ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

【動画】もはや異次元の速さ!テスラ・モデルSプラッドがサーキットにてポルシェ911GT3 RS、マクラーレンP1/セナ、ランボルギーニ・ウラカンを抜き去る

投稿日:

もはや異次元の速さ!テスラ・モデルSプレッドがサーキットにてポルシェ911GT3 RS、マクラーレンP1/セナ、ランボルギーニ・ウラカンを抜き去る

| テスラ・モデルSプラッドは、納車が開始されたEVとしては「世界で最も速いクルマ」 |

直線はともかく、サーキットにてこれほどのパフォーマンスを披露するとは

さて、テスラは先日「初の」トリプルモーターを搭載した新型車、モデルSプラッド(Plaid)を発表したところですが、今回米ラグナセカ・スピードウェイ(サーキット)を走行する様子を収めた動画が公開され、そのあまりの速さが衝撃的だとして話題に。

これら動画は「Unplugged Performance」によって公開されており、ポルシェ911GT3 RS、マクラーレンP1/セナ、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテを追い越す様子が確認できます。

その速さは驚異的

まず動画では、ポルシェ911GT3RS、マクラーレン・セナ、マクラーレンP1が先行。

021-06-18 15.47.49

ここでポルシェ911GT3 RSを捉えて抜き去り・・・。

021-06-18 15.48.15

P1とセナもロックオンして・・・。

021-06-18 15.48.25

あっさりパス。

021-06-18 15.48.56

その後はウラカン・ペルフォルマンテを捉え・・・。

021-06-18 15.46.44

これも一瞬で置き去りに。

21-06-18 15.46.51

「新型テスラ・モデルSプレッドの速さは常軌を逸している」ということになりそうですね。

ただしこのテスラ・モデルSプレッドはライトチューン版

なお、今回の動画にて注意を要するのは、このテスラ・モデルSプレッドには「ライトチューン」が施されているということ。

具体的には、内装が剥がされて軽量化が図られ、競技用のタイヤが取り付けられています(安全のためにロールケージも)。

021-06-18 15.46.30

ただ、そのあたりのハイパフォーマンスセダンを引っ張ってきて、内装をひっぺがして競技用タイヤを装着したら「マクラーレンやポルシェ、ランボルギーニよりも速くなる」というわけではなく、そこは素直にモデルSプレッドの性能の高さを認める必要がありそうです。

2021-06-18 15.46.56

テスラはニュルブルクリンク挑戦の意向も示していたが

なお、テスラはしばらく前に、モデルSプレッドにてニュルブルクリンクに挑戦し、EV最速のみならず、セダン最速の記録を(ポルシェ・パナメーラを破り)樹立すると豪語。

その後何週間かに渡ってニュルブルクリンクを走る姿が目撃されたものの、テスラからはタイムに関する公式アナウンスはなく、この様子を見るに、実際に記録を打ち立てることは難しかったのかも。

テスラ・モデルSが非公式ながらニュルにて7:13を記録したとの報道。ポルシェ・タイカンの記録を30秒短縮し、4ドア最速記録を持つジャガーの記録を5秒短縮

| テスラはもともとニュルブルクリンクを走ることを想定していなかったはずだ | テスラ・モデルSが非公式ながら、ニュルブルクリンクにて「7分13秒」のタイムを記録した模様。これはEVエンスージアスト、 ...

続きを見る

ただ、今後どこかでニュルブルクリンクに挑戦する機会もあるものと思われ、「ノーマル状態でどれくらい速いのか」を証明してほしいところですね。

テスラが0-100km/h加速世界最速2.1秒のモデルS「Plaid(プラッド)」発売!あわせてニュル挑戦、安価なEV発売にも触れ、自動車業界の「最速から最安」までを支配しそう

| もうテスラには手を付けられない |この記事のもくじ| もうテスラには手を付けられない |現時点で「2.1秒」は世界最速テスラは「最速」を目指すテスラは「低価格帯EV」も計画中こんな記事も読まれてい ...

続きを見る

テスラ・モデルSプレッドがポルシェ、マクラーレン、ランボルギーニを抜き去る動画はこちら

参照:Unplugged Performance

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5