ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが新型ポロを発表。ゴルフ4同等の大きさに成長し、内装にはゴルフ以上の先進性

投稿日:2017/06/17 更新日:

フォルクスワーゲンが先日よりティーザーキャンペーンを開始していた新型ポロをついに公開。
6世代目となりますがそのサイズはさらに大きくなり、ゴルフ4とほぼ同じ大きさにまで成長しています。
全長4053ミリ、全幅1751ミリ、全高1446ミリと立派な体躯を持ち、ラゲッジスペースは25%拡大して351リッターに。
プラットフォームはMQB A0、ホールベースに至っては94ミリも長くなっています。

なお車体が大きなっただけではなく装備も上級移行と言えるものを持っており、シティエマージェンシーブレーキ、歩行者検知、タイヤプレッシャーモニターなどを標準装備。

オプションではアクティブ・クルーズ・コントロール、ブラインドスポットモニター、リアトラフィックアシスト、パークアシストも用意している、とのこと。

外観より大きく変わったのはインテリアで、これまでのイメージ、そして現行のフォルクスワーゲンいずれとも異なる新しいデザインが与えられており、兄貴分のゴルフよりも高級なんじゃないかと思えるほど。
全体的に直線基調となり、まるでコンセプトカーのような内装でもありますね。

メインメーターはオプションでデジタル式を用意しており、これはアウディのバーチャルコクピットと同じものと思われますが、VW独自のグラフィカルな表示が可能に。
なおダッシュボードのインフォテイメントシステムは「グラスサーフェス」となっており、これもやはり先進的な印象を受けますね。

エンジンバリエーションは非常に多く、すべてで9種類。
1リッターNAから2リッターターボ(200馬力!)までラインアップし、トップレンジの「GTI」では0-100キロ加速6.7秒。
ただしこれは仕様地によって変わると思われ、日本に何種類入ってくるのかは不明です。

グレードは5種類でトレンドライン、コンフォートライン、ハイライン、そして新グレードの「ビーツ(ビーツオーディオをコラボ?)」、「R-ライン」。
ボディカラーは14種類、ホイールは12種類、内装は13種のトリムと11種のシート色がある、とのこと。

おそらくは「クロスポロ」も登場すると思われますが、そちらにも期待がかかるところですね(クロスポロは過去に何度か購入しようとしたことがある)。

関連投稿:新型フォルクスワーゲン・ポロは6/16発売。ティーザー動画も連続公開に

フォルクスワーゲンが新型ポロのティ-ザーキャンペーンを開始し、一連のプロモーション動画を公開。
6世代目のポロは6月16日に公開予定(6を揃えたのかもしれない)となっていますが、ワールドプレミアはフランクフルト・モーターショーの予定。
動画ではポロを表現するイメージ動画(コミカル)に加えてこれまでの歴代モデルが登場し、新型について現時点で公開されているのはそのシルエットのみですが、今までどおりのハッチバック形状が確認可能。

これまでに公開された新型ポロのスパイフォトを見ても、現行モデルとそう大きな変更は無いように思えるものの、VWにとってはゴルフとともに「数を売る」モデルなので、今回のモデルチェンジには(ディーゼルゲートの影響があるだけに)かなり力が入っていると思われます。

使用されるプラットフォームは「MQB A0」で、これはシュコダ・ファビア、セアト・イビザに使用されるプラットフォームと同じもの。
エンジンバリエーションはガソリンやディーゼル含め仕様地向けに相当数がラインアップされると言われ、もちろんトップレンジの「GTI」も設定されるようですね。

さて、そんなポロですが初代(86)は1975年に登場。
もとは南米におけるVWのシェア拡大を目的として投入され、エンジンは900cc、ボディ形状は3ドアハッチバックのみというところからスタート。

二代目(86C)は1981年に登場。
この代から日本へと輸入されています。

三代目(6N)はこれまでの丸目から角型ヘッドライト採用となり、1994年に登場。
3ドアハッチバックに加えて5ドアやセダン、ワゴンも登場し、一気にサイズとバリエーションを拡大しています。
「GTI」も登場し、日本でもかなり人気の出た世代ですね(チューニングベースとしても人気があった)。

四代目(9N)は2001年登場。
丸型ヘッドライトを採用しさらに巨大化。
それに伴い、これまでのポロの位置を担うモデルとして「ルポ」が投入されるなど、事実上「格上げ」された世代ですね。
もちろんGTIも登場しており、それに加えてオフロード風味の「クロスポロ」も登場しています。

現行モデルである五代目(6R)。
2009年に登場し、トランスミッションにDSGを初採用し、直噴ターボとの組み合わせで高い経済性を誇るモデル。
GTI、クロスポロも継続されていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5