ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWが新型iX1のティーザー画像を公開!次期X1と車体を共有するAWD、満充電あたりの航続距離は400キロ以上を実現

投稿日:

BMWが新型iX1のティーザー画像を公開!次期X1と車体を共有するAWD、満充電あたりの航続距離は400キロ以上を実現

| BMWはX1ファミリーのテストをほぼ完了、PHEVモデルに加えピュアエレクトリック版のiX1も発売 |

ボディ表面はエアロダイナミクスを考慮してクリーンに

さて、先日はX1の発表が間近だと報じられたBMWですが、今回はその電動版のiX1のティーザー画像を公開。

iX1は次期X1と車体を共有するEVとなりますが、BMWはEVの展開につき、i3やi8のように「専用設計シャシー」を使用する方向性から、i4と4シリーズ・グランクーペ、i7と7シリーズのように「ガソリン車とEVとで車体を共有する」方向へと(一時的に)シフトしています。

もちろん、その一方で「ノイエクラッセ」と呼ばれる次世代EV専用プラットフォームの開発も行ってはいるものの、現在はまだ「EV専用プラットフォームの設計を固定する」には(バッテリー性能など)不確定な要素が多い過渡期でもあり、なかなかEV専用としての設計を持つクルマを発売しにくい状況なのかもしれません(後にバッテリーが大きく進歩したりすると、現在の設計が無駄になったり、改修コストが大きく膨らんだりする)。

BMW-iX1-Teaser (8)

BMWはコンパクトクラスの将来について「検討中」

そしてもうひとつ、BMWがガソリン車とEVとの設計を共有する理由はその「コスト」。

当初計画していたよりもバッテリーのコストが高く、EV製造の原価が上昇してしまい、そこに専用設計の車体を用いたのでは「高すぎて売れない」シロモノになってしまうことが目に見えていて(これはi3で実際に体験済みだと思う)、よって少しでもコストを下げるためにガソリン車と同じ車体を用いる、というワケですね。

BMW-iX1-Teaser (7)

BMW
BMWはコンパクトカーの収益性に疑問を感じ、将来的に1 / 2シリーズを廃止する可能性。アウディはすでにA1とQ2の廃止を決め、この動きに追随か

| たしかにBMWの考えることにも納得できる |この記事のもくじ| たしかにBMWの考えることにも納得できる |おそらくコンパクトEVは中国自動車メーカーの独壇場になるのかも現在と将来とでは大きく事情 ...

続きを見る

新型BMW iXはどんなクルマに?

かくして今回ティーザー画像が公開された新型iX1はガソリン版であるX1と同じ基本設計を持つことになりますが、これら画像は北極圏にて行われる開発テストの最終段階を捉えたものだと紹介されています。※スウェーデン北部のアルイェプローグにある、BMWグループが所有する冬季テストセンター付近にて撮影されている

カモフラージュ用のシートで多くを覆われているものの、現行X1に比較するとクリーンなボディ表面を持ち、そして大きくなったグリルやアグレッシブなヘッドライトなどを確認可能。

BMW-iX1-Teaser (6)

ほかのBMWのEV同様にキドニーグリルは全閉となり、車体各部にはブルーのアクセントが装着されることになるかと思われますが、現時点ではディティールは「ほぼわからない」状態です。

ちなみにドアハンドルは「フラッシュマウント」ですが、これはガソリン版のX1でも共通の仕様を持つと考えて良さそう。

そしてこのフラッシュマウントドアハンドルはコストがかかるものの「空力優先」にてデザインされたものであり、おそらくは「(ロードラッグ達成にて航続距離を稼ぐ必要のある)iX1ありき」で設計された仕様だと考えてよく、「もし次期X1とiX1とが共通の車体を持たない計画だったとしたら」新型X1には採用されなかったかもしれません(iX1との共通設計だからこそX1にも採用されることになる)。

BMW-iX1-Teaser (5)

新型iX1に搭載されるのは第5世代のエレクトリックパワートレイン

新型iX1に搭載されるパワートレインは第5世代のBMW eドライブ・テクノロジーだと思われ、これは前後アクスルに1つずつエレクトリックモーターを搭載し、BMWが「ファストアクティング・ニアアクチュエーター・ホイールスリップ制御技術」と呼ぶもの。

今のところ出力については不明ですが、一回の満充電あたり航続距離はWLTPサイクルにて約413〜438kmと推定されています。

BMW-iX1-Teaser (4)

なお、EVにとってバッテリーの温度管理は最重要課題だともいえますが、この冬季テストにつき、バッテリーパックはもちろん、電子機器、充電技術の耐久性をテストするのに適した環境だといい、硬く引き締まった氷はBMWのエンジニアがシャシーとサスペンションを調整するのに役立ったといいます。

BMW-iX1-Teaser (9)

ちなみに新型X1にはプラグインハイブリッドモデルも存在するといい、今回のテストではX1、X1PHEV、iX1のテストを合同で行ったそうですが、生産についても3車とも同じドイツ・レーゲンスブルク工場にて行われる、とのこと。

BMW-iX1-Teaser (3)

あわせて読みたい、BMWの新型車関連投稿

中国にて新型BMW i3が目撃される!このヘッドライトやバンパーはフェイスリフト版の3シリーズにもそのまま採用されることになりそうだ
中国にて新型BMW i3が目撃される!このヘッドライトやバンパーはフェイスリフト版の3シリーズにもそのまま採用されることになりそうだ

| 中国以外でもこのクルマが「BMW i3」を名乗るのかどうかはわからない |この記事のもくじ| 中国以外でもこのクルマが「BMW i3」を名乗るのかどうかはわからない |もともとのi3は7月に生産を ...

続きを見る

BMWが新型M2のティーザー動画第二弾を公開!1990年代のセダンに付いていたようなリアウイングがちょっとレトロ
BMWが新型M2のティーザー動画第二弾を公開!1990年代のセダンに付いていたようなリアウイングがちょっとレトロ

| 全体的に見て、M4よりもアグレッシブなクルマとなりそうだ |この記事のもくじ| 全体的に見て、M4よりもアグレッシブなクルマとなりそうだ |新型M2は「最後のピュアでアナログなMモデル」として高い ...

続きを見る

BMWが新型ハードコアモデル「M4 CSL」のティーザー画像を公開→なぜか削除!なお発表は5月20日から開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて
BMWが新型ハードコアモデル「M4 CSL」のティーザー画像を公開→なぜか削除!なお発表は5月20日から開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて

| Facebookにて公開された画像では「見えてはならないもの」が写っているようには見えないが |この記事のもくじ| Facebookにて公開された画像では「見えてはならないもの」が写っているように ...

続きを見る

参照:BMW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5