ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが1970年代のラリー仕様911をイメージしたデカールキット3種の詳細を公開。ペイントによるラリーデザインパッケージ(437万円)よりもぐっと安い69万円から

投稿日:

ポルシェが1970年代のラリー仕様911をイメージしたデカールキット3種の詳細を公開。ペイントによるラリーデザインパッケージ(437万円)よりもぐっと安い69万円から

| 残念ながら、諸事情によってマルティニなどいくつかのスポンサーロゴが反映されない |

デカールなので「後で剥がしたり」変更ができるのは大きな魅力

さて、ポルシェはかつてのダカールラリーを走った911と959にインスパイアされた「911ダカール」を限定発売していますが、その一つの目玉は「ロスマンズっぽい」カラーリングが再現される「ラリーデザインパッケージ」。

これ(4,377,000円のオプション)を選ぶと、ポルシェとしては初の「ツートンカラー」へと塗り分けられ、それをベースに各種ストライプやレターなどがラッピングにて再現されることとなります。

ちなみに918スパイダーでも「ザルツブルグ」「マルティニ」等のリバリーが用意されていたものの、それらは「ステッカー」でしかなかったので、911ダカールのグラフィックが「塗り分け」にて再現されるのはかなり特別なことなのかもしれません。

22PAG_105_Dakar_009_RR_Seite_highres

参考までにですが、フェラーリやランボルギーニなどのイタリアンスーパーカーのストライプは(メーカーに発注した場合)「塗装」にて仕上げられるものの、ポルシェなどドイツ勢については「ステッカー」を使用する場合がほとんどで、かつマスタングやカマロなどのアメ車も「ステッカー」。

これはひとえにコストの問題だと考えて良さそうですが、やはり塗装にて再現したほうが見栄えがよく、よって最近ではフォードがステッカーの他に「ペイント仕上げ」のストライプ(200万円くらい)を導入したりといった例もあり、ポルシェも今回「目の越えたオーナー向けに」塗装によるグラフィックの表現を取り入れたのかもしれません。

ポルシェ911ダカールのカーコンフィギュレーター公開!ボディカラーは基本7色、カスタムにて+114色。ラリーデザインパッケージの他、1970年代のラリーカーっぽデカールも
ポルシェ911ダカールのカーコンフィギュレーター公開!ボディカラーは基本7色、カスタムにて+114色。ラリーデザインパッケージの他、1970年代のラリーカーっぽデカールも

| 内外装の選択肢は通常の911シリーズにくらべて限られるが、デカールのチョイスにて面白い個体に仕上げることができそうだ |この記事のもくじ| 内外装の選択肢は通常の911シリーズにくらべて限られるが ...

続きを見る

ポルシェは別途「デカール」にてラリー仕様へと(911ダカールを)仕上げる方法も提供している

ただ、ポルシェはダカール発表時から「塗り分けではなく、デカールにてラリーっぽさを演出する」オプションも用意しており、こちらを選択すると「あとで剥がせる」ため、オーナーの気が変わった際にも容易に仕様を変更することが可能です。

加えて、ラリーデザインパッケージだとボディカラーや各部のパーツのカラー、内装色などに制限があり、しかしデカールを選択するとそういった制約からも開放されるものと思われ、かなりハードルの低い「グラフィック系オプション」と言っていいかもしれません。

デカールセット「ラリー1971」

そしてまずはデカールセット「ラリー1971」。

これは(ほかのデカールも同じですが)イースト・アフリカン・サファリ・ラリーに出場した911からインスピレーションを得たもので、「デカール」だけにペイントを行うラリーデザインパッケージに比較すると価格は大幅に安くなって693,000円。

porsche-911-dakar-rally-liveries (8)

これはもちろん1971年当時のラリーカーをイメージしておりこの年のサファリマシン同様、ボンネット、フロントウィング、ドアに施されるブラックデカールをメインに再現しています。

さらにこのオプションでは、その年のラリーで上位に入賞した911のゼッケン番号「19」がドアに貼られているのも大きな特徴。※ポーランド人ドライバーのソビエスワフ・ザサダとマリアン・ビエンのドライブにて5位に入賞している

porsche-911-dakar-rally-liveries (9)

デカールセット「ラリー1974」

この「1974年のラリーを走ったポルシェ911をイメージした」デカールキットの価格も693,000円に設定され、フェンダートップにブラックのライン、そしてウエストライン直下に幅広のブルーのストライプが入ります。

porsche-911-dakar-rally-liveries (5)

ラリー1971同様にシェルとビルシュタインのスポンサーロゴが入りますが、諸事情により「Kuhne&NagelとNakufreight」のロゴがなく、そのスペースには「PORSCHE」文字が入ります。※ラリーデザインパッケージでも「ロスマンズ(Rothmans)」ロゴが表示されていない

porsche-911-dakar-rally-liveries (6)

デカールセット「ラリー1978」

そして最後は1978年のラリーカーをイメージしたもので、言うまでもなくこのカラーリングは「マルティニ」ではあるものの、やはりマルティニ(MARTINI)のロゴはなく、そのカラーの再現のみにとどまっています(マルティニロゴはあとで自作しカッティングシートで作成して貼ることもできる)。

porsche-911-dakar-rally-liveries (2)

マルティニロゴ以外は1978年のデザインにかなり忠実な仕様を持ち、2位に入賞したヴィック・プレストン・ジュニアがドライブした車両のゼッケンである、「14」が再現される他、ホワイトのホイール、レーステックス製インテリアもセットになって990,000円という(他に比較して)高価な設定を持っています。

ただ、今回これらの詳細が公開されたものの、現在日本のコンフィギュレーター上では「既に生産時期が制限されているため、オプションは選択されません」という注釈がなされており、現在選べない状態となっているのはちょっと残念なところですね。

porsche-911-dakar-rally-liveries (3)

合わせて読みたい、ポルシェ911ダカール関連投稿

ポルシェが911ダカール」正式発表!ベースは911カレラ4 GTS、装着されるパーツはGT3、さらには悪路走行に特化したドライブモードも。世界限定2,500台の希少モデル
ポルシェが「911ダカール」正式発表!ベースは911カレラ4 GTS、装着されるパーツはGT3、さらには悪路走行に特化したドライブモードも。世界限定2,500台の希少モデル

| 日本でも予約を受付中、ただし今のところ価格は未公開 |この記事のもくじ| 日本でも予約を受付中、ただし今のところ価格は未公開 |新型ポルシェ911ダカールは思ったよりもハードコアなクルマだった当時 ...

続きを見る

その価格3099万円、乗り出し4000万円。ボクはポルシェ911ダカールを購入しようかどうか猛烈に迷っている
その価格3099万円、乗り出し4000万円。ボクはポルシェ911ダカールを購入しようかどうか猛烈に迷っている

| 長期的に見て、911ダカールの価値が上がるのは間違いないが |この記事のもくじ| 長期的に見て、911ダカールの価値が上がるのは間違いないが |フェラーリ296GTB、ポルシェ911GT3RSの資 ...

続きを見る

ポルシェ
ポルシェが911ダカールに続き「911のオフロード版」さらに「80-90年代へのオマージュモデル」投入を示唆!今年は車両生産開始75周年、911の60周年という節目だけに何かが起こりそう

| ポルシェはその豊かなモータースポーツ、そしてスポーツカーの歴史を活用してラインアップを最大化 |この記事のもくじ| ポルシェはその豊かなモータースポーツ、そしてスポーツカーの歴史を活用してラインア ...

続きを見る

参照:Porsche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5