ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが18台のみ限定、価格2.8億円「バトゥール」のテストを開始!試作車のボディカラーはパープル、これから欧州4カ国、2,500kmにわたる検証の旅へ

ベントレーが18台のみ限定、価格2.8億円「バトゥール」のテストを開始!試作車のボディカラーはパープル、これから欧州4カ国、2,500kmにわたる検証の旅へ

| ベントレーにはいかなる小さな瑕疵も許されない | バトゥールに積まれるエンジンはベントレー最強の740馬力 さて、ベントレーはそのコーチビルド・プログラム「マリナー」を通じて少量限定モデルの生産を ...

ベントレーが「オプション装着率97%」というフライングBマスコットの秘密に迫る!起源は1920年代、そして現代のマスコットは6代目、こうやって製造されている

ベントレーが「オプション装着率97%」というフライングBマスコットの秘密に迫る!起源は1920年代、そして現代のマスコットは6代目、こうやって製造されている

| フライングBはしばらく廃止されている期間があった | 現在のフライングBの製造にかかるのは11週間、世界中の気候に耐えうる強度を持っている さて、ベントレーのマスコットといえば「フライングB」。こ ...

ベントレーとアディダスとのコラボスニーカー爆誕!実車と同じ素材や製法にてハンドメイド、デザインを行ったのはSurgeon(サージョン)、もちろん限定

ベントレーとアディダスとのコラボスニーカー爆誕!実車と同じ素材や製法にてハンドメイド、デザインを行ったのはSurgeon(サージョン)、もちろん限定

| 価格は非公開、しかしとんでもなく高いのは間違いなさそう | 今後の展開、そして一般人でも注文できるようになるのかどうかはわからない さて、「フェラーリとプーマ」「サントーニとメルセデスAMG」など ...

ランボルギーニ

2022年10月の輸入車登録台数が公開!ランボルギーニは前年比2倍、フェラーリは1.5倍、マセラティは1.6倍。反面マクラーレンは登録7台、ロータスはわずか2台にとどまる

| マクラーレン、ロータスは「生産が思うようにできず」販売できる個体が日本に入ってきていないものと思われる | 現在、自動車業界はいまだ経験したことがない領域に突入している 2022年10月の輸入車( ...

こんなにエレガントなベントレーは見たことがないな・・・!モナコでしか買えないヨットモチーフの「コンチネンタルGT リビエラ・コレクション」登場

こんなにエレガントなベントレーは見たことがないな・・・!モナコでしか買えないヨットモチーフの「コンチネンタルGT リビエラ・コレクション」登場

| ベントレー・コンチネンタルGTC リビエラ・コレクションのボディカラーは地中海を意識した3色 | カーボンパーツをあえてボディカラー同色に塗るというこだわりも さて、チョコチョコとスペシャルエディ ...

ベントレーの顧客が「2.2億円のバカラル」にあわせてプライベートジェットとヘリコプターをオーダー!内外装がバカラルと同じ仕様に。お金があるところにはあるんだな・・・

ベントレーの顧客が「2.2億円のバカラル」にあわせてプライベートジェットとヘリコプターをオーダー!内外装がバカラルと同じ仕様に。お金があるところにはあるんだな・・・

| ちなみに先に完成したのはプライベートとヘリコプター、肝心のバカラルは現在製造中 | これら3つをあわせてどれくらいかかったのかはわからない さて、ベントレーは1台2億2000万円超、12台のみ限定 ...

ベントレー

「金持ちけんかせず」。2月に海の藻屑となったベントレー189台のオーナーは、その不幸を伝えられたとき、誰一人として怒らなかったという

2022/10/18    , , , , ,

| そしてベントレーは事故を処理する前から再生産の準備を行い、すでにすべての台数を生産し納車済み | 不幸な事故ではあったが、中にはいくつかの「幸運」も さて、今年2月に「欧州を出発しアメリカに向かう ...

ベントレーが103年の歴史を振り返り「未来につなげる」ためのヘリテージ・ショーケースを公開!歴史的モデルを収蔵し顧客や来客に一般公開

ベントレーが103年の歴史を振り返り「未来につなげる」ためのヘリテージ・ショーケースを公開!歴史的モデルを収蔵し顧客や来客に一般公開

| ベントレーはこれまでに3つの時代を歩んでいる | ここまで希少なモデルを揃えて公開するとは太っ腹 さて、ベントレーが自社の工場敷地内に「ヘリテージ・ショーケース」を設置した、と発表。ベントレーは今 ...

まさかのピンクも!ベントレーが「過ぎ去りしハリウッドの黄金期」をイメージしたパステルカラーの”特別仕様”コンチネンタルGTCを発表

まさかのピンクも!ベントレーが「過ぎ去りしハリウッドの黄金期」をイメージしたパステルカラーの”特別仕様”コンチネンタルGTCを発表

| ベントレーのカスタムプログラム「マリナー」の利用率は2年で3倍に | 現在の高級車は「パーソナリゼーション」が大きなキーワードとなっている さて、自社のパーソナリゼーション、そしてコーチビルドを手 ...

