ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた

投稿日:

もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた

| ポルシェ718ケイマンGT4 RSのオプションには「クルーズコントロール」「ベビーシート」もある |

もちろんハードコアな「ヴァイザッハパッケージ」も

さて、ポルシェジャパンが718ケイマンGT4RSのカーコンフィギュレーターを公開。

今回は本国での発表からほとんどタイムラグなく公開されており、おそらく今後、ポルシェのニューモデルについては、特段の理由や意図がないかぎり「世界ほぼ同時公開」となりそうですね。

なお、新型ポルシェ718ケイマンGT4RSの車両本体価格は1843万円ですが、「フルオプション」にすると32,358,995円にまで価格が跳ね上がってしまい、改めてポルシェのオプションの高さを思い知らされます(ポルシェの顧客は平均して車両本体価格の30%に相当するオプションを装着するという。ぼくもその例にもれない)。

2021-11-20 8.17.15

ポルシェ718ケイマンGT4 RSにはこんなボディカラーが用意されている

そこでポルシェ718ケイマンGT4 RSに用意されるオプションを見てみたいと思いますが、まずはボディカラー。

2021-11-20 8.17.27

スタンダードカラー(0円)としてはブラック、ホワイト、ガーズレッド、シグナルイエローが用意されており、これは近年のポルシェのスポーツモデルにおける「定番」。

2021-11-20 8.25.21

メタリックカラー(535,000円)としてはキャララホワイトメタリック、GTシルバーメタリック、ゲンチアンブルーメタリック。

2021-11-20 8.17.22

そしてスペシャルカラー(535,000円)としてはアークティックグレー(おそらくはカイエンGT発表時の新色)、そして911GT3発表とともに登場したシャークブルー。※ポルシェは新型車発表に際し、新色を用意する傾向にある

2021-11-20 8.17.34

ポルシェ911GT3 RSのリザードグリーンはこうやって開発された!「ニューモデルのボディカラーは先代モデルと似たものであってはならない」

| ポルシェはボディカラーに特段のこだわりがあるようだ | この記事のもくじ| ポルシェはボディカラーに特段のこだわりがあるようだ | 目立ってこそのスポーツカーポルシェの塗料は高い品質的用件を満たし ...

続きを見る

さらにはカスタムカラー(1,664,000円)、そしてカスタムカラーの中でも「自分だけの独自カラーに調合」するとなるとさらに1,664,000円が必要となります。

2021-11-20 8.20.39

そのほかエクステリア系だと「ウィンドウ トライアングル トリム カーボン(79,000円)」、「ドアリリースレバー ブラック塗装(ハイグロス / 20,000円)」、「サイドドア モデルロゴなし(0円)」、「モデル名ロゴなし(0円)」、「PORSCHEロゴ、ハイグロス シルバー カラー(0円)」も。

LEDヘッドライト、ポルシェ ダイナミック ライト システム プラス(PDLS Plus)は311,000円です。

2021-11-20 9.55.33

ポルシェ718ケイマンGT4 RSにはこんなホイール/ブレーキが用意されている

718ケイマンGT4RSに用意されるホイールは2種類で、両方とも20インチ、そして「718ケイマンGT4RS鍛造アルミホイール(0円)」と「718ケイマンGT4RS鍛造マグネシウムホイール(2,475,000円)」。

2021-11-20 8.52.21

カラーはシルバー(0円)、サテンブラック(92,000円)、インディゴブルー(92,000円)、ゴールド(92,000円)に・・・。

2021-11-20 8.54.09

サテンブラック+イエローリム(191,000円)という選択肢も存在します。

021-11-20 8.52.33

なお、ブレーキシステムにはカーボンセラミックブレーキ(PCCB)が1,317,000円で用意され、この場合はブレーキキャリパーがイエローに。

このほか、ブレーキキャリパーにはブラックペイント(137,000円)も選択可能です。

ポルシェ718ケイマンGT4RSにはこんなインテリアカラー / オプションが用意されている

そしてこちらは新型718ケイマンGT4 RSのインテリア。

標準だと「レザーおよびRace-Texアイテムを含むインテリア、ブラック アークティックグレー(0円)」ですが、オプションでは「レザーインテリア、レザーおよびRace-Tex素材を含む、ブラック/ アークティック グレーもしくはディープシーブルー(293,000円)」が用意されています。※レザーの採用範囲が拡大

2021-11-20 8.18.51

シートは「アダプティブ スポーツシート プラス(18way電動調節 / 0円)」に・・・・。

2021-11-20 9.12.20

「フルバケットシート(0円)」のほか・・・。

2021-11-20 8.19.03

ポルシェが新しく導入した「3Dプリント フルバケットシート(硬さをソフト、ミディアム、ハードから選べる。421,000円)」も。※見た目はフルバケットシートと変わらないように思える

2021-11-20 9.12.50

ポルシェが3DプリントされたバケットシートをOP設定!価格は35万円、従来製品より軽量で柔軟、「将来的にはドライバーの体型にあわせたオーダーメイドも提供」
ポルシェが3DプリントされたバケットシートをOP設定!価格は35万円、従来製品より軽量で柔軟、「将来的にはドライバーの体型にあわせたオーダーメイドも提供」

| ますはポルシェ911、ボクスター、ケイマンにて提供を開始し、のちには他車種にも対応 |この記事のもくじ| ますはポルシェ911、ボクスター、ケイマンにて提供を開始し、のちには他車種にも対応 |さら ...

