ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

近年ではもっともカスタムされたポルシェ911?内外装にカスタムカラーのグリーンを採用した911スピードスター。「万人受けしないかもしれないが、私にとっては完璧だ」

投稿日:2022/05/11 更新日:

近年ではもっともカスタムされたポルシェ911?内外装にカスタムカラーのグリーンを採用した911スピードスター。「万人受けしないかもしれないが、私にとっては完璧だ」

| エアコン吹き出し口のルーバーまでにレザーを貼り込んだポルシェ911を見ることはなかなかない |

ここまで「自分仕様」にカスタムしたポルシェ911を運転するのはさぞ楽しいに違いない

さて、ポルシェは顧客のいかなる要望にも応えてカスタムを行う「エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」なる部門を持っており、今回はその部門が手掛けたポルシェ911スピードスターが紹介されています。

このポルシェ911スピードスターのボディカラーは「ブリュースターグリーン」だと紹介されていますが、このカラーは通常のラインアップそしてオプションでは選択することができず、よって顧客指定のカラーを調合する「ペイント・トゥ・サンプル」プログラムを使用した車両。

なお、このペイント・トゥ・サンプルでは事実上無限のカラーを再現できますが、「一般的な」カラーだと160万円~320万円くらい、しかしカメレオンカラーのような特殊ペイントになると1000万円くらいのコストを要するというケースもあるようです。

【動画】カスタムペイントのポルシェ911はこうやって作られる!製造に関わるのは1台あたり1,500人、要するのは2日間!その工程を4分のタイムラプスで見てみよう
【動画】カスタムペイントのポルシェ911はこうやって作られる!製造に関わるのは1台あたり1,500人、要するのは2日間!その工程を4分のタイムラプスで見てみよう

| 最新の911に用いられるボディカラーはクラシカルなゴールドブロンズメタリック |この記事のもくじ| 最新の911に用いられるボディカラーはクラシカルなゴールドブロンズメタリック |独自のボディカラ ...

続きを見る

ポルシェにとってグリーンは特別

ちなみにポルシェにとってグリーンは特別な色でもあり、というのもポルシェ創業者一族が好んで選んできた色だから。

ヴォルフガング・ポルシェ博士も自身のコレクションの中では「グリーンの993」をお気に入りとして挙げ・・・。

フェリー・ポルシェ(ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェの息子)が乗っていたのもオークグリーンメタリックのポルシェ911。

ポルシェ創業者の息子がスポーティーなルックスにカスタムし乗っていた911がポルシェ自身によって公開に

| ポルシェ911 Cシリーズ、14台目の生産 | ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ博士の息子であるフェリー・ポルシェ氏が自分のためにカスタムしたポルシェ911がポルシェによって公開。 フェ ...

続きを見る

そしてポルシェは「100万台目のポルシェ911」を特別にグリーン(アイリッシュグリーン)にて製作しており、いかにポルシェがグリーンを特別視しているかがわかります。

ポルシェ911が累計生産100万台を達成。100万台目はカレラS、アイリッシュグリーン

| 累計生産100万台を達成できるクルマは多くはない | ポルシェが「100万台目の」911をラインオフ。これは911における54年目で達成した記録となり、100万台目は特別仕様(エクスクルーシブ)の ...

続きを見る

「グリーンのポルシェを手に入れなければならない」

このオーナーがグリーンを選んだのは上述のヴォルフガング・ポルシェ博士の乗っている993型の911を見たことが理由だといい、博士自身が運転してポルシェ博物館からオーストリアへと向かう993ターボSを見た瞬間、「グリーンのポルシェ911を手に入れねばならない」と感じたのだそう。※ヴォルフガング・ポルシェ博士は「自分は助手席には向いていない人間だ」と語り、自身でステアリングホイールを握ることを好む

かくしてそのオーナーはポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥアと相談しつつブリュースターグリーンを選んでいますが、「メタリックカラーはあまり好きではなく、ブリュースターグリーンはとても控えめなので、すぐに気に入りました。くつかの特定の環境では黒に見えますが、明るい光の中で見たとき、美しいグリーンに見えるのです」とコメントしています。

2022-Porsche-911-Speedster-39

【動画】ポルシェ一族の語る「お気に入りのクルマ5選」。やはり一族は言うことが違った

| ポルシェ一族はやはり言うことが違う | ポルシェ一族、ウルフガング・ポルシェ博士が75歳を迎え、「もっとも自分が好きなポルシェ5選」を発表。 これはポルシェがシリーズ展開している「ベスト5」動画の ...

