンの技術開発担当、マティアス・ラーベ氏が英国 Autocarに語ったところによると、「ガソリンそしてディーゼルエ ...

メルセデス・ベンツは「EQ」シリーズにもAMG設定。第一弾はEQSとなり600馬力以上を発生

| ただし価格が”相当に”高くなるのは間違いない | メルセデス・ベンツはエレクトリックブランドとして「EQ」を立ち上げており、まず発売されたのが「EQC」。その次に控えるのがEQV、そしてEQA、E ...

マクラーレン「PHEVとなる次期スポーツシリーズは夏に発表、年内に納車開始」。量産ハイブリッド先陣を切る

| おそらくはV8に代えてV6ツインターボエンジンを搭載か | マクラーレンはかねてより「エレクトリック化」を進めると公言してきましたが、「スポーツシリーズ」初のハイブリッドが今年夏に発表され、年内に ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5