続きを見る

さらにインテリア関連だと、「右ハンドル(0円)」、「助手席6ポイントシートベルト(60,000円)」、「ステアリングホイールとギアセレクター スムーズレザー仕上げ(0円)」、「シートヒーター(70,000円)」、「スモーカーパッケージ(9000円)」、「フロアマット(18,000円)」、「ペイントキー(58,000円)」、カラーシートベルト(46,000円)」、「カラーメーター(82,000円)」、「カラードアループ(26,000円)といったものも(組み合わせ不可なものもある)。

2021-11-20 9.19.02

加えてロールケージのカラーも(ヴァイザッハパッケージでロールケージありを選んだ場合のみ)追加で「サテン アークティックブルー」「ディープシーブルー」の二色を選べます(61,000円)。

2021-11-20 9.19.13

そのほかはポルシェではおなじみのステアリング コラム レザー仕上げ(55,000円)、エアコン コントロールパネル レザー仕上げ(84,000円)、レザー仕上げヒューズ ボックス カバー(41,000円)、レザーエッジング付きカスタムフロアマット(75,000円)、車両書類フォルダー レザー製(60,000円)といったものも。

なお、ポルシェは最近「アルカンターラ調の」質感を持つ新素材「レーステックス(Race-Tex)」の採用を拡大していますが、これについてもダッシュボードトリム パッケージ、レザー/ Race-Tex(174,000円)、ドアトリム パッケージ、レザー/ Race-Tex(75,000円)、Race-Texサンバイザー(69,000円)、Race-Tex仕上げコンパートメントリッドにPORSCHEロゴ(38,000円)といったラインナップが見られます。

もちろんおなじみの「カーボン」といった選択肢も豊富に用意され、「カーボン ドア シルガード、イルミネーション付き(70,000円)」、「カーボンフロアマット、レザーエッジ仕上げ(103,000円)」、車両書類フォルダー マット カーボン製(112,000円)も。

ポルシェ718ケイマンGT4 RSの機能系オプションにはこんなものがある

そして重要なのが「機能系オプション」。

ポルシェ718ケイマンGT4 RSを購入するならばぜひ装着したいのが「ヴァイザッハパッケージ(2,632,000円)」で、これはポルシェによると下記の通り説明がなされています。

エクステリア 
カーボンウィーブ仕上げ:フロントリッド、運転席と助手席の窓の後ろにあるエアブレード付きプロセスエアインテーク、運転席と助手席のドアの後ろにあるクーリングエアインテークトリム、エクステリアミラーアッパートリム。カーボンウィーブ仕上げのリアウィング、リアウィンドウ上部の大きな「PORSCHE」文字、935ルックのチタン製テールパイプトリム 

インテリア 
チタン製リアロールケージ(チタン色)、カーボンウィーブ仕上げの「GT4 RS」文字入りエアダクトおよびエアボックスカバー(シルバー)、レーステックス製ダッシュボード上部、「Weissach Package」ロゴ入りベゼルカップホルダーバッジ、「Weissach Package」ロゴ入り刺繍入りヘッドレスト、ブラックの運転席および助手席用6点式シートベルト。

2021-11-20 9.53.03

なお、チタン製ロールケージなしのヴァイザッハパッケージも用意されていて(2,097,000円)、こちらはクラブスポーツパッケージ(スチール製ロースケージ、キルスイッチ、消化器が含まれる)と組み合わせることが可能となっていますが、こういったややこしい設定となっているのは、「チタン製ロールケージはFIA-GTやDMSBの認定を受けていない」ためにレースに出ない人向け、そしてレースに出るならばチタン製ロールケージなしを選択し、さらにクラブスポーツパッケージを選ぶべしということなのだと思われます。

そのほかは「クロノ パッケージ、ラップトリガー プレパレーション(46,000円)、といったところが揃います。

021-11-20 9.43.47

ポルシェ718ケイマンGT4 RSの快適系オプションにはこんなものがある

ポルシェ718ケイマンGT4 RSは快適性を追求したクルマではありませんが、諸事情によって「日常的に乗る」人も多いと思われ、そういった人向けに用意されているのが快適系オプション。

「フロント アクスル リフト システム(432,000円)」、「助手席ラゲッジネット(0円)」、「助手席ISO FIX(30,000円)」、「BOSEサラウンドサウンドシステム(197,000円)」、「オールウェザーフロアマット(15,500円)」、「レザーラゲッジセット(1,093,400円)」、「ラゲッジコンパートメントボックス(折りたたみ式 / 6,985円)」、「インドアカーカバー(55,880円)」、「USBスマートフォン充電ケーブル(6,105円)」、「クルーズコントロール(54,000円)」、各種ベビーシートといったものも。

そのほかはアンビエント照明「ライトデザインパッケージ(50,000円)」も設定されています。

2021-11-20 9.53.10

ぼく選ぶならこの仕様

なお、ぼくが718ケイマンGT4 RSを選ぶならボディカラーは迷わずアークティックグレー、そしてホイールはマグネシウム製ブラック、ブレーキはPCCB、そしてヴァイザッハパッケージつき。

2021-11-20 9.52.46

インテリアは「ブラック / グレーにイエローのシートベルトやプルタブ、そしてメーター類はホワイト(イエローを選びたいところだが、イエローのメーターは選択できないようだ)。

2021-11-20 9.50.24

ポルシェ718ケイマンGT4RSのボディカラーやオプションをまとめた動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5