ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWが新型M2のティーザー動画第二弾を公開!1990年代のセダンに付いていたようなリアウイングがちょっとレトロ

投稿日:

BMWが新型M2のティーザー動画第二弾を公開!1990年代のセダンに付いていたようなリアウイングがちょっとレトロ

| 全体的に見て、M4よりもアグレッシブなクルマとなりそうだ |

新型M2は「最後のピュアでアナログなMモデル」として高い人気を誇ることになりそう

さて、BMWが先日に続き、フルモデルチェンジ版となる新型M2のティーザー画像を(今回はインスタグラムにて)公開。

前回は斜め前から捉えた新型M2の姿を見せてくれましたが、今回はサイドビューを確認することが可能です。

新型BMW M2については正式な発表日がアナウンスされておらず、しかしBMWは6月23日(木)から26日(日)まで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて「新しいMモデル」をお披露目すると述べており、よってここで新型M2が発表されるのでは、とも見られているようですね。

BMWが「M社の50周年」を記念しグッドウッドにて主役を務め、M3ツーリングをその場で発表すると予告。なおニュル24時間には「Mカラー」のM4 GT3が参戦
BMWが「M社の50周年」を記念しグッドウッドにて主役を務め、M3ツーリングをその場で発表すると予告。なおニュル24時間には「Mカラー」のM4 GT3が参戦

| とにかく今年はBMW M社にとって記念すべき年、飛躍の年になりそうだ |この記事のもくじ| とにかく今年はBMW M社にとって記念すべき年、飛躍の年になりそうだ |M3ツーリングに対する世界中の期 ...

続きを見る

新型BMW M2はなかなかに刺激的なクルマとなりそうだ

まだまだ偽装が厚く、今回公開された画像だけでは多くを判断できないものの、第一印象としては「けっこうスマート」。

現行M2は凝縮感のあるマッシブな車体を持っていますが、新型M2についてはけっこう流麗なプロポーションを持っているように見え、これはベースとなる2シリーズ・クーペにてBMWが採用してきた「ロングノーズ・ショートデッキ、コンパクトなキャビン」というスタイルを引き継いだためだと思われます。

なお、ホフマイスターキンクの形状は「普通」ではあるものの、新型7シリーズで見られたようにモールがちょっと太く大きくなるもよう。

BMWがついに新型2シリーズ・クーペを発表!内外装ともに「i4」「iX」にも通じる新世紀のBMWがここに誕生
BMWがついに新型2シリーズ・クーペを発表!内外装ともに「i4」「iX」にも通じる新世紀のBMWがここに誕生

| 思ったよりも新型BMW 2シリーズ・クーペには力が入っているようだ |この記事のもくじ| 思ったよりも新型BMW 2シリーズ・クーペには力が入っているようだ |BMWはもうガソリンエンジン車には興 ...

続きを見る

そのほか気付かされるのは「ホイールが大きく見える」ということで、ホイールサイズそのものが仮にM4と同じだとしても、M2はM4よりも車体がコンパクトなので、そのぶん相対的にホイールが大きく見えるのでしょうね。

なお、現行M4の全長は4794ミリ、従来型M2の全長は4475ミリ。

つまり両者の全長は319ミリも違うということになり、よってこの「大きく見える」ホイールにも納得です。

ホイールはブロンズカラー、そして前後フェンダーは大きく盛り上がり、それにともなってサイドステップの張り出しも大きくなっていますが、特筆すべきはこのリアウイングで、これまでのBMWにはない形状を持っており、1990年代のセダンに取り付けられていたウイングのような形状をっています。

ちなみにBMWは新型M2に「Mパフォーマンスパーツ」を取り付けた車両も走行させていて、こちらにはもうちょっと高さがある(ように見える)ウイング、そしてセンター4本出しというアグレッシブなエキゾーストシステムが装着されている様子も確認可能。

2

新型M2のインテリアについては現時点では(ティーザー画像として)公開されておらず、しかしスパイフォトだとデジタルインストルメントパネルとインフォテインメントディスプレイの大型スクリーンが2つ並んでいる様子も報告されています。

搭載されるエンジンや出力についても謎のままですが、おそらくはM3/M4と同じS58型3リッター直列6気筒ツインターボが搭載され、ただし出力が「調整」されることになるものと思われ、おそらくトランスミッションにはマニュアルが用意されるとも言われていますね。

ちなみに製造はメキシコのサン・ルイス・ポトシにある工場で、Mモデルとしては初のメキシコ生産となることがアナウンスされています。

あわせて読みたい、新型M2関連投稿

BMWは本気でこのクルマを発売するのか・・・。信号待ちしている(オプションパーツつき)新型BMW M2が目撃される
BMWは本気でこのクルマを発売するのか・・・。信号待ちしている(オプションパーツつき)新型BMW M2が目撃される

| BMWの「炎上商法」にも似たやり方は嫌いじゃない |この記事のもくじ| BMWの「炎上商法」にも似たやり方は嫌いじゃない |それにしても、ここまでデザイン的に思いきれるのがまたスゴい(BMWの重役 ...

続きを見る

【動画】新型BMW M2とM4 CSLの試作車がニュルにてバトル!新型M2はやはり相当に個性的なルックスとなりそうだ
【動画】新型BMW M2とM4 CSLの試作車がニュルにてバトル!新型M2はやはり相当に個性的なルックスとなりそうだ

| 新型M2はBMW M最後のマニュアル・トランスミッション搭載モデルに? |この記事のもくじ| 新型M2はBMW M最後のマニュアル・トランスミッション搭載モデルに? |前後フェンダーの張り出し、そ ...

続きを見る

BMWがついに新型M2の公式ティーザー動画を公開!さらに「メキシコ生産」「製造開始はBMW M社の50周年記念式典と同時」とコメント
BMWがついに新型M2の公式ティーザー動画を公開!さらに「メキシコ生産」「製造開始はBMW M社の50周年記念式典と同時」とコメント

| 公開されたプロトタイプはほぼ「フルラッピング」状態、つまりは全身で新しさを表現することになりそうだ |この記事のもくじ| 公開されたプロトタイプはほぼ「フルラッピング」状態、つまりは全身で新しさを ...

続きを見る

参照:bmwm(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5