ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

ボルボがGoogleのHDマップを「自動車としてはじめて」搭載すると発表!これによって車線などの詳細な情報を事前に把握でき、より高度な自動運転を実現可能に

投稿日:2023/01/17 更新日:

ボルボがGoogleのHDマップを「自動車としてはじめて」搭載すると発表!これによって車線などの詳細な情報を事前に把握でき、より高度な自動運転を実現可能に

| 様々な手法を用いてボルボやポールスターは自動運転に近づく |

ただし工事など予測不能な事態も発生するため、マップのみに状況判断を頼ることはできない

さて、様々な技術やデバイスが発表されているラスベガスの家電見本市「CES」ですが、ここでボルボとポールスターが「グーグルの新しい高精細地図技術を自動車メーカーとしては初めて導入する」と発表。

この技術は、ポールスター3から導入され、高度な運転支援技術を向上させることができる、と両社は主張しています。

GoogleのHDマップはこんな機能を持っている

そこでこのGoogle提供による高精細地図(HDマップ)につき、グーグルのジオ・オートモーティブ部門担当副社長、ヨルガン・べーレンズ氏によると「Googleの新しいHDマップは、我々が世界をマッピングしてきた長い歴史に基づいて、自動車メーカー向けに特別に設計されており、次世代のアシストおよび自律走行システムを強化するために不可欠な、車線レベルおよび位置情報を網羅したデータを提供します」とあり、カメラ以外の方法によって「車線などを認識する」ということになりそうです(もちろんそれだけではない)。

2

この技術はポールスター3に続きボルボEX90にも搭載されることになりますが、ボルボは「これは車線変更支援やパイロット・アシスト技術などの機能に役立つとしており、今後の自律走行技術の展開において、HDマップが重要なツールになる」と述べ、「車載のLiDARやレーダーセンサー、カメラは周囲の状況を把握するのに役立つが、グーグルのHDマップが提供する詳細なデータは、車両がより先の未来に備えるのに役立つ」ともコメントしており、これらを複雑に組み合わせることで、より優れた、そして安全な自立運転を提供できるようになるものと考えられます。

1

ボルボの新フラッグシップにして新世代モデル「EX90」正式発表!まるで人々がボルボに求めるデザインや機能をカタチにしたかのようなクルマだと思う
ボルボの新フラッグシップにして新世代電動モデル「EX90」正式発表!まるで人々がボルボに求めるデザインや機能をカタチにしたかのようなクルマだと思う

| ボルボは中国の吉利汽車傘下に入って大きく躍進したと考えていい |この記事のもくじ| ボルボは中国の吉利汽車傘下に入って大きく躍進したと考えていい |さらにはロータスもこれに続き復活を遂げることにな ...

続きを見る

ますますクルマの「家電化」が進む

ボルボのCOO兼副CEOであるハビエル・ヴァレラ氏は、「ボルボの将来の車種にGoogle HDマップが加わることは、Googleとの戦略的協力関係の拡大であり、技術リーダーとの協働へのコミットメントを反映しています。Google HD Mapsを搭載することで、ドライバーの皆様により楽しいドライブ体験を提供し、将来的には安全な自律運転の導入に貢献することができます」とコメントしており、この新技術については非常に高い評価を下しているようですね。

3

その他、ポールスターは本日、(ポールスター2で)でグーグルアシスタントによるリモートアクションの展開を開始することを発表しており、これによってEVオーナーは、(グーグルアシスタント機能を持つ)あらゆるデバイスを使用して車両のバッテリー状態の確認、ドアのロック解除、車内の暖房開始などの機能を利用することができるようになる予定なのだそう。

4

ポールスター社のCEOであるトーマス・インゲンラス氏は「これらの開発は、グーグルとの強い関係の直接的な成果であり、革新的なAndroid Automotive OSを我々の車に統合することの利点を示しています」とコメントしており、これからはボルボやポールスターのみではなく様々な自動車メーカーのクルマにこの技術が搭載されることになりそうですね。

そしてこういった機能を見るにつけ、「クルマの家電化」がさらに進むということも実感でき、様々なテック企業から色々なサービスが登場することになるのかもしれません。

合わせて読みたい、CES関連投稿

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう
ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している |この記事のもくじ| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している ...

続きを見る

アマゾンがカーセキュリティとドラレコに参入!車内版アレクサ「リング・カー・カム」は簡単取付、24時間無休にて車内外を監視して録画もOK
アマゾンがカーセキュリティとドラレコに参入!車内版アレクサ「リング・カー・カム」は簡単取付、24時間無休にて車内外を監視して録画もOK

| これはなかなかに便利そうだが、画角や暗所での仕様など懸念が残る |この記事のもくじ| これはなかなかに便利そうだが、画角や暗所での仕様など懸念が残る |日本で発売されれば試しに一つ買ってみようと思 ...

続きを見る

BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用
BMWが「ボディやパーツの色を電気的に変更できる」iヴィジョン・ディーを発表!内外装は新世代へ、そして2025年発売の「ノイエクラッセ」からこれら技術を順次採用

| BMWはこれまでのiシリーズを見てもわかるとおり、強い「未来志向」を持つようだ |この記事のもくじ| BMWはこれまでのiシリーズを見てもわかるとおり、強い「未来志向」を持つようだ |今思えば、以 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5