続きを見る

なお、このオーナーはブリュースターグリーンを非常に気に入り、その後には911GT3ツーリング、911ターボSも同じカラーにてオーダーすることに(911ターボSは現在製造中)。

2022-Porsche-911-Speedster-32

そしてほかのポルシェ911もやはり同じグリーン。

2022-Porsche-911-Speedster-41

背景の建物までもがグリーン。

2022-Porsche-911-Speedster-27

こちらはエクスクルーシブ・マヌファクトゥアからのギフトのようですが、それを置いてあるソファまでもがグリーン。

このオーナーは「もともとグリーンが好きだった」のか、それともこのブリュースターグリーンのポルシェ911スピードスターがきっかけとなりグリーンが好きになったのかは不明ではあるものの、もし後者であったとしてもぼくは驚かないだろう、と考えています。

2022-Porsche-911-Speedster-28

参考までに、ちょっと前には「グリーンに取り憑かれ」、腕時計やガレージの装飾までグリーンにしてしまったフェラーリF40のオーナーも報じられており、グリーンというのはそれだけ魅力のあるカラーなのでしょうね。

ちなみにぼくはこういった深いグリーンには強い興味を持っており、ミニJCWにおいても「レベルグリーン」の個体を探したものの、どこのディーラーにも在庫がなく、そこで現在のチリレッドを選んだという経緯も(ただし、どこかのタイミングで、こういったグリーンのクルマを買おうと思う)。

また出た「羨ましいガレージ」。テーマはグリーン、フェラーリF40やポルシェ911GT3もグリーン

| またもや羨ましいガレージ登場 | Ferrari 先日、フェラーリF40を驚愕のグリーンにペイントした人物現るという記事を公開しましたが、その人物は「Automobili Amos」の代表、Eug ...

続きを見る

ブリュースターグリーンのポルシェ911スピードスターはこんなクルマ

そこでこの「ブリュースターグリーンのポルシェ911スピードスター」を見てみたいと思いますが、オーナーの言うように、見ようによっては「ブラック」にも。

2022-Porsche-911-Speedster-29

ただし角度を買えるとグリーンということがわかり・・・。

2022-Porsche-911-Speedster-40

近くで見ると明らかにグリーン。

2022-Porsche-911-Speedster-26

センターロックホイールまでもがブリュースターグリーンにペイントされています。

2022-Porsche-911-Speedster-25

このポルシェ911スピードスターはインテリアまでもがグリーン

そして特筆すべきは「インテリアまでもがグリーン」ということ。

こういった「深いグリーン」のボディカラーを持つクルマの多くは、その内装にタンレザーが組み合わせられるものですが(トヨタ86ブリティッシュグリーン・リミテッドもそうだった)、このポルシェ911スピードスターの場合は内装までもがグリーンとなっています。

2022-Porsche-911-Speedster-23

ちなみにステッチのカラー、刺繍糸のカラーにはブラックが選ばれており、このオーナーの「控えめ」な嗜好が感じられますね。

2022-Porsche-911-Speedster-22

このレザーのカラーは「ノトグリーン」というそうですが(これも標準オプションにはないカラーなので、特別オプションということになる)、インテリアのいくつかのパーツにはボディカラーのブリュースターグリーンが用いられています。

2022-Porsche-911-Speedster-21

そしてこちらはエアコン吹き出し口他のパーツ。

吹き出し口周辺だけではなく、吹き出し口内のルーバーにまでレザーが貼られていることがわかり、相当なコストが掛けられているもよう。

2022-Porsche-911-Speedster-35

そのほかはステアリングホイール、サンバイザー、サイドシル、フロアマットのエッジ、エアコンパネル、ステアリングコラム、ヒューズボックスカバーといったところまでがグリーンレザーで覆われます。

2022-Porsche-911-Speedster-19

ちなみにドアを開かないとわからない、ダッシュボードの「両サイド」までもがステッチ入りのグリーンレザー(キーケースもレザー)。

内装のカスタムだけで数百万円は軽くかかっていそうですね。

2022-Porsche-911-Speedster-18

このポルシェ911スピードスターのオーナーは「私の夢を実現することができ、大変光栄に思います。走行距離やレザーの磨耗具合からわかるように、このクルマを運転するのがとても楽しいんです。このカラーリングの決定を行う過程はとてもユニークでパーソナルなものだったので、このクルマを手放すことはできません。このカラーコンビネーションは万人受けはしないかもしれませんが、私にとっては完璧な組み合わせなのです」とコメントしています。

2022-Porsche-911-Speedster-24

あわせて読みたい、ポルシェのカスタム関連投稿

前所有者はクウェートの6代目首相!おそらくは911史上もっともカスタムされたポルシェ993ターボSが中古市場に登場
前所有者はクウェートの6代目首相!おそらくは911史上もっともカスタムされたポルシェ993ターボSが中古市場に登場

| 新車購入時のカスタムにいったいどれくらいを投じたのか想像もつかない |この記事のもくじ| 新車購入時のカスタムにいったいどれくらいを投じたのか想像もつかない |現在レストア済み、走行距離はわずか1 ...

続きを見る

ポルシェがこれまでの「エクスクルーシブ」を超えるカスタムを実現する「ソンダーバーシュ」をスタート
ポルシェがこれまでの「エクスクルーシブ」を超えるカスタムを実現する「ソンダーバーシュ」をスタート!今までにできなかったようなワンオフモデルの製作も可能に

| ポルシェはこれまでにも数々のカスタムモデルを作ってきた |この記事のもくじ| ポルシェはこれまでにも数々のカスタムモデルを作ってきた |現代は「カスタムの時代」ポルシェもワンオフビジネスに参入合わ ...

続きを見る

中東には、当時ポルシェ959を「7台以上」注文したシークがいた!そのうちの2台がポルシェミュージアムに展示中

| オイルマネーは羨ましい限り | 1986年に発表されたポルシェ959。当時のポルシェが持つ「技術の粋」を集めたクルマであり、発表当時は「もっともパワフルなポルシェ(450馬力)」そして「世界で最も ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5