ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニが新型レーシングカー「ウラカンGT3 EVO2」を予告!「今までとは全く異なったクルマになる」→スーパートロフェオEVO2同様の変更内容?

投稿日:

ランボルギーニが新型レーシングカー「ウラカンGT3 EVO2」を予告!「今までとは全く異なったクルマになる」→スーパートロフェオEVO2同様の変更内容?

| ランボルギーニはウラカンGT3 EVO2を2026年まで供給予定 |

ウラカンSTOのデザインを「逆輸入」?

さて、ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが「ウラカンGT3 EVO2」のティーザー画像をリリース。

ウラカンは2014年にデビューしていますが、それとほぼ同時に発表されたのがワンメイクレース用車両「ウラカン・スーパートロフェオ」、そしてFIAの定めるGT3の規定に則ったレーシングカー「ウラカンGT3」。

ほぼ同時に発表されたところを見ると、ロードバージョンのウラカン、そして競技用モデルは同時に(並行して)設計されたと考えてよく、そしてこれらレーシングバージョンのについてはダラーラが設計に関わった、とアナウンスされています。

ウラカンGT3はこんなクルマ

そしてまずはウラカンGT3を見てみたいと思いますが、これは競技規定に即して後輪駆動化されており、その分車体重量は軽くなって1239キロへ。

ロードバージョンのウラカンに比較するとフロントバンパー、前後フェンダー、リアウイング、リアバンパーなどに相違があり、これらについては(クラッシュした際などに)比較的交換が容易な構造を持っていて、それはもともとのウラカン自体がレースに参戦することを想定した設計を採用していることに起因するとも考えられます。

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンGT3

| 耐久シリーズ参戦用のレーシングカー | ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、「ランボルギーニ・ウラカンGT3」。2015年1月、ランボルギーニ本社にて公開。 ランボルギーニとダラーラとの共同 ...

続きを見る

その後このウラカンGT3は「GT3 EVO(下の画像)」へと進化し、さらに今回「ウラカンGT3 EVO2」へと進化することになりますが、これはコロナウイルスの流行によって「1年遅れ」のスケジュールなのだそう。

2019-lamborghini-huracan-gt3-evo

なお、ちょっと面白いのは、今回公開されたティーザー画像に「The STOry continues…」というメッセージが添えられていることで、「ストーリーは続く」という意味はもちろん、「STO」が大文字になっているところを見ると、ウラカンSTOとなんらかのデザイン的関連性があるのかもしれません。

もともと、ウラカンSTO自体がウラカンGT3、そして近縁のウラカンGTDにインスピレーションを得たロードカーですが、そのロードカーのデザインがまたウラカンGT3というレーシングカーにフィードバックされるというのは興味深い事実でもありますね。

L1290415

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた
ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた!何度見てもこのクルマには驚きしか感じないな・・・。

| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっと誰もが驚く |この記事のもくじ| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンGT3 EVO2は「ウラカンGT3 EVO」とは全く異なるクルマに

そしてスクアドラ・コルセを率いるジョルジオ・サンナ氏によると「ウラカンGT3 EVO2は、ウラカンGT3とは全く異なるクルマになる」。

これがメカニズムを指すのかデザインを指すのかはわかりませんが、「ウラカン・スーパトロフェオEVO2」が「ウラカン・スーパートロフェオEVO」とぜんぜん違うデザインを持つことを考慮すると、これはエアロパッケージを指しており、ウラカンGT3 EVO2の外観は、ウラカン・スーパートロフェオEVO2に近くなるのかもしれません。

ちなみにこちらはウラカン・スーパートロフェオEVO2。

今見ると、ウラカン・テクニカを示唆していたということもわかります。

lamborghini-huracan-super-trofeo-evo2

ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生
ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生

| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たものだ |この記事のもくじ| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たも ...

続きを見る

こちらはウラカン・スーパートロフェオEVO。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-10

リアセクションも結構な相違があって、こちらはウラカン・スーパートロフェオEVO2。

6

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

ウラカン・スーパートロフェオEVOはこんな感じ。

これらの変化を見ると、ウラカンGT3 EVO2は「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」のようにコンパクトなヘッドライトやテールランプ、シアンのようなフロント、そしてカウンタックのようなリアの造形を持つことになるのかもしれません(ただ、ティーザー画像のヘッドライトは現行ウラカンGT3 EVOと共通のようにも見える)。

ランボルギーニの新しいスペシャルモデルはコイツだ。ウラカン・スーパートロフェオEVO登場

| スーパートロフェオが「EVO」になった | 昨日ティーザー動画が投下されたばかりの「ウラカン・エヴォ」ですが、正式名称「Lamborghini Huracan Super Trofeo EVO(ラ ...

続きを見る

参照:Sportscar365

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5