ランボルギーニ

2022年8月の輸入車登録台数が発表!もっとも伸びたのは前年比2倍のロールス・ロイス、二番目はランボルギーニ、4位はフェラーリ

| ロールス・ロイス、ランボルギーニ、フェラーリは「通年」でも昨年より多くの販売台数を記録 | ランボルギーニ、フェラーリは多くのモデルが販売を終了する中で堅調に業績を伸ばす さて、2022年8月の輸 ...

分譲価格は5.8億円から!ベントレーがマイアミにて超高級タワマンを販売開始。各部屋とも3-4台の屋内ガレージを持ち、クルマごとエレベーターに乗って自室へ行ける

分譲価格は5.8億円から!ベントレーがマイアミにて超高級タワマンを販売開始。各部屋とも3-4台の屋内ガレージを持ち、クルマごとエレベーターに乗って自室へ行ける

| プレミアムカーメーカーの収益構造もずいぶん多様化してきた | 今後はさらに「ラグジュアリーライフスタイル全般」をカバーするようになるものと思われる さて、意外かもしれませんがプレミアムカーメーカー ...

ベントレーの最新限定モデル「バトゥール」サイドビューが公開!全く新しいデザイン言語を採用、このデザインは2025年発表のEVにも用いられることに

ベントレーの最新限定モデル「バトゥール」サイドビューが公開!全く新しいデザイン言語を採用、このデザインは2025年発表のEVにも用いられることに

| これまでの「迫力重視」から一転し、前後が絞り込まれたスマートなルックスを採用するもよう | 新時代のベントレーはその印象を大きく変える さて、ベントレーはつい先日、「バカラル」に次ぐ少量生産限定モ ...

もしも系レンダリングや現実のカスタムで大人気の6輪化がミニカーにも!ホットウィールベースの「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ・オフロード」登場

もしも系レンダリングや現実のカスタムで大人気の6輪化がミニカーにも!ホットウィールベースの「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ・オフロード」登場

| 現実にこのカスタムを行う人が出てきそうなところが恐ろしい | すでに現実にはロールス・ロイスの6輪カスタムやベントレーのオフロードカスタムが存在する さて、これまでにも様々なホットウィールのカスタ ...

ベントレーが「キンタマーニ高原にある湖から名前を取った」25台のみ、3.3億円の少量生産限定モデル「バトゥール」のティーザー画像を公開

ベントレーが「キンタマーニ高原にある湖から名前を取った」25台のみ、3.3億円の少量生産限定モデル「バトゥール」の予告画像を公開。W12エンジン搭載最後のモデルか

| ベントレーは今後、こういった超高額限定モデルを収益の柱としてゆくようだ | よって今後もさらにこのシリーズが続くものと考えられる さて、ベントレーはつい先日「少量限定モデル、バカラルの生産を完了し ...

ベントレーが「バラ色のメガネを通して世界を見ていた」殿堂入りキャスターに敬意を表しバラ柄のコンチネンタルGTを製作、チャリティーオークションへ

ベントレーが「バラ色のメガネを通して世界を見ていた」殿堂入りキャスターに敬意を表しバラ柄のコンチネンタルGTを製作、チャリティーオークションへ

| ベントレーはずいぶん前から環境と人々に対して優しくあろうと務めている | デザインはそのキャスターが「最後に着用して公の場に登場した」衣装がモチーフ さて、ベントレーはこれまでにも多くのアートカー ...

ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も

ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も

| ベントレーはもともと無限に近いカスタム性を誇り、「法律と想像力の限界」でしかそれを制限できない | 特にその内装は自動車業界でもっとも高い自由度を持っているとも考えられる さて、ベントレーが12台 ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

2022年7月の輸入車登録台数が発表。新車がないアルファロメオ、ジャガーは苦戦を強いられ、フェラーリ、ランボルギーニ、ロールスロイスなど超価格帯ブランドは順調に伸びる

| どんな状況においても「超」高級ブランドはやっぱり強い | 当然ではあるが、特徴のないブランドはやっぱり弱い さて、2022年7月の輸入車登録台数が公開。全体的には前年同期比75.3%となっていて、 ...

ベントレー初となるEVの発売が2025年から2026年に後ろ倒し!ポルシェとアウディのEV発売計画も遅れており、どうやらソフトの開発が遅れているようだ

ベントレー初となるEVの発売が2025年から2026年に後ろ倒し!ポルシェとアウディのEV発売計画も遅れており、どうやらソフトの開発が進んでいないようだ

| ベントレーは「これは大きな問題ではない」というが | この時点での1年はとてつもなく大きな意味を持つ さて、ベントレーはフォルクスワーゲングループの中でもかなり速いペースで電動化を進め、いちはやく ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5