ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU)

プロドライブのレストモッドで再注目!日本国内400台限定で発売されたスバル・インプレッサ 22B STiが競売に登場、予想落札価格は最高で2000万円

投稿日:

プロドライブのレストモッドで再注目!日本国内400台限定で発売されたスバル・インプレッサ 22B STiが競売に登場、予想落札価格は最高で2000万円

| おそらくこのスバル・インプレッサ22B STiは今後その価値を失うことはないだろう |

「未来永劫残すべき」スバル車のひとつであることは間違いない

さて、先日イギリスのプロドライブが「レストモッド」版であるP25を発表したことで再注目を浴びているスバル・インプレッサ22B STi。

スバル・インプレッサSTi 22Bは、1998年のスバルWRC三連覇を記念して400台のみが発売された限定モデルで、当時の国内価格は500万円という高額さにかかわらずわずか2日で完売してしまったという伝説を持つことでも知られます。

ベースとなるのはインプレッサWRX STi(E型クーペ)、しかしエンジンには専用となる2.2リッターバージョンを搭載しますが、このエンジンは職人による手組みにより製造され、ビッグサイズのターボチャージャー、鍛造ピストン、ナトリウム封入エキゾーストバルブ等が組み込まれることで出力は(当時の自主規制上限ギリギリの)280馬力を発生することに。

販売開始当時「2日で売り切れた」スバル・インプレッサWRX STi 22Bが現代に蘇ったら?新型WRX STi 22Bが「オンロード仕様で」復活(SUBARU非公式)
参考販売開始当時「2日で売り切れた」スバル・インプレッサWRX STi 22Bが現代に蘇ったら?新型WRX STi 22Bが「オンロード仕様で」復活(SUBARU非公式)

| スバルはときどき過激な限定モデルを発売することがあり、22Bの復活も無いとは言えない(ただし2ドアはないだろう) |この記事のもくじ| スバルはときどき過激な限定モデルを発売することがあり、22B ...

続きを見る

予想落札価格は最高で12万ポンド

そしてこのスバル・インプレッサ22B STiについて、走行距離は約58,000キロ、過去18年間は同じユーザーによって所有・管理されていると紹介されていますが、詳しい情報は記載されておらず、しかし予想落札価格は最高で12万ポンド(約2000万円)というエスティメートが出ており、一時よりはちょっと下がったといえどこれは「相当な額」。

見た感じだと(走行距離にもかかわらず)非常に美しい外観を保っており、ある意味では不動産よりも投資効率が高そうですね。

スバルの「ブルー」は時代に合わせて変化している

ボディカラーはスバルの特徴的な「WRブルー・マイカ」。

ちなみにこのスバルのブルーも時代に合わせて変化しているといい、2014年に先代SUBARU WRXが登場した際、それまでのWRブルー・マイカからWRブルー・パールへとチェンジしているもよう。

もともとWRブルー・マイカは(2008年まで参戦していた)WRCで”映える”色ということで開発された背景を持っており、この色が選ばれたのは「1台づつ走るラリー競技において、雪や砂、石畳など様々なステージで目立つ」ことを目的に調合されているからだと(スバルによって)紹介されています。

そして現在のWRブルー・パールは(WRC撤退の後の活躍の舞台となった)SUPER GTやニュルブルクリンク24時間レースなど「アスファルトの上で」、かつ他のマシンとともに戦うことを考慮し、(その状態でも目立つよう)それまでのWRブルー・マイカに比較すると赤みの入った色味になっていて、つまりは「主戦場にあわせて」カラーリングも進化しているようですね。

さらに言えば、アクセントカラーのチェリーレッドについても、STIモデルのラインアップが「上質な内外装と乗り心地を持つモデルにも波及した」ことから、それらモデルにも似合うよう、かつての発色の良いピンクから、ややトーンを落とした”落ち着いた”色調へと変化しているのだそう。

このインプレッサ22B STiのインテリアについても、ステアリングホイールのグリップ部分のテカリ、シート生地の多少のスレなどはあるものの、全体的に見て非常にコンディションが良く、キーシリンダー周辺に傷が見当たらないことから(ここを見れば、オーナーのクルマに対する扱いがわかる)非常に大切にされていたことがわかります。

合わせて読みたい、スバル・インプレッサ22B STi関連投稿

スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円
スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円

| 見た目は当時のスバル・インプレッサWRXと大きく変わらないが、ボディパネルがカーボン製に置き換えられ、エンジンはじめドライブトレーンはレーススペックに |この記事のもくじ| 見た目は当時のスバル・ ...

続きを見る

インプレッサ
ついにプレミア価格はここまで来た?スバル・インプレッサ22B STiバージョンが1400万円で販売中

| 投機目的での取引から高値をつけてきたが、おそらくはこのあたりが当面のピーク | ここ最近はアメリカにおける日本の「ネオクラシック」車の値上がりが著しく、北米に正規輸入されていなかったR32-34世 ...

続きを見る

発売当初「2日で完売した」スバルWRX STI 22Bが競売に!犯罪者から押収された個体なるも現在1300万円を超えて価格上昇中、まだまだ価格は上がりそう
発売当初「2日で完売した」スバル インプレッサWRX STI 22Bが競売に!犯罪者から押収された個体なるも現在1300万円を超えて価格上昇中

| まさか当時はこのインプレッサWRX 22Bがここまでの価値を誇るとは考えもしなかった |この記事のもくじ| まさか当時はこのインプレッサWRX 22Bがここまでの価値を誇るとは考えもしなかった | ...

続きを見る

参照:Silverstone Auctions

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スバル(SUBARU